スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それをやったら「ブラック企業」今どきの若手の鍛え方 2013.4.15<3> 日経ビジネスの特集記事(3)

<このページでは、『日経ビジネス』の特集記事の
概要紹介と、管理人のコメントを掲載しています>



日経ビジネスの特集記事(3)

それをやったら「ブラック企業」
今どきの若手の鍛え方

2013.4.15

「ブラック企業」と言われつつあるファーストリテイリングの
会長兼社長、柳井正氏が語る「ブラック企業」とは?


<「ブラック企業」と言われるようになったのは、我々が
グローバル戦略を本格化してからです。>

<離職率が2~3割であれば普通でしょう。しかし半分は
さすがに高い。>

<今後は実務以上に、社会人としての基本的な心構えを
教えていくつもりです。店長とはその店舗のリーダー
である。人間として、社会人として、そしてリーダー
としてどうあるべきかを教えていきます。>

<日本の若い人は今後、海外の若い人と競争しなくては
なりません。それも競争相手は先進国だけでなく、
新興国の人々も含まれる。その中で、旧来型の制度を
守っていては、やっていけないと思っています。>

<「ブラック企業」という言葉は、旧来型の労働環境を
守りたい人が作った言葉だと思っています。
けれど我々には、それはできませんよ。>

<海外では本当に強いところしか評価されません。
強くないと生き残れないんです。>

柳井氏の言葉は強烈ですが、企業業績は好調で、
説得力があります。

反論することは至難の業でしょう。

日経ビジネスは、「ブラック企業」を企業側から見て
どのようにしてブラック呼ばわりされないようにするか、
に重点を置いてレポートしました。


社員側から見た「ブラック企業」とは?

次は、社員側から見た、「ブラック企業」を解説した
本をご紹介しましょう。

それは、ブラック企業、世にはばかる (光文社新書) 蟹沢孝夫です。

著者・蟹沢孝夫氏はキャリアカウンセラーで、就職支援サービスに
長年携わってこられた方です。

この本の中で、蟹沢氏はブラック企業をブラック職場と置き換え、
3つのタイプに分類しています。

1.肉食系ブラック職場

2.草食系ブラック職場

3.グレーカラー職場



順に蟹沢氏の定義を見てみましょう。

1.肉食系ブラック職場

労働や社会保険の分野で守られるべきルールが守られず、
酷(ひど)い環境(仕事量、勤務時間、安全衛生面、職場の雰囲気など)
のなかで働かされ、適正な賃金も支払われなかったりする仕事に従事
する人たちが集まっている、生存競争が厳しい職場

肉食系ブラック職場は「ブラック企業」の典型です。


2.草食系ブラック職場

やること自体は比較的ラクで、そのぶん待遇も決していいとは
いえないがなんとか暮らせるので、その気になれば長く続けられる
仕事も存在する。しかし、こうした仕事を続けているうちに、
人生における大切な時間や将来性を少しずつ奪われてしまう。

「ゆでガエル」が当てはまるでしょう。

ゆでガエルとは次のようなことを指します。
<カエルにとっては生死にかかわる温度(40度くらいといわれる)
のお湯のなかに、カエルをいきなり放り込むと、カエルはびっくり
して必死に容器の外へ飛び出して助かる。しかし同じカエルを水を
はった器に入れ、じょじょに熱していくと、カエルはぬるま湯に
慣れて飛び出すタイミングを失い、やがてゆでられて死んでしまう
というものである。

環境にどっぷりつかっていると、その変化に鈍感になり悪化しても
気づかない。微温的な居心地のよい環境に馴れてしまうと、
自分の情報感度の鈍さ、視野のせまさにも気づかないまま危機的な
状況を招いてしまうという教訓である>
(『やる気 やるチャンス やる力』 高原慶一朗 日経BP社)


3.グレーカラー職場

世間的には勤務条件・職場環境などに恵まれ、優秀な大学を出た
エリートホワイトカラーの勝ち組就職先として認知されているが、
一皮むくとその実情はブラックだったという職場

ある意味では、内と外から見た実情と虚像のギャップが大きく、
ストレスを貯める職場といえるかもしれません。

このブログを読まれている方にも心当たりがある職場では
ないでしょうか?

スポンサーサイト

それをやったら「ブラック企業」今どきの若手の鍛え方 2013.4.15<2> 日経ビジネスの特集記事(3)

<このページでは、『日経ビジネス』の特集記事の
概要紹介と、管理人のコメントを掲載しています>



日経ビジネスの特集記事(3)

それをやったら「ブラック企業」
今どきの若手の鍛え方

2013.4.15


少子化時代の教育術

日経ビジネスは、教育方法には3つあるとしています。

1.1人ではなくチームで鍛える

2.成長の成果を毎日伝える

3.時間をかけて焦らず育てる


1.1人ではなくチームで鍛える

伊藤忠商事のケースを紹介しています。

山登りはペースや疲労の度合いは個人差があるため、
遅れる者が出てきます。そうした中で互いの体調を気遣い、
脱落者が出ないように協力することを通じて、チーム力を
実感させる訓練を行なっているのです。


2.成長の成果を毎日伝える

ジャスダック上場のIT(情報技術)ベンチャー、アイルでは
新人に日誌を書かせ、上司や社長のコメントやアドバイス
を見て、日々成長していると感じてもらう訓練を行なって
います。

意外かもしれませんが、<寂しがり屋が多く、他者に
認めてもらいたい承認欲求が強い。孤立させず、「いつも
見ている」というサインを出すことが、何よりの意欲
活性化策にある」>からと、「らしさラボ」の
伊庭正康氏は解説しています。


3.時間をかけて焦らず育てる

三井ホームは新人研修の内容を変えたそうです。

以前は、すぐに現場へ営業として配属し、OJT(職場内訓練)で
鍛えあげることを原則としていたということです。

今では、営業現場にすぐに送り込むのはやめ、全国の建築
現場に配置し、住宅の基礎工事、内装、引き渡しまで、家作り
の一連の作業を学ぶという流れになっているそうです。


次回は、ブラック呼ばわりされる、誰でも知っている企業の
トップが語った内容と「ブラック企業」を社員の側から書か
れた本の内容をお話します。


それをやったら「ブラック企業」今どきの若手の鍛え方 2013.4.15<1> 日経ビジネスの特集記事(3)

<このページでは、『日経ビジネス』の特集記事の
概要紹介と、管理人のコメントを掲載しています>



日経ビジネスの特集記事(3)

それをやったら「ブラック企業」
今どきの若手の鍛え方

2013.4.15


ブラック企業

「ブラック企業」という言葉をこの頃、よく耳にする
ようになりました。

「ブラック企業」というと、暴力団絡みの企業や法律に
抵触する所業を行う企業を思い浮かべることでしょう。

ところが、最近言われる「ブラック企業」は、東証1部
上場企業であったり、テレビCMなどで馴染みがある
有名企業であったりします。

日経ビジネス(2013.4.15号)は、「ブラック企業」に
ついて次のように書いています。

<今では、労務管理に違法性がある会社はもちろん、
厳しい社員教育や猛烈営業をモットーとするスパルタ系
企業や、若者の目に「時代遅れ」に映る古い体質の企業
までがブラック呼ばわりされる時代になってきた>

日経ビジネスは、「ブラック企業」を企業側から見て、
いかにして「ブラック企業」と呼ばれないようにするか、
という対策を提案しています。

「ブラック企業」と呼ばれ始めたのは、十数年前から
だそうです。

今では、ツイッターや2ch(チャンネル)などを用い、
「ブラック企業就職偏差値ランキング」なるものに
投稿するご時世です。しかも、そこには企業が実名で
掲載されているということです。

「ブラック企業就職偏差値ランキング」を調べてみました。

結果は → ブラック企業就職偏差値ランキング

2ch(チャンネル)に投稿されたデータを元に集計した、
ということになっています。

これが正しいということは言えません。しかし、こうした
ランキングに実名企業が掲載され、悪いイメージを持たれる
ことはマイナスにはなってもプラスにはなりません。

「ネットの悪評は企業の想像以上に、人材確保に打撃を
与えている」と、就職活動支援サービスを手がける内定塾の
講師、川尻早貴氏は警告しています。

さらに、「ブラック企業大賞」を開催するブラック企業大賞
企画委員会なる団体が存在します。メンバーは法政大学教授
の水島宏明氏や弁護士の佐々木尭などで構成され、今年6月
にも”表彰式”を開催する予定です。

こうなると、学生だけの”お遊び”ではなくなっているのが
実情です。


「悪い噂」の元を断つには

日経ビジネスは、

①対学生編

②対社員編

③対出入り業者編


の3つに分けて提案しています。


①対学生編

ここでポイントとなるのは、「圧迫面接」をやめることである、
と指摘しています。

圧迫面接というのは、「威嚇や無視、反論などで理不尽な状況
に面接参加者を追い詰めることにより、通常の面接では察し
きれない素顔や人柄を把握する効果があるとされる」面接です。

この説明で思い起こされるのは、被疑者に容疑を自白させる
ために取調室という密室の中でつい最近まで行われていたこと
です。

目的のためには手段を選ばない、というマキャベリズムが横行
していたのです。

それと同様なことを企業が行なっていたとは、驚愕すべき事実
です。

あくまで一部の企業ですが。


②対社員編

ここでポイントとなるのは、とにかく対話の数を増やし、
言葉の言い換えをして若者を萎縮させないことだ、と指摘して
います。

若者に限らず、存在を無視されることは心の痛手になることは
間違いありません。

心のケアまで考慮しなくてはならないのです。


③対出入り業者編

ここでポイントとなるのは、”ブラック”的な振る舞いを
やめることにつきます。

「下請業者など会社に出入りする外部の人間は、社員が思う
以上に取引先の内部事情に目を配っている」ことを忘れては
なりません。

日経ビジネスは、次のようにも書いています。

<「ブラック呼ばわりされないために接し方をソフトに変える
ことは必要。

だが一方で彼らをとことん鍛え上げねば会社に未来はない」。
それが今回取材した専門家の共通の認識でもある。>


次回は、どのように教育していくべきか、を取り上げます。





記事が面白かったら
ポチッとして下さい。
藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-人気のブログランキング
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
132位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。