スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮上! Panasonic 津賀改革の針路 2014.03.03<1>

日経ビジネスの特集記事(47)

浮上! Panasonic 津賀改革の針路
2014.03.03


「ツガノミクス」はどんな成長戦略を打ち出すのか
が主要テーマです。


パナソニックの2013年4~12月期には過去最高の
最終利益を叩き出すまでに回復しました。


津賀一宏社長の大胆な改革が奏功したということです。


津賀社長の手法はどのようなのものであったのか、
そしてパナソニックはどんな成長戦略を打ち出せるのか、
注目していきましょう!


1章 成長へ果てなき宝探し

パナソニックが注力しているのは、中国ではなく、
インドです。


なぜでしょうか?


この点については、津賀社長へのインタビューの中で
語られていますので、次回ご紹介します。


津賀さんは2012年6月に社長就任後、消費者向けの
「BtoC」ビジネスから法人顧客をターゲットとする
「BtoB」ビジネスへシフトしています。


パナソニックは最終消費者向けの商品を製造する企業
という位置づけでしたが、価格競争が厳しく、収益に
結びつきませんでした。


津賀社長は2013年以降、平均すると月1回の
ペースで外遊しているそうです。

昨年の主要な会合だけ挙げても、

1月にスティーブ・バルマー(米マイクロ

ソフトCEO=当時)、4月にムケシュ・

アンバニ(インド・リライアンス財閥会長)、

5月にマーク・フィールズ(米フォード・

モーターCOO)、9月にはマルティン・

ヴィンターコーン(独フォルクスワーゲン

CEO)といった具合だ。

  (P.028)


2章 「ツガノミクス」の真実

パナソニックとソニーの株価が比較されています。
「2013年夏頃から、パナソニックは株が上方へ、
ソニーが下方へ乖離し始めた」(P.030)。


業績がそのまま株価に反映された形になっています。

パナソニックは2012年3月期と

2013年3月期にそれぞれ7721億円、

7542億円の連結最終赤字を計上したが、

津賀の就任後の一連の後続改革によって

2014年3月期には1000億円の黒字

に転換する見通しだ。


一方、2012年3月期に4566億円の

赤字だったソニーの連結最終損益は2013

年3月期にいったん430億円の黒字に

転換したが、2014年3月期には再び

1100億円の赤字に転落する見通し。

  (P.031)


パナソニックは「BtoC」ビジネスの象徴とも言える、
ヘルスケア事業を売却しました。


「パナソニックのヘルスケア事業は、安定して黒字を
稼ぐ収益事業」でしたが、「自分たちだけでは大きな
成長戦略が描きにくい」という理由で、売却に踏み
切ったそうです。



次回は、「津賀一宏社長へのインタビュー」他についてお伝えします。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。