スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由 2014.11.17 <3>



日経ビジネスの特集記事(82)

社長が選ぶ
ベスト社長
「永守流」が支持される理由
2014.11.17



今週の特集記事のテーマは

どの経営者を高く評価すべきか。
業績か株価か、はたまた報酬と成果のバランスか。
それぞれ一つの答えだが、数字だけでは語れない部分もある。
本誌はそう考え、シンプルな方法に挑んでみた。
社長のことは社長に聞く、だ
 (『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.027)

ということです。


社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由

社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 表紙)



今特集記事は、「社長が選ぶベスト社長」です。


今回、永守重信さんが「社長が選ぶベスト社長」
選ばれました。


永守重信(ながもり・しげのぶ)さんをご存じですか?
ご存じない方が多いかもしれません。


日本を代表する精密小型モーターのメーカー、日本電産
の創業者にして、会長兼社長です。


日本電産はBtoB(法人向けビジネス)企業ですから、
馴染みがないのも無理はありません。


ですが、実は身近なところで、精密小型モーターは使われて
います。


パソコンやスマホ、iPodには小型モーターが使われていますが、
そこで使われる小型モーターで圧倒的シェアを握っています。


永守さんのモットーは「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」
というものです。自著のサブタイトルにもなっています。


永守さんが凄いと思うことは、今でも、トイレ掃除を率先して
やっていることと、365日休まず(元日の午前中だけ休む)、
1日16時間働いていることです。


まさに「率先垂範」しているのです。


ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さんでも、
さすがに365日休みなく働くはできず、永守さんの猛烈な
働きぶりには感心しています。


お二人の対談も掲載されています。
前回その内容をお伝えしました。
お二人はソフトバンクの社外取締役も兼務されていて、
知り合いになったそうです。


3度目になりますが、社長が選ぶベスト社長
のベスト3を再掲します。


社長が選ぶベスト社長

1位 永守 重信 日本電産会長兼社長

2位 孫 正義     ソフトバンク社長

3位 豊田章男    トヨタ自動車社長


続いて、4位から10位、実際には同点の方が
いますので、9位までの顔ぶれも再掲します。


社長が選ぶベスト社長 4位~10位

社長が選ぶベスト社長 4位~10位

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.029)



4位 鈴木 敏文     セブン&アイ・HD会長兼CEO

5位 古森 重隆     富士フィルムHD会長・CEO

6位 柳井 正       ファーストリテイリング会長兼社長

7位 藤森 義明     LIXILグループ社長

7位 高原 豪久     ユニ・チャーム社長

9位 新浪 剛史     サントリーHD社長

9位 似鳥 昭雄     ニトリHD会長兼社長


社長が選ぶベスト社長ベスト10を
見ますと、事業をグローバルに展開している企業のトップ
であることにすぐに、気づかれることでしょう。


では、PART2のスタートです。

VUCAがキーワードです。



PART2 不確実だから先手を打つ

今特集記事の初回に、社長が選ぶベスト社長
ベスト30をご紹介しました。


「日経ビジネス」取材班は、この中から上位15位までの
社長が選ぶベスト社長を分析しています。


「イノベーション」「グローバル」「人間的魅力」「M&A・再編」
「発信力」の5つの項目に分類し、15名の社長を当てはめ
ています。


当然のことですが、5つの項目を複数兼ねた社長が
います。


例えば、孫正義さんは、「グローバル」「M&A・再編」「発信力」
の3つを兼ねています。


同様に、サントリーホールディングスの新浪剛史さん(元ローソン
会長)は「イノベーション」「人間的魅力」「M&A・再編」の3つを
兼ね備えていますし、日立製作所の中西宏明さんは「発信力」
「グローバル」「M&A・再編」の3つを兼備しています。


「日経ビジネス」は、ユニ・チャームの高原豪久さんについて
説明しています。ユニ・チャームは国内では花王の後塵を拝し
ていますが、東南アジアでは花王に先行しています。


 海外売上高比率約60%で、インドネシアや

 タイの紙オムツシェア60%超。ユニ・チャーム

 が新興国市場の勝者としての地位を築いた

 のは、ランキング7位に入った高原豪久社長が

 過去に下した「英断」の成果と言える。

 2001年に社長に就任した高原社長は、

 東南アジアの工場建設に資金を一気に

 振り向けた。2001年度の投資額は

 前年度の5割増し。

 リスクを取っても海外に出る。その姿勢は

 今も変わらない。2014年には南米で

 初めてブラジルに進出。2013年度まで

 の2倍まで膨らんでいる。こうした高原社長

 の攻めの海外展開は、今回の調査でも

 高く評価された。 
 

  (P.041)


「選択と集中」という言葉がよく使われます。
事業分野や地域などを選択し、経営資源を集中
投下することですが、創業家出身の社長と、
創業家以外からの社長では、「選択と集中」には
自ずと違いが表れる、と考えています。


リスクを負える大きさと、長期経営を実践できる
かどうかは、創業家出身かそうでないかでは、
大きな開きがある、と考えられるからです。


リストアップされた経営者15人について、
「日経ビジネス」の分析結果をもう少し詳しく
見てみることにしましょう。


 上位の経営者15人について、どの項目で

 最も評価されたかを集計したところ、

 「イノベーション」と「グローバル」がそれぞれ

 6人で最も多かった。

 「M&A(合併・買収)・再編」と「人間的魅力」

 が5人ずつで続く。

 ばらばらに見える4つの項目だが、上位の

 経営者の実績を見ると共通項が浮かび

 上がる。「リスクを取る姿勢」だ。
 

  (P.041 ) 

「リスク」という言葉で思い出したのは、
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツはこう言った
ことがあります。


「リスクを負わないのがリスク」


大前研一さんがビル・ゲイツから直接聞いた
話を、大前さんの本で読んだことがあります。
盤石と思われるマイクロソフトでしたが、ビル・
ゲイツは決してそうは考えていなかったのです。


「会社がいつ倒産するか心配でならない。
リスクを負って新しいことに挑戦していかな
ければ、衰退してしまう」


そのような内容だったと思います。


危機感を抱いているからこそ、何もしないの
ではなく、リスクを負って、挑戦していく姿勢が
大事だ、ということでしょう。


同様な話が、LIXILグループの藤森義明さんの
ケースでも当てはまります。


 LIXILグループの藤森義明社長も、

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)の

 副社長からLIXILに転じた2011年

 以降、3年間でM&Aに投じた金額は

 2000億円に上る。
 

  (P.042)

藤森さんは生え抜きではありません。
それでもこのような思い切った投資ができる
のは、社長就任に際し、創業者に藤森さん
の「経営に一切口出ししない」、という約束を
取り付けたからだそうです。



 動かなければリスクはさらに膨らむ。

 先手を打つことが最善の策であると見極め、

 腹をくくったのだ。

 このようにランキング上位には、リスクへの

 対応に優れた経営者が並んだ。裏返せば、

 多くの日本の経営者、特にサラリーマン社長

 にとって、リスクを取って決断することが難しい

 ことを示している。
 

  (P.042)


リスクに関連する話が続きます。
ここで、今回のキーワードVUCAが登場します。


 リスクに向き合う力が経営者に求められるのは、

 世界的な潮流だ。

 そのことを示す新しいキーワードがある。

 軍事用語だった“VUCA”という単語が、

 ビジネスの世界でも徐々に広がりを見せ始めた。
 

  (P.042)


VUCAとは?


 VUCAとは「Volatility(不安定)」「Uncertainty

 (不確実)」「Complexity(複雑)」「Ambiguity

 (曖昧模糊)」の頭文字。
 

  (PP.042-043)


軍事用語であった、VUCAがビジネスの世界で
どのように使われるようになったのでしょうか?


 技術や市場の変化が速く、有望な市場が

 すぐに競争にさらされ、収益性が低下する。

 異業種からの参入も増え、誰が競争相手

 になるかも読みにくい。

 こうした環境下で、求められる経営トップの

 資質はどのようなものか。「変化で右往左往

 するのではなく、どうあるべきかというビジョン

 を示せる人物」(ローランド・ベルガー岡村
 
 暁生・日本共同代表)が一つの姿だ。

 ランキングの中でも、「人間的魅力」で評価

 された経営者が上位に並んだ。
 

  (P.043)


先が読めないのは戦争もビジネスも同じ

先が読めないのは戦争もビジネスも同じ

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.042)




PART3 断絶が生んだ新世代

このパートでは、40代以下の経営者が選ぶベスト社長
を中心に、「日経ビジネス」取材班はまとめています。


まず、下図をご覧ください。
一度は見たことのある人物が選出されていますね。
ここでも、孫さんの人気はとても高いです。

若手経営者が選ぶベスト社長

若手経営者が選ぶベスト社長

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.044)


1点、注意があります。「人づくり」の項目で、
ディー・エヌ・エーの南場智子さんは創業者ですが、
現在は社長ではなく、取締役です。


「志の高さ」「人づくり」「ビジネスモデル」という3つの
項目で選出された7名の経営者です。


ベスト30と比べて大きな違いは、アマゾン・ドット・コム
のジェフ・ベゾスさん、テスラ・モーターズのイーロン・
マスクさん、そしてフェイスブックのマーク・ザッカー
バーグさんの3人の外国人経営者が選ばれていること
です。


若手経営者は海外への関心が高く、外国人経営者を
自分の手本にしようと考える人が多いことを物語って
います。


グローバルに事業を展開したい気持ちが強いのです。
頼もしく思います。どんどん海外へ出て行って、活躍
してもらいたい、と切に願っています。


日本を代表する会社ではなく、世界を代表する企業、
経営者を目指して欲しいですね。


「日経ビジネス」取材班が、PART2までに紹介した
ランキング上位者との違いを解説しています。


 まず目につくのは、ソフトバンクの孫社長への

 圧倒的な支持だ。大手企業のアンケートで上位

 を占めた日本電産の永守重信社長やトヨタ

 自動車の豊田章男社長の名前はほとんど挙が

 らない。

 そんな中、回答者の実に3割がベスト社長に

 孫社長を挙げた。

 もう一つの特徴は、米国など海外の経営者が

 数多く選ばれたこと。中でも米アマゾン・ドット・

 コムのジェフ・ベゾスCEO (最高経営責任者)、

 米テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO、

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO

 は、ベスト経営者の「海外御三家」と呼べるほど

 人気が集中している。
 

  (P.45)


私個人は、グーグルのラリー・ペイジCEOも選ば
れると推測していましたが、あまり顔を出さないため、
印象が薄かったことが原因で選ばれなかった、
と考えています。


若手経営者がベスト社長に選んだ、
評価理由はどのようなものだったのでしょうか?


「日経ビジネス」はいくつかに分類しています。


 若手世代が選ぶベスト経営者は、業種や

 国籍は様々であるものの、評価理由は

 いくつかにタイプ分けできる。

 第1は、短期的な業績を度外視して長期的な

 成長を目指す姿勢や、社会性を重視した事業

 を打ち出しているかどうかだ。

 電気自動車や宇宙ロケットを手掛けるマスク氏

 や、顧客還元を最優先する経営のペゾス氏は

 この典型。スローガンの伊藤豊社長は、

 「米国の経営者の情報が身近になり、お金稼ぎ

 よりも高邁な理想を掲げる起業家に憧れる若者

 が増えている」と話す。 
 

  (PP.045-046)


それが事実であれば、頼もしい若者たちがいる、
と思います。実践できるかどうかは未知数ですが。


なぜ、高い理念や壮大なビジョンを掲げる経営者
に若手の支持が集まるのか、について「日経ビジネス」
はこう分析しています。


 高い理念や壮大なビジョンを掲げる経営者に

 若手の支持が集まるのは、日本の大手企業の

 経営者に物足りなさを感じていることの裏返し

 でもある。
 

  (P.046)


「日経ビジネス」は「バブル崩壊とインターネットが
経営者の断絶を生んだ」と指摘しています。


 81年にソフトバンクを創業した孫氏を

 最後に、古くは松下幸之助や土光敏夫

 といった名経営者から続いた日本の
 
 経営者の「系譜」は、ここで事実上途絶える

 ことになる。


 戦中戦後から続く経営者の系譜が途絶えた

 ままであることを危惧する声もある。

 ネット世代の起業家はビジネスモデルを作り

 短期的収益を上げることに長けていても、

 深い洞察や人間的な幅に欠けるとの指摘だ。
 

  (P.047)


「日経ビジネス」は最後にこう書いています。


 一度は断絶した経営者の系譜。それが再び

 つながる時、歴史観や人間力に立脚した

 世界で戦える経営者が日本から生まれるかも

 しれない。
 

  (P.047)


ぜひ、生まれてほしい、と切望しています。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




スポンサーサイト

社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由 2014.11.17 <2>



日経ビジネスの特集記事(82)

社長が選ぶ
ベスト社長
「永守流」が支持される理由
2014.11.17



今週の特集記事のテーマは

どの経営者を高く評価すべきか。
業績か株価か、はたまた報酬と成果のバランスか。
それぞれ一つの答えだが、数字だけでは語れない部分もある。
本誌はそう考え、シンプルな方法に挑んでみた。
社長のことは社長に聞く、だ
 (『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.027)

ということです。


社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由

社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 表紙)



今特集記事は、「社長が選ぶベスト社長」です。


今回、永守重信さんが「社長が選ぶベスト社長」
選ばれました。


永守重信(ながもり・しげのぶ)さんをご存じですか?
ご存じない方が多いかもしれません。


日本を代表する精密小型モーターのメーカー、日本電産
の創業者にして、会長兼社長です。


日本電産はBtoB(法人向けビジネス)企業ですから、
馴染みがないのも無理はありません。


ですが、実は身近なところで、精密小型モーターは使われて
います。


パソコンやスマホ、iPodには小型モーターが使われていますが、
そこで使われる小型モーターで圧倒的シェアを握っています。


永守さんのモットーは「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」
というものです。自著のサブタイトルにもなっています。


永守さんが凄いと思うことは、今でも、トイレ掃除を率先して
やっていることと、365日休まず(元日の午前中だけ休む)、
1日16時間働いていることです。


まさに「率先垂範」しているのです。


ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さんでも、
さすがに365日休みなく働くはできず、永守さんの猛烈な
働きぶりには感心しています。


お二人の対談も掲載されています。
今回その内容をお伝えします。
お二人はソフトバンクの社外取締役も兼務されていて、
知り合いになったそうです。



「社長が選ぶベスト社長」の2回目は、まず、
永守さんに次いで、2位に選出された、ソフトバンク社長の
孫正義さんについて、17位にランクインした三菱ケミカル
ホールディングス社長・小林喜光さんに語っていただきます。



社長が選ぶベスト社長 2位 孫正義 ソフトバンク社長

社長が選ぶベスト社長 2位 孫正義 ソフトバンク社長

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.035)



社長が選ぶベスト社長

1位 永守 重信 日本電産会長兼社長

2位 孫 正義     ソフトバンク社長

3位 豊田章男    トヨタ自動車社長



三菱ケミカルホールディングス社長・小林喜光が語る
孫正義
10年先を行く感性と永遠のハングリー精神



 ベスト経営者はソフトバンク社長の孫正義しか

 思いつかない。ゼロから事業を始めて、

 最も企業価値を大きく伸ばした経営者だ。

 従来の秩序を破壊するから評価は分かれる

 だろうが、他の経営者とはスケールが違う。


 感性だけでなく、細かい数字へのこだわりも

 すさまじい。実績で誰にも負けない結果を

 出している。


 次世代の経営者が学ぶべきは、成功しても、

 とてつもない金持ちになっても挑戦し続ける

 ところだ。今は、小さな幸せを必死に守る

 経営者が多過ぎる。


 次の孫正義は日本という国にはとどまらない

 かもしれない。孫正義も高校中退で米国の

 大学(カリフォルニア大学バークレー校
 
 註:藤巻隆)を卒業し、海外で戦い続けている。

 海外で勝つ人材、すなわち「和僑」と呼ばれる

 ような人の中からベスト経営者は生まれるだ
 
 ろう。 
 

  (PP.034-035)


日本という縮小しつつあるマーケットではなく、
海外(グローバル)で活躍できる経営者が、
次世代のベスト経営者となる、と予言しています。


出てきてほしいものです。
小さくまとまらない、スケールの大きな人物に
人は魅了されるでしょう。


私が孫さんがすごいと思うのは、何度も失敗を
繰り返しながら、大きくなっていくことです。


孫さんは身体は決して大きくありませんが、
大きく見えます。失礼な表現かもしれませんが、
「小さな巨人」とは、孫さんのためにあるのでは
ないか、とさえ思います。




さて、4位から10位、実際には同点の方が
いますので、9位までの顔ぶれを再度、
ご紹介しましょう。


社長が選ぶベスト社長 4位~10位

社長が選ぶベスト社長 4位~10位

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.029)



4位 鈴木 敏文     セブン&アイ・HD会長兼CEO

5位 古森 重隆     富士フィルムHD会長・CEO

6位 柳井 正       ファーストリテイリング会長兼社長

7位 藤森 義明     LIXILグループ社長

7位 高原 豪久     ユニ・チャーム社長

9位 新浪 剛史     サントリーHD社長

9位 似鳥 昭雄     ニトリHD会長兼社長




いよいよ、おまちかねの永守重信さんと柳井正さんの、
白熱した特別対談のもようをご紹介します。


経営は実行がキーワードです。



日本電産 永守重信× ファーストリテイリング 柳井正
特別対談
経営は実行なり



日本電産 永守重信会長兼社長

日本電産 永守重信会長兼社長

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.039)


ファーストリテイリング 柳井正会長兼社長

ファーストリテイリング 柳井正会長兼社長

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.038)



お二人は、ソフトバンクの社外取締役に就任しています。


最初は、お二人の出会いから。


 永守 柳井さんはソフトバンクが大赤字を

 出した苦しい頃から続けておられる。

 社外取締役は会社が赤字になると

 逃げ出すものですが、そのまま残って

 発展を支えてこられた。


 柳井 自分はもともと永守さんのファン

 だったんです。本を読んで、お会いしたい

 なと思っていたところにパーティーか何か

 でお会いしたのが最初です。

 その後、僕も講演に行ったし、永守さん

 にも私の講演に来てもらった。日本の

 経営者を信用していませんが、永守さんは

 一生懸命に経営している数少ない人物で、

 僕にとっては先生です。 
 

  (P.036)



グローバル企業であるにはどんなことが不可欠なのか


 永守 我々の業種は世界で一定のシェアを

 取っていかないと健全な利益が出ないんです。

 最近はグローバルな供給体制が求められて

 いるので、小さな会社でいいということはあり

 得ない。

 ゼロから会社を立ち上げ、今は1兆円に向かって

 いますが、一番苦しかったのはゼロから10億円

 の間です。当時は借金したら同額の生命保険に

 入ったわけで、命が懸かっていました。

 1兆円を10兆円にするのもそれほど難しくない

 と見ています。


 柳井 グローバルプレーヤーでなければ

 生き残れない点は、小売業でも同じですね。

 働く人も経営者もサプライヤーさんも、

 成長しない会社に何の楽しみがあるんですか。

 それに、規模が大きくなってもやることは

 変わらないんですね。 

 孫さんじゃないですが、1兆円、2兆円は

 豆腐の1丁、2丁と同じつもりでやらないと。 
 

  (PP.036-037 ) 



失敗をどう捉えるか。成功するには何が不可欠なのか


 永守 柳井さんがよく言われるように、

 経営は半分近くが失敗ですな。8勝7敗、

 9勝6敗で勝ち越した会社が生き残って

 いるだけです。だから減点主義で人を

 見れば、ほとんど失格になる。


 柳井 失敗してもそれを認識して行動し、

 また失敗しても最後までやる。それを

 早くやれば、絶対に成功するんですよ。

 経営は勉強でなく実行です。ビジョン

 を作って、全社員の力を使って成果を

 出す。調査や分析が1としたら、実行は

 30です。自分の頭で考えて、実行できる

 人。こういうものを絶対に作りたいという

 理想や希望を持って、人の力を引き出

 せる人でなければ経営者は務まりません。


 永守 経営は気概と執念。絶対に成功 

 させようとか、勝とうとか、いいものを

 作ろうとか、そういう気概と執念がないと

 成功しませんわ。

 孫さんほどではないけど、ほらを吹き、

 夢を語る。会社や世の中をもっとよく

 するんだと楽観的に考えていかないとね。


 柳井 つらい時こそ経営者は誇大妄想狂

 になるべきです。トップが夢を実現しようと

 言わない限り、社員は信用しないよね。
 

  (PP.037-038)



M&A(合併・買収)について


 永守 日本企業が買収に失敗する最大の

 理由は、買ったら終わりと思うからですね。

 買うまでが20%で、残り80%を会社を

 よくしたり、シナジー効果を出すために

 費やす。トップが「買ったからお前が行って

 こい」では失敗します。買ってからトップが

 最もエネルギーを費やさなきゃいかん段階

 なんです。


 柳井 僕は永守さんと違って失敗率が

 非常に高い。でも、失敗してすごくいい

 勉強になった。会社を買うとはどういう

 ことなのか、日本と海外の人間がチーム

 で仕事をするというのはどういうことなの

 かが勉強できますよね。 
 

  (P.038)


M&A(合併・買収)の基準とは?


 永守 これまで五十数社買いましたが、

 ほとんど成功していると思います。

 それは、「こういう会社しか買わない」

 という条件を決めているからなんですよ。

 どんなにいい話でも、条件に合わない

 ものは買わない。


 柳井 我々の産業はローテクで、そこで

 働く人々、経営者の考え方が合わないと

 絶対に一緒に仕事ができないんですよ。 
 

  (P.039)



後継者がなすべきことと、創業者のあり方について


 柳井 後継者候補には「自分のようにやると

 失敗する」と言っています。僕は創業者で

 CEOだから人々が言うことを聞くんですよ。

 同じことを後継者が言ったら誰も聞かない

 ですよね。歴史を全部知っている僕より

 強いことをやろうと思ったら、チームを作る

 しかないでしょう。

 永守さんも孫さんも同じことを言っているん

 ですけど、創業者は絶対に引退できないん

 ですね。引退できないけど、迷惑をかけない

 ことだけは気を付けないといけない。

 だから創業者は自分を引き継いでくれる

 チームと、そのリーダーを任命しないと

 いけない。


 永守 私が辞めたらワンマン経営はもう

 できませんから、集団指導体制になる。

 その組織をこれから10年、15年かけて

 作っていく。

 集団指導体制は小さな規模でやっても

 機能しないでしょう。1兆円くらいではまだ

 早い。3兆円なのか10兆円なのか分かり

 ませんが、そのくらいまで持ち上げた後に、

 組織に渡していく。それが、創業者が

 残っても欠点が出ない形でしょう。

 そこまでは自分がやっていくと。

 私は日本の企業をずいぶん研究したん

 ですけど、創業者が最後まで残っている

 会社が強い。名誉会長みたいな立場で

 口を出すのはよくないので、最後の責任は

 自分が持つという姿勢でいこうと思っています。
 

  (P.039)


対談中で、柳井さんは経営は実行
語っています。この言葉は、先にご紹介した
キーワードです。


そして、まさに経営は実行という
タイトルの本が11年前に出版されています。


『経営は実行 明日から結果を出すための鉄則』
ラリー・ポシディ ラム・チャラン チャールズ・バーク
日本経済新聞社 2003年2月12日 第1刷


この本の内容の一部をご紹介します。
経営は実行とはどういうことなのか、
に重点を置いてお伝えします。


 実行とは何かを理解するうえで、

 念頭においておくべき点が三つある。

 ・実行とは体系的なプロセスであり、戦略に
  不可欠である。

 ・実行とはリーダーの最大の仕事である。

 ・実行は、企業文化の中核であるべきである。
 

  (上掲書 PP.26-27)



 実行するには、事業、その事業に携わる人材、

 事業を取り巻く環境を包括的に理解する必要が

 ある。ただひとり、それができる立場にいるのが

 リーダーだ。そしてリーダーだけが、実行の中身

 に、時には細部にまで深く関与することによって、

 実行力を発揮させることができるのである。
 

  (上掲書 P.30)



 ビジネスの仕組みの本質は、人材、戦略、業務

 という三つのプロセスがいかに結びついている

 かにある。リーダーは個々のプロセスと、それが

 全体としてどう関連し合っているかを学ばなけれ

 ばならない。それが実行という体系の基礎であり、

 戦略を策定、実行するうえでの柱になる。

 それらが、競争相手に差をつける手段になる。
 

  (上掲書 P.295)





最終回は、「PART2 不確実だから先手を打つ」
ほかをお伝えします。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由 2014.11.17 <1>



日経ビジネスの特集記事(82)

社長が選ぶ
ベスト社長
「永守流」が支持される理由
2014.11.17



今週の特集記事のテーマは

どの経営者を高く評価すべきか。
業績か株価か、はたまた報酬と成果のバランスか。
それぞれ一つの答えだが、数字だけでは語れない部分もある。
本誌はそう考え、シンプルな方法に挑んでみた。
社長のことは社長に聞く、だ
 (『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.027)

ということです。


社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由

社長が選ぶ ベスト社長 「永守流」が支持される理由

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 表紙)



今特集記事は、「社長が選ぶベスト社長」です。
ベスト社長といった場合、立場や地位、年代によって
見方が異なるのは間違いありません。


創業社長が考える「ベスト社長」は、創業時の苦楽を
自ら体験しただけに、そう簡単にへこたれない粘り強さ
や経験値の高さといった点も加味されるでしょう。


「いやいや、何と言おうが実績だよ」
と言う経営者もいるでしょう。


志の高さや社会貢献の大きさも重要だ、とも言えましょう。


若い世代の方々は、「憧れの存在」として、より身近に
感じられる経営者を「ベスト社長」に選ぶかもしれません。


今回、永守重信さんが「社長が選ぶベスト社長」
選ばれました。


永守重信(ながもり・しげのぶ)さんをご存じですか?
ご存じない方が多いかもしれません。


日本を代表する精密小型モーターのメーカー、日本電産
の創業者にして、会長兼社長です。


日本電産はBtoB(法人向けビジネス)企業ですから、
馴染みがないのも無理はありません。


ですが、実は身近なところで、精密小型モーターは使われて
います。


パソコンやスマホ、iPodには小型モーターが使われていますが、
そこで使われる小型モーターで圧倒的シェアを握っています。


永守さんのモットーは「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」
というものです。自著のサブタイトルにもなっています。


永守さんが凄いと思うことは、今でも、トイレ掃除を率先して
やっていることと、365日休まず(元日の午前中だけ休む)、
1日16時間働いていることです。


まさに「率先垂範」しているのです。


ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さんでも、
さすがに365日休みなく働くはできず、永守さんの猛烈な
働きぶりには感心しています。


お二人の対談も掲載されています。
その内容は、2回目にお伝えします。
お二人はソフトバンクの社外取締役も兼務されていて、
知り合いになったそうです。


まえがきはこのくらいにして、本題に入ります。




TOP30 CEOs 数字に出ない実力を探る

社長が選ぶベスト社長 ベスト3

社長が選ぶベスト社長 ベスト3

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.028)



社長が選ぶベスト社長

1位 永守 重信 日本電産会長兼社長

2位 孫 正義     ソフトバンク社長

3位 豊田章男    トヨタ自動車社長

2位、3位のお二人はよくご存じでしょう。


4位以下の社長は後ほどご紹介します。
TOP30 CEOsの中に、私がグールー(思想的指導者)
と仰ぐ大前研一さんが、17位にランクインしていたことが、
とても嬉しく思いました。


はじめに、コマツ前社長の坂根正弘相談役の言葉から
ご紹介しましょう。社長の真価について語っています。
その上で、「日経ビジネス」取材班はある結論に達し
ました。


 コマツの坂根正弘相談役は「自分の社長

 としての真価は、3代先の社長時代に表れる」

 と語る。

 経営には中長期の視点が重要で、その時の

 結果だけで経営者を評価するのは限界がある。

 では、どうすれば経営者の真の力を測れるのか。

 経営の本質を知り、評価できる適任がいるの

 ではないか。それが、現役の経営者である。
 

  (P.028)


ここで、なぜ、一般のビジネスマンにもあまり馴染み
のない永守重信さんが1位に選出されたかです。


その点について、「日経ビジネス」は次のように解説
しています。


 なぜ、永守社長はほかの経営者から高く

 評価されているのか。それを探ると、

 永守流の経営が単なる憧れや賞賛の

 対象ではなく、実践のための「生きる手本」

 と見なされていること、そして、実際に

 取り入れる動きが広がっていることが

 分かった。 
 

  (P.029)


「実践のための『生きる手本』と見なされて
いること、そして、実際に取り入れる動きが
広がっていること」が、永守さんが1位に
選ばれた理由として挙げられています。


さて、4位から10位、実際には同点の方が
いますので、9位までの顔ぶれをご紹介しましょう。
画像をお見せしますが、見難いかもしれ
ませんので、改めて、文字でも示します。
その後で、11位から30位までの社長を文字で
ご紹介します。

社長が選ぶベスト社長 4位~10位

社長が選ぶベスト社長 4位~10位

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.029)



4位 鈴木 敏文     セブン&アイ・HD会長兼CEO

5位 古森 重隆     富士フィルムHD会長・CEO

6位 柳井 正       ファーストリテイリング会長兼社長

7位 藤森 義明     LIXILグループ社長

7位 高原 豪久     ユニ・チャーム社長

9位 新浪 剛史     サントリーHD社長

9位 似鳥 昭雄     ニトリHD会長兼社長


以上の7名の方々の大半のお名前はご存じでしょう、


では、11位から30位まで一気にお見せします。

11位 鈴木 修       スズキ会長兼社長
11位 佐治 信忠     サントリーHD会長
11位 岡藤 正広     伊藤忠商事社長
11位 三木谷 浩史    楽天会長兼社長
15位 樋口 武男     大和ハウス工業会長
15位 中西 宏明     日立製作所会長兼CEO
17位 澤田 秀雄     エイチ・アイ・エス会長
17位 日覺 昭廣     東レ社長
17位 渡邉 光一郎    第一生命保険社長
17位 津賀 一宏     パナソニック社長
17位 大前 研一     ビジネス・ブレークスルー社長
17位 植田 義晴     日本航空社長
17位 上西 京一郎    オリエンタルランド社長
17位 小林 喜光     三菱ケミカルHD社長
17位 山西 健一郎    三菱電機社長
17位 金川 千尋     信越化学工業会長
17位 宮永 俊一     三菱重工業社長
17位 井上 礼之     ダイキン工業会長
17位 カルロス・ゴーン 日産自動車社長兼CEO
30位 松本 晃       カルビー会長兼CEO
30位 御手洗 冨士夫  キャノン会長兼社長


ここに登場した、すべての社長または会長の名前と
企業名を、ピタリと分かったあなたは素晴らしいです。


私が分かるのは、およそ70%くらいですね。




PART1 「ミニ永守」自然増殖中

さて、ここからが永守さんについて「日経ビジネス」が
徹底的に分析し、「社長が選ぶベスト社長」
の秘密を解き明かしています。


その秘密とは?


 歩く教科書――。

 「社長が選ぶベスト社長」に選ばれた

 日本電産の永守重信社長をほかの

 経営者が評すれば、こうなる。

 その実績は売上高の推移を見れば

 一目瞭然だ。日本電産の売上高は

 この20年間で141倍になった。

 モーターに特化しながらも、毎年のように

 M&A(合併・買収)を手掛けることで技術

 や製品の幅を広げ、成長してきた。

 2015年3月期も売上高は前期比10%増

 の9600億円。営業利益は同23%増の

 1050億円を見込んでおり、その成長は

 衰えを知らない。 
 

  (P.030)


日本電産 永守重信会長兼社長

日本電産 永守重信会長兼社長

(『日経ビジネス』 2014.11.17 号 P.031)



ほかの経営者は、永守さんのどこに魅了される
のでしょうか?


 周囲にも厳しいハードルを課すが、

 誰にも負けない執念と情熱で、先頭に

 立ち続ける。

 圧倒的な行動力と、人間臭さを漂わ

 せてのリーダーシップ。多くの経営者は、

 そこに魅了される。

 奮起すれば自分にも何か実践できるかも

 しれない。永守流はそんな等身大の

 お手本として、多くの経営者に伝播している。 
 

  (P.031)


永守さんに共感しているる社長の一人である、
イエローハットの堀江康生さんはこう語って
います。


 「永守社長は2つの側面を持つ」。

 堀江社長が言う2つの側面とは、

 社員を叱咤激励する「古きよき経営者

 の顔」と、先を読み冷静にM&Aを

 展開する「現代の経営者の頭脳」を

 指す。

 「両面を備えた経営者として、その

 活動や経営に共感している」(堀江社長)。
 

  (PP.031-032 ) 


永守さんは、M&Aで買収した相手先企業の
社員をリストラしないことでも有名です。


今までに買収した企業は数百ありますが、
ほとんどの企業が赤字から黒字に転換して
います。


早いところでは1年で黒字になり、その後も
好業績をキープしている会社が多くあります。


永守さんは、M&Aを敢行する場合、必ず、
買収先企業の筆頭株主になるそうです。
リスクを負い、責任を持って経営に当たるのです。


買収した企業の業績が回復すれば、復配(配当金
の支払いを復活すること)が可能になります。


永守さんはM&Aで買収した、「平凡な社員を
戦闘力の高い人材に変えるには、経営者を
信頼してもらうことが欠かせない」(P.032)という
考え方を実践しています。


だからこそ、リストラする必要性がないのです。
買収される前と比べて、良くなることが明らか
だからです。


では、永守さんが評価する経営者は誰なのか
気になりますね?


 永守社長は、自ら高く評価する経営者

 として2人の人物の名前を挙げる。

 ソフトバンクの孫正義社長と、日立製作所

 の中西宏明会長だ。

 今年、ソフトバンクの社外取締役に就任

 したことから、孫社長の人柄がよく分かった

 という。大きなほらを吹くが、そこが経営者

 として楽しい。大きな資金を集め企業買収

 を仕掛けるダイナミックさも魅力だ。

 その半面、社内管理は緻密で「数字を聞くと

 さっと回答できる」と評価する。


 日立の中西会長には異端と言えるセンスが

 あるとみている。

 実は、永守社長と中西会長は古くから付き合い

 があった。「下請け企業にも丁寧な対応で、

 その態度が経営者になってからも変わらない」

 のも、中西会長を評価するポイントだという。
 

  (P.034)


永守さんは、今、若い経営者にどんな思いを
抱いているのでしょうか?


 経営に絶対の解はない。若い経営者には

 先行する経営者から師匠を見つけて、

 手法ではなく姿勢を学んでほしいと願って

 いる。今、その願いは現実のものとなり、

 本人の知らないところで自分の弟子たち

 が生まれている。
 

  (P.035)




次回は、「経営は実行なり 日本電産 永守重信
× ファーストリテイリング 柳井正 特別対談 」
ほかをお伝えします。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。