スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオン 飽くなき拡大欲の正体 2014.01.27 <2>

日経ビジネスの特集記事(42)

イオン 飽くなき拡大欲の正体 2014.01.27

変革のDNA埋め込む

埼玉県吉川市にイオングループの新しい専門店「FT」が
オープンしたそうです。

「FT」とはどんな店なのでしょうか。初めて聞く名前なので全くわかりません。

衣料品や生活雑貨、ネイルサロンなどが
融合した新業態だ。

  (P.034)

新業態ということなので、私でなくても知らないのは、無理もないことですね。

ただ、この「FT」という新業態が生まれた経緯は、同業他社とは、異なるかも
しれません。

と言いますのは、次のようなエピソードがあるからです。

「食に依存しない新しい業態を作れ」

2012年9月26日、イオンリテールで肌着を担当していた
木村尚久氏は、当時社長だった村井正平氏(現ダイエ
ー社長)から、こう言われて新規事業開発のリーダー
を任された。

  (P.034)

つまり、社員に新規事業の開発を任せたのです。

しかも驚くことが続きます。

岡田元也社長から檄を飛ばされたのです。

「(イオンリテールでから独立して)」
会社を作ったら1週間後にすぐ転籍しろ。
利益が出せなければ、ボーナスはゼロや」。
サラリーマン意識を捨て、起業家として
覚悟を決めて頑張れというエールだった。

  (P.034)

岡田社長には危機感があるからです。

岡田社長には、革新を起こさなければ
衰退するという危機感が常にある。だからこそ、
トップ自らが細かな新規事業まで目配りし、
イオンという巨大組織にいながら、起業家精神
を持つ人材を育てることに力を入れる。

  (P.034)

イオングループは、連結子会社が251社、従業員は36万人という
巨大企業です。

2013年8月に子会社化したダイエーの再建が急務となっています。
老朽化したダイエーの店舗を改装することは、そのための一つの
解答です。

今年5月頃には、同社(ダイエー)の象徴的な
店舗の1つである碑文谷店(東京都目黒区)を大幅に
リニューアルする。

  (P.037)



譲れぬアジアの覇権

イオンは、「東南アジアと中国で猛烈な出店に舵を切る」ということです。

具体的にアジアでどのような目標を立てているか見てみましょう。

イオンがアジアで描く夢は壮大だ。
2020年に連結営業利益の5割を海外=アジアで稼ぐ
という目標を掲げる。2013年2月期(前期)のイオン
の連結営業利益は2000億円弱。仮に一切成長しなく
ても、1000億円を稼ぎ出す必要がある。

  (P.038)

アジア戦略に欠かせない1つの手段は、M&A(合併・買収)です。

2012年10月末、イオンは仏カルフールの
マレーシア法人(現イオンビッグマレーシア)を
約151億円で買収。

  (P.040)

もう1つは、人口13億円の巨大市場、中国に進出することです。

(2014年)1月3日に天津市に延べ床面積
16万㎡の「イオンモール天津梅江」をオープン。
年末までに、広州市、蘇州市、武漢市などに
実に4カ所の大型SC(ショッピングセンター
注:藤巻)をオープンさせる予定だ。

  (P.041)

最後は、岡田元也社長へのインタビュー記事の一部をご紹介します。
ちなみに、岡田社長は、民主党の岡田克也氏のお兄さんです。
重要な発言と思われる個所を抜粋します。

例えばアジアで言うと、日本の人口が減る
からアジア市場に出ないといけないという
消極的な意味では使っていない。我々の場合、
むしろ積極的で、そこに新たな巨大マーケ
ットがあるのだから、日本企業としてやら
ないでどうするんだと。

  (P.044)

お客様が変わる以上、変化対応が
当たり前でなければ小売業はできません。
だから我々としては、「企業内起業家」という
ものが一番重要だろうと考えています。

  (P.046)

小さく、多く生んで、外部ともグループとも
グループの中でも競争してもらう。そうすれば、
企業内起業でも市場原理が働く。

  (P.047)

成功したとは全く思わない。そう考えること
自体がおかしい。成功したと思ったら、転落に
つながります。

  (P.047)

イオンは今後どうなっていくのか、セブン&アイ・ホールディングスとの
覇権争いは一層激しいものとなるでしょう。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


スポンサーサイト

イオン 飽くなき拡大欲の正体 2014.01.27 <1>

日経ビジネスの特集記事(42)

イオン 飽くなき拡大欲の正体 2014.01.27

増殖する“イオニスト”

イオンは昨年(2013年)8月にダイエーを子会社化しました。

自宅から徒歩15分ほどの場所にダイエーがあります。
だだっ広い無料駐車場を持っていますが、建物は老朽化しています。

1Fの入り口に近い専門店街とそれに連なる食料品コーナーには
そこそこの顧客がいますが、2Fの衣料品コーナーには顧客は、
まばらです。

「閑古鳥が鳴いている」という表現が、ピッタリです。

3Fはベビー用品や書店、ゲームコーナーがありますが、人が集まる
のはゲームコーナー周辺だけです。

イオンはダイエーを傘下に収めた結果、スーパー業界で売上高ナン
バーワンとなりました。

しかし、ダイエーには相当のテコ入れをしないと、イオングループ全体
の収益に貢献するどころか、足を引っ張りかねない状況でしょう。

近くにはイオンがないため、イオンの実態がもう一つ把握できていません
でした。

今回の特集で、少しずつ理解できつつあります。

イオンの想定顧客は30代前半から40代後半ではないか、と思っています。
私の予測が正しいか、間違っているかはまもなく分かることでしょう。

日経ビジネスが、イオンを総括して解説していますので、それを見て
みることにしましょう。

日本最大の流通企業として拡大を続けるイオン。
全国に築いたグループの店舗網、サービス網は、
人々の暮らしに着実に浸透している。地域社会
に提供するものは、もはや食品や衣料品などの
実物商品にとどまらない。成人式はその一例だ。
クレジットカードや銀行から、結婚紹介、葬儀
まで提供する

  (P.026)

一言で言えば、生まれてから亡くなるまでの生涯にわたり、サービスを
提供していく戦略と考えていいでしょう。

およそ80年間に関わることで、一人ひとりから利益を得ようとしている、
と考えてよいでしょう。

ライバルのイトーヨーカ堂(ヨーカドー)は、自前の銀行を持ち、
親孝行のセブン-イレブンとの連携を強化しています。

例えば、プライベートブランド(PB)を立ち上げ、ヨーカドーと
セブン-イレブンとで、PBを販売するなど強みをさらに強化する戦略を
とっています。

さらにネットスーパーをもう一つの柱にするべく、宅配に注力しています。

イオンの顧客はどのような人たちなのでしょう?

イオニストとは。

イオニスト――。
イオングループの店舗やサービスで多くの便益を
受ける人を、ネット上の住人らは時にこう呼ぶ。
「イオニスト」の中には、自らファンを公言する
人だけでなく、無意識に生活の多くをイオンに
頼っている人も含まれる。

  (P.027)

イオンモールという言葉を聞いたことがあります。
しかし、実際に出かけたことがないため、そのスケールの大きさを想像する
ことは難しいですが、日経ビジネスに掲載されている写真を見ますと、
間口も奥行きも他のスーパーより巨大な建物という印象を受けました。



空白地を埋め尽くせ

イオンには、実際の本店以外に「本店」と呼ばれる店舗があるそうです。

「本店」。イオンの関係者は、そのモールのことを
社内でそう呼び合っている。2013年末に開業したばかりの、
「イオンモール幕張新都心」のことだ。

  (P.028)

このモールはグループの中で最大の総賃貸面積を誇っているわけでは
ありません。イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)の約18万㎡に比べ、
約12万8000㎡です。

そうした状況であるにもかかわらず、幕張新都心店を「本店」と呼ぶ
理由は何なのでしょうか? どう思いますか?

実は、幕張新都心の売り場面積のうち約45%は、
イオングループ会社の店舗が占める。

「イオン」の名を冠した店に限らない。靴専門店の
「ASBee」、婦人衣料の「ローラアシュレイ」など、
多くの消費者がイオングループと知らずにブランド
を認知している店も少なくない。

  (P.028)

イオンには強烈な危機意識がある、と言います。

イオンには、もはや単純な物販だけでは消費者に
足を運んでもらいにくいという強烈な危機意識が
ある。幕張新都心は、何をおいても、物販以外の
魅力を兼ね備えた全く新しいモールにする必要が
あった。

  (P.029)

イオンモールは、イオングループのショピングセンター(SC)を
手がける会社です。さらにイオンモールに物件を貸すイオンリート
投資法人が存在します(P.30)。

グループの強化を図る戦略ですね。

ただ、モールの大型店はまとまった敷地が必要になるため、都心に
確保することは容易なことではありません。

そこがイオンの弱点でした。

そこで、「小型で日々の生活に密着した店舗の出店を急」いでいます。
それが「まいばすけっと」です。

まいばすけっとの強みとは――

まいばすけっとの強みは価格と品揃え。ペットボトル
飲料は通常コンビニでは125~147円で販売されているが、
まいばすけっとでは88円と食品スーパー並み。肉や魚、
野菜など生鮮品を」コンビニと比べて豊富に揃え、調理を
前提とする食材の需要に応える。

  (P.033)

似たような形態の店として、ローソンは「ローソン100」という生鮮品
を扱うコンビニを展開しています。

まいばすけっとはローソン100や、セブン-イレブン、ファミリーマート、
ローソンなどとの競合他社と激戦になっています。

勝ち残るのは、「変化対応」と「顧客にきちんと向き合える」という
原理原則を徹底して行えるところだけです。



次回は、「変革のDNA埋め込む」他についてお伝えします。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
83位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。