スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国汚染パニック 日本も傍観者ではいられない 2014.02.03 <2>

日経ビジネスの特集記事(43)

中国汚染パニック
日本も傍観者ではいられない 2014.02.03


藁にもすがる庶民

中国で最も大気汚染が深刻化している都市があります。
河北省の省都、石家荘市だそうです。


ここにある小学校で奇妙な体操が行われているというのです。
光明路小学校の先生が考案した「防霧武術体操」です。


大気汚染への抵抗力を強めるためではなく、少しでも体を
動かす機会を与えたいという、教師たちの願いが込められて
います。


ですから、実際に効果があるかどうかは、科学的に証明された
わけではありません。


笑うに笑えない状況が、大気汚染の深刻化を端的に示しています。

中国環境保護部(環境省に相当)は、
今後も大気汚染が改善されなければ
呼吸器疾患などで毎年35万~50万人が
死亡すると警告している。少子化の
影響で2020年代にも人口が減少し
始める中国だが、大気汚染が人口減少
を加速する要因になりかねないのだ。

  (P.038)


中国で今、人気商品は何だと思いますか?


iPhone や iPad と並んで人気商品となっているのは、空気清浄機です。
空気清浄機の需要がたいへん多く、売り切れになっていることが多く、
独フォルクスワーゲンの「ポロ」を購入すると、空気清浄器がプレゼント
されるキャンペーンを実施しているそうです。


横浜中華街では、旧正月などの催しの際、爆竹が使われます。
爆竹のけたたましい音を聞くと、在日中国人にとって大切な行事
なのだろう、と推測されます。


その爆竹は、中国本土の若者たちには「格好悪い」と、見なされて
いるそうです。


爆竹も大気汚染の原因とされ、代わりに「電子爆竹」が販売されて
いるということですが、元の爆竹と比べて迫力が乏しく、
不人気だそうです。


技術だけでは負ける

1970年代の日本で深刻化した公害問題を、約40年にわたって
解決したノウハウは、現代の中国に活用できないのだろうか、
と考えますよね。


そこに商機があるのでは?


SOx(硫黄酸化物)を除去する脱硫装置の、中国市場における
中国メーカーのシェアは9割を占めているそうです。


日本メーカーが食い込む余地は残っていません。


そうした現状で、川崎重工(川重)は地元メーカーと合弁会社を
立ち上げました。


世界ナンバー2の国営セメント会社を傘下に持つ、
海螺創業(蕪湖市)です。


川重の省エネ技術が、中国企業に認められWin-Winの関係を築く
ことができたのです。


その背景には、顧客企業と議論を重ね、地元の工場の仕様に
合わせるといった、顧客志向と根気があったことは想像に難く
ありません。


現在、日中関係はギクシャクしたままですが、環境問題は
「共通の敵」という認識で一致しています。


日産自動車が中国自動車メーカーと合弁の東風日産を通じて、
電気自動車(EV)の現地生産と引き換えに、
大連での新工場建設の認可を、中国政府から得たと言われています。

大気汚染対策などに苦慮する中国政府は、
EVやPHV(プラグインハイブリッド車)
といった電動車両の普及を猛烈にプッシュ
している。2015年までの累計販売台数を
50万台に引き上げる。

  (P.043)


外交には、こうした「したたかさ」も必要でしょう。

世界の企業が注目する中国の環境市場で
商機をものにするためには、したたさと覚悟が必要だ。

  (P.043)


中国が進む道 日本が照らす道

公害において先輩の日本が、後輩の中国に手本を
示すことが出来る余地はないのか、と考えますね。


「1つは環境行政にまつわるノウハウの提供だろう」(P.045)。


ところが、

「中国政府は日本の経験を学び尽くしている。
今求められているのは中国の国情に
合った具体的な方策」と、ある日本の
自治体幹部は明かす。

  (P.045)


SNS(交流サイト)の急速な普及により、スマートフォンのアプリで
大気汚染指数をチェックできるようになっています。


有害物質を製造する企業を公開するサイトも存在します。
このデータを元に取引先を選定するというルールも成立しています。


意外に思い、また大きく報道されたことのないことは、

日中首脳会議の実現は困難でも、
2013年春の日中韓環境大臣会合は
つつがなく開かれた

  (P.046)

ことです。


中国の環境問題の本質は、結局どういうことなのでしょうか?

中国の環境問題は対岸の火事ではない。
中国からの越境汚染を責めれば
いいという話でもない。
日本も責任の一端を負っている
という認識が必要だ。

  (P.046)


日経ビジネスの結論は、下記のとおりです。
国家の成長と環境問題は、トレードオフの関係(二律背反)に
あります。


この問題を解くカギは、意外なところにあるかもしれません。

今こそ日本も環境を軸に、日中関係
の立て直しを図るべきではないか。
人々の日常生活を混乱させ、
健康をも脅かす環境汚染は、
外交や経済をも超越する
人類共通の課題なのだから。

  (P.046)




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
631位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。