スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背水の農 TPPショック、5大改革で乗り越えろ 2014.05.12 <2>

日経ビジネスの特集記事(56)

背水の農
TPPショック、5大改革で乗り越えろ
2014.05.12


今週の特集記事のテーマは
貿易自由化の衝撃は後ろ向きの農協にも押し寄せる。
残された時間でどれだけ生き残りへの足場を
固められるのか

ということです。


PART2 オランダ農業 現地取材
驚愕の輸出力に学べ


欧州各国を歴訪中の安倍晋三首相が、オランダ西部の
ウエストラント市に立ち寄った際のエピソードを、
日経ビジネスの記者は次のように伝えています。

 安倍晋三首相の険しい表情が緩み、満面の笑み

 を浮かべた。手にしているのはオランダ産の

 パプリカ。そのまま食べても苦味がなく、

 新鮮で瑞々しい味にしばし舌鼓を打った。

  (P.034)

オランダのパプリカ 『日経ビジネス』 2014.05.12号 PP.034-5
オランダのパプリカ 
(『日経ビジネス』 2014.05.12号 PP.034-5から)


大事場首脳会談直前に、安部首相がパプリカの生産者を
訪ねた理由は、
「ここのパプリカ生産者がオランダ国内で最大級の生産性を誇り、
日本の農業の成長戦略を練る上で参考になると判断したため」(P.034)
だそうです。


欧州の小国オランダが驚くべき輸出力を発揮している事実を
知ることは、上記の文脈を理解するために不可欠です。


オランダ農業を概観してみましょう。
日経ビジネスは次のようにまとめています。

 オランダの人口は日本に比べ1割強にすぎず、

 国土も九州程度の広さしかない。

 ただ、農業はGDP(国内総生産)の1割を

 占め、70万人の雇用を生み出す。

 農産物の輸出額は世界2位の893億ドル

 に上り、国土が広大なトップ米国を追随する。

  (P.034)

オランダの農産物の輸出額が、世界2位とは知りませんでしたね~。
国土が狭いオランダでは、相当生産性が高いことが推測できます。


この点が、日本の農業にも大いに参考になる、と判断されたのです。


オランダのパプリカの画像を掲載しましたが、日本のパプリカとは
まったく違うそうです。

 驚くのは大きさだ。日本の施設は高さ

 2~3m程度で、いわゆる「ビニールハウス」

 が大半を占める。ここはガラス製の施設で、

 高さが7mを超え、広さは4ヘクタールに迫る。

 日本の野球場に匹敵する規模に当たり、

 植物工場としてコンピューターで温度、水分、

 養分などをすべて自動的に制御している。

  (P.035)

非常に効率的な生産をしているため、生産から集荷、出荷までの
期間が短縮化されています。

 集荷から1時間半で出荷準備が整い、

 大半は英国に毎日輸出する。

  (P.035)


ここで、オランダと日本の比較表をご覧ください。

            オランダ        日本
            1679万人  人口  1億2712万人
        415万ヘクタール  国土  3780万ヘクタール
        190万ヘクタール  農地  456万ヘクタール
     893億ドル(世界2位)  輸出  32億ドル(世界57位) 



日本とオランダには共通点があります。
例えば製造業です。

 日本の製造業と同様に、土台を支えるのは

 9割の中小企業。

  (P.036)

しかし、違いもあります。

 産官学が連携し、次世代の研究も進む。

 一例ではオランダのフィリップスが作る

 LEDを使い、赤や青といった光の色、

 高さを調節しながら、トマトやバラの

 バラの生育がどう速まるかを調べている。

  (PP.036-7)

さらに、オランダ人気質から来ていると思いますが、
「単純作業が嫌われる収穫の現場は移民の
ポーランド人などに任せつつある」のです。


PART3 農の産業化を急げ

みなとみらい地区(横浜)にほどちかい一角に、白色円形ドームが
あり、通行人の目をくぎ付けにしているそうです。

こちらがその画像です。 ↓

円形ドーム レタス工場
円形ドーム レタス工場
(『日経ビジネス』 2014.05.12号 PP.38-9から)


このドームの中には何かあるのか、気になりますね?

 高さ5m、直径29mの巨大ドームの中は、

 実は最新鋭の植物工場。日本人の

 消費量が多いレタスを作っている。

  (P.038)

運営しているのは、農業ベンチャーのグランパ(横浜市)で、
「日立製作所、王子ホールディングス、カゴメ、日揮といった
大手企業がこぞって出資し、事業の先行きに注目」(P.038)
しています。


この事業が注目されている理由は、レタスの12毛作にあります。


12毛作? 聞いたことがありませんね?
これはどうすれば可能なのかを知ると、唸ってしまいますよ!

 レタスは横に広がって大きくなる特性がある。

 これに注目してドームの中心部分に苗を植え、

 レタスが成長すると少しずつ外側に移動する

 仕組みを考案した。レタスが互いの成長を

 妨げず、30日間で出荷できる。驚くのは

 その生産性。年間「12毛作」を実現している。

  (PP.038-9)

面白いですね。まだ、事業が軌道に乗っているとは
言えないかもしれませんが、こうした試みが拡大して
行けば、レタスだけでなくほかの野菜にも導入が
可能になるかもしれません。


日経ビジネスは、大胆な5つの提言をしています。

1 多様な担い手を確保
  担い手の確保に向け、企業の参入や地方移住を促進

2 農地集積で生産性向上
  農地集積と他産業との連携でコストを下げ生産性を向上

3 高付加価値化で輸出拡大
  輸出は高付加価値の加工品で、物流や販促も地域連携を

4 画一農政からの脱却
  農政はぶれずに地域特性に応じたきめ細かな対応を

5 農協も競争の時代
  農協、農業生産者も競争・淘汰に備え自己改革を急げ
  
いろいろな試みをご紹介しました。
農協に限りませんが、「脱皮できない蛇は死ぬ」という例えが
あるように、自己改革できないものは生き残ることさえできない
時代に入って行くことは、間違いないようです。


日経ビジネスは、最後にこのようにまとめています。

 農業大国との貿易自由化拡大が現実化し、

 日本農業を取り巻く環境は新たな段階を迎えた。

 構造問題の象徴である農業再生に残された時間は

 多くはない。今度こそ改革の実を上げ、農業を魅力

 ある存在に高められるか。それがアベノミクスの

 成否をも左右する。

  (P.041)

多くの人にとって、農業は身近な存在ではないかもしれません。
ですが、TPP等の重要な国際問題となってくると、無関心では
いられないと思います。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。