FC2ブログ

あなたを救う病院 2013.4.1 <2>  日経ビジネスの特集記事 (1)

日経ビジネスの特集記事(1)

医師1200人、管理職7200人が選ぶあなたを救う病院 2013.4.1


前回は、総合ランキングBEST20、ビジネスパーソンの満足度ランキングBEST3

そして、医師の満足度ランキングBEST3をご紹介しました。


総合ランキングベスト3の病院はどのような点が評価されたのか、

見ていくことにします。


1位 虎の門病院


1.1958年開院時から最先端の中央検査体制や研修医制度などをいち早く取り入れた


2.研究発表実績は論文と学会発表を合わせ、2661件(2011年)


3.「1日数千人の外来患者が通院するにもかかわらず、

 診察のながれがスムーズでストレスがない」


4.地域のクリニックや病院との医療連携を強化するため、

 2003年に「医療連携病院懇談会」を立ち上げた


5.第三者機関である日本医療機能評価機構による、

 病院の運営プロセスなどについての認定を取得


6.収支の改善に取り組み、無駄な支出がないかを徹底的に

 チェックし、資材などの調達先もゼロベースで見直した




2位 国立がん研究センター中央病院


1.2010年に独立行政法人化を機に、大幅な機構改革によって

 経営や人事の透明化などを断行


2.ガン以外の病気も併発する患者の受け入れなど、


 ガン難民撲滅にも取り組む


3.「患者の目線に立ち、保険適用が可能で多くの医療機関が

 採用できる標準的な治療法を目指す存在に生まれ変わった」





3位 がん研有明病院


1.SWOT分析(Strengths=強み、Weeknesses=弱み、Opportunities=機会、

 Threats=脅威 注:藤巻隆)など企業の経営改革手法を活用した改善活動

 を2011年から推進


2.2012年度から同病院として初の3カ年の「中期経営計画」がスタート

 財務の視点、患者と市民の視点、業務プロセスの視点、学習・成長と

 開発の視点を改革の軸に据える




ベスト3の病院に共通する点は、高く評価を受ける現在に至るまでには、

長い道のりがあったということです。


日々の業務改革を行い、これが最も難しいことですが、

患者をお客さんと処遇する意識改革を病院内の隅々まで

浸透させていることです。


そうした意味では、病院も一般企業と何ら変わることはありません。


次回は、悪性脳腫瘍(グリオーマ)が見つかったIT企業社長が、

主治医との信頼関係により病魔と闘う姿をご紹介します。







★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク













あなたを救う病院 2013.4.1 <1>  日経ビジネスの特集記事 (1)

日経ビジネスの特集記事(1)

医師1200人、管理職7200人が選ぶあなたを救う病院 2013.4.1


いざという時、どの病院にかかれば救われるか、

というのは誰にも共通する問題です。



最初に総合ランキングBEST20を掲載します。

あなたのお住まいの地域にある病院はランキングに入っているでしょうか?


1 虎の門病院

2 国立がん研究センター中央病院

3 がん研有明病院


4 京都大学医学部附属病院

5 東京大学医学部附属病院

6 順天堂大学医学部附属順天堂医院

7 大阪大学医学部附属病院

8 東京女子医科大学病院

9 岡山大学病院

10 名古屋大学医学部附属病院

11 東京医科歯科大学医学部附属病院

12 慶応義塾大学病院

13 聖路加国際病院

14 国立循環器病研究センター病院

15 静岡県立静岡がんセンター

16 自治医科大学附属病院

17 倉敷中央病院

18 三井記念病院

19 信州大学医学部附属病院

20 榊原記念病院



この総合ランキングBEST20を一目見て気づくことは、

大学病院が過半数を占めていることです(BEST20中11)。



次に掲載するのは、ビジネスパーソンによる満足度ランキングです。

こちらではBEST3を掲載します。



1 がん研有明病院

2 榊原記念病院

3 倉敷中央病院

3 静岡県立静岡がんセンター



どの病院もBEST20にランキングされています。



では、医師による満足度ランキングはどうなっているでしょうか?


1 虎の門病院

2 国立がん研究センター中央病院

3 順天堂大学医学部附属順天堂医院



どの病院もBEST10入りしています。

医師から見て、満足度が極めて高い病院と言えます。



次回から上位にランキングされた病院の内容について、

詳しく見ていくことにしましょう。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク










日経ビジネスについて

日経ビジネスについて


私が日経ビジネスを読み出したのは、

28年前の30歳の時でした。

当時の日経ビジネスは隔週刊でした。

雑誌の宿命である広告ページが多く、

厚さが約20ミリメートルありました。

そのため、とても重く、立ったままで読むことは、

かなり辛いことでした。


今では週刊誌となり、広告ページは少なく

なっています。

日経ビジネスはどのような雑誌なのか、

特集記事はどのように書かれているのか、

についてお話します。

(1)日経ビジネスは1969年10月9日

創刊の歴史のあるビジネス誌で、

経営者やビジネスパーソン、ビジネスに関心の

ある主婦などから高い評価を得ています。

(2)記者が自ら現場取材し、取材で得た情報や

問題点をチーム(取材班)で検討し、

記事を書いています。

(3)記者が書いた記事は、すべて担当記者の

署名が入っています。

(4)各界のトップへのインタビューが話題になる

「編集長インタビュー」や各界トップが語る

「有訓無訓」など日経ビジネスらしい記事が

多くあります。

(5)国内だけでなく、海外の一流経営者や

学者などへのインタビュー記事もよく掲載されます。

(6)ビジネスパーソンに役に立つ、健康に関する

記事や、難しい内容を優しく分かりやすく解説する

科学記事、ビジネス書の紹介記事も毎週掲載

されています。

(7)特集記事は毎回2~3本あり、

第1特集は24ページか、26ページから始まります。

(8)日経ビジネスオンラインでは、

本誌でカバーしきれなかった内容や独自の記事を

掲載しています。

(9)日経ビジネスの発行元である日経BP社は、

日本経済新聞社の子会社ですが、

紙面づくりは独自の取材に基づき、

親会社をライバル視しているように見えます。


このような特徴のある日経ビジネスを、

あなたも定期購読して見ませんか?


検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?