スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・通信覇者 アプリVSキャリア、乱戦の行方  2014.05.26 <2>

日経ビジネスの特集記事(58)

新・通信覇者
アプリVSキャリア、乱戦の行方
2014.05.26


今週の特集記事のテーマは

通信業界で、世界的規模の覇権交代が進んでいる。
LINEなどメッセージアプリを開発する新興事業者が
一気に主導権を握リ始めた。
「産業の主役」が変わる時、何が起き、企業の明暗
はどこで分かれるのか


ということです。



前回は、通信業界で覇権交代が急激に進んでいる実態の
一部をお伝えしました。


今回は、メッセージアプリの新覇者候補はどこで、そのうちの
どのサービス提供業者が勝ち残るのか、などの推察を交えて
日経ビジネスのホットな情報をお伝えしていきます。



PART2 新覇者候補はどこか

前回、韓国ではメッセージアプリと言ったら、「カカオ
トーク(以下、カカオ)」である、とお伝えしました。


韓国では敵なしのカカオですが、海外に目を転じると、
はるかに規模の大きな業者が複数あります。

 
 カカオの現在の利用者数は1億4000万人。だが、

 世界の競合相手の中には、事業をグローバルに

 展開し、既に3億人以上の月間利用者数を抱える

 業者が複数いる。
 

  (P.036)

こうした状況に、カカオの経営者は憂鬱な日々を
送っています。


では、なぜ海外展開に出遅れたのでしょうか?
日経ビジネスは、「資金力の無さだ」と指摘しています。


その根拠を次のように解説しています。


 同社は独立系企業のため他の事業からの収益が

 ない。
 

  (P.036)

他社から出資を受け入れているとは言え、金額的には
微々たるもので、海外へ打って出られるほどに財務
体質を強化できるものではありません。


それどころか、本丸である韓国内のメッセージアプリ
市場をLINEが虎視眈々と狙っているのです。


LINEが韓国のメッセージアプリ市場を侵食し始めたら、
カカオは海外展開どころではなくなり、国内の市場で
防戦一方となるおそれがあります。


覇権を狙うプレーヤーたち

下の画像をご覧ください。
画像全体が小さいので見難いかもしれません。
そこで、日本から見て西方に本社があるメッセージアプリ
業者を書き出します。


覇権を狙うプレーヤーたち
覇権を狙うプレーヤーたち
(『日経ビジネス』 2014.05.26号 PP.036-037)



10社です。

 名称              国    登録者数  月間利用者数
Viber (楽天)        キプロス   3.5億人     1億人

Telegram            ドイツ    非公開     3500万人

WeChat (テンセント)    中国     6億人     3.6億人

Kakao Talk (ヤフー)     韓国    非公開     1.4億人

Between             韓国     700万人    非公開

LINE               日本     4億人      非公開

Kik Messenger         カナダ    1億人      非公開

WhatsApp (フェイスブック) 米国     非公開     5億人

Blackberry            カナダ   1.1億人     8500万人
Messenger

Tango               米国    2億人      7000万人

この表を見ると、「非公開」が非常に多いので、単純に
比較することはできませんが、 WeChat (テンセント)、 LINE 、
WhatsApp (フェイスブック)が3強と言えるでしょう。


新覇者候補① LINE

今年2月に韓国でテレビドラマ「星から来たあなた」が
放映されたそうです。どんな内容なのでしょうか?


 異星人とトップスターの恋愛を描いた異色の

 コメディー。韓国での最高視聴率33.2%と

 大ヒットを記録した。
 

  (P.030)

ポイントは、「このドラマで頻繁に登場するのがLINEだ」
ということです。


視聴率が上がれば、必然的にLINEの画面が映し出される
ことになります。


その結果、LINEにとって好循環が生まれました。


 「高視聴率を背景に、LINEは韓国国内でも数%の

 シェアを伸ばした」と、ある韓国メッセージアプリ

 企業の幹部は推測する。
 

  (P.037)

話はこれだけで終わりません。
中国でも、先のドラマがインターネットサイト経由で視聴する
人が増加し、社会現象を起こしたそうです。


その結果、


 米アップルが中国で提供するアプリ販売ストア

 「AppStore(アップストア)」の「SNS」ジャンルで、

 LINEは1位を記録した。
 

  (P.037)

快進撃を続けるLINEですが、死角はないのでしょうか?
今後海外展開は、強力なライバルとの消耗戦に突入
することになります。


 カカオ同様、LINEの世界戦略もまた、全くの順風満帆

 には進みそうにない。今後、進出を本格化する中国、

 欧米市場のいずれにも、より強力なライバルが存在

 するからだ。
 

  (P.038)

中国でのライバルは「WeChat(ウィーチャット)」を運営する
テンセントです。


新覇者候補② テンセント

テンセントについて、日経ビジネスの解説を見てみましょう。


 2004年には香港証券市場に上場し、時価総額は13兆円

 を超える。5月6日に米国証券取引所に上場申請した

 アリババ・グループとともに中国を代表する企業にのし

 上がった。
 

  (P.038)

テンセントは巨大企業だったのですね。


「このテンセントが提供するメッセージアプリがウィーチャット」
(P.038)です。LINEにとっては手強い相手です。


ウィーチャットは、競合するメッセージアプリ同様の機能を
備えているのは当然です。


ウィーチャットの特徴は、


 商品ごとに表示されているQRコードをウィーチャットの

 バーコードリーダーで読み取ると、瞬時に決済が完了 
 

  (P.039)

するところにあります。


テンセントはさらに先を目指しています。


 「テンセントが今、目指しているのはO2O(オンライン・

 トゥー・オフライン)とEC(電子商取引)だ」。

 ネットスターズの李社長はこう解説する。
 

  (P.039)

この話を読んで、思い出したのは、以前、日経ビジネスの
特集記事で取り上げた、米スクエアの「Squareリーダー」
のことです。


詳細はこちらのページをご覧ください。
スクエア・インパクト 「ポスト・ジョブズ」が起こす決済革命
2013.9.9<2> 日経ビジネスの特集記事(22)



新覇者候補③ ワッツアップ

中国市場ででんと構えているのがテンセントなら、
欧米市場で圧倒的な存在感を示してるのは、
フェイスブックが買収したワッツアップです。


ワッツアップについて確認しておきましょう。


 フェイスブックが1.9兆円で買収した企業である。

 同社はサービス開始から5年目となる今年2月

 の段階で月間利用者数が4億5000万人を超え

 ていた。


 フェイスブックの傘下入りが決まった後の4月

 には、利用者数は5億人を突破。
 

  (P.039)

LINEやテンセントとの違いはどこにあるのかが、
気になります。


 LINEやテンセントにないワッツアップの特徴について、

 フェイスブックのハビエル・オリバン副社長は

 「シンプルさと信頼性」と分析する。
 

  (P.039)


ワッツアップにとって大きなことは、何と言っても
潤沢な資金を保有し、莫大な広告収入を稼ぐフェイスブック
の傘下に入ったことで、「資金面に不安がなくなった」こと
です。


いずれにせよ、「LINEにとっては、テンセントに負けず劣らず
厄介な存在になることは間違いない」(P.040)ことです。


では、LINE、テンセント、ワッツアップの3社で覇者となる
可能性が高いのはどこでしょうか?


この点について、日経ビジネスはこう考えています。


 歴史を振り返れば、文化の壁を乗り越えて覇権

 を握った商品・サービスは、分野を問わずいずれも

 「設計思想がシンプル」だった。その理屈がもしも

 この分野にも言えるならば、通信産業の新覇者に

 最も近いのは、フェイスブックの買収によって

 「シンプルであり続けること」が可能になった

 ワッツアップだ。

 だが、人と人のコミュニケーションのあり方はその

 時代や文化に深く依存し、突如として新たな形が

 生まれることもある。3強の優勝劣敗が決まりかけ

 た頃に、別の勢力が勃興し、覇権争いが繰り返される

 可能性も決して少なくない。
 

  (P.041)

結局、断定することはできない、ということになります。


日経ビジネスは、「2つの教訓」を示しています。


 通信産業で進む覇権交代が示す教訓を挙げるとすれば、

 少なくとも2つある。

 1つは「本当に覇権交代が起き始めた時は、新勢力と

 戦ってはいけない。会社や事業ごと買収せよ」だ。


 加えて、「覇権交代の際には、過去の強みへのこだわり

 は致命傷になる」も重要な教えとなる。 
 

  (P.042)


強みが弱みになることもある、という教訓は私たちも
自覚しておく必要があります。


SWOT分析で、自己分析することが前提です。

Strengths(強み)
Weaknesses(弱み)
Opprtunities(機会)
Threats(脅威)


自社(自分)の強みと弱みを客観的に把握し、異業種(他業界)
への参入(転職)が機会はあるか、また異業種から参入される
脅威(ライバルの増加)はないか、と分析する時間を取ることは、
決してムダなことではありません。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

スポンサーサイト

新・通信覇者 アプリVSキャリア、乱戦の行方  2014.05.26 <1>

日経ビジネスの特集記事(58)

新・通信覇者
アプリVSキャリア、乱戦の行方
2014.05.26


今週の特集記事のテーマは

通信業界で、世界的規模の覇権交代が進んでいる。
LINEなどメッセージアプリを開発する新興事業者が
一気に主導権を握リ始めた。
「産業の主役」が変わる時、何が起き、企業の明暗
はどこで分かれるのか


ということです。


街なかを歩いていると、道のそこかしこでスマホを片手に、
やや前屈みになって歩いている人をよく見かけます。


たいがい、LINEかツイッターで「友だち」と連絡しあって
いるか、「パズドラ」などのオンラインゲームをしているの
でしょう。


周囲の様子は目に入らず、音も耳に入らないようで、
スマホに目を落とし、一心不乱に指を動かしています。


スマホをしながら向かい側を歩いてくる人には、自転車
同様に注意を払っています。相手の動きをよく見ていないと、
正面衝突するおそれがあるからです。


余計なお世話かもしれませんが、猫背とストレートネックに
ならないことを祈ります。


ちなみに、私はいまだにガラケー(従来の携帯電話)を
使っています。


通話がメインですが、それ以外に、思いついたことを
忘れないうちに、自分の携帯とPCにメール送信して
おくこと、メルマガを受信すること、外出時にGoogle
検索することが、ほとんど全てだからです。



序章 フェイスブックが抱える「恐怖」の正体

ハーバード大学出身のマーク・ザッカーバーグが創業し、
瞬く間に世界中に利用者が広まったフェイスブックが、
危機感を抱えている、と日経ビジネス最新号(2014.05.26)
は伝えています。


フェイスブックの危機感は、どこから生まれたのでしょうか?


日経ビジネスは、「スマートフォン(スマホ)向けメッセンジャー
アプリ『WhatsApp』を提供する米ワッツアップを190億ドル
(1.9兆円)で買収する、と2014年2月に発表した」(P.030)
ことにある、としています。


そもそも『WhatsApp』とは具体的にどのようなアプリで、
LINEとどう違うのか、知りたいですよね?
順に見ていくことにしましょう。


日経ビジネスの解説を見てみましょう。


 
 WhatsAppはスマホで文字や画像、動画などを

 簡単にやり取りできる、日本ではおなじみの

 「LINE」のようなサービスで、買収発表時点で

 の利用者は月間4億5000万人に上る。
 

  (P.030)


これだけでは、買収する理由ははっきりしません。
「ソニーや東芝、任天堂すら買える巨額資金」(P.030)
であるからです。それだけの価値があるのか、という
疑問が投資家や専門家から提起されています。


この疑問に対する、ザッカーバーグの答えは、
「買収したのは、190億ドル以上の価値があるからだ」
(P.030)とシンプルなものでした。


この答えだけでは、買収の本質は見えてきません。



 英調査会社グローバルウェブインデックスによれば、

 16~19歳の米国人におけるフェイスブックの利用者

 は、2012年第4四半期の79%をピークに2013年

 第3四半期では63%に減少。米国以外の32カ国

 でも2013年第1四半期の76%をピークに2013年

 第3四半期では56%に減少している。
 

  (P.030)


つまり、米国でも、米国以外でも若者たちのフェイスブック
離れが進行しているということです。


日経ビジネスの見方はこのようなものでした。



 ここ最近、同社(フェイスブック)の成長性に対して、

 一部の投資家から憂慮の声が上がっているのは、

 事実だ。
 

  (P.030)


では、いったい若者たちはどこへ向かっているのでしょうか?



 その行き先こそ、ワッツアップをはじめとする

 通信新勢力が提供するメッセージアプリだ。
 

  (P.030)


今、通信業界では熾烈な覇権争いが起きています。
今まで圧倒的な勢力を誇ってきたキャリアと呼ばれる
大手通信事業者に取って代わり、新勢力が台頭し、
既存勢力の存続をも揺るがしかねない状況になって
きています。


こうした動きも、利用者にプラスに働けば大歓迎なの
ですが、時に、利用者をないがしろにした事業者間だけ
の争いに終始することがあります。それだけは避けて
もらいたいですね! そう思いませんか?



 「LINEやWhatsAppなどスマホ専用アプリの登場で

 利便性が劇的に向上。キャリアや既存の通信

 サービス業者はこの瞬間も、事業領域を侵食され

 続けている。

 フェイスブックが突如、踏み切った巨額買収。

 それは、通信産業の覇権交代を前に、同社が

 ひそかに抱え込む「恐怖」の裏返しでもある。
 

  (P.030)


Why did Facebook buy WhatsApp?




PART1 加速する覇権交代
世界のキャリア 戦々恐々


韓国では、スマホの普及率は9割近いそうです。
サムスン電子やLG電子のAndroid携帯が圧倒的なシェアを
占めていると思われます。

 
ただ、スマホのアプリは日本で普及している、「LINE」ではなく、
「Kakao Talk(カカオトーク、以下カカオ)」が席巻しています。


カカオは「国民の誰しもが知っている韓国を代表するスマホ向け
アプリ」(P.032)ということです。


カカオは韓国内では「敵なし」の地位を築いています。


ライバルも出てきましたが、すべて撥ね退けています。
それは「メッセージアプリは、圧倒的に先行者有利の市場だ」
(P.033)からです。


「先行すれば、市場からのフィードバックで使い勝手にも磨きが
かかっていく」(P.033)という経験則が働くからです。


「先行者有利」で思い出しましたが、コンビニエンスストア業界でも
先行者有利が働いています。


セブン-イレブンが業界を先駆けてPOSレジや関連機器、システム
を導入しています。POSレジなどのメーカーはセブン-イレブンに
納入すると、2年経過しないと他社コンビニに販売できないことに
なっています。


別の言い方をすれば、セブン-イレブン以外のコンビニは2年遅れで
システム等を導入することになります。
この2年の遅れは取り戻せません。
2年経った時には、セブン-イレブンはさらに先行しているのです。
この状況では、国内においては他社コンビニに勝ち目はありません。
セブン-イレブンの一人勝ちです。


他社コンビニが「商機と勝機」を得るためには、国内に留まらず、
海外、特にインドネシアやタイなどの成長が見込まれる国や地域に
進出し、新市場を開拓することです。



話を戻します。
韓国の携帯電話会社が危機に瀕しています。



 2012年6月、携帯電話事業者が最も懸念していた

 事態が起こる。カカオが無料音声通話「Voice Talk

 (ボイストーク)」の試験サービスを開始したのだ。

 これが普及し、文字のやり取りのみならず通話まで

 カカオ経由になれば、携帯電話会社は通信インフラ

 を提供するだけの存在、業界で言うところの「土管」

 に成り果ててしまう。
 

  (P.033)


では、日本ではどうでしょうか?
NTTドコモ、KDDI(AU)、ソフトバンクの3社の寡占状態が
続いています。これまで月毎の純増契約数で競ってきま
したが、すでに数字の公表を取りやめています。


短期契約し、キャリアを何度も乗り換える利用者がいて、
長期契約者の利益を損ねるという弊害が生じているから
です。


iPhone導入で出遅れたNTTドコモは、巻き返しに躍起に
なっています。iPhoneを含めた、巻き返し策を6月から
導入します。


 
 NTTドコモが6月、新サービスの「カケホーダイ」を

 開始する。スマホでは月額2700円で、国内の携帯

 電話や固定電話への通話が無制限で可能になる、

 という日本では初の完全定額の音声通話サービスだ。
 

  (P.033)


表向きは、KDDIやソフトバンクへの対策のように見えますが、
真意は別のところにある、と指摘している人がいます。



 野村総合研究所の桑津浩太郎・主席コンサルタントは

 「最大の狙いはメッセージアプリ対策」と断言する。
 

  (P.030)


さて、ではLINEは今後どのような戦略を採っていくのでしょうか?
現行の事業と今後の見通しを概観してみましょう。



 LINEは今年3月、メッセージアプリだけでなく、

 「LINE電話」と呼ぶ無料の通話サービスを開始

 した。長らく携帯電話会社の金城湯池だった

 「通話」にまで、メッセージアプリ事業者が侵食

 してくるのは韓国と同じ状況だ。
 

  (P.034)


NTTドコモは、このLINEの新サービスへの対策を打ち出し
ました。日経ビジネスは、その対策に疑問を投げかけて
います。



 6月下旬からは国内初となる「VoLTE(ボルテ)」

 と呼ぶ新技術を使った音声通話サービスを

 開始する。接続時間が従来の2分の1以下になり、

 高音域が聞き取りやすいのが特徴という。


 通話サービスの定額化と品質向上によりLINEの

 勢いを抑えにかかるドコモ。だがその戦略もまた、

 どこまで功を奏するかは未知数だ。
 

  (P.034)


米国の事情はどうなっているでしょうか?


 米携帯市場の2強、ベライゾン・ワイヤレスと

 AT&Tは2010年から2011年にかけデータ通信

 料金の定額プランの新規加入を停止。以降、

 従量課金プランしか提供していない。
 

  (P.035)

たとえ「土管」になっても、利益は確保できる、と考えている
からです。


他の地域ではどうでしょうか。
メッセージアプリを規制している国もあるそうです。
例えば、ベトナムがそうです。


その理由は、「国の歳入減につながるという懸念に
よる措置であることは疑いない」(P.035)からです。


サウジアラビアでも同様な措置をとっているそうです。


裏返せば、「それだけメッセージアプリが猛威を振るって
いる証拠と言える」(P.035)のです。



次回は、「PART2 変わるのか業界の秩序 
新覇者候補はどこか」をお伝えします。


世界の主なメッセージアプリを知ることができますよ。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。