スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を超える 2015.02.23 <3>


メンズデオ7200


日経ビジネスの特集記事(96)

ニッポンの家
進化したウサギ小屋、海を越える
2015.02.23



今週の特集記事のテーマは

苦し紛れの賭けか、日本再生の起爆剤か――。
国内市場の縮小に悩む日本の住宅産業が海外進出を
本格化させている。
「車や家電ならともかく、気候も所得水準も文化も違う
海外で住宅が売れるはずがない」
そう思う人も多いだろう。
だが、住宅メーカー自身は「非常識な挑戦」とは考えて
いない。
「ウサギ小屋」などと揶揄されてきたニッポンの家だが、
防水や断熱など快適な住環境を効率的に作る技術や、
アフターサービスの質は世界屈指のレベルにある。
「強みを融合し現地ニーズを反映した“世界戦略住宅”
を開発すれば、海外市場開拓は十分可能」
これが多くの住宅メーカーの考え方だ。
果たして日本の住宅産業は、世界に類がない「家の輸出材化」
は成し遂げられるのか
 (『日経ビジネス』 2015.02.23 号 PP.024-025)

ということです。




ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える

ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 PP.026-027)



今週号の表紙も、今週のスタートページもとても
インパクトの強いデザインですね。




長年、ニッポンの家は狭いため、「ウサギ小屋」と
海外から揶揄されてきました。


その「ウサギ小屋」が今では、アジア諸国をはじめ
として先進国でも、優れた性能や工期の短さなどが
高く評価され、大きなマーケットが形成されている
そうです。



第1回は、
「PROLOGUE 日本よ案ずるな まだ『家』がある」
「PART 1 ハウスメーカー、海を渡る」の前半
を取り上げました。


第2回は、
「PART 1 ハウスメーカー、海を渡る」の後半
を取り上げました。

第3回は、
「先兵は『トイレ』と『高層建築』」
「PART 2 世界制覇、原理的には可能」
をお伝えします。





日本の本格的伝統住宅の強みは6つある、
と『日経ビジネス』は指摘しています。

快適性
長寿命
耐震性
省エネ
循環性
健康的
(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.044)


この6つの強みを頭の片隅に置いて、特集記事を
ご覧ください。



では、本題に入りましょう!





 先兵は「トイレ」と「高層建築」 

第1回、第2回とハウスメーカーの海外進出の状況
をお伝えしてきました。


実は、住宅メーカーが海外進出するよりもずっと
前から、海外進出を果たした住設メーカーや、
高層建築に重点を置いて成果を出している企業
があります。


ここでは、それらの企業の奮闘の記録をご紹介
しましょう。





 住宅に先行して、トイレなどの住設メーカーの

 海外進出は既に発展期に突入している。

 今後、海外戦略を本格化させる住宅各社が

 「先輩」から学ぶべき点は多い。


 TOTOにとって初の海外進出先であるインド

 ネシア。1977年から35年以上かけて

 「トイレ=TOTO」というブランドイメージを構築

 してきた。今では中高級品市場でトップシェア

 を誇る。

 TOTOはアジアを中心に、実に17の国と地域

 で事業を展開。2016年のリオデジャネイロ五輪

 を見据えて、地球の裏側であるブラジルにまで

 進出している。代理店経由で他国にも販売して

 おり、既にブランドは世界に知れ渡っている。
 

  (P.040)


TOTOが現在に至るまでには、試行錯誤の連続
だったであろうと推測されますが、明確なマーケ
ティング戦略のもとで着実に成果を上げてきました。





 TOTOはマーケティング戦略を3つのステージに

 区分。まず取り組んだのが、現地の文化やニーズ

 をとことん意識した商品開発だった。

 例えば中国。日本では便器と水をためるタンクが

 分かれているが、中国の高級トイレは一体型で、

 タンクの位置が低い。その分、水圧は落ちる。


 TOTOは「郷に入っては郷に従え」で日本式を持ち

 込まず、「洗浄力の高い一体型トイレ」を新たに

 開発した。


 同様に、インドネシアでは、合弁先であるローカル

 企業の発案で、「電気を使わないウォシュレット」

 を開発した。温水でなく水を噴射するものだ。


 インドネシアは年中、温暖な気候。イスラム文化圏

 で、用を足した後に水で洗う習慣もあり、受け入れ

 られると判断した。


 こうして商品開発の現地化を十分に進めてから、

 初めて販売チャネルの拡大と現地工場の拡充に

 踏み切った。

 時には販売代理店を国内工場やショールームに

 招待し、品質の高さと国内シェアを説明。中国では

 約10年で省都のほぼ全ての販売店と代理店契約

 を結んだ。


 そして、最終ステージとして、ブランディングを実施。

 ショールームでの富裕層向けセミナー開催や、

 高級ホテルや空港などの著名物件への導入も加速

 させ、高級ブランドを確立していった。
 

  (PP.040-041)



慌てず、着実に、時間をかけて、ブランディングしていった
のですね。一朝一夕に「高級ブランド」になることはあり
ません。歴史と伝統、そして最近よく言われるのは物語性
(ストーリー性)です。これはとても重要です。


そのブランドを知らない人に説明するには、ストーリーを
語ると理解が早まり、深まります。



トイレだけでなく、高層建築の海外進出も歴史が長いそう
です。




 トイレ同様、マンションやビルなどの高層建築の海外進出

 も、その歴史は住宅よりはるかに長い。高層建築も

 TOTOのトイレ同様、現地化に注力することで、海外市場

 を開拓してきた。


 建築業界における海外戦略の「先兵」とも呼べるトイレと

 高層建築。その軌跡から改めて浮かび上がるのは、

 海外市場攻略における現地化の重要性だ。
 

  (P.041)



17カ国・地域に日の丸トイレ TOTOが進出している地域と売上高

17カ国・地域に日の丸トイレ
TOTOが進出している地域と売上高

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 PP.040-041)




画像が見にくいと思いますので、主な国・地域ごとに、
2013年度と2017年度の売上高比較を書き出し
ます。

        2013年度     2017年度  (単位:億円)
欧州       37        110
アジア・
オセアニア    184         360
中国       544       710
米州        244         400





 PART 2 世界制覇、原理的には可能 

国内を見渡すと、あらゆる業界で需要は縮小して
きています。


ですが、目を海外に向けるとそこには果てしなく
広い市場が広がっています。


いかにしてその市場の先駆者となり、市場を占有
するかという壮大なテーマがあります。


企業人にとって、やりがいのある仕事のはずです。


今までは、「郷に入っては郷に従え」で現地化が
重要という視点で語られてきました。


このパートでは、『日経ビジネス』取材班は、あえて
ニッポンの伝統の家をそのまま販売していこうとして
いる企業に着目しています。


中堅の住宅メーカーは、大手と同じ戦略を取って
いては勝ち目はありません。


そこで、超富裕層向けに、経験豊富な大工職人の
手による、在来工法によって建てられる高級注文
住宅を販売しようとしているのです。


ただし、日本の高級注文住宅とは、桁が違います。




 米ロサンゼルスの南に位置する全米屈指の
 
 富裕層居住エリア、オレンジ郡。

 ここでは今、住宅ローン市場崩壊など忘れた

 かのように、郡全土で100を超える高級住宅街

 の造成が進められている。


 ニッポンの家を売ろうとする試みだ。

 ここで言うニッポンの家とは、PART 1の主役と

 なったプレハブ工法の住宅ではない。

 在来工法と木材で大工が匠の技を駆使して造る

 “真の日本住宅”だ。

 仕掛け人は、静岡県沼津市に本社を置く住宅メーカー、

 平成建設の秋元久雄社長。既に現地で日系企業の

 進出サポートを手掛ける米ウエストウイング

 (榑松寿延社長)と組み、2013年から市場調査を

 開始した。中心都市ニューポートビーチなど4~5

 エリアで、平均資産5億ドルの超富裕層にアプローチ。

 早ければ2015年内にも事業化に踏み出す。


 平成建設は、ニッポンの家をほぼそのまま売るという。

 理由は明快で「在来工法と木で大工が造る日本の

 伝統的高級住宅こそ、今後、世界の人々に受け入れ

 られる条件を兼ね備える」(秋元社長)と考えるからだ。
 

  (PP.042-043)


しかし、疑問が湧いてきます。
吉田兼好は徒然草の中で、「家の作りやうは、夏をむねと
すべし」(第55段)と語っています。


暑い夏に涼しい家を中心に考えなさい、という意味ですね。
寒い冬は我慢しなさい(?)ということでしょうか。


冗談はさておき、平成建設の秋元社長の考え方をもう少し、
読んでみましょう。




 夏は涼しく冬は温かい省エネ住宅を造ることも

 可能だ。適切な施工さえすれば、耐震性も他の

 工法に劣らない。

 「それに何より美しい」と秋元社長は強調する。

 「年間100万を超える外国人が京都を訪れる

 ことからも分かるように、我が国の伝統建築への

 憧れは人類共通の価値観」(秋元社長)。
 

  (P.043)



ただ、そうなると問題はコストです。
高品質な木材を用い、匠の大工さんの工賃も高く
なるのは必定です。
そこで、秋元社長は考えたのです。
超富裕層向けに販売すればいい、と。




 秋元社長は発想を大胆に転換した。

 「べらぼうな費用がかかるなら、べらぼうな価格

 でも買ってくれる人に売ればいい」。オレンジ郡

 を選んだのはそのためだ。

 平均世帯年収は全国平均より1万ドル高いと言わ

 れる。人口当たりのベンツ保有率が全米一とされる

 ニューポートビーチでは4分の1の世帯が年収20

 万ドル以上。経営者、芸能人、有名スポーツ選手、

 高額遺産相続者が数多く暮らし、資産15億以上

 の超富裕層も少なくない。

 平成建設とウエストウイングは、こうした超富裕層

 向けに、まず「和室」の販売から始める考え。
 

  (P.043)


見込み客は、年収20万ドル(約2400万円)以上で、
中には資産15億ドル(約1800億円)以上の超富裕層。


この人たちに売るニッポンの家は、あらゆる面で超高級
なのでしょう。庶民の私は想像力が貧困(!)で、実感
がわきません。


和室(畳部屋)の広さが数十畳(それ以上かもしれません)で、
無垢の木材(檜など)をふんだんに使い、大木を柱に何本も
使うくらいしか思いつきません。法隆寺などのように、釘などは
一切使わず、木材を組み合わせる宮大工のような匠の技術の
粋を駆使するのでしょう。


棟梁もさぞ、張り合いが出ることでしょう。


オレンジ郡の住宅街はどのようなものでしょうか?
日本とは広さも金額も違います!



 「オレンジ郡で建設中の住宅街は1区画500~

 1000坪。富裕層は200万~2000万ドルの

 土地に、1000万ドルの住まいを建てる。

 その10%を和室に充てたとしても、日本の

 高級住宅1棟分に匹敵する」(榑松社長)。


 将来的には域外での別荘建設も視野に入れる。

 事業が軌道に乗り次第、両社による合弁会社の

 設立など検討。ゆくゆくは現地に大工や多能工

 を駐在させていく考えだ。
 

  (P.043)


カリフォルニア州オレンジ郡と言えば、確か破綻したと
記憶しています。


詳細は、下記をご覧ください。
カリフォルニア州オレンジ郡の破綻 Wikipedia から



さて、日本の本格的伝統住宅を米国内の超富裕層向けに
販売するという大胆な企画についてお伝えしました。


『日経ビジネス』取材班は、日本の本格的伝統住宅には
6つの強みがあると指摘しています。





 日本の本格的伝統住宅

 つの強み

 1 快適性
    夏は涼しく冬は暖かく、様々な気候に対応
 
 2 長寿命
    蒸れや腐れがなく長持ちする

 3 耐震性
    適切な施工さえすれば他工法に劣らず

 4 省エネ
    素材と設計次第で冷暖房要らずも可能

 5 循環性
    素材の循環性が高く、廃材を大地に戻せる

 6 健康的
    通気性高く、シックハウスのリスクも下がる 
  

  (P.044)




日本の生きる道はまだ残されている、と実感しました。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




スポンサーサイト

ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える 2015.02.23 <2>


医師求人ガイド


日経ビジネスの特集記事(96)

ニッポンの家
進化したウサギ小屋、海を越える
2015.02.23



今週の特集記事のテーマは

苦し紛れの賭けか、日本再生の起爆剤か――。
国内市場の縮小に悩む日本の住宅産業が海外進出を
本格化させている。
「車や家電ならともかく、気候も所得水準も文化も違う
海外で住宅が売れるはずがない」
そう思う人も多いだろう。
だが、住宅メーカー自身は「非常識な挑戦」とは考えて
いない。
「ウサギ小屋」などと揶揄されてきたニッポンの家だが、
防水や断熱など快適な住環境を効率的に作る技術や、
アフターサービスの質は世界屈指のレベルにある。
「強みを融合し現地ニーズを反映した“世界戦略住宅”
を開発すれば、海外市場開拓は十分可能」
これが多くの住宅メーカーの考え方だ。
果たして日本の住宅産業は、世界に類がない「家の輸出材化」
は成し遂げられるのか
 (『日経ビジネス』 2015.02.23 号 PP.024-025)

ということです。




ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える

ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 PP.026-027)



今週号の表紙も、今週のスタートページもとても
インパクトの強いデザインですね。




長年、ニッポンの家は狭いため、「ウサギ小屋」と
海外から揶揄されてきました。


その「ウサギ小屋」が今では、アジア諸国をはじめ
として先進国でも、優れた性能や工期の短さなどが
高く評価され、大きなマーケットが形成されている
そうです。



第1回は、
「PROLOGUE 日本よ案ずるな まだ『家』がある」
「PART 1 ハウスメーカー、海を渡る」の前半
を取り上げました。


第2回は、
「PART 1 ハウスメーカー、海を渡る」の後半
を取り上げます。

第3回は、
「先兵は『トイレ』と『高層建築』」
「PART 2 世界制覇、原理的には可能」
をお伝えします。





日本の本格的伝統住宅の強みは6つある、
と『日経ビジネス』は指摘しています。

快適性
長寿命
耐震性
省エネ
循環性
健康的
(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.044)


この6つの強みを頭の片隅に置いて、特集記事を
ご覧ください。



では、本題に入りましょう!





 PART 1 ハウスメーカー、海を渡る の後半

中国 編
難市場で気を吐く「建材」
大和が見つけた第3の道



大和ハウス工業
圧倒的な短工期

大和ハウス工業は、同業他社が手掛けていない
第3の道を見つけ、中国市場を攻めています。


まず、中国では「土地は全て国有」(P.034)という
現実を認識する必要があります。それが日本との
大きな違いです。




 中国では、土地は全て国有のため、住宅供給の

 方法は大きく2つしかない。

 1つ目は、デベロッパーが土地を政府から借り

 上げるか、政府が農村の集約を目的にして自ら

 マンションや戸建て住宅を開発する方法。

 日系デベロッパーもマンション事業として既に

 中国進出を果たしている。

 一方、農村部の一般的な住宅の建て替え需要も

 ある。ただし、農村住宅は住民自身が修繕したり、

 地場の工務店が安価で建て直したりするのが

 一般的。日系企業が進出してもコストがまるで

 合わない。つまり、中国で家を売るには、デベロッ

 パーとして進出するしかなかった。

 これが、住宅メーカーにとって中国が難市場と

 言われる理由だ。

 加えて、2012年の尖閣諸島問題が打撃を与えた。
 

  (P.034)


国家間の政治問題が、民間ベースの事業に暗い影を
落としていたということですね。


大和ハウスは、それでもひるみませんでした。




 家そのものを消費者向けに売るのではなく、

 柱や梁などの鉄骨部材を現地のデベロッパー

 向けに売る――。


 同社(大和ハウス工業)は2013年9月に、

 地元有力建設会社である宝業集団と合弁で

 「宝業大和工業化住宅製造」を設立。工場を

 建設し、住宅用の部材販売を開始した。

 2014年には二十数戸分の部材を販売。

 2015年は140~200戸を目指す。

 宝業大和の王栄標総経理は強気だ。

 「中国の住宅市場は日本と比較して格段に
 
 大きい。数年後には年間1000戸を達成

 したい。売れる自信はある」。
 

  (P.034)



この「自信の背景には、中国政府の政策が
ある」(P.034)ということです。



 政府は2000年代から、省エネルギー性と
 
 高品質を兼ね備える工業化住宅の導入を

 推進。

 「政府が開発する低層住宅にも部材を販売

 したい」と王氏は言う。
 

  (PP.034-035)



「最大の強みは、短工期」(P.035)にある、
と『日経ビジネス』は伝えています。




 鉄筋コンクリートによる中国の在来工法では、

 戸建て住宅を造るのに基礎完成後、半年程度

 掛かる場合がざら。

 大和ハウス工業の鉄骨部材などを使って住宅

 を建てれば、中国でも45日で完成させることが

 可能だ。
 

  (P.035)


つまり、4分の1の短工期(45日/180日)、
言い換えると4倍の速さで住宅建設が可能になる
ということです。





先進国 編
プラスアルファは「エコ」
積水・住林、木材で豪米開拓



積水ハウス
独自の木造工業化住宅

次に、オーストラリアの事例を見てみましょう。
2社の事例をご紹介します。


1社目は、積水ハウスと、現地子会社の取り
組みです。ASEAN 編で見てきたプレハブ住宅
とは異なります。


私事ですが、オーストラリアには1991年5月の
ゴールデンウィーク期間中に出かけています。
ケアンズから車で1時間半以上もかかるポート
ダグラス、日本でもよく知られたゴールドコースト、
そしてシドニーの3カ所です。


積水ハウスの事例は、シドニー郊外が舞台に
なっています。




 積水ハウスの木造住宅「シャーウッド」。

 ASEAN編で見てきた鉄骨やコンクリート材に

 よるプレハブ住宅とは異なり、工場で木材の

 加工を済ませ寸分の狂いもなく現場で組み

 立てる、いわば木造の工業化住宅だ。

 日本の住宅メーカーは先進国では木造という

 もう一つの武器でも勝負を仕掛けている。
 

  (P.036)



オーストラリアと日本で、面積と人口を比較して
みると、オーストラリアはいかに人口密度が
小さいか分かります。


              面積        人口
 オーストラリア  7,692,024km2      2360万人
 日本         377,930km2    1億2700万人

(面積は、国の面積順リスト Wikipedia から)


オーストラリアは日本の約20倍の広さがあります。
人口比では、オーストラリアは日本のわずか5分の
1です。



世界人口白書(2014年)人口ランキング 1~10位



世界人口白書(2014年)人口ランキング 51~60位


以上2表、世界人口白書(2014年)人口ランキング
MEMORVAから

 


人口の減少が確実な日本とは対照的に、
オーストラリアは人口が増加しているそうです。



 豪州の人口は日本のわずか5分の1の2300

 万人。だが、移民を積極的に受け入れている

 ため年2%前後のペースで人口増加が続いて

 いる。総人口は2050年に2010年比5割増

 になるとの試算もある。それだけ住宅需要も

 大きく、人口の増加ペースに土地の確保や住宅

 の着工が追い付いていない状況だ。

 加えてこの1年、同国の主要8都市の住宅価格

 は8・3%も上がっている。

 そんな絶好の市場に積水ハウスが進出したのは

 2008年。


 今、この好市場で攻勢をかけているのが日本の

 看板商品でもある木造戸建てのシャーウッド。

 豪州はシャーウッドを販売する唯一の海外市場

 でもある。
 

  (P.036)



シャーウッドはどのように組み立てるのか、
『日経ビジネス』は概要を伝えています。




 シャーウッドでは、シドニー郊外の専用工場で

 日本と同じ機械を用いて木材のカットや穴開け、

 接合部金物の取り付けなどの加工を施す。

 その加工済みの柱や梁を現場で組み立てピン

 で固定する。職人の腕によるズレが生じにくく、

 気密性や断熱性が保たれる。
 

  (P.036)



いいコトずくめですが、割高になることは間違い
ありません。それでもオーストラリアでは販売が
好調な秘密があります。




 シャーウッドの売りは、省エネ性能や耐久性の

 高さ。資源が豊富な豪州は、「日本に比べて

 環境意識が薄い」(セキスイハウスオーストラリア

 の阿部亨社長)。しかし、電気料金の度重なる

 値上げや水不足などを背景に、省エネ機運は

 年々高まっている。
 

  (P.037)



オーストラリアの戸建て住宅には大きな特徴が
あります。ほとんどがレンガ壁であることです。
そこに、積水ハウスは日本製の外壁を施しました。




 豪州の戸建て住宅は、9割がレンガ壁。

 レンガは熱をため込みやすいが、施工者

 によって仕上がりにばらつきがあり隙間も

 できやすい。一方シャーウッドは日本製の

 特殊な繊維セメント板を外壁に使っており、

 太陽の熱をより室内に伝えにくくしている。

 在来のレンガ壁住宅と比べ電気代を約5割

 削減できた住宅もあったという。
 

  (P.037)




人口増に住宅着工戸数が追いつかない<br />豪州の人口推移と新築着工戸数の増加率

人口増に住宅着工戸数が追いつかない
豪州の人口推移と新築着工戸数の増加率

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.037)






住友林業
エコを前面に勝負

オーストラリアの2社目の事例は、住友林業です。
国内でテレビCMを一度は、ご覧になったことが
あると思います。社名通り木造住宅メーカーです。


住友林業は、オーストラリアの老舗住宅メーカー
(豪ヘンリー・プロパティーズ・グループ)を買収し、
「ブランド力」を手に入れ、住友林業の「技術や
デザイン力、経営ノウハウを組み合わせることで、
より付加価値の高い住宅を提供できる」(オース
トラリア住友林業の吉澤雄次郎副社長)(P.038)
そうです。



住友林業は「エコ」を前面に出して勝負しています。

「節水」「節電」「断熱」の3つのキーワードで、
「7割エネルギーを削減できる省エネ住宅」を建てて
いるそうです。




 豪州では日照りによる水不足が懸念されており、

 国民の節水意識は高い。ゼロエミッションハウス

 では、雨水をトイレで利用するための1000リット

 ルの大型タンクを設置したり、生活排水をガーデ

 ニングに使用できる再利用システムを導入して

 いる。

 これらのゼロエミッションシステムを付加するには
 
 4万豪ドル(約400万円)がかかるが、案件ベース

 では7~8戸の引き合いがあるという。


 「今後の競争軸の一つとして省エネは大きなテーマ」。

 ビクトリア州を統括するヘンリーのジャスティン・

 マックディーン氏は自信をのぞかせる。
 

  (P.038)



住友林業はオーストラリアだけでなく、米国での事業も
拡大している、と『日経ビジネス』は伝えています。





 住友林業も、グループのヘンリーUSAを通じ、

 事業を急拡大させている。ヘンリーUSAは

 もともとワシントン州を中心に高価格帯の

 住宅販売で実績があり、昨年は米テキサス州

 に進出した。
 

  (P.039)



『日経ビジネス』取材班は、ここまでの話を総括
して、次のように断言しています。




 アジアのみならず先進国でも市場開拓を

 加速させるニッポンの家。「ウサギ小屋」と

 揶揄される時代は終わった。
 

  (P.039)




日本の本格的伝統住宅の強みは6つある、
と『日経ビジネス』は指摘しています。
確認しておきましょう。

快適性
長寿命
耐震性
省エネ
循環性
健康的
(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.044)




最終回は、
「先兵は『トイレ』と『高層建築』」
「PART 2 世界制覇、原理的には可能」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える 2015.02.23 <1>


長生酵素


日経ビジネスの特集記事(96)

ニッポンの家
進化したウサギ小屋、海を越える
2015.02.23



今週の特集記事のテーマは

苦し紛れの賭けか、日本再生の起爆剤か――。
国内市場の縮小に悩む日本の住宅産業が海外進出を
本格化させている。
「車や家電ならともかく、気候も所得水準も文化も違う
海外で住宅が売れるはずがない」
そう思う人も多いだろう。
だが、住宅メーカー自身は「非常識な挑戦」とは考えて
いない。
「ウサギ小屋」などと揶揄されてきたニッポンの家だが、
防水や断熱など快適な住環境を効率的に作る技術や、
アフターサービスの質は世界屈指のレベルにある。
「強みを融合し現地ニーズを反映した“世界戦略住宅”
を開発すれば、海外市場開拓は十分可能」
これが多くの住宅メーカーの考え方だ。
果たして日本の住宅産業は、世界に類がない「家の輸出材化」
は成し遂げられるのか
 (『日経ビジネス』 2015.02.23 号 PP.024-025)

ということです。




ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える

ニッポンの家 進化したウサギ小屋、海を越える

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 PP.026-027)



今週号の表紙も、今週のスタートページもとても
インパクトの強いデザインですね。




長年、ニッポンの家は狭いため、「ウサギ小屋」と
海外から揶揄されてきました。


その「ウサギ小屋」が今では、アジア諸国をはじめ
として先進国でも、優れた性能や工期の短さなどが
高く評価され、大きなマーケットが形成されている
そうです。



第1回は、
「PROLOGUE 日本よ案ずるな まだ『家』がある」
「PART 1 ハウスメーカー、海を渡る」の前半
を取り上げます。


第2回は、
「PART 1 ハウスメーカー、海を渡る」の後半
を取り上げます。

第3回は、
「先兵は『トイレ』と『高層建築』」
「PART 2 世界制覇、原理的には可能」
をお伝えします。





日本の本格的伝統住宅の強みは6つある、
と『日経ビジネス』は指摘しています。

快適性
長寿命
耐震性
省エネ
循環性
健康的
(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.044)


この6つの強みを頭の片隅に置いて、特集記事を
ご覧ください。



では、本題に入りましょう!


 PROLOGUE 日本よ案ずるな まだ「家」がある 

タイで「ニッポンの家」が人気があるという報告です。
タイで思い出すのは、大洪水によって、タイに進出
していたキャノンなど日本メーカーが大被害を被った
ことです。


当時、現地の商店街の映像を見ましたが、水がひい
たとは言え、そこで働く人たちは膝上くらいまで水に
浸かって必死に困難と戦っていました。


住宅も相当な被害を受けたと思われます。



時がたち、タイの富裕層や中間層に、「ニッポンの家」
の品質が高評価を受けています。



 今、タイでは、日本の住宅メーカーが手掛ける

 注文住宅の人気が高まっている。

 国内で「セキスイハイム」を販売する住宅メーカー

 大手、積水化学工業が2009年からタイの建材

 大手と合弁で展開する「SCGハイム」だ。

 建物の平均価格が4500万円ほどする富裕層向け

 商品のみならず、2013年からは平均床面積60坪、

 平均価格500万バーツ(約1900万円)と広さ・価格

 を抑えた新商品も投入。200万~300万バーツを

 中心価格帯とする現地の業者より割高だが、中間層

 を取り込みながら昨年から販売数が急伸している。
 

  (P.028)


セキスイハイムの工法を確認しておきましょう。
いわゆる「プレハブ(prefabricated = 組立て)住宅」
と言われるものです。この工法をタイに持ち込みました。
見学会には多数のタイ人が詰めかけたそうです。



 積水化学は、家の80%を工場で造り、現場で

 組み立てる独自の「ユニット工法」をタイにも

 持ち込んだ。

 新しいものには目がないタイ人。その工程を

 見学できるとあって、2013年に406組863人

 だった参加者は2014年、約4000人まで激増。

 見学会はこれまで月3回程度の開催だったが、

 人気に応え、今年1月は6回開催した。
 

  (P.028)


見学会への参加者の激増に比例して、年間販売
戸数も勢いを増しています。




 当初、わずか数棟だった年間販売戸数は昨年

 約160棟に急伸。今年は300棟をうかがう

 勢いだ。2015年度は完全黒字化させ、2021年

 には「年間1000棟、売上高300億円」の達成を

 目指す。
 

  (P.029)



日本は少子化が急速に進み、今後人口は確実に
減少していきます。住宅建設も減少していくことでしょう。


住宅業界の中には、縮小均衡の日本から、成長著しい
アジアへ目を向け、長期的視野で「ニッポンの家」を
販売する道を選択する住宅メーカーが増えてきました。




 野村総合研究所によると、年間の新規住宅

 着工戸数は今後、90万戸から漸減。

 2025年にはリーマンショック時の過去最低

 水準を下回る62万戸まで落ち込む見通しだ。

 だが、海の向こうは、成長と可能性で満ちあふ

 れている。
 

  (P.029)



タイで「ニッポンの家」人気が急上昇

タイで「ニッポンの家」人気が急上昇

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.029)






 PART 1 ハウスメーカー、海を渡る の前半

ASEAN 編
高温多湿に「工業化住宅」
パナ、最新型“長屋”で攻める



パナホーム
高温多湿に徹底対応


パナソニックの子会社、パナホームはASEAN
(東南アジア諸国連合)諸国に重点を置いて、
住宅販売を推進しています。


富裕層向けの住宅だけでなく、中間層向けの
「リンクハウス」という、いわば「長屋」のような
戸建て住宅を販売しています。


 「リンクハウス」と呼ばれる戸建て住宅。

 2階建ての住宅を10戸程度つなげた、

 日本で言うところの「長屋」だ。

 パナホームマレーシアは今年4月から、

 中間層向けに現地の業者と同価格の50万

 リンギット(約1600万円)の長屋を売り出す。

 目指すは年間2000~3000戸の安定供給

 だ。
 

  (P.030)



パナホームはなぜ、ASEANに注目したのでしょうか?



 日本とは対照的に、ASEAN地域の住宅市場は

 成長著しい。人口は6億人を超え、2030年には

 7億人を突破するとの予測もある。労働年齢人口

 が過半数を超えていることもあって、域内全体で
 
 住宅購入意欲の高止まりが続く。

 ASEANにおける新規住宅着工戸数は、

 2006年から2021年で約38%も伸びる見込み

 だ。
 

  (P.031)


ただ、これだけが理由ではないそうです。



 ただ、市場の成長余力だけを見て戦略転換を

 決めたわけではない。日本勢には、海外勢には

 ない武器がある。工場で主な部材を大量生産

 する「プレハブ方式」、いわゆる「工業化住宅」だ。

 日本独自の進化を遂げた工業化住宅は、

 豪雪地帯から沖縄まで多様な気候に対応し、

 台風や地震といった自然災害にも耐えられる

 品質を誇る。こうした施工技術は、高温多湿

 のASEANでも存分に発揮できる。
 

  (P.031)



次の図をご覧ください。
「世界の新規住宅着工戸数の地域別伸び率」の
比較ですが、欧州と日本だけが大きなマイナス
になると予測されています。


中国は突出していますが、ASEANも大きな
伸び率を示しています。



日本市場だけでは「ジリ貧」 世界の新規住宅着工戸数の地域別伸び率

日本市場だけでは「ジリ貧」
世界の新規住宅着工戸数の地域別伸び率

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.031)




大手・中小の住宅メーカーがASEAN市場に
進出している現況は下図を見ると、よく分かります。



大手・中小メーカーがASEAN市場を攻める

大手・中小メーカーがASEAN市場を攻める

(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.032)






積水化学工業
最新工場で高度な施工

日本では建築現場を支える人たち(大工さんなど)の
不足が深刻化しています。若い人のなり手が少なく、
一方で高齢化が進んでいることは一般企業と同様です。


そのため、在来工法といわれる建築方式ではいずれ
立ちいかなくなるのではないか、と考えています。
いくら需要が少なくなってきているとはいえ、1軒の家を
建てるためには建築材料は当然のこととして、大工さん
の確保が必須です。


その意味で、プレハブ工法は工場で大半を製造し、現場
で組み立てる方が、圧倒的に工期は短縮できます。
しかも均質な建材を作ることができます。



PROLOGUEで、積水化学工業のセキスイハイムに少し
触れましたが、タイではどのようにして建築しているのか、
『日経ビジネス』は次のように伝えています。




 日本の工場では装置を多用しているが、タイでは

 23台の6軸ロボットアームが溶接などを担う。

 「人の手による狂いやばらつきがなくなることが

 最大のポイント」。住宅カンパニーの藤原雅也・

 海外事業推進部長はこう胸を張る。

 そもそも、配線やスイッチ類まで工場で仕上げて

 しまうユニット工法は、プレハブ化率が高く、

 気密性や断熱性に優れている。
 

  (P.033)



地場の工務店と比べて、圧倒的な差を見せつけて
います。




 ユニット工法ならではの工期の短さも顧客には

 魅力。自前の施工職人の確保・育成、協力施工

 会社の拡充などが実を結び、タイにおいても

 基礎工事の完了後、2カ月ほどで完成させること

 が可能になった。度重なる洪水被害に見舞われた

 バンコクの地盤はもろく、基礎工事に2カ月かかる。

 それでも、トータルで4カ月という短納期。

 地場の工務店だと1年~1年半かかるという。
 

  (P.033)



工期の短さは大きな武器ですね。
価格面でも解決しつつあるそうです。




 唯一の懸念であるコスト面も、現地に合わせた

 スペックに下げることで、解決しつつある。

 積水化学は新工場の稼働で合理化が進み、

 シンプルにそぎ落とした新商品の投入で、

 中間層でも手が届く価格帯を実現させた。
 

  (P.033)



日本の本格的伝統住宅の強みは6つある、
と『日経ビジネス』は指摘しています。
確認しておきましょう。

快適性
長寿命
耐震性
省エネ
循環性
健康的
(『日経ビジネス』 2015.02.23 号 P.044)




次回は、
「PART 1 ハウスメーカー、海を渡る」の後半
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。