スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンツ強国へ この“熱狂”を売れ! 2014.07.14 <2>

日経ビジネスの特集記事(65)

コンテンツ強国へ
この“熱狂”を売れ!
2014.07.14



今週の特集記事のテーマは

巨大な内需に支えられてきたコンテンツ産業は、
依然として十分な外貨を稼げないままでいる。
だが、日本は遅きに失したわけではない。
外国人の熱狂は高ぶるばかりだ。
今こそ「コンテンツ強国」へ

ということです。


前回は、クールジャパンの熱気をお伝えしました。
今回は、コンテンツビジネスに自信と危機感を抱く、
経営者の意見と、「ドラえもん」や「忍者ハットリくん」
の海外放映の経緯等をご紹介していきます。


PART2 先駆者の策

先頃、リアルのKADAKAWAとネットのドワンゴの経営統合
が発表されました。


『日経ビジネス』はこの合併をどう捉えているのでしょうか?


 大ヒットアニメの原作となったライトノベル

 「涼宮ハルヒの憂鬱」や、コミック版

 「新世紀エヴァンゲリオン」など、オタク文化

 の基礎を築いてきたKADAKAWA。

 一方、「初音ミク」の動画などユーザーの

 創作の連鎖を演出し、オタク文化の最先端を

 担ってきたドワンゴ。サブカルチャーを世界に

 通用するポップカルチャーへと育てた立役者

 同士の統合は、国内コンテンツ産業の潮目が

 変わったことを意味する。

 両者に共通するのは日本のコンテンツへの

 自信。 
 

  (P.032)


ドワンゴの川上量生(かわかみ・のぶお)会長は次のように
語っています。
言葉の端々に日本のコンテンツへの自信が漲っています。
オタク文化の形成過程の変化についても詳細に語っています。


 日本はコンテンツ大国なんです。

 日本ほどコンテンツ産業が発達している国

 というのはない。米国には勝てないですけど、

 それは世界中のすべての国が勝てない。


 ネット文化やオタク文化でも日本は先進国

 です。経済的に豊かなので、暇な無産階級

 という新しいネット時代の人が大量に誕生

 した。少子化と情報社会の中で、結婚しない

 男女も大量に現れ始めた。そういう人たちが

 中心になってオタク文化というのを作って

 きたんです。
 

  (P.032)


一昔前までは、「オタク」という言葉は軽蔑的な
意味を込めて使われました。


ところが、現在では「オタク=ある事柄にとても
詳しい人、専門家」という意味合いを込めて使われる
ようになってきている、と感じています。


「オタク」と言われることは、軽蔑されることではなく、
むしろ誇らしいこと、という意味合いを持ち始めている
のかもしれません。


国内コンテンツ産業の規模はどの程度なのか、
経済産業省が試算しています。


 経産省によると、国内コンテンツ産業(映画・

 アニメ・テレビ・ゲーム・書籍等)の市場規模は

 約12兆円で、約32兆円の米国に次いで世界2位。

 肥沃な内需は海外から6220億円を買い越しても

 なお、潤沢な利益を国内コンテンツ産業に与えて

 きた。
 

  (P.032)


川上会長の言葉は続きます。
危機感がにじみ出ています。


 日本のコンテンツ産業で本当に外貨を

 稼げているのはゲーム産業だけです。

 それは、任天堂・ソニーがプラットフォーム

 を握ったから。だから、コンテンツを売るん

 じゃなくて、プラットフォームを海外に取りに

 いかないとダメなんですよ。
 

  (P.033)


KADAKAWAの角川歴彦(かどかわ・つぐひこ)会長兼CEOは、
『クラウドと<クール革命>』(角川歴彦 角川グループパブリッシング
2010年3月10日 初版発行)の中で、次のように語っています。
米国は「全権利」を常に要求するのだ、と。


 最近、日本の作品をアメリカでテレビ放映

 する際の敷居が高くなっているという。

 ハリウッドは映画化の契約時に、リメイクで

 あっても原著作者の権利を放棄させ全権利

 (all rights reserved)を常に要求するハード・

 ネゴシエイターだ。放送でも日本のアニメ作品

 に同様の権利を露骨に要求するようになって

 いる。 
 

  (上掲書 P.25)


つまり、米国は「著作権」や「知的財産権(知財)」
を確保する戦略を取っているということです。
特許においても同様です。


基本特許のほとんどを米国は抑えています。


この点で日本は米国に相当遅れています。
企業レベルで太刀打ちできることではありません。
官民一体となった取り組みが不可欠ですが、
どうも日本は足並みが揃いません。


このような事情があるので、「ドラえもん」が米国で
放映されることになった際、著作権や知財はどう
なっているのか、とても気になりました。


すべての権利を渡してしまうと、関連商品の売上も
手にすることができないからです。


残念ながら、今特集記事を読んだ限りでは、
明確には分かりませんでした。


「ポケモンの関連商品の売り上げは全世界で
累計3兆円以上となった」(上掲書 P.24)という
事実があります。


桁違いではないかと思いました。驚きました!




CASE1 「ドラえもん」と「ハットリくん」
現地化で世界制覇 テレビ朝日


日本のアニメがついに、全米で放映されました。
快挙と言ってよいでしょう。
著作権や知財の保護がきちんとされているのか、
疑問は残りますが。


そのアニメとは「ドラえもん」です。

ドラえもん

(『日経ビジネス』 2014.07.14号 PP.024-025)



 7月7日、全米7800万世帯が視聴可能な

 米ウォルト・ディズニー傘下の子供向け

 チャンネル「ディズニーXD」で、米国版

 ドラえもんの放映が始まった。


 吹き替えの米国進出はこれが初めてだ。
 

  (P.034)

米国の風土に合わせ、「キャラクターや秘密道具の
名前を米国風に変え」(P.034)たり、「円紙幣をドル
紙幣」(P.034)に変更するなど現地化に手間と時間
をかけたそうです。


さらに、インドでは2006年に吹き替え放映された
「忍者ハットリくん」が大人気となり、「2010年には
全アニメのうち視聴率1位となった」(P.034)そうです。


米国の例と同様に、日本とインドでは文化の違い
があるため、キャラクターの設定変更を伴いましたが、
成功を収めました。


この成功の裏には、日本で企画しインドで制作する
ことで、コストを抑えることができたことが挙げられます。


テレ朝は、「インド生まれの新作を香港、韓国、スペイン
などの放送局にも売り込み、昨年6月からは日本の
アニメ専門チャンネルで放映するという“逆輸入”にも
成功」(P.035)しています。


「ディズニークオリティーなんだぞと胸を張れる」
(P.035)(テレ朝総合編成局 編成戦略部長の赤津一彦氏)
と自信を深めています。



CASE2 メディアとeコマースで側面支援
団体戦で海外へ Tokyo Otaku Mode


Tokyo Otaku Mode(オタクモード)という企業があるそうです。
オタクモードの業務内容は「メディアとeコマースで側面支援」
です。


 オタクモードは世界1500万人以上のファンを

 抱えるメディア力を生かした認知拡大と、

 物販を通じたファン作りという基礎的な部分を

 サポートする。
 

  (P.036) 


さらに、自ら物販も行っています。


 オタクモードは、情報発信を担うフェイスブック

 ページと、イラストやフィギュアなどオタク関連

 グッズの物販を担う独自サイトの両輪で成り

 立つ。
 

  (P.036)



CASE3 「Kawaii」文化を世界へ拡散
全方位でおもてなし アソビシステム



次の画像は、7月2日に開催されたジャパンエキスポ
会場に新設された「KAWAii!! AREA」の様子です。


ジャパンエキスポ KAWAii!! AREA

(『日経ビジネス』 2014.07.14号 P.038)



出店した企業とブースは多岐にわたります。


 東京・原宿を起点に全国約30店舗を展開する

 アパレルショップの「スピンズ」、カラオケの

 「DAM」、富士フイルム、ドン・キホーテ。

 ポップなカラーで統一されたKAWAii!! AREA

 には日本企業が約15のブースを集中させた。 
 

  (P.038)


『日経ビジネス』は次のようにまとめています。


 折しも国内産業全体が地盤沈下を続ける中、

 日本を救う産業としてキラ星のごとく注目

 されたクールジャパン。いま世界で勝てる

 「強国」を目指さなければ、縮小均衡の波

 にのまれ、ますます世界で埋没していくだけだ。

 追い風は吹いている。成功の萌芽も随所にある。

 本気になればこれほど有望な産業はない。

 いざ、世界へ。
 

  (P.039)



熱気が伝わってくる「パリ・ジャパンエキスポ」の動画を
再掲します。

YouTubeを見ますと、ジャパンエキスポには若者だけでなく、
私のような“中高年”もちらほら目につきます。
「熱気」が伝わってきました。



Paris Japan Expo 2014  パリ・ジャパンエキスポ 2014! part 1





Paris Japan Expo 2014  パリ・ジャパンエキスポ 2014! part 2







記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

スポンサーサイト

コンテンツ強国へ この“熱狂”を売れ! 2014.07.14 <1>

日経ビジネスの特集記事(65)

コンテンツ強国へ
この“熱狂”を売れ!
2014.07.14



今週の特集記事のテーマは

巨大な内需に支えられてきたコンテンツ産業は、
依然として十分な外貨を稼げないままでいる。
だが、日本は遅きに失したわけではない。
外国人の熱狂は高ぶるばかりだ。
今こそ「コンテンツ強国」へ

ということです。


今週の『日経ビジネス』(2014.07.14号)の表紙を見て、
普段の『日経ビジネス』とは趣きが違うと直感しました。


きゃりーぱみゅぱみゅ

(『日経ビジネス』 2014.07.14号 表紙)



『日経ビジネス』の表紙をきゃりーぱみゅぱみゅが
飾るとは思いませんでした。
『日経エンタテインメント』なら理解できるのですが。


この点について、田村俊一編集長はこのように
「編集長の視点」で語っています(P.003)。


 今号の表紙をご覧になって、 「日経ビジネス

 らしからぬ」と驚いた方も多いのではない

 でしょうか。

 ですが、 表紙を飾った

 「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんは今や、

 クールジャパンを代表するアーティスト

 です。日本のコンテンツ産業の競争力
 
 を象徴する存在と言っていいでしょう。

 問題は、そうした競争力のあるコンテンツ

 をどうマネタイズするか。産業界では

 ようやく本格的な取り組みが始まりました。
 

  (P.031)

編集長の言葉と今特集記事を読んで、
流行りの言葉でいうと「マインドセット」しなくては
いけないかな、と考え直した次第です。



PART1 熱気と現実

次の画像をご覧ください。

日本のサブカルチャーが好きなオーストラリア人女性

(『日経ビジネス』 2014.07.14号 PP.024-025)


コスプレでポーズをとっている女性は、
モデルではありません。


18歳のオーストラリア人女性で、


 日本に“ハマ”るきっかけとなったのは

 10年以上前にクリスマスプレゼントで

 買ってもらった日本のゲームソフト。

 そのかわいらしいイラストやキャラクター

 に引かれた。インターネットを使うように

 なってからは日々、日本のアニメやマンガ、

 ゲームを貪るように調べ、またハマって

 いった
 

  (P.026)

そうです。


そして、ここまで言っています。


 「アニメ、アイドル、私が好きなものは全部

 日本にある。私はオーストラリアに合わない。

 日本が私の居場所。だから、いつか必ず

 戻りたい」。
 

  (P.026) 

「独学で覚えた日本語を操り、生放送で
日本の視聴者と交流を深めた」(P.026)
そうです。


熱狂的な日本ファンの一人ですね!
ですが、彼女のような日本ファンは、
私たちの想像をはるかに超えて、
ウィルスのように増殖しているのです。


7月2日にパリで開催された、
「ジャパンエキスポ」の熱気を
日経ビジネスは誌上で伝えています。


「ジャパンエキスポ」とは何なのか、
見ていくことにしましょう。


 ジャパンエキスポは、アニメ・マンガ、ゲーム、

 コスプレ、アイドルといった日本の「Otaku(オタク)」

 文化を網羅する巨大イベント。


 勢いをます祭典は、過去最大だった昨年の

 約23万人を大きく上回る延べ約26万人を集客した。


 ジャパンエキスポとほぼ同時期に米ロサンゼルス

 で開催された「アニメエキスポ」。こちらも過去最高

 となる延べ20万人超の来場者数を記録し、盛況に

 終わった。果たして世界にはどのくらいのファンが

 いるのだろうか。
 

  (PP.026-027)


この記事を読んだ時、驚嘆しました。
日本のアニメやマンガ、コスプレが欧州、特にフランス
で人気があることは知っていましたが、
米国でもこんなに人気があるとは知りませんでした。


アニメやマンガ、コスプレは日本のサブカルチャーとして、
文学や芸術と比較して一段下に見られてきたからです。
今や、サブカルチャーではなく、ポップカルチャーと
なりました。


フランス人は、日本の芸術や文学を高く評価して
きました。浮世絵や三島(由紀夫)文学への造詣が
深い人がかなりいるようです。


アメリカ人の多くは、
「自分たちの文化や技術などあらゆるものが最高」
と思っているふしがあるので、
にわかに信じられなかったのです。


もっともアメリカ人の若者の中には、
「日本映画の何が観たい?」と尋ねられて時、
「黒澤明の『羅生門』」と答えた人もいたそうなので、
アメリカの状況も少しずつ変化してきているのかも
しれません。


フランスで日本のコスプレが大人気になっていることは、
以前から知っていました。


「セーラームーン」のコスプレが好きなフランス人女性を
テレビで観たことがあります。


子供が小さいころ、「セーラームーン」のアニメをテレビ放映
していて、私も一緒によく観ました。


セーラームーンのイラストを子供に描いてあげたこともあります。
「上手!」と言われたこともあります(笑)。


レディー・ガガが今年5月に行ったライブツアーの前座に
CGアニメーションが登場したそうです。
そのCGアニメーションは「初音ミク」だったのです。


さらに、「レディー・ガガはツイッターで4000万人以上の
フォロワーに『初音ミク』を紹介した」(P.027)そうです。


ここからが『日経ビジネス』の『日経ビジネス』たる所以
の分析になります。


 海外の若者に支持される日本のポップカルチャー。

 その熱気はしかし、全体として大きな外貨獲得に

 結びついていない。

 そもそも、近年に海外で人気を博した日本製アニメ

 やマンガの多くは、ネットを伝って海を渡り、

 タダで外国人ファンの元へと伝播していった。
 

  (P.028)


ソフトウェアの中で、著作権に限った貿易収支で
日本は赤字になっています。


 アニメやマンガなどの著作物、関連グッズなどの

 商用ライセンスを国全体としてどれだけ売り買い

 したかを示す著作権の貿易収支。

 日本は右肩下がりで赤字額を増やし、昨年は

 過去最大となる約6220億円の赤字だった。

 今年も米ディズニーの「アナと雪の女王」が

 ヒットしたため、赤字額はさらに増える見通しだ。
 

  (P.028)


「こうした状況を打開すべく、2010年から政府が
旗を振り始めたのが『クール・ジャパン戦略』
だった」(P.028)のです。


ただ、国が主導で始めると本来の趣旨と異なる
方向へ進んでしまうことがよくあります。


 「外国人が好む日本のコンテンツを外貨に変える」

 ことが政策の起点だったはずなのだが、いつしか

 「日本の魅力を海外に伝える」政策へと変質して

 いった官製クールジャパン。公平・公益を追い求める

 「政府の限界」と指摘する声も上がる。
 

  (P.029)


結局、こうした結論にならざるを得ません。
役人に任せていては一向に良い方向へ進みません。
官主導で行われたことでうまく行った例は数えるほど
しかありません。


 結局は、コンテンツの真の担い手が立ち上がる
 
 しか解決方法はない。


 熱気はピークにある。今こそクールジャパンの

 原点、日本のコンテンツを引っ提げ、世界へ

 打って出る時が来た。
 

  (P.029)


表紙のきゃりーぱみゅぱにゅについて、
ワーナーミュージック・ジャパンの石坂敬一・名誉会長は
「きゃりーは日本民族の誇り」だと述べています。


 海外への日本のポップアーティストの進出

 というのは、歴史が長いんですよ。

 でも従来、ビジネス上の成功例はない。

 失敗例ばっかりですね。成功の基準は

 損益がプラスになること。従来はマイナス分

 をレコード会社が補填するというような

 形態が多かった。


 米国に出るのすら大変なんですよ。

 米国は文化的、エンターテインメント的に

 米国こそ随一だと信じ込んでいますから、

 ビートルズですら出ていくのは一苦労

 だった。


 それがきゃりーにおいては、日本人である。

 それから、音楽は彼ら(外国人)が聴いた

 こともないような、中田ヤスタカによる斬新
 
 かつフック(サビ)の繰り返しが多く、

 歌詞自体がサウンドになっているような

 稀有な類で、何もかもが新鮮であると。

 
 きゃりーの海外ライブは成功、それから

 CDの損益も損しないという意味でまずは

 成功であろう。じゃあ、次は何だというと、

 ドルを稼ぐことです。


 なぜきゃりーが成功したか。やっぱり

 クールジャパンを推していく環境が世界的に

 醸成されつつあった。


 今、ニューヨークの大人のあいだで一番

 有名な日本人はマー君(田中将大)ですが、

 子供に一番、有名なのはきゃりーなんですよ。


 文化的、エンターテインメント的要素を混在

 させて邁進中のきゃりーは日本民族の誇り

 だと、自分の中では納得しております。

 世界進出はまだ始まったばかりとも言えますが、

 私はそう確信している。
 

  (PP.030-31)

私は、きゃりーぱみゅぱみゅのファンではないので、
ここまで入れ込む気持ちは分かりませんが、
今年2月の米サンフランシスコ公演や4月のロンドン
公演の様子を見ますと、石坂さんが指摘した内容は
事実と思えてきます。




次回は、「PART2 先駆者の策」他をお伝えします。




YouTubeを見ますと、ジャパンエキスポには若者だけでなく、
私のような“中高年”もちらほら目につきます。
「熱気」が伝わってきました。



Paris Japan Expo 2014  パリ・ジャパンエキスポ 2014! part 1





Paris Japan Expo 2014  パリ・ジャパンエキスポ 2014! part 2









記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
631位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。