スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ 灼熱の10億人市場 2013.5.27<3> 日経ビジネスの特集記事(8)

日経ビジネスの特集記事(8)

アフリカ 灼熱の10億人市場 2013.5.27

 想定外を商機にする

 アフリカで活躍している日本企業を紹介して行きましょう。

 テレビCMでおなじみな「カガクでネガイをカナエル会社」というカネカです。

 カネカが開発したカネカロンという合成繊維を使った「つけ毛」で、アフリカで他社の追随を

許さない存在だそうです。


 どういうことなのか記事を読み進むうちに「なるほど」と納得しました。


 アフリカ女性の多くの髪は細く弱いため、伸ばそうとすると切れてしまうそうです。

そのためつけ毛がファッションとして普及したのです。


 アフリカ担当営業の竹村正弘氏は、つけ毛の市場データはなく、また

普及率を示す数字もないため、目視で人数を数えていくという地道な活動を

行なっています。


 そうしたフィールドワークで得られた生のデータに基づき、難燃素材や洗える素材

などの開発に生かされ、約500種類の繊維と約40種類以上の色を揃えて、ニーズに機敏に

対応している、ということです。


 今や、流行さえも作り出していると言いますから、他社は勝ち目がないわけです。


 カネカロンを担当する原哲郎・専務執行役員はこう豪語しています。

 「アフリカ市場を完全掌握する。もう誰も追いつけない段階まで到達しつつある」



 日本で「アフリカ開発会議」が開催された背景には、アフリカの鉱物資源などの輸入先

を確保する一方、日本の技術力を輸出し、アフリカ諸国と日本との関係を蜜にし、

中国との競争に勝利したい、という日本の思惑があることは想像に固くありません。



 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク















スポンサーサイト

アフリカ 灼熱の10億人市場 2013.5.27<2> 日経ビジネスの特集記事(8)

日経ビジネスの特集記事(8)


アフリカ 灼熱の10億人市場 2013.5.27


 暗黒大陸というウソ

 アフリカには、欧米でキャリアを積んだエリートたちが集結しつつある、と日経ビジネスは

伝えています。


 ナイジェリアでEC(電子商取引)サイト「コンガ・ドット・コム」を立ち上げた

CEO(最高経営責任者)のシム・シャガヤ氏を紹介しています。


 米ハーバード大学でMBA(経営学修士)を取得し、欧米の投資銀行で働いた経験が

あるそうです。その彼がモデルにしているのが楽天の創業者、三木谷浩史・会長兼社長

と話しています。


 アフリカでは、シャガヤ氏のように海外から帰国し起業する人が増えているそうです。



 私たち日本人には馴染みが薄いアンゴラで、アンゴラ政府から3つの繊維工場の再生を

任されている日本人がいます。丸紅の長島公一・繊維プラント工事事務所長です。

 総事業費は約10億ドル(約1000億円)にもなる大規模なものです。その現場責任者として

活躍されています。

 こうした国・地域で働いている人たちには頭が下がります。危険と不便さが常に付きまとう

からです。

 アンゴラと中国との関係は深く長く、アンゴラの内戦終結後の復興を、石油を見返りとする

中国からの支援に頼ってきたという歴史があります。

 そこへ、丸紅は楔を打ち込んでいったわけです。

 日本企業の果たせる役割は多い、と言えそうです。

 アブラウン・ゴルジェル経済相は、こう言っています。

 「専門性と技術を持つ日本企業に期待している」


 ルワンダという国も馴染みが薄いでしょう。

 今、ルワンダはアフリカでも有数のビジネスがしやすい国に生まれ変わっている

そうです。ICT(情報通信技術)産業の集積地として、多くの新しい企業が誕生

しています。

 ルワンダでのビジネスのしやすさの特徴をひと言で表せば、「徹底した政府機能の電子化」

となります。そこには、ルワンダでは地元のルワンダ語とフランス語に加え、2008年には

英語も公用語となり、学校教育は原則英語に切り替わったことも寄与しているのでしょう。




 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク















アフリカ 灼熱の10億人市場 2013.5.27<1> 日経ビジネスの特集記事(8)

日経ビジネスの特集記事(8)


アフリカ 灼熱の10億人市場 2013.5.27


 爆発する消費パワー

 新興国を示すBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続いて、

最近では、VITAMIN(ベトナム、インドネシア、タイ、アルゼンチン、南アフリカ、

メキシコ、イラン、イラク、ナイジェリア)が雑誌や書籍で取り上げられることが多く

なってきました。


 私がグルと仰ぐ、大前研一氏も『「リーダーの条件」が変わった』の中で、

次のように述べています。

いま世界ではBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く新興国としてVITAMIN(ベトナム、インドネシア、タイ、トルコ、アルゼンチン、南アフリカ、メキシコ、イラン、イラク、ナイジェリア)などが注目を集めている。このうちブラジル、インド、インドネシアは、いずれも2025年までに日本を抜いて世界3位の経済大国になることを目標にしている。もしそうなったら、15年後くらいに日本は世界で6位か7位に転落するわけだ。



 VITAMINを構成する国で注目すべきことは、アフリカの2カ国が

含まれていることです。


 アフリカで思い出されるのは、今年1月に起こった日揮の社員が犠牲になった、

アルジェリア人質事件です。

 非常に痛ましい事件であったのですが、日本企業がこうした国にまで進出していた

という事実です。大多数の日本人は、この事件によって国際的企業日揮がアフリカで

仕事をしていたことを知ったのではないでしょうか。

 もちろん、私も初めて知りました。


 一般的に言って、私たち日本人はアフリカの実情に疎いのではないでしょうか。

 今特集を読んで、アフリカ諸国の強大なパワーを感じ取ることができました。


 たまたま、私が住む横浜で「アフリカ開発会議」が開催されました。

アフリカ54カ国中、51カ国が参加するという盛大でかつ日本にとって極めて重要な

会議でした。


 VITAMINの一員である、ナイジェリアはアフリカ最大の産油国となり、

「毎日約250万バレル、金額ではざっと2億5000万ドル(約250億円)相当の原油を

算出して」いる、というのです。


 ただし、このオイルマネーが「格差」を拡大させ、「約1億人が1日1ドル以下

で生活している」そうです。


 アフリカの総人口は約10億人。中国が世界一で13億人と言われていますから、

インドと同程度の2~3番目の人口を抱えていることになります。

 ナイジェリアは1億6475万人で、「今後5年間は年率約7%の経済成長率が

見込まれている」そうです。


 グローバル化の波がナイジェリアにも押し寄せています。

リーバイスなどのフランチャイズをナイジェリアで展開するスマートマーク、

イケジャモールを所有するアクティス、ゲームやアパレルのミスター・プライス

の3社はいずれも南アフリカ企業で、「ナイジェリアで台頭する中間層の財布を

狙って北上している」ということです。


 「ナイジェリアで起きている小売り革命が、モールとともにアフリカ各地に

伝播し始める」という状況にある、と日経ビジネスは現地取材で伝えています。



 続きを読む
 



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク
















         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
631位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。