スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京五輪 点火 駆け出した企業と個人 2013.11.25<3>

日経ビジネスの特集記事(33)

東京五輪 点火 駆け出した企業と個人
2013.11.25



開催国の覚悟と責任


開催国の覚悟と責任を考える上で、重要なことは、

世界各国から来日する人たちの安全をどう担保

するかでしょう。


その点に関しては、以前取り上げましたが、

1964年開催の東京五輪で実績を積み、ノウハウを

蓄積したセコムなどの民間の警備保証会社の存在

を忘れてはならないでしょう。
(こちらの記事をご覧ください。アベノリンピクスの行方

警察組織だけでは、とても手がまわらないと思います。


それと、施設建設や運営費に、当初予算をはるかに

上回る額のお金がかかることでしょう。


さらに、7月24日開催ということで、梅雨明け後の暑さ

対策も課題となることでしょう。


では、日経ビジネスはどのように考えているのでしょうか。

2020年の東京五輪は、初めて人口が

減少する国家で開催される夏季五輪

となる。2020年頃には東京の人口も

減少に転じる見込みだ。

 (P.46)

少子高齢化社会がもたらす諸問題には、あえて

踏み込みませんが、生産年齢人口(15歳から64歳まで)も、

変化してきています。


ちなみに、今から7年後といいますと65歳です。

生産年齢人口にカウントされなくなります。


さて、会場となるスタジアムの建設や、既存の施設の

改修工事等行われますが、この点に2つの大きな問題

が起こります。


1つは、東北復興のために、携わっている人たちを

五輪施設建設などに移動させなければならず、その分、

東北復興がさらに遅れる懸念があることです。


もう1つは、五輪が終了した後の施設の維持費が莫大

になることです。


日経ビジネスは、長野五輪の教訓というテーマで

詳しく伝えています。



長野五輪の教訓

冬季五輪と夏季五輪で、季節と種目による施設の

違いはありますが、長野五輪は終了後どんな問題に

遭遇し、解決されているのかどうかを見てみることは

次期五輪を考える上で、参考になるはずです。

「長野市ボブスレー・リュージュパーク」。

同競技場の建設費は土地代などを

含めて100億円以上。ボブスレーと

リュージュの国内競技人口は、合計

で約120人だ。継続的な黒字経営は

ほぼ不可能と見られていた。

 (P.47)

この話には続きがありまして、長野市の苦悩が伝えられて

います。

長野市は2017年度にようやく建設費

を払い終えるメドをつけたが、それとは

別に今も維持運用費がのしかかっている。

ボブスレー・リュージュパークの1億3000

万円をはじめ6施設合計で、毎年約10億円

が市の金庫から出ていっている。

 (P.47)

長野市は将来、この施設の取り壊しを検討しているそうです。


建設費がかかると言えば、新国立競技場の建設費は当初

予算を大幅に上回ることが判明しました。

東京五輪開催の決定後、新国立競技場

の建設費が、当初予算の1300億円に

対して最高3000億円に膨れ上がると

の試算が一時出てきた。その後、

文部科学省は競技場内の通路幅や

柱を見直すなどして、1852億円と

いう総工費をは算出した。

 (P.48)

女性建築家、ザハ・ハディド氏による素晴らしいデザイン

が発表されましたが、本当に完成するのかと思って

いました。

すると、世界的建築家、槇文彦氏からコスト面などで

問題があると、指摘されています。(P.48)



「TOKYO」未来への跳躍

オリンピックとパラリンピックが期間をずらして

実施されます。初めて知りましたが、オリンピック出場選手と、

パラリンピック出場選手とでは、施設の利用条件が異なります。


東京五輪招致のプレゼンで佐藤真海さんが、自分の生い立ちを

明るい顔で語り、オリンピック委員会委員の心を動かしました。


日本のパラリンピック選手たちは、厳しい現実に直面しています。

例えば日本選手の練習環境。パラリン

ピック選手は一部の特例を除き、

日本オリンピック委員会が運用

するトレーニングセンターを利用

できない。競技団体も健常者と

障害者で、それぞれバラバラに

存在していることが多い。

 (P.51)

スポーツに限らず、日本では差別が多い。

障害者だからといって特別扱いする必要はない

のです。

特別なことをする必要はない、と

佐藤氏は言う。「子供を持つお母さんや

お年寄りを助けられる『東京』になれば、

それがそのまま障害者に手を差し伸べる
世界につながる」。

 (P.51)

日経ビジネスは、こう結んでいます。

この7年間をどう過ごすかで、

その先の日本の形が決まる。東京、

そして日本は、五輪とパラリン

ピックを通じて、再び世界に存在感を

示せるのか。

「跳躍」へのまたとないチャンスが、

56年ぶりに巡ってきた。

 (P.51)





五輪プレゼン!佐藤真海 感動スピーチ 日本語字幕付(^o^)丿





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



スポンサーサイト

東京五輪 点火 駆け出した企業と個人 2013.11.25<2>

日経ビジネスの特集記事(33)

東京五輪 点火 駆け出した企業と個人
2013.11.25



ドーピングに科学の目が光る


オリンピックに限らず、自分の潜在能力を最大限に

引き出そうとして、クスリに頼ろうとする選手が

必ずいます。ドーピングですね。


ドーピングの手口は、年々巧妙になってきている

そうです。選手とクスリを飲ませるコーチや医師

対、ドーピングの有無を見分ける技術と技術者の

戦いに終わりはありません。

五輪の大前提となる競技の公正さを

揺るがすドーピングへの対策は、五輪

開催を成功させる生命線だ。

2020年の東京五輪で、その機能を一身に

期待されている民間機関がある。

三菱化学メディエンスの「アンチドー

ピングラボラトリー」だ。

 (P.38)

検査件数が増加するだけでなく、五輪では24時間以内に

検査結果を出す必要がある、という。

三菱化学メディエンスでは、年間

6000~7000件の検査を実施する。だが、

五輪はまさにケタ違いの規模となる。

わずか2週間の開催期間中に、約1万件

の検体が殺到する見込みだ。しかも、

それらのすべてについて24時間以内に

検査結果を出す必要がある。

 (P.38)

日本の技術力が試される機会となるのは間違いありません。



1億総参加 個人狙う企業

「プロボノ」と聞きなれない言葉が出てきました。

これは、「公共善のために」という意味のラテン語

の「pro bono publico」に由来するそうです。


具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

私も昔は、デジカメ一眼レフで、よくポートレートを

撮ったものです。何度かコンテストに入賞した経験は

ありますが、大したものではありません。


私と違って、セミプロのカメラマンは想像以上に存在

します。こうしたセミプロカメラマンを組織化し、

セミプロの目を通して撮影した写真を、ネット上で

販売するサービスを提供して会社があるそうです。

「はいチーズ!」というサービスを運営する

(東京都渋谷区)という会社です。

五輪開催前後には、市民が参加する

ような記念大会が増えると見込む。

こうした市民大会のほか、競技場

周辺や街の様子も含めて「東京五輪」

を撮影するカメラマンを揃えようと

している。

 (P.42)

写真や動画は貴重な資料となることは、2年8カ月前に

起こった東日本大震災で実感されたと思います。


被災した人たちにとって、2度と撮ることができない、

大切な思い出、その場所に住んでいた証を示すものです。

写真がデジタル化されたため、ブログなどに公開する

こともできるようになりました。


今に息づく50年前の革新

1964年、東京オリンピックが開催された当時、私は、

9歳でした。小学生でしたから、東京オリンピックの

詳細は覚えていません。


しかし、今ではYouTubeなどの動画サイトで、東京五輪の

様子を垣間見ることはできます。撮影機材の性能が今とは

比べ物にならないくらい劣っていましたが、それでも、

臨場感は伝わってきます。


50年前の日本では、どんなものが発売されたり、

当時として、どんな「スゴイもの」があったのかを

見てみるのは、同時代を生きた私にとっても、

大いに期待感が高まるものでした。


一番印象に残っているのは、東海道新幹線のことでしょう。

亡父が国鉄(現・JR東日本)の技術者として勤務していた

関係で、開業前に新幹線に試乗する機会があったからです。


他にどんなことやモノがあったでしょう。

今では日常生活で何気なく

溶け込んだ商品の中にも、64年生まれ

がある。その1つが電卓だ。

シャープは64年にトランジスタを

使った電卓を発売した。トランジスタ

を530個、ダイオードを2300個使い、

重さは25kg。1ケタごとに「0~9」の

入力キーがあったため、膨大な入力キー

が並んでいた。

当時の価格は53万5000円。一般的な

乗用車1台に相当する。それでも企業は

業務を効率化できる効果を期待して、

こぞって導入したという。

 (P.45)

その後、数十年が経ち、コンピュータが発明され、

半導体の回路の集積化が急激に進んだのは、周知の事実

です。


この他では、ユニットバスやストップウォッチ、

お菓子の「ひよこ」、海外への衛星中継が始まった

ことなどがあります。


どれも懐かしいものです。



東海道新幹線デビュー!! 1964




次回は、「開催国の覚悟と責任」と「『TOKYO』未来への跳躍」

についてお伝えします。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



東京五輪 点火 駆け出した企業と個人 2013.11.25<1>

最初に一言

記事を読んだり、コメントしてくださり、
ありがとうございます。

最近、HN(ハンドルネーム)さえ記入されていない
人から「記事のパクリ」とだけ書いてあるコメント?
がありました。

自分の名前さえ明確にしていないのです。

これがそうです。

No title

記事のパクリ(原文のまま)

これだけです。

日時は、13/11/20 15:10 でした。


批判するなら、自分がどういう人間なのか明示
すべきです。

こちらは顔(画像ですが)も名前も含めた、
プロフィールを公開しています。

その一方で、HNさえなしに批判するのは、
汚いやり方です。本来なら本名を明らかにすべき
でしょう。卑怯だし、無責任です。

逃げ隠れしていないで、堂々と「自分はこういう
者だ」と表明してもらいたいものです。


これに似たケースで思い出すのは、私がグル
(思想的指導者)と仰ぐ、大前研一氏の著作に、
amazonの「カスタマーレビュー」でけなす人が
いたことです。

その人物は、HNで書いていたそうです。
大前氏はその人物とコンタクトをとり、話し
合おうとしたそうですが、最後まで応じな
かった、ということです。

こういう人に、人を批判する資格はありません。

批判するなら、自分の「作品」を公にするべき
です。対等な条件で、他人の「作品」を批判する
のが、正しいやり方ではないでしょうか?

この点について、私の考え方が間違っている、
と思う方は、コメント欄にご記入ください。


このブログは『日経ビジネス』の特集記事の
概要をお伝えするものです。引用なしに伝える
ことは現実的には不可能とご理解ください。

引用部分と自分の意見を区別して表示しています。

それをパクリと言うなら、それでもいいです。

私は、『日経ビジネス』を30歳になった時から
購読しています。以来28年以上にわたって読み
続けています。

今日は、多くの方に不快な思いをさせてしまい、
申し訳ございませんでした。




日経ビジネスの特集記事(33)

東京五輪 点火 駆け出した企業と個人
2013.11.25



新・日本流で競え合え


1964年に開催された東京オリンピック以来、

56年ぶりに、2度目の東京オリンピックが開催

されることになりました。

関係業界は今から色めき立っているようです。

私は「経済効果」という言葉に疑問を感じています。

アベノミクスの3本の矢が発表されると、エコノミストが、

「5兆円の経済効果」とか、「100兆円」とか

公表しています。


こうした類の数字は、最初にぶちあげて、検証された

試しがありません。寡聞にして、聞いたことがあり

ません。


数字がひとり歩きするのです。実態と乖離していても、

関係なくなります。だから、「経済効果」という言葉に

信頼を置いていません。


2020年に開催されるため、7年いや、もう2013年末が

迫っていますから、6年後です。


競技場などの建設には時間がかかるため、業者の選定

が急がれています。


東京都調布市の「武蔵野の森総合スポーツ施設」という、

一般市民には馴染みの薄い施設の、メーンアリーナ棟は

竹中工務店、サブアリーナ・プール棟が鹿島に決まった

そうです。


その他の業界ではどのような動きが出てきているので

しょうか?

東京の六本木ヒルズや新丸の内

ビルディングなどにドライミスト

機器を納入する防災大手の能美防災

も虎視眈々と商機をうかがう。


 (P.32)


何度も取り上げていますが、東京五輪招致のプレゼンで

滝川クリステルさんが、フランス語に交えて、

「お・も・て・な・し」が有名になりました。


日本のサービスは、「おもてなし」だ、と共通語にして

売りにする商売が多くなってきました。


ホテル業界もその一つです。

鼻息が荒く、海外からのお客様を受け入れる体制を

整えようと、特に、外資系のホテル建設ラッシュが

起こっています。


しかし、それでもすべての訪日客を受け入れるのは

不可能です。そこで、そうした顧客を受け入れる

施設が増加しています。意外なところに見つかりました。


米国を拠点に世界192カ国、3万5000

都市で事業を展開する「Airbnb(エアビー

アンドビー)」。同サイトで利用できる

約35万件の部屋の多くは、一般の人々の

自宅だ。旅先で泊まる場所を探す人と、

空き部屋などを活用したい人を結びつけ、

ホテルに代わる役割を担う。


 (P.33)


B級グルメに商機あり

B級グルメ選手権が毎年恒例となり、まちおこし

に貢献しています。そこで、日経ビジネスは観光客30人に

聞いてみたそうです。


「日本の印象的なところ」と「日本の不便なところ」の

2つに分けてみると、浮かび上がってきたことがあり

ました。


「日本の印象的なところ」のベスト3は、

第1位 人々

第2位 日本食

第3位 文化



「日本の不便なところ」のベスト3は、

第1位 言葉

第2位 地下鉄

第3位 宿泊

でした。


「日本の印象的なところ」の第1位に関しては、

こう答えています。

30代の米国人男性は「人が

友好的でとても正直」と答え、

20代のフランス人男性も「人々

がみな親切だった」としみじみ

と振り返った。


 (P.37)

「日本の不便なところ」の第1位に関しては、

30代のカナダ人男性は「英語

を話す人が少なすぎる」と語り、

50代の米国人女性も「英語が通じ

ないホテルのフロントが多い」と

渋い顔。しかも不満の矛先は、

不足している英語の食事メニューや

道路標識にも向かった。


 (P.37)

それでも、8割の人が7年後に「また来たい」

と語ったそうです。


今、ラーメンが欧米で人気がある「日本食」となっています。

少し前、FM放送を聴いていた時、たまたまラーメンの話が

出てきました。


話をしていたのは、イギリス在住の日本人女性でした。

ロンドンでも、米ニューヨークで人気になったラーメンが

人気になっている、と語っていました。


面白いなと思ったのは、「イギリス人を含め、ヨーロッパの

人は、猫舌の人が多いので、本場の日本のラーメンの熱い

スープにしたければ、『Extra hot! 』と言わないと、

冷めたスープのまま出されます」というくだりでした。



1964年東京オリンピックを振り返ってみよう






次回は、「ドーピング対策や1964年当時の商品」などについてお伝えします。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。