スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部品創世記 ケイレツ崩壊後の新勢力図 2013.7.22<3> 日経ビジネスの特集記事(16)

日経ビジネスの特集記事(16)

部品創世記 ケイレツ崩壊後の新勢力図 2013.7.22

強さを点から面へ

京都には世界的に知られた日本企業が

集まっています。京セラ、日本電産、オムロン、

島津製作所、堀場製作所、ロームなどなど。


スマホに絞ると、何と言っても村田製作所が、

最初に名前が挙がります。


村田製作所の強みはどこにあるのでしょう。

スマホ部品の世界で存在感を

高めている代表選手、村田製作所。

コンデンサーなどが主力商品だった

が、今、開発資源を集中投入して

いるのが通信用モジュールだ。

スマホメーカーとLSIメーカーの

勢力図が大きく変化したとしても、

この分野だけは主導権を握り続け

られるよう、伏線を張っている。

 (P.37)

スマホは地域ごとに周波数帯が異なるので、

周波数帯を切り替えるスイッチが重要に

なります。


スイッチに限らず、周辺部品をモジュール化

しているのは、村田製作所だけなのです。

地域で違う周波数帯に対応する

ためには、受信信号を切り替える

「スイッチ」、特定周波数の信号を

取り出す「SAWフィルター」、信号を

増幅する「パワーアンプ」、ノイズを

減らす「コンデンサー」など一連の

部品が必要だ。

村田が2011年、ルネサスエレクトロ

ニクスからパワーアンプ事業を買収

したのは、それらの部品をモジュール

として供給できるようにするためだ。

買収の結果、上記のすべての部品を

持つ企業は世界で村田だけになった。

 (P.38)

その結果、どういうことになったのでしょうか。

調達先がどう変わろうと、端末メーカーは

村田に頼らなければスマホを

作ることができなくなったのだ。

 (P.38)

さらに強みを強化した理由があります。

単品ではなく、複数の部品を

組み合わせたシステムとして

ブラックボックス化すれば、

設計を牛耳るLSIメーカーとも

対等な力関係を維持できる。

 (P.38)

村田製作所が部品を供給しなくなったら、サムスン

はギャラクシーシリーズを販売することができなく

なるのです。


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク
















スポンサーサイト

部品創世記 ケイレツ崩壊後の新勢力図 2013.7.22<2> 日経ビジネスの特集記事(16)

日経ビジネスの特集記事(16)

部品創世記 ケイレツ崩壊後の新勢力図 2013.7.22

日系部品、VW(フォルクスワーゲン)殺到の舞台裏

前回は、日産が「ケイレツ」に衝撃を与えた、

CMF(コモン・モジュール・ファミリー)を

中心にお伝えしました。


今、自動車業界ではVW(フォルクスワーゲン)の勢いが

日増しに強まっています。

「同社(VW)は12ブランド・280超の車種を抱え、

2018年にはトヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズを

抜いて世界トップになると宣言している」

こうしたことからもVWの意気込みと漲る自信が

伝わってきます。

VWの納入部品に対する基準はそうとう厳しい、

という現実があります。

「ある部品メーカーの社長は『最もシビアだと

思っていた日本の自動車メーカーよりも、基準

が厳しい項目もある』と指摘する」


VW流の独自の手法があります。

「車種ごとに部品メーカーが固定化しがちな

日本のクルマと違い、モデルの途中でも

『良いモノがあれば変更する』のがVM流だ」


具体例として、優れたコイルばねメーカー

として知られるニッパツがあります。

「調達先を見直す過程で、ニッパツに白羽の

矢が立った。今は『試用期間』だが、納期や

品質の安定性で認められれば、中国など

他の地域での受注に広がる可能性もある」


アップルの業績が鈍化した、と最近報道

されました。

iPhoneの売上が縮小し、営業利益が10数%

減少したということでした。

しかしながら、スマホ業界はまだ活気があります。


スマホ各社、下請けに

ケータイ時代とスマホ時代で大きく変わった

ことがあります。

それは、「部品供給の流れ」です。

ケータイ時代には、サムスン電子やノキア、

日本の端末メーカーが「自社が設計し部品

を発注
」する一方で、米クアルコムや台湾の

メディアテックなどのLSIメーカー、村田製作所や

TDK、アルプス電気、シャープなどの部品メーカーが

新しい部品を提案」するという部品供給の流れが

ありました。


スマホ時代になるとガラリと変わりました。

部品メーカーのメンバーであった、米クアルコムや

台湾のメディアテックの元々のLSIメーカーに中国

のスプレッドトラムなどが加わり、この集団が部品

メーカーに「スマホの設計図も併せて提供」し、

サムスン電子やファーウェイなどの端末メーカーは

村田製作所やTDK、アルプス電気などの部品

メーカーに、低級機には「設計図通りに部品を

発注
」し、高級機には「差異化部品のみ個別発注

という流れになっています。


つまり、LSIメーカーが力を持つようになり、

「スマホ開発の根幹とある設計図を外部調達する

スマホメーカーは、いわばLSIメーカーの

下請け」となったということです。


部品メーカーが生き残る道はもうこれしかない、と

言えるかもしれません。

「部品メーカーにとって、LSIメーカーに選ばれる

ことこそがスマホメーカーに部品を納入する近道と

言える」


次回は、そうした厳しい状況にある部品メーカーの

中にあって、村田製作所はダントツの強さを発揮して

いる秘密をお伝えします。




 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク
















部品創世記 ケイレツ崩壊後の新勢力図 2013.7.22<1> 日経ビジネスの特集記事(16)

日経ビジネスの特集記事(16)

部品創世記 ケイレツ崩壊後の新勢力図 2013.7.22

ゴーンショック再び

「1999年、日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼

CEO(最高経営責任者)は、鋼材や部品の調達

価格引き下げを断行。部品調達の『ケイレツ』は

崩壊した」

今や「ケイレツ」という言葉は英語化され、

日本独特の商慣習は欧米の経営者に

知られています。


その「ゴーンショック」から14年後の今年、

ゴーン社長は再び「ゴーンショック」を部品

メーカーの「ケイレツ」に与えました。


今回は「モジュール開発」という概念を提示し、

「ケイレツ」に大きな衝撃を与えたのです。


詳しく見ていくことにしましょう。

日産が標榜する「CMF(コモン・モジュール・

ファミリー)」と呼ばれる、新方式が採用されました。

「(第1弾の)CMF1として順次導入する14モデル、

年産160万台分を、コストや品質、供給能力を厳しく

審査したうえで、まとめて発注した」

そうです。

この話だけ聞くと、台数が多いなというだけの話

で終わりそうですが、実は部品メーカーにとっては

ショックを隠せない内容だったのです。

「部品によっては発注量が従来の10倍、納入

期間もぐんと延びて10年に達するものもあった。

受注に失敗すれば、経営の屋台骨が揺らぎ

かねないほどの衝撃となる」


さらに衝撃波はそれだけにとどまらなかった

のです。

「今や九州では、2次メーカーまでが韓国や

中国のメーカーと同じ土俵で、直接対決を

強いられている」

日本国内の2次メーカー同士の熾烈な競争

だけでなく、外国のメーカーとの生き残りを

懸けた競争が激化しているのです。


CMF1は、もう一つ大きな変化をもたらしました。

日産の部品メーカーは関東に集中していました。

ところが、

「日産はCMF1で、吸収を中心にした地場調達率を

9割超に高めた。その『地場』の定義には、韓国や

中国も含まれている」

のです。

コストに含まれる部品の運送費は大きいし、

時間もかかる。

となると、部品工場は九州に近いことが前提と

なります。


さきほど、日産の部品メーカーの多くは関東に

あると、お話しました。

そうすると、九州に工場を移転しなくてはなら

なくなります。

現実問題として、工場移転は簡単に決断できる

ことではありません。


日産はこうまでしてCMFを推進していこうとして

いるのでしょうか?

「日産は世界市場を攻略すべく、多様なクルマを

矢継ぎ早に、かつ安価に供給しようとしている。

CMFを導入し部品共通化を始めたのは、

そのためだ」


日本の部品メーカーは韓国や中国のメーカー

との競争で予断を許さない状況になっています。

「CMF1では、部品の約4割を中国や韓国から

調達している。

日産の山内(康裕)常務は、『関東から九州に

運ぶ部品は撲滅する』と断言しており、国内

部品メーカーには九州進出を迫っている」


国内部品メーカーも、こうした状況に手を

こまねいているわけにはいきません。

地位低下を食い止める方法を、日経ビジネス

は提示しています。

「地位低下を食い止める1つの方法が、

M&A(合併・買収)だ。
(中略)
M&Aの狙いは2つ。モジュール開発を

見越し、幅広い技術と製品を手中に

収めること。もう1つが、欧州など海外の

自動車メーカーと取引実績にある企業を

買収し、取り込むことだ。

そこで躊躇していては、規模に勝る世界の

大手に飲み込まれかねない」


「モジュール開発」は世界で勝つためには

必然である、という事実が世界の自動車

メーカーの共通認識になっています。

「日産はCMF導入によって、新型車の

開発コストを3~4割、削減するという」


次回は、「日系部品VW(フォルクスワーゲン)

殺到の舞台裏」と「スマホ各社、下請けに」を

お伝えします。



 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク
















         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。