スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14<3> 日経ビジネスの特集記事(27)

日経ビジネスの特集記事(27)

世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14

前回は、MOOCとアジアの新興勢力について

お伝えしました。


「トップ奪取」は可能

学生編「情熱ある教育」を受けたい

国内エリート校を蹴り、米トップ大学への進学を

選んだ学生たちのナマの声です。

「英語力アップも動機1つでしたが、それ以上に

学生も教授も必死に学んでいるという環境に身を

置いて勉強をしたかった」。

(男子 東京大学→米プリンストン大学)


「寮生活で受ける刺激が何より大きい。学部生は

全員4年間、寮生活を送る。週7日、24時間生活を

共にする意味は大きく、様々な人との出会いが

あります」。

(男子 一橋大学→米ハーバード大学)


「日本の大学を知らないのですが、授業の密度が

濃い。エール大は10人程度の少数授業が多く、

そういう授業の人気が高い」。

(女子 中高一貫校→米エール大学)


「待っているだけでは何も変わらない。必要なら

行動を起こす。ここが自分が最も成長した部分

だと思います」。

(男子 東京大学→米ブラウン大学)

(PP.52-53)



教授編 改革のカギは「旧制高校」にあり

次に、アメリカの大学で教鞭を執る2人の教授の

情熱的な提言をお聞きください。

竹内 弘高・米ハーバード大学経営大学院教授

欧米の大学では原書に接して、それを批判的な

目で見て議論する。『自分で考える』という教育

の重要な点に関して大きな違いがある。

大学という『場』を通じてどういう人間を育てる

かが見えない。

ハーバード大学ビジネススクールは、企業で活躍

できる人材を輩出するための場だ。




西 義雄・米スタンフォード大学教授

私の場合、米マサチューセッツ工科大学、ハーバー

ド大学、カリフォルニア大学バークレー校ほか英、仏

の有力大学教授、十数人と比べて私の実績がどう

だったかという判断が毎年下だされる。

世界に優秀な学生が集ってくることが米国の大学の

強みだが、日本も海外からの学生を集めたければ、

教員を世界から公募すべきだ。

大学で学んだことが世界で使えるようになるには、

英語で学ぶのが早道。旧制高校では海外の原書を

使って学んでいたわけだから。100年前にできたこと

ができないはずがない。できないのではなく、

やりたくないということだろう。



(PP.54-55)



経営者編 教授も学生も「起業家精神」持て

最後に、2人の経営者に日本と外国の大学の違いについて、

語ってもらいましょう。

北城 恪太郎・日本IBM相談役

社会人の基礎力の育成に、大学があまり役に立っていない。

一番重要なのは経営意識をしっかり持つことだ。

トップ自らがビジョンを描き、改革案を持って教授会など

全体を牽引する存在であるべきである。





岩瀬 大輔・ライフネット生命保険社長兼COO(最高執行責任者)

米国の大学教育では、企業や社会変革に挑戦することが

素晴らしいという意識が醸成される。また、「自分が社会

でどのような役割を果たすべきか」」といったキャリア論

についても考えさせてくれる。

経営者として大学に求めたいのは、学生にもっときちんと

勉強させると言う点だ。人生のある時期にしっかりと

「知」に向きあう経験は大事。



(PP.56-57)


いかがでしたでしょうか?

学生や教授、経営者にも共通する点は、

皆高いモチベーションを持ち続け、

向上心が旺盛だということです。


形は違っても、私も登場した人たちの考え方を

手本にしたいものだ、と強く思いました。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


スポンサーサイト

世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14<2> 日経ビジネスの特集記事(27)

日経ビジネスの特集記事(27)

世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14

前回は、世界大学ランキングを見ていただきました。

どのように感じられたでしょうか?

今回は、前回で一部お伝えした「MOOC(ムーク)=

大規模公開オンライン講座」とは、どのようなものなのか

お伝えしていきます。


最高の授業が無料

東京で企業向けコンサルタントとして働く、

バングラディッシュ人、ホセイン・シャハナワズさん

(37歳)は、自宅で米国ジョージタウン大学と

カナダのトロント大学の講義を受講しています。


ホセインさんは、インターネット上で米ハーバード大学や

米マサチューセッツ工科大学などの世界の著名な

大学の講義を配信している「エデックス」によって、

「お茶の間留学」をしているのです。


MOOCには、「エデックス」の他に「コーセラ」や

「ユダシティー」などがあります。

そのどれもが利用者数は100万人を超えているそうです。


      講義数 利用者数 提携大学数  設立者・団体 
エデックス  72  130万人   29     ハーバード大学
                        マサチューセッツ
                       工科大学

コーセラ  448   436万人   84    ダフニー・コーラー氏

ユダシティー 28  160万人   ―     セバスチャン・スラン氏



コーセラには9月から藤本徹・東大助教授が参加しています。

ネットだからレベルが低いのでは、と思われがちですが、

決してそうではないようです。


MITで物理学を教えるウォルター・ルーウィン教授は、

今年2月にエデックスで講義を始め、人気講義となって

いるということです。


一方で、MOOCの台頭に警戒感が出ているのも事実です。

サンノゼ州立大学の哲学科は、日本でも知られる、

ハーバード大学のマイケル・サンデル教授に書簡を送った

そうです。

その書簡とは「不幸なことに、MOOCの広がりは

我々の大学に危機をもたらします」。


マイケル・サンデル教授は、日経ビジネス取材班の

インタビューに応えて、こう話しています。

高等教育は特定層に限られた特権ではありません。

「公共善」であるべきです。そのためには、講義を

開放し、誰でも受けられるようにすることが重要です。

手段がどうであれ、場所がインドやアフリカの村々

であれ、誰もがアクセスできる高等教育の機会を

作り出すことこそが革命なのです。

教科書が授業の素材であるのと同じように、オンライン

(の授業)も1つの素材になり得るのです。

私はMOOCによる授業が多くの言語に翻訳される

ことも非常に重要だと思います。(PP.38-39)




猛追する新興勢力

マレーシアに、日本人の教授たちが多く教壇に立つ

大学があるといいます。


日本の大学で定年を迎えた教員や日本の大学から

出向しているそうです。


マレーシア日本国際工学院(MJIIT)がそれです。

MJIITは「西洋ではなく東(日本)に学べ」を合言葉に

東方政策(ルックイースト政策)を進めたマレーシア

のマレーシア・ビン・モハマド首相(当時)が、その

集大成として着想し、10年以上の年月を経て開校した

(P.40)



そうです。


サウジアラビアには、潤沢なオイルマネーを資金に

して、世界中からトップ研究者をかき集めている

大学があります。キング・アブドラ科学技術大学です。

米カリフォルニア工科大学(CALTECH)のジャンルー・

シャモニー学長を次期学長に引き抜いたというのです。

相当なお金が動いたことが想像できます。


次回は、「海外に出た日本人の提言」をお伝えします。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14<1> 日経ビジネスの特集記事(27)

日経ビジネスの特集記事(27)

世界のトップ大学 「東大」は生き残れるか 2013.10.14

日本が世界で一番遅れているのは、教育ではないかと、

常々思っていました。


GDP(国民総生産)に対する教育費の比率が

欧米先進国と比較してきわめて小さいと認識

していたからです。


そういう意味で、今回の特集記事は興味深く

読みました。



座して死は待たぬ

冒頭に、東京大学の濱田純一総長へのインタビュー

記事が掲載されていました。

東大の「秋入学」に関連した考えにも言及しています。

主な発言をご紹介しましょう。

秋入学は、グローバル化時代に日本を再生する切り札に

なると信じています。

まず、一言で言えば、「多様性」です。

秋入学は、この多様性を大学にもたらします。

また、秋入学になれば、春に高校を卒業してから

半年間かけて、自分が何をしたいのかを

見つめ直すこともできる。

欧米のやり方がすべて正しいとは思いませんが、

大教室での一方的な講義は「MOOC(ムーク)=

大規模公開オンライン講座」に代替され、大学の

役割が変わる可能性があります。

資金面で制約がある中、我々にできることは

カネには代えられない東大の魅力を高める

ことです。


(PP.30-31)


濱田総長が触れた「MOOC(ムーク)=大規模公開

オンライン講座」については、次回お伝えします。



「内憂外患」で閉塞感

世界で最も影響力のある世界大学ランキングは2つ

あるそうです。2つとも英国企業です。

タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)と

クアクアレリ・シモンズ(QS)がそれぞれ発表して

いるものが世界大学ランキングです。


THEでは、東京大学が23位で、京都大学は52位です。

QSでは、東京大学が32位で、京都大学は35位です。

つまり、日本の大学は世界大学ランキングでベスト10に

入っていないのです。


世界大学ランキングでベスト10入りしている大学は、

すべてが米英の大学です。

THEのベスト5は
1 カリフォルニア工科大学
2 ハーバード大学
2 オックスフォード大学
4 スタンフォード大学
5 マサチューセッツ工科大学

23 東京大学
52 京都大学 

QSのベスト5は
1 マサチューセッツ工科大学
2 ハーバード大学
3 ケンブリッジ大学
4 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン
5 インペリアル・カレッジ・ロンドン

32 東京大学
35 京都大学


もちろん、ランキングには批判があります。

しかし、国力を表すモノサシとなることは事実です。

そこで問題のなるのは、日本の教育に対する公的支出の

割合が極めて小さいことです。

大学は、その国の産業、そして経済の競争力を支える

最も重要なインフラの1つだ。しかし、日本の公的支出に

占める高等教育の割合は1.8%で、先進国の中で最低

レベル。高等教育への進学率も、米英や韓国が6~7割

に達しているのに対し、日本は5割程度で足踏みしている。


(P.33)



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。