スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネスについて

日経ビジネスについて


私が日経ビジネスを読み出したのは、

28年前の30歳の時でした。

当時の日経ビジネスは隔週刊でした。

雑誌の宿命である広告ページが多く、

厚さが約20ミリメートルありました。

そのため、とても重く、立ったままで読むことは、

かなり辛いことでした。


今では週刊誌となり、広告ページは少なく

なっています。

日経ビジネスはどのような雑誌なのか、

特集記事はどのように書かれているのか、

についてお話します。

(1)日経ビジネスは1969年10月9日

創刊の歴史のあるビジネス誌で、

経営者やビジネスパーソン、ビジネスに関心の

ある主婦などから高い評価を得ています。

(2)記者が自ら現場取材し、取材で得た情報や

問題点をチーム(取材班)で検討し、

記事を書いています。

(3)記者が書いた記事は、すべて担当記者の

署名が入っています。

(4)各界のトップへのインタビューが話題になる

「編集長インタビュー」や各界トップが語る

「有訓無訓」など日経ビジネスらしい記事が

多くあります。

(5)国内だけでなく、海外の一流経営者や

学者などへのインタビュー記事もよく掲載されます。

(6)ビジネスパーソンに役に立つ、健康に関する

記事や、難しい内容を優しく分かりやすく解説する

科学記事、ビジネス書の紹介記事も毎週掲載

されています。

(7)特集記事は毎回2~3本あり、

第1特集は24ページか、26ページから始まります。

(8)日経ビジネスオンラインでは、

本誌でカバーしきれなかった内容や独自の記事を

掲載しています。

(9)日経ビジネスの発行元である日経BP社は、

日本経済新聞社の子会社ですが、

紙面づくりは独自の取材に基づき、

親会社をライバル視しているように見えます。


このような特徴のある日経ビジネスを、

あなたも定期購読して見ませんか?


スポンサーサイト
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。