スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19<3> 日経ビジネスの特集記事(19)

日経ビジネスの特集記事(19)

誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19

俺の仕事は消えない

前回はSF的な予測でありながら、ロボット化に

よって人間が行なってきた仕事が減っている

現実を見てきました。

最終回は、5つの誌上対決でロボットVS職人社長

でどちらが勝利するかお伝えします。

また、「30年後も食える仕事」についても

ご紹介します。


第1試合 ラーメン作り対決

博多一風堂創業者 河原成美氏 VS 麺茹でロボット

麺茹でロボットにはできない3つのポイント

1 茹で時間の調節

2 スープ作り

3 湯切り


米コンサルティング会社、A.T.カーニーの梅澤高明・

日本代表は次のように説明しています。

「どんな作業もデータ化、論理化できれば

AI(人工知能)」による代行が可能になる。逆に、

論理化できないものは自動化が難しい。」



判定人を務めるラーメン評論家の石神秀幸氏も、

職人有利の判定人を下しました。

「麺茹で時間の調整は、今後機械が進化すれば

無人化の可能性はある。だが、麺と同様にラーメン

の味を左右するスープ作りは、数十年後も人間で

ないと無理。湯切りの完全な機械化が難しいのは

言うまでもない。」



博多一風堂創業者 河原成美氏の勝利


第2試合 ホテル運営対決

星野リゾート社長 星野佳路氏 VS 全自動ホテル

全自動ホテルにはできない2つのポイント

1 顧客の顔色をうかがう

2 自然な笑顔


星野社長が追求するのは、心配りの行き届いた、

日本ならではのホスピタリティーだ。



「不気味な谷」という現象

ロボット工学の第一人者、東京工業大学の森政弘・

名誉教授が1970年に提唱したものです。

「人型ロボットに対し人はリアルになればなるほど

親近感を高めるが、一定以上、人間に近づくと、

逆に不気味に感じるようになる。

人に不快感を与えないアンドロイドを作るためには、

人間と100%同じ表情、動きをするマシンを開発

する必要がある」という主張だ。



星野リゾート社長 星野佳路氏の勝利


第3試合 投資対決

ロジャーズホールディングス会長 ジム・ロジャーズ氏

VS 自動投資ソフト


投資ロボットにはできない3つのポイント

1 割安銘柄の発掘

2 “前代未聞”への挑戦

3 第六感での売買


金融問題に詳しい野村総合研究所・未来開発センターの

大崎貞和・主席研究員は次のように結論を下しています。

「決められたことしかできないコンピューターに対し、

人間は複雑な事象を組み合わせて、株価を評価

したり、突発的事態に対応したりできる。

特定の分野で投資の自動化は進んでいくが、

すべてのトレーダーが淘汰されるわけではない」。



ロジャーズホールディングス会長 ジム・ロジャーズ氏の勝利


セミファイナル 宮大工対決

鵤(いかるが)工舎創設者 小川三夫氏 VS 大工ロボット

大工ロボットにはできない2つのポイント

1 木の癖を読む

2 人間の錯覚の計算


建設ロボットに詳しい芝浦工業大学の油田信一・

特任教授はこのように言っています。

「莫大なコストをかければ、将来的に、例えば目の錯覚

の矯正などは自動プログラムで対応できるかもしれない。

だが、神社仏閣といった限定市場向けにそれだけの予算

を投じ、自動システムを開発する企業、技術者はまず

現れない。その意味で50年後も宮大工の技術は生き残る」



鵤(いかるが)工舎創設者 小川三夫氏の勝利


メーンイベント 実演販売対決

ジャパネットたかた社長 高田明氏 VS ビッグデータ

&司会ロボ
ビッグデータ+ロボットにできない3つのポイント

1 新たなヒット商品の発掘

2 潜在的魅力の発見

3 顧客を引きつける話し方


日経ビジネスは次ように述べています。

近い将来、高田社長以上に正確で流暢な商品

説明をする司会ロボが現れる可能性は高い。

だが、「目の前に存在しない相手を心に映す」

などという、ごく限られた人間にしかできない芸当を

アンドロイドができるようになるのは、はるか未来の

話となるだろう。



ジャパネットたかた社長 高田明氏の勝利


ロボットVS職人社長 5番勝負は、職人社長の

5戦全勝で幕を閉じました。



30年後も食える仕事

日経ビジネスは、5番勝負の結果から見えた

「数十年後も人間の手に残る仕事」を

まとめています。

4つに分類しています。

Ⅰ ロボットによる代替が難しい仕事

Ⅱ 自動化のニーズがない仕事

Ⅲ 機械化社会の維持に必要な仕事

Ⅳ ロボットにやってほしくない仕事


それぞれの例を2~3挙げます。

Ⅰ ロボットによる代替が難しい仕事

映画監督 医師 作家


Ⅱ 自動化のニーズがない仕事

経営者 政治家 プロスポーツ選手


Ⅲ 機械化社会の維持に必要な仕事

コンピューター技術者 ロボット技術者


Ⅳ ロボットにやってほしくない仕事

看護師 俳優 スポーツインストラクター


日経ビジネスは最後に次のように述べています。

個人は、どんな職業であれ、機械化されない

スキルをひたすら磨くしかない。




今回の特集記事を読んで、私が考えたのは、

「暗黙知」と「形式知」の違いです。

経験に裏打ちされた技術(暗黙知)は、

マニュアル化(形式知)しにくいので、

ロボット化は困難なのではないか、

ということです。


どんなに詳細なマニュアルを作成しても、

すべての状況に対応することはできません。

規定されていないことはできない、ということ

になります。

現実には、「想定外」のことは必ず起こります。

しかし、経験則を無視してはならないのです。


「ハインリッヒの法則」を考えてみましょう。

1つの大きな事故が起きる背後には、29の

かすり傷程度の事故があり、その背後には

300のヒヤリとした経験がある、というものです。

これは経験則です。そうしたことにどう対応する

のかは人間が自ら考えることです。


話は戻りますが、マニュアル化できないことでも

大原則が書かれた「クレド」の使い方次第では、

柔軟に対処できるのでは、と思います。

リッツ・カールトンホテルなどで実施されている

「クレド」には具体的なことは書かれていません。

個人個人がその都度、自分で判断し行動する

ことを求めています。

そして、企業はそのことを奨励するために支援

しています。

そうした顧客への「おもてなし」(ホスピタリティー)を
第一に考え、実践する

ための労使の信頼関係を築くことが大切だ、

と思いました。



 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク





















スポンサーサイト

誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19<2> 日経ビジネスの特集記事(19)

日経ビジネスの特集記事(19)

誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19

30年後、消える仕事・残る仕事

前回は、ロボットが私たちの身近でも使われている例を

お伝えしました。

今回は、「専門家に聞いた今後数十年で自動化可能な

仕事」についてお伝えしていきます。

ゾッとするような主張をしている学者が米国にいます。

「今後数十年で、世界中の全雇用の50%、20億人分の

仕事が機械化でなくなる」。米国にそんな主張をしている

学者がいる。

シンクタンク、米ダビンチ・インスティチュートの創設者、

トーマス・フライ氏だ。




「2030年雇用半減説」だそうです。そんなに先の話では

ありませんね。

日経ビジネスはフライ氏の説をまとめていますので、

ご紹介しましょう。

フライ氏によれば、機械化による“雇用大減少”は、

主に4つのキーテクノロジーの進化で幕を開ける。

マイクログリッド、自動運転、3D(3次元)プリンター、

そしてロボットだ。



(1)マイクログリッド技術で大規模発電所や
  石油化学工場などのメンテナンスなどの
  仕事が減る。

(2)自動運転技術で、職業ドライバーが減る。
  事故の減少によって、警察や裁判社、医師、
  看護師の仕事も減る。

(3)3Dプリンターの普及で、自分で洋服などを
  作れるようになり、製造業や小売業の雇用
  が減る。

(4)ロボットが高性能化し、3K(キケン、キタナイ、
  キツイ)労働者が機械に肩代わりされ、仕事の
  多くが減る。


非現実的な話で、眉唾ものと感じたかもしれませんが、

日本にも同様な主張を掲げる学者がいるそうです。

宇宙物理学者、神戸大学の松田卓也・名誉教授は

その1人だそうです。

「第3の失業の波」と表現しています。

「第1の失業の波は、18~19世紀の産業革命で、

多くの農民が失業した。第2の波は1960年代以降

のオートメーション化で、相当数の工場労働者が

職を失っている。これから始まる第3の波は、

コンピューターや人工知能の進化による失業。

あおりを受けるのは高等教育を受けたホワイトカラーだ」。

松田名誉教授はこう予測する。




「失業の波」には3種類あるといいます。

Ⅰ「ロボット化」で無人化する職業

Ⅱ「コンピューター化」で無人化する職業

Ⅲ「既存技術の発達」で無人化する職業

それぞれに属する職業を3~4件ご紹介しましょう。

Ⅰ「ロボット化」で無人化する職業のゾーンでは、

消防官      米海軍調査研究所が火災現場
          専用ロボを開発

介護福祉士   理化学研究所と東海ゴム工業が
          介護支援ロボ「RIBA」を開発

薬剤師      ウィンディー(福岡市)が薬局向け
          薬剤自動ピッキングロボットを開発中

スポーツインストラクター 神奈川工科大学が体操
          インストラクターロボを開発中


Ⅱ「コンピューター化」で無人化する職業のゾーンでは、

ファッションデザイナー 島精機製作所(和歌山市)が
            自動デザインシステム
            「SDS-ONE」を開発

弁護士・司法書士  判例分析ソフト、債務整理ソフト
            など各種業務効率化ソフトが
            開発中

翻訳家         各種自動翻訳システムが既に実用化


Ⅲ「既存技術の発達」で無人化する職業のゾーンでは、

電力会社のエンジニア  マイクログリッド技術の進化
               により無人化進む

パイロット       自動運転技術の進化により
             無人化進む

工場労働者      3Dプリンターの普及により
             社会的需要が減る
 

暗い話ばかりではありません。

もっとも、フライ氏が試算する仕事の消滅率は

あくまで50%であるように、技術が進化しても、

すべての仕事がロボットに直ちに取って代わら

れるわけではない。




次回は、遠い将来まで、人間の手に残る仕事とは

どのようなものなのか、そして30年後も食える仕事

についてお伝えします。



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク
















誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19<1> 日経ビジネスの特集記事(19)

日経ビジネスの特集記事(19)

誌上対決 ロボットVS職人社長 2013.8.12・19

30年後、消える仕事・残る仕事

仕事はここまで減る

日経ビジネスは、本号でロボットが職人に

どこまで迫れるか、というテーマで誌上対決

しています。

必ずこうなる、ということではありませんが、

一考に値します。

あなたもご一緒にお考えください。

もし、明日あなたの仕事がロボットに取って

代わったら、どうしますか? 

SFの話ではなく、そうした現実はすぐそこまで

迫って来ているのです。


牛丼業界で苦戦が続く吉野家で、今大きな変化が

起こっています。

人の手で提供されていたすべてのサービスが、

一部ロボットに置き換わっているのです。

現在、全国約1150カ所ある吉野家の店舗の9割弱で、

丼にご飯をよそっているのは人間ではない。食品機械

メーカー、鈴茂器工が開発したご飯盛りつけロボ

「GST-RSC」だ。



このロボットがもたらしたメリットは大きく分けて2つあります。

1つは教育コストであり、もう1つはスピードです。

盛りつけの無人化は強力な経費削減効果を吉野家に

もたらす。1つは教育コスト。超スピード盛りつけは

「ベテラン従業員がOJT(職場内訓練)で指導するが、

機械化すればその手間がゼロになる」(吉野家企画

本部の吉村康仙氏)。

また、吉野家の場合、10gまで多めにご飯を盛ること

が許されているが、牛丼業界では、たとえ10gでも

1年間余分に盛り続ければ1店舗100万円のコスト

アップになるというのが定説。

機械化すれば、こうした無駄も確実に減らせる。



鈴茂器工では2003年の1号機開発以降、改良を重ね、

GST-RSCの1杯当たりの盛りつけ速度は2.4秒と、

もはや吉野家のベテラン店員(約2秒)と比べても全く

遜色がない。




一度、ロボットを含めたシステムを導入すると、

24時間働き続けるため、人件費削減に大いに

寄与することになります。言い換えますと、1店舗

当たりの従業員を減らすことができることになります。

そのことによって新店舗に人員を回すことも可能に

なります。


今や、アマゾンを知らない人はいないのではないか、

というくらいアマゾンは日本社会に浸透しています。

本だけでなく、あらゆるものが発注後、早ければ翌日

に届き、しかも安いためユーザーは頻繁に利用します。


アマゾンは売上増加に伴う配送の遅れを防ぐため、

そして同業他社にさらに差をつけるため、

倉庫内のスピードアップを目指し、自走式ロボットの

メーカー、米キバ・システムズを買収しました。

キバはボストン近郊に本社を置く2003年。設立の

ベンチャー企業。

開発したロボットは、受注した商品の棚まで自走し、

棚ごと担当者の元へ最短ルートで運んでくるもので、

既に衣料品の米ギャップや玩具小売りの米トイザ

ラスなどで採用実績がある。



今までロボットの導入は、自動車などの製造現場や、

危険なため人間に代わって作業する現場でした。


今では食品業界や流通業界だけでなく、広範囲に

わたる導入実績があります。

イチゴ栽培にもイチゴ収穫ロボットがあるそうです。

イチゴ収穫ロボットが存在する。

開発したのは、果物の自動選別機などを開発する

シブヤ精機(浜松市)。

CCD(電荷結合素子)カメラでイチゴの色づき具合を

判別し、食べ頃のイチゴが見つかれば、刃がついた

ロボットの指が伸び摘み取る。無論、ロボットだけに、

24時間、昼夜を問わずの稼働も不可能ではない。




次回は、今後数十年で自動化可能な仕事は何か、

というテーマでお伝えします。



 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク

















         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
448位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。