スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ第二幕 誰が拓く「iPhone」後の世界 2013.11.18<3>

日経ビジネスの特集記事(32)

スマホ第二幕 誰が拓く「iPhone」後の世界
2013.11.18



早くも、スマホ以後主流になってくる

であろうと考えられている、ウェアラブル端末

の主導権争いが激しくなってきています。 



「次」は我々が先導する

狙いは技術の売り込み

米半導体大手クアルコムの動きが目立つそうです。

クアルコムのことは詳しく知りませんでした。

本特集を読んで、少し分かってきました。


半導体メーカーであるクアルコムが腕時計型

端末を開発したということです。


そもそもクアルコムとは、どうのような会社な

のか見てみましょう。

クアルコムはスマートフォンの

心臓部であるプロセッサーの

世界市場で、4割近いシェア

を握る最大手。今年7~9月期

の連結決算は、売上高が前年

同期比33%増の64億8000万ドル

(約6480億円)、純利益が同18%

増の15億100万ドル(約1500億円)。

売上高は四半期ベースで過去最高

を記録するなど、まさに絶好調だ。

 (P.44)

売上高純利益率が、25%近くあるのは驚異的です。

売上高総利益率ではありませんよ!


そんなクアルコムが腕時計型端末『Qualcomm Toq

(クアルコムトーク)』を開発したのはなぜなのか、

と思いますよね?

「新技術のショーケース」

クアルコムテクノロジーのチャンドック氏は、

自ら開発した腕時計型端末の

位置づけをこう説明する。

最終的な狙いは、トークに導入

した自社の部品販売や技術ライ

センス供与によって収益を得る

ことにある。

 (P.45)

スマホの「次」に先鞭を

つけるクアルコムの動きは、

「スマホだけではいずれジリ貧

になってしまうという危機意識の

表れだろう」(国内の半導体関係者)

 (P.45)


Qualcomm Toq Smartwatch hands on




セットから部品メーカーへ

日本のメーカーの中には、こうした動きに、

敏感に反応し、ウェアラブル端末を開発している

企業があります。

例えばオリンパスがそうです。

グーグルの「グーグルグラス」

のような眼鏡型端末「MEG(メグ)」

を開発中のオリンパス。

腕時計型端末の完成品を市場に

投入せず、インテルやクアルコム

のような中核部品を手がける部品

メーカーとして生き残りをかける。

 (P.46)

リスク回避をするためです。

複数の端末メーカーと交渉を進めている

ことから推測できます。


Olympus MEG4.0 Unveiled (Wearable Display,
Glasses, 320x240, Bluetooth 2.1, 8 hr Battery & More!)





「目」「腕」「体」の争奪戦


私の個人的見解は、ウェアラブル端末は

日本人にはなじまないのではないか、

と思っています。


直接肌に接触したままの状態には、

耐えられないと思うからです。


これは、私の主観にすぎないので、

実際にどうなるかは分かりません、


世界中を俯瞰すると、私の考えは間違い

である、ということになるかもしれません。

なぜ今、ウェアラブル技術なのか。

IMEC(ベルギーにある世界の

エレクトロニクス研究を

リードする研究機関)の研究

責任者はこう説明する。

「我々は約10年前からウェア

ラブル機器を研究してきたが、

結果的に時期尚早だった。

当時は通信端末がパソコンしか

なく、病院内での技術実証など

にとどまっていた」

状況っを一変させたのが、2007年

に米アップルが「iPhone」を発売

して以降の、スマホの爆発的

普及だ。

「長距離の通信やデータ処理、

セキュリティーなどを担う

スマホという“プラットフォーム”

の登場で、ウェアラブルの可能性

が一気に広がった」(IMECの研究

責任者、クリス・ヴァン・ホフ氏)

 (P.49)

ウェアラブル端末は巨大市場を形成するのか、

という疑問が湧きます。


日経ビジネスは、この疑問に答えています。

外観だけが問題なのではない。

ウェアラブル端末が離陸するには、

少なくともほかに3つの壁がある。

その第1は、スマホでは実現でき

ない圧倒的な便利さを示すことだ。

2つ目の壁は「省電力」だ。

もう1つの壁は「資金」だ。

ウェアラブル端末の普及には、今も

多くの課題が残っている。ウェアラ

ブルを一時的なブームだと捉える

見方もある。

だが、長期的に見れば、人間は

コンピューターを身体の近くに

組み込み、その機能を拡張することで、

より自然で豊かなコミュニケーションを

試み続けてきた。具体的な姿はまだ

明確ではないものの、スマホの先の

未来がそこにあることは確かだ。

 (PP.49-52)

あなたはウェアラブル端末は普及すると思いますか?


Google CEO Sergey Brin Shows & Demos
Google Glass on TV






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク






スポンサーサイト

スマホ第二幕 誰が拓く「iPhone」後の世界 2013.11.18<2>

日経ビジネスの特集記事(32)

スマホ第二幕 誰が拓く「iPhone」後の世界
2013.11.18



今回は「2強+2」についてお伝えします。

2強とはサムスンとアップルのことで、+2とは

マイクロソフトとソニーのことを指します。


「2強+2」がどのような戦略を考え、実行して

いくのか、興味深いですね。



どう動く「2強+2」

SAMSUNG アップル追撃からパイオニアへ

サムスンがごく最近に発売した製品は、

Galaxy Roundという本体が曲がったスマホです。

この製品の概要は後ほどYouTubeでご覧ください。

ジーンズの前ポケットに入れても、かさばらない

点をアピールしています。

もう一点の特徴は、本体を縦にしても、横にしても

メール等ができることです。

Galaxy Note 3と比較しています。

Galaxy Roundは高価です。

10月に発売した「ギャラクシー

ラウンド」(日本円で約11万円)は画面の

真ん中が部分がくぼみ、左右に少し曲が

っている世界初のスマホだ。

 (P.38)

この他に、片面を見れば単なるスマホですが、ひっ

くり返すとデジタルカメラに様変わりする製品も

も出しています。


こうした製品は必ずしも爆発的に売れるとは限り

ません。それでも発売する意図はどこにあるので

しょうか。

サムスンにとっては、自らのユニークさ

と潜在能力を世界に披露するのが

目的の1つだからだ。

 (P.39)


Galaxy Round Vs. Galaxy Note 3

<>



APPLE iPhone 5cの誤算 近づく賞味期限

9月20日にアップルは「iPhone 5s」「iPhone 5c」

の2機種を世界各地で発売しました。


スティーブ・ジョブズ亡きあと、ティム・クックが

CEO (最高経営責任者)に就任してから大きな変化が

起きたそうです。

「以前はアップルと言えばデザイン部門が

強大な権力を握っていた今は違う。

社内で最も声が大きいのが部品

調達部門だ」。アップル本社が

ある米シリコンバレー近くに常駐

する日系部品メーカーのある担当者

はこう話す。

 (P.40)

iPhone 5cの販売でアップルに誤算が生じたと、

日経ビジネスは、伝えています。

中国では米国や日本と同時に

発売すると見られていた携帯電話

最大手、中国移動(チャイナモバイル)

がいまだにiPhone導入について態度を

明らかにしていない。

一方、日本では最大手のNTTドコモが

iPhone販売に踏み切ったものの、

ふんだんに用意した5cが敬遠され、

上位機種の5sは弾切れという機会損失

が続いている。

 (P.40)


憶測に過ぎませんが、アップルは前機種のiPhone 5の

在庫を多く抱え、在庫を処分できていないのではないか

というものです。


日経ビジネスは、この状況を考慮し次のように断言

しています。

アップルが次に提示する「再発明」が、

消費者の想像力の延長線上にあるのか、

それとも全く別のものか。いずれにせよ

iPhoneの賞味期限は着実に近づいている。

 (P.40)


Apple Keynote September 2013 - HD - iPhone 5S, iPhone 5C, IOS 7
ティム・クックCEO (最高経営責任者)ほかがプレゼンしています。
レディ・ガガ他がビデオに登場します。





MICROSOFT 自前端末メーカーへ踏ん切りつける

マイクロソフトに動きがありました。

スマホの普及に指を食わて、座している訳には

いかなくなったのです。


かつて、携帯電話全盛時、世界最大手だった

ノキアは見る影もありません。

ノキアはスマホの流れに完全に乗り遅れたの

です。


マイクロソフトはノキアの携帯電話用OSを提供

していた関係で、ノキアから主力の携帯電話

事業を54億4000万ユーロ(約7140億円)で買収

することを発表しました。9月3日のことでした。


ただ、独占禁止法の当局による審査が、欧州で

継続中ということで、買収が完了するのは年明

け以降と見られているそうです。


マイクロソフトとノキアを見ますと、共通点が

あることに気づきます。それは「成功の復讐」

です。

ノキアは携帯電話の成功体験

から抜けだすことができず、

マイクロソフトはOSを提供する

ライセンスモデルから脱却でき

ないまま迷走を続けたのだ。

 (P.41)

スティーブ・バルマー氏が「12カ月以内の引退」を

表明しました。8月23日のことです。

マイクロソフトがノキアの買収を表明する10日余前

のことでした。後継者は誰なのかに注目が集まりま

すが、有力候補者の1人と見られているのは、マイ

クロソフトからノキアCEO (最高経営責任者)に転じた、

スティーブン・エロップ氏だそうです。

エロップ氏はノキアの携帯電話

事業買収によって、古巣のマイクロソフト

に復帰する。ハードとソフトの両面を知る

経験を生かし、マイクロソフトの資産を

活用しながら、エコシステムの構築に

おいてアップルやグーグルを追撃する考え

のようだ。

 (P.42)


Nokia Lumia 1020 vs Apple iPhone 5



SONY 音響・映像技術に活路 消費者の五感を刺激

前回、ソニーは舞台の表に出ていなくても、

イメージ・センシング技術によって、裏で大きな

利益を上げているという、動画をご紹介しました。


ここにきて、ソニーは黒子から主役に躍り出ようと

しているのが見て取れます。


クラウド・コンピューティングシステムが脚光を浴び

ていますが、このシステムではどうしても扱えない

ものがある、とソニーの平井一夫・社長兼CEO (最高

経営責任者)は語っています。

「唯一、クラウドに持っていけないのが、

人間の五感に直接触れるところだ」と

平井社長は言う。すなわち「音が良い」

「映像が美しい」「手ざわりが気持ち

いい」といった要素だ。

 (P.42)

つまり、視覚、聴覚、触覚は現物でなければ感じ取る

ことはできないものです。


これは、まさにスティーブ・ジョブズがiPod、iPhone、

iPadを開発するときに考えた核になる要素でした。

この点については、

『スティーブ・ジョブズ 脅威のプレゼン』(3)

をご参照ください。


ソニーに求められるのは、セクショナリズムからの

脱却です。

鈴木国正・執行役EVPは全社の商品戦略を統括して

います。

「One Sony」の象徴として

ソニーが持つあらゆる技術資産を

スマホにつぎ込むためには、「横串

組織を担当する役員がモバイル事業の

責任者を兼務し、ほかの事業部門と

積極的に会話をしていく必要があった」

(鈴木氏)

 (P.43)


SONY Xperia Z1<エクスペリア ゼットワン>
docomo SO-01F 最新スマホ(2013-2014冬春モデル)




次回は、「『次』は我々が先導する」と、「『目』『腕』『体』の争奪戦」

についてお伝えします。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



スマホ第二幕 誰が拓く「iPhone」後の世界 2013.11.18<1>

日経ビジネスの特集記事(32)

スマホ第二幕 誰が拓く「iPhone」後の世界
2013.11.18



現在、スマホの世界は、Galaxyシリーズの

サムスンとiPhoneのアップルとの2強が支配

しています。


日経ビジネスの最新号は、そうした状況が大きく

変わりつつある、と伝えています。


中国やインド、アフリカなどで1万円程度の

基本機能に絞った激安スマホが出回っている、

というのです。


スマホの市場でNo.1のシェアを誇る、サムスンも

安閑としていられなくなった近未来を、日経ビジ

ネスの記事に基づきお伝えします。



勝者なきスマホ市場

サムスンの極秘プロジェクト

サムスンといえば、グーグルのスマホ用OS

Android(アンドロイド)を搭載したギャラクシーS4が

知られていますね。

韓国国内で販売された当初の価格は約90万ウォン

(800ドル弱)だったそうです。日本円で約8万円です。

はっきり言って、「高い!」。


ところが、今、サムスンは極秘に「50ドルスマホ」を

出す極秘プロジェクトに着手したそうです。16分の1

の価格です。

「中国メーカーのシェが上昇している」。

同社(サムスン)の李健煕(イ・ゴンヒ)会長

が社内にくすぶる「50ドルスマホ」への反対

論を一蹴。「危機意識を持って仕事しろ」と

の檄を飛ばし、本格的な検討に着手したと

される。

 (P.31)

なぜ、安泰と思われたサムスンが危機感を抱くように

なったのでしょうか? その謎を読み解くカギは中国

メーカーのみならず、世界の中小メーカーが激安スマホ

を製造し、通信料金も大幅に安く提供する会社が出現し

たからです。

背後にあるのは、新興国における新規参入

組の勃興だ。中国の「Xiaomi(小米)」、

インドの「Micromax(マイクロマックス)」、

アフリカの「TECNO(テクノ)」――。

こうした地場のブランドは通話と最低限の

機能を備えた「100ドルスマホ」の販売を

伸ばし、急速に存在感を高めつつある。

 (P.31)

こうした状況を見据え、サムスンは手をこまねいている

訳にはいかないのです。

サムスンが「価格破壊」も辞さず

開発に着手した50ドルスマホは、

これからスマホが普及期を迎える

アフリカや中国などの新興国に

攻勢をかける秘策。

 (P.31)



「ローカルモデル」の台頭

アフリカのルワンダで、今まであまり知られて

いなかった動きが起きているそうです。

それは、通信用のSIMカードを2枚差し込んで

使えるスマホが一番人気になっているという

のです。

登場したのが、携帯電話会社が

発行する通信用のSIMカードを

2枚差し込むことができる

「デュアルSIM」と呼ばれる端末だ。

発信先の携帯電話会社に応じて

2つの電話番号を使い分けることで、

通信料を格段に抑えることができる。

 (P.32)

この端末は、香港に本社を置くテクノが、2007年

後半に初のデュアルSIM端末をアフリカで試験導入

したそうで、この分野のパイオニアです。


こうした端末が急速に普及し始めるのは、スマホ業界に

地殻変動が起きているとも言えます。

シェア争いの主戦場が新興国に

移る中、地域ごとの消費者のニーズに

きめ細かく対応する「ローカルモデル」

が急速に台頭し始めた。

 (P.33)




「中国版ジョブズ」の実情

中国に、「中国版ジョブズ」と呼ばれる人物が

いるそうです。


2010年に創業した小米の雷軍CEO (最高経営責任者)が

その人です。

ただ、手法はアップルよりもアマゾン・ドット・コム

に似ていると言われています。

小米のスマホの流通経路は

ネットを通じた直販が大半を占め、

携帯電話会社の販売網を使い、販売

奨励金を払わせることで販売価格を

抑えているアップルのビジネスモデル

とは大きく異なる。

 (P.33)

スマホに限らず、一般的に、中国製はデザインで

劣ると感じる人が多いと思います。

私も実はそう思っている一人です。

ところが、その状況も変わりつつあるようです。


IBMからパソコン部門を買収した、レノボはその後、

パソコン世界最大手となりました。


そのレノボは、すでに事業の軸足をパソコンから

スマホへ移しています。


そして、レノボが今、一番注力しているのがデザイン

部門の強化だそうです。

北京市内の本社にある「イノベーション・デザイン・

センター」は約200人のデザイナーを擁し、

イタリアやドイツなど多国籍の人材が執務する姿は

オフィスというよりも大学のキャンパスのよう。


チーフデザイナーのヤオ・インジャ氏は「様々な国の

視点からデザインを考えている。質にこだわることこそ

が顧客に新しい体験をもたらす」と話し、高級感を演出

する素材の使い方に余念がない。

 (P.35)

スマホのビジネスモデルは、どうのように

なってきているのかが気になります。

スマホは人々をネットにつなげる

入り口という役割を担うが、もはや

ハードウェアだけで完結するビジネス

ではない。スマホメーカーが生き残る

にはコンテンツやサービス、広告など

スマホに関わる様々なバリューチェー

ンを取り込んで自らの収入源に育てて

いくしかない。

 (P.36)

国内で、iPhoneの取り扱いが遅れたドコモでしたが、

ようやく扱えるようになりました。


私は、アップルの強気な戦略がドコモの参入を阻んで

いたのではないか、と考えていました。


ところが、どうやら私の考えは違っていたことが、

この特集記事を読んで分かりました。

実はアップルは無線通信技術に

関する特許をそれほど多く保有して

おらず、ドコモが持つ特許の利用に

アップルが何らかの形で関われる

オプションが提示されたことが交渉を

後押ししたと言われる。

 (P.37)

こうした無線通信技術に関する蓄積が乏しいのは、

アップルに限らないそうです。


カナダの通信機器大手、ノーテル・ネットワークスが

経営破綻した際、同社が保有する特許を巡って、

アップルや米マイクロソフト、ソニーなどで構成する

企業連合がグーグルや米インテルなどに競り勝ち、

ノーテルの約6000件の特許を45億ドル(約4500億円)で

落札したそうです。


一方、グーグルは米携帯端末大手モトローラ・モビリ

ティを2万4500件の特許ごと125億ドル(約1兆2500億円)

で買収すると発表したということです。


特許の数字だけで見ると、4倍の特許を3倍の価格で、

買ったことになります。特許の有効期限と、現在でも

十分に優位性のある特許なのかどうかは分かりません。


次の動画は、ソニーはイメージ・センシング技術で、

表に出なくても大きな利益を上げていると、伝えています。

【SONY・ソニー】 実は裏では独り勝ち!
他社より高性能部品をライバルの
アップルやサムスンなどに販売




次回は、「どう動く『2強+2』」についてお伝えします。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。