スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強さの秘密 ドイツ ワーゲン、BMW、ボッシュの革新力 2013.12.23<3>

日経ビジネスの特集記事(37)

強さの秘密 ドイツ ワーゲン、BMW、ボッシュの革新力
2013.12.23


地域に根ざし高収益

ドイツには大企業を下支えする中小企業がある
ことをお話しました。

この中小企業についてお伝えします。

ドイツ語で「ミッテルシュタント」と
呼ばれる中小企業は「経済の屋台骨」
と言われ、ポジティブな響きがある。
非上場の家族経営で歴史が長く、
地方に拠点があり地元の雇用を重視
する。小規模ながらオンリーワンの
技術を持つ、といったイメージだ。 

 (P.48)

中小企業の実態を表す、具体的な数値があります。

ドイツでは、中小企業の国内
企業数の99.5%、雇用者数の62.8%、
粗付加価値額(純付加価値に減価
償却を加えたもの)の53.8%を
占める(2013年の見通し)。

 (P.48)

日本はどうでしょうか。

日本では、中小企業が企業数の
99.7%(2009年の事業ベース)、
雇用者数の76.2%(同)、
製造業付加価値額の56.3%
(2011年)占めている。

 (P.48)

ドイツと日本の中小企業の数字を見る限り、大きな違いは
見当たりません。

ところが、2002年から2011年までの粗付加価値額の伸び率を
見ると、ドイツだけが製造業の付加価値額を大きく伸ばした
そうです。

一体どうしたのでしょうか。
理由があるはずです。

その理由には、主に3つが考えられるそうです。
日経ビジネスの見方は次のとおりです。

1つは、2002~05年にかけて
ゲアハルト・シュレーダー政権が
実施した労働市場改革。次に、
統一通貨ユーロ導入による域内
貿易の拡大。そして最後が、
中国向け輸出などに牽引した
リーマンショック後の早期回復だ。

 (P.48)

中小企業の中身をもう少し見ていくと、明確な
特徴があることが分かります。

ドイツでは中小企業のうち
「中企業」の数が多く、「少企業」
は収益性が高いという事実が読み
取れる。つまり、「層が厚い」
中企業と「儲かっている」小企業
が、「ミッテルシュタントが強い」
と言われる背景にある。

 (P.49)


メルケルの試練

今年9月末のドイツ連邦議会選挙で圧勝した
アンゲラ・メルケル首相は、無事に3期目を全うすれば、
12年間首相を務めることになるそうです。

2005年に首相となったので、2017年まで任期がある
ことになります。

日本の首相の短命さと比較すると、彼我の大きな違いを
感ぜざるを得ません。

盤石に見えるメルケル首相にもアキレス腱はあります。

産業界の最大の懸念が、法定
最低賃金の導入だ。ドイツは、法定
最低賃金を持たない、欧州でも数
少ない国の一つ。ドイツでは41の
業種が法律ではなく労使間協定に
よって最低賃金を決めてきた。

 (P.52)

法定最低賃金がないことは、ドイツの産業競争力の強さの
源泉の一つでもあった、ということです。


もう一つのアキレス腱は、ユーロ危機の解決だそうです。
ユーロ圏でのギリシャの存在は、欧州のリーダーである、
ドイツにとって頭痛の種です。

「ユーロの失敗は、欧州の失敗
を意味する」とも言うメルケルは、
「ユーロを維持する以外の選択肢は
ない」と固く信じ、加盟国を1つでも
脱落させないことを目標とする。

 (P.52)

ただし、厳しい条件を突きつけています。

「過重債務国が緊縮策や構造改革
を実行しない限り、支援すべきではない」
というメルケルの姿勢は、EUの南欧諸国
支援の基本姿勢になった。

 (P.53)

今回の特集は、とてもボリュームがありました。
通常、最大で25ページですが、29ページありました。
量質ともにあったのです。

もし、あなたが消化不良を起こしたとしたら、
その原因は私にあります。

十分に咀嚼して、お伝えできなかったことになるからです。

いかがでしたでしょうか。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






ユーロ終了のお知らせ?メルケル首相の続投で
ギリシャに与える影響とは?






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



スポンサーサイト

強さの秘密 ドイツ ワーゲン、BMW、ボッシュの革新力  2013.12.23<2>

日経ビジネスの特集記事(37)

強さの秘密 ドイツ ワーゲン、BMW、ボッシュの革新力
2013.12.23


無音工場の深謀

ドイツ車といえば、メルセデス・ベンツ、BMW(ビーエム)、
フォルクスワーゲン、そしてアウディ、さらにポルシェでしょう。

今年、フォルクスワーゲン・ゴルフが輸入車部門で、始めて
カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

品質が高く評価されたのです。


現在、BMWは新型車を生産しているそうです。
その製造現場からの報告です。

従来のクルマを、「エンジンをつけた
鉄の固まり」と表現するなら、この
工場で作るのは、「モーターを
つけた炭素の固まり」だ。BMWが
今秋から欧州で発売を開始した、
EV(電気自動車)「i3」である。
同社はこのEVで、クルマ作りの
常識を覆した。車体の主要素材を、
鉄から炭素繊維に変更したのである。 

 (P.37)


それだけではなかったのです。
炭素繊維を量産車の車体骨格に全面採用したのです。

炭素繊維はアルミより3割、鉄より
5割軽い。非常に高価なため、航空機や、
クルマではスポーツカーや超高級車で
部分的に使われているだけだった。
それをBMWは世界で初めて、量産車
の車体骨格に全面採用した。

 (P.37)


炭素繊維といえば、東レが世界的に有名です。
「日本発の技術であり、現在でも世界市場に占める
日本企業製品のシェアは高い」(Wikipediaの記事から)
のです。


ドイツ車は高級感があり、クラフツマンシップ(職人の技能)
があり、日本の「匠」に通じるものがあります。

日本でも人気の高いBMWは、どのような地位にあるのでしょうか?
その前に、ドイツ車は世界でどれだけのシェアを握っているの
でしょうか?

現在、世界のプレミアムカー市場の
約8割は、ドイツ勢が牛耳っている。
その中で、BMWはトップの座にある。

この強さを支えているのが、「走り」を
追求するブランドを、最先端の技術や
デザインで磨き続ける経営だ。i3は、
まさにその象徴である。

 (P.37)

ドイツにはアウトバーンという高速道路があります。
以前は無料だったそうですが、今は、有料ということです。

このアウトバーンで鍛えられたクルマの足元を支えるのは、
ショックアブソーバーであり、サスペンションです。

この部門でもドイツには素晴らしい技術を持った、世界一の
ショックアブソーバー・サスペンションのメーカーがあります。

それは、ビルシュタインです。スポーツカーや超高級車には
必ずと言ってよいほど、ビルシュタインのショックアブソーバー
や、サスペンションが使われています。

世界で最初にクルマを作ったのはドイツだ、という誇りが、
クルマ関連製品の高品質を維持しているのでしょう。


i3は、数多く売ることが目的ではないというのです。
BMWのブランド力を高める象徴として生産するためだ、
というのです。

i3の開発の目的は単にEVを
作って数多く売ることではない。
次世代の技術を惜しみなく投入
する先進性を通じて、BMWの
ブランド力を高めることにある。

 (P.37)

先にお話した炭素繊維についてですが、BMWは
ドイツの炭素繊維メーカーSGLカーボンと提携し、米国に
合弁工場を設立したそうです。

量産車とは言え、高価であることは間違いないので、米国市場
で販売していこうという意図が見えます。


米国で一定の地位を築いた、トヨタのレクサスはこの流れに
どう対抗していくのでしょうか。

豊田(章男)社長は2012年、レクサスを
自らの直轄事業とした。これまで、
レクサスはトヨタの一部門にすぎず、
一貫したブランド戦略が弱かったと
いう問題意識がある。創業家の一員
として、豊田社長は自らが先頭に
立ってレクサスに歴史を刻み込もうと
している。

 (P.38)

これは、トヨタの危機感を表す出来事だ、と捉えるべきです。

日経ビジネスは、このように述べています。

強い現場の力と技術主導の
商品戦略に頼ってきた日本の製造業も
ドイツに謙虚に学び、新たな成長モデル
として取り組むべきだ。

 (P.39)



「日本の逆」が生む革新

ドイツの底力を感じさせる秘密があります。
企業形態です。多数の中小部品メーカーが大企業を
下支えしているのです。

日本も同様です。企業の9割が中小企業です。
トヨタ自動車の膝元、豊田市は城下町を形成し、
「ケイレツ」という英語化した言葉に代表される
自動車生産の一大集積地となっています。

また、東京都・大田区や墨田区には中小企業が数多く
集まり、工業団地を形成しています。

その技術力は群を抜き、NASAの部品調達先と
なった部品メーカーもあります。
岡野工業です。


日経ビジネスは、ドイツに学ぶべき3つの流儀を
紹介しています。

「自主独立」「全体最適」「脱・タコツボ」
です。

革新の流儀01 ケイレツより自主独立

ボッシュというドイツのメーカーの名前を聞いたことはありますか。
私が知っていたのは、クルマのヘッドライトやフォグランプの
メーカーという程度でした。

記事を読んでいくと、すごい会社だということが分かってきました。

一例を挙げましょう。

ボッシュは、昨年の特許出願数で
フォルクスワーゲン(VW)を、国際特許
の出願数でもトヨタ自動車を上回る。

 (P.42)

ボッシュは、日本の部品メーカーとはかなり異なります。
それは株主構成です。

デンソーはトヨタが株式の22.3%
を所有する上場企業。一方、ボッシュは
株式の92%を創業者由来の財団が、7%
をボッシュ家が所有する非上場企業。
自動車メーカーとの資本関係は一切
ない。

 (PP.42-43)

ドイツと日本の違いは、「ケイレツ」の有無です。

ボッシュが自主独立しているのはなぜか、気になりますね。
日本と同様に「ケイレツ」であれば、安定した部品供給
が可能になります。

あえてそうした道を選択しない深い理由がありました。

世界のトレンドに合った製品を
開発するために、中立の立場を
利用して情報収集に力を注ぐ。
その情報を基に、顧客間で共通
するニーズを見いだし、先回り
して開発する。

 (P.43)

ドイツと日本でもう一つ異なるのは、ドイツに非上場の大企業が
多いことです。その理由は「外部の投資家からの圧力にさらされる
より、創業家など一族による安定した経営を好む傾向が強いから
だ」。(P.44)

革新の流儀02 カイゼンより全体最適

昔読んだ本の中に、次のような話が書いてありました。
「製造現場では3Sが求められる。3Sとは、Simplification(単純化)、
Standardization(標準化)、Specialization(特殊化、専門化)」

3Sは、製造現場に限定されることではなく、事務処理においても
有効な考え方です。物事を単純化し、だれでもできるようにマニュ
アルなどで標準化し、その上で、他社(者)が真似できないように、
専門化する。

ただ、カスタマイズは時間もコストも大幅にかかります。
その解決策をドイツは見つけたのです。

工作機械は、自動車から航空機、重電、
医療機器など多様な顧客ごとのカスタマイズ
が求められる。その都度設計し直していては、
時間やコストが大幅にかかってしまう。

このジレンマを解消したのが、プラット
フォーム化だった。

プラットフォームの設計や部品の標準化
には時間とコストがかかる。それでも、
一度決めたルールに厳格に従うことで、
個別の製品開発を効率化できる。

 (PP.44-45)

イニシャルコスト(初期費用)をケチらずに実行すれば、
その後のランニングコスト(維持費)は低く抑えること
が可能になります。

短期的視野で結果を求めるのか、長期的視野に立って経営
できるか、は経営者の考え方次第です。

革新の流儀03 産官学連携で「脱・タコツボ」

フラウンホーファー研究所という、欧州最大の研究所があるそうです。

フラウンホーファーはドイツに66の
研究施設を持ち、2万2000人の
従業員を抱える。

このフラウンホーファーが、
ドイツ企業の技術革新を陰で
支えている。

 (P.46)

ドイツでは、産官学連携が機能しているそうです。
その秘密の一つを見つけました。

ドイツでは、博士号取得後は
大学を出て、民間企業や国際的な
研究機関に就職するのが一般的だ。
教授に向かうキャリアパスとして、
大学外での実績が求められる。
一方、日本の大学では博士号取得後、
助手、准教授、教授といった具合に
内部昇格していく以外のルートは
限られる。そのため産業界との
人材の流動性が極めて低い。

 (P.46)

日本のシステムは「タコツボ」だ、ということです。
産業界との接点が少ないため、研究のための研究
で、産業化を視野に入れない研究で終わってしまう
危険性があります。それとコスト意識が希薄になる
という弊害もあるでしょう。


今回の結論として、日経ビジネスは次のように伝えています。

「自主独立」「全体最適」「脱・タコツボ」の
3つから浮かび上がるのは、多様な情報
を集め、分析し、進むべき道を自ら決断
しているドイツの産業の自律性の高さだ。
対する日本企業は現場の力に頼った部分
最適の経営に陥りがちだ。

 (P.46)



次回は、「地域に根ざした高収益」他についてお伝えします。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






ボッシュ 自動運転の取り組み






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



強さの秘密 ドイツ ワーゲン、BMW、ボッシュの革新力 2013.12.23<1>

日経ビジネスの特集記事(37)

強さの秘密 ドイツ ワーゲン、BMW、ボッシュの革新力
2013.12.23


不屈の「メルケル」と「ゴルフ」

ドイツと日本には共通点が多くあります。
まず、ともに敗戦国でありながら、奇跡的な復活を遂げた国であること。

製造業を中心に、自動車産業などの強い産業基盤があること。

大多数を占める中小企業には、高い技術力をもった
「マイスター(匠)」がいること。

製品の品質が高いこと。

国民気質が似ていて、勤勉であること…。


2014年、サッカーのワールドカップがブラジルで開催されます。
日本代表の多くは、海外でプレーしています。
特に多いのは、ドイツのブンデスリーガーと呼ばれる、
ドイツリーグでプレーしている選手たちです。

主な選手を挙げると、岡崎選手、清武選手、吉田麻也選手、
長谷部選手です。今は、イングランド・プレミアリーグの
超名門クラブ、マンチェスター・ユナイテッドでプレーする
香川選手も、移籍前はドルトムントに在籍していました。

なぜ、ドイツのクラブが日本人を採用するのでしょうか?
以前、この点について書かれていた記事がありました。

その記事によると、およそこのような内容でした。

「日本人はドイツ人に似て、練習も真剣にこなし、手抜きを
しない」

ちなみに、FIFA(国際サッカー連盟)のランクで、
ドイツは、スペインに次ぐ2位です。優勝候補の一角です。


ドイツの強さの秘密を見ていくことにしましょう。

日経ビジネスによると、ドイツの強さのキーワードは、
「メルケル」と「ゴルフ」です。

2012年の経常黒字額は中国を抜きトップだ。
メルケル首相の下、ドイツは世界最強の
黒字大国となったと言ってもよいだろう。

自動車産業を中心に、イノベーションを
生み出す産業力を復活させたのである。

 (P.28)

「メルケル」と「ゴルフ」。それは一度は
病人として床に伏せたドイツが、再び強く
なった象徴だ。

 (P.29)

日本にとって、ドイツはどのような存在でしょうか。

時に学び、時に教え、競い合ってきた日本
の「最強のライバル」。

 (P.29)


ルールを変える執念


勝利を収める方法には、3つあると思います。
1つ目は、ブルーオーシャンで戦うことです。

ライバルがほとんどいない場所で、勝負すること。
ライバルの多いレッドオーシャンで戦ってはいけません。

孫子は、「戦わずして勝つ」のが最高の戦いである、と
喝破しています。


2つ目は、ルールを変えることです。
柔道やレスリングを見れば、理解できるでしょう。
日本のお家芸である柔道やレスリングが強すぎたため、
国際柔道連盟や国際レスリング連盟は、ルールの変更を
頻繁に繰り返してきました。
その結果、柔道は弱体化しました。レスリングはギリギリ
のところで踏みとどまっています。

自動車レースもそうですね。アイルトン・セナの全盛時、
マクラーレン・ホンダは圧倒的な強さを発揮しました。

そのため、レギュレーション(ルール)の変更が行われ
ました。その後、優勝するクルマは変わってしまい
ましたね。


3つ目は、高い参入障壁を設定することです。
門前払いし、チャンスを与えないことです。
閉鎖性が、障壁を設定した側に有利に働くのです。

さて、フォルクスワーゲン(VW)・ゴルフ。
どこがすごいのでしょうか?

ドイツ流モノ作りの粋を、ゴルフに詰め込んだ。
その神髄とは何か。VWの開発担当取締役、
ハインツ-ヤーコブ・ノイサー氏に聞くと、
「プラットフォーム戦略だ」と言い切った。
それは、基本的なクルマの構造=プラット
フォームを複数の車種で共有する戦略のこと。

 (P.31)

これだけでは、今ひとつ分かりにくいと思います。
次の記事をご覧下さい。

プラットフォームを「車台」ではなく、クルマを
機能や部位ごとに分けた部品の集まり「モジュール」
として再定義。ブロック玩具の「レゴ」のように、
モジュールの組み合わせを変えれば多様なクルマを
作れるようにしたのだ。

 (P.31)

VWは傘下にアウディやポルシェを持っています。
大衆車からプレミアムカー、スポーツカーまで
取り扱っています。

プラットフォームによってこれらのグループを
網羅しようとしているのです。


日経ビジネスは、自動車産業の歴史には3つの転換点が
あった、と指摘しています。

ガソリン車の発明がクルマ革命の
「第1の波」とすれば、大量生産を確立した
「T型フォード」は「第2の波」、大量生産に
柔軟性を加えたトヨタ生産方式が「第3の波」
だろう。
VWの仕掛けたモジュール化が成果を出し、
ライバルたちもその流れに乗った時、それは
クルマ作りの「第4の波」となる。
今、自動車業界は、その歴史的転換点にある。

 (P.35)



次回は、「無音工場の深謀」他についてお伝えします。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






最新&最高の技術を重ねた走りの良さと高質感
VW ゴルフ7 TestDrive






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。