スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電解体 議論は尽くされたのか 2013.12.2<2>

日経ビジネスの特集記事(34)

東電解体 議論は尽くされたのか
2013.12.2


破綻、はなから棚上げ

税金を投入し、東電が実質的に国有化されました。

国有化されてことによって、東電は独自の施策を

行うことが困難になっています。


広瀬社長が、経済産業省や財務省、環境省さらに

金融機関の要求に右往左往する姿がよく見られる

ということです。両手両足を縛られ、身動きが

とれなくなっているのでしょう。


除染処理の問題一つとっても、一向に進んでいない

のが現状です。除染費用の予算を計上しても、未処理

のままになっている個所がかなりあるようです。


いったい国と東電はこれまでどうしてきたのでしょうか。

この1年近い時間とは一体何だったのか。

国民からの批判をかわしつつ、政府や東電

など利害関係者間の調整やタイミングを計

るのに費やされたと言っても過言ではない。

 (P.36)

日経ビジネスの指摘は、最初から決まっていたのだ、という

ものです。いわゆる「出来レース」ですね。

自民内からも「税金を投入する

なら東電を破綻処理すべきだ」(河野太郎・

衆院議員)との声が上がったが、その声は

かき消された。破綻の選択肢は「はなから

棚上げされた」(自民関係者)。

 (PP.38-39)


社内分社は甘すぎる

東電をどうするのか、という議論をする場合、日経ビジネス

取材班は、3つの案に大別できるといいます。

多様な案があるが、新しい組織

形態案は3つに大別できる。①社内分社案

②分割、売却案③法益整理案だ。

結論から言うと、日経ビジネスは社内分社

では不十分だと考える。なぜなら、国民負担

を少しでも下げる仕組みではなく、際限なく

税金をつぎ込む事態になりかねないからだ。

 (P.40)

他の案についてはどうでしょう。

社内分社の対極にあるのが、③の

法的整理案だ。

実現できない理由としてよく挙げられる

のが次の3つ。1つは金融機関などが

保有する4兆円ほどの社債の償還が優先

され、損害賠償費用などが払えなくなる。

払えたとしても手続きが変わり、賠償が

遅れる可能性がある。2つ目は電力の

安定供給が継続できない。3つ目は社内

のモラルが下がり、事業の担い手がいなく

なる懸念だ。

 (PP.41-42)

では、残る②の分割・売却案はどうでしょうか。

法的整理をしなくても国民負担を

減らせる可能性がある。参考になるのは

水俣病におけるチッソ方式だ。液晶事業が

安定した収益を稼ぎながら、水俣病患者に

巨額の賠償金を払い続けている。経産省も

一枚岩ではない。内部ではこれに近い案を

推す声がある。

 (P.43)
 
そこで、日経ビジネスは東電を解体すべきだと考えています。

国民負担や電気料金の引き上げ

などをおさえるためだ。現在、東電や

政府などで検討されている社内分社や

持株会社化は選択すべきではない。③

の法的整理で利害調整が難航し、事故

処理に支障を来すと考えるのなら、

②の分割・売却案を推したい。

一方、廃炉を担う組織のあり方はシンプル

に考えたい。

 (P.44)

では、廃炉関係について、日経ビジネスはどう考えている

のでしょうか。「シンプルに考えたい」とは?

廃炉は今後ビジネスチャンスが

広がる分野だ。日本には約50基、世界には

400基強の原発があり、いつかは廃炉になる。

日本が国家予算を投じて早くノウハウを積み、

世界的にその技術を生かすことを目指すべきだ。 

 (P.45)





東電、福島第1原発5・6号機の廃炉決定
11月中にも自治体に伝達(13/11/20)







次回は、「電気料金半減の条件」ほかについてお伝えします。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。








★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。