スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・通信覇者 アプリVSキャリア、乱戦の行方  2014.05.26 <2>

日経ビジネスの特集記事(58)

新・通信覇者
アプリVSキャリア、乱戦の行方
2014.05.26


今週の特集記事のテーマは

通信業界で、世界的規模の覇権交代が進んでいる。
LINEなどメッセージアプリを開発する新興事業者が
一気に主導権を握リ始めた。
「産業の主役」が変わる時、何が起き、企業の明暗
はどこで分かれるのか


ということです。



前回は、通信業界で覇権交代が急激に進んでいる実態の
一部をお伝えしました。


今回は、メッセージアプリの新覇者候補はどこで、そのうちの
どのサービス提供業者が勝ち残るのか、などの推察を交えて
日経ビジネスのホットな情報をお伝えしていきます。



PART2 新覇者候補はどこか

前回、韓国ではメッセージアプリと言ったら、「カカオ
トーク(以下、カカオ)」である、とお伝えしました。


韓国では敵なしのカカオですが、海外に目を転じると、
はるかに規模の大きな業者が複数あります。

 
 カカオの現在の利用者数は1億4000万人。だが、

 世界の競合相手の中には、事業をグローバルに

 展開し、既に3億人以上の月間利用者数を抱える

 業者が複数いる。
 

  (P.036)

こうした状況に、カカオの経営者は憂鬱な日々を
送っています。


では、なぜ海外展開に出遅れたのでしょうか?
日経ビジネスは、「資金力の無さだ」と指摘しています。


その根拠を次のように解説しています。


 同社は独立系企業のため他の事業からの収益が

 ない。
 

  (P.036)

他社から出資を受け入れているとは言え、金額的には
微々たるもので、海外へ打って出られるほどに財務
体質を強化できるものではありません。


それどころか、本丸である韓国内のメッセージアプリ
市場をLINEが虎視眈々と狙っているのです。


LINEが韓国のメッセージアプリ市場を侵食し始めたら、
カカオは海外展開どころではなくなり、国内の市場で
防戦一方となるおそれがあります。


覇権を狙うプレーヤーたち

下の画像をご覧ください。
画像全体が小さいので見難いかもしれません。
そこで、日本から見て西方に本社があるメッセージアプリ
業者を書き出します。


覇権を狙うプレーヤーたち
覇権を狙うプレーヤーたち
(『日経ビジネス』 2014.05.26号 PP.036-037)



10社です。

 名称              国    登録者数  月間利用者数
Viber (楽天)        キプロス   3.5億人     1億人

Telegram            ドイツ    非公開     3500万人

WeChat (テンセント)    中国     6億人     3.6億人

Kakao Talk (ヤフー)     韓国    非公開     1.4億人

Between             韓国     700万人    非公開

LINE               日本     4億人      非公開

Kik Messenger         カナダ    1億人      非公開

WhatsApp (フェイスブック) 米国     非公開     5億人

Blackberry            カナダ   1.1億人     8500万人
Messenger

Tango               米国    2億人      7000万人

この表を見ると、「非公開」が非常に多いので、単純に
比較することはできませんが、 WeChat (テンセント)、 LINE 、
WhatsApp (フェイスブック)が3強と言えるでしょう。


新覇者候補① LINE

今年2月に韓国でテレビドラマ「星から来たあなた」が
放映されたそうです。どんな内容なのでしょうか?


 異星人とトップスターの恋愛を描いた異色の

 コメディー。韓国での最高視聴率33.2%と

 大ヒットを記録した。
 

  (P.030)

ポイントは、「このドラマで頻繁に登場するのがLINEだ」
ということです。


視聴率が上がれば、必然的にLINEの画面が映し出される
ことになります。


その結果、LINEにとって好循環が生まれました。


 「高視聴率を背景に、LINEは韓国国内でも数%の

 シェアを伸ばした」と、ある韓国メッセージアプリ

 企業の幹部は推測する。
 

  (P.037)

話はこれだけで終わりません。
中国でも、先のドラマがインターネットサイト経由で視聴する
人が増加し、社会現象を起こしたそうです。


その結果、


 米アップルが中国で提供するアプリ販売ストア

 「AppStore(アップストア)」の「SNS」ジャンルで、

 LINEは1位を記録した。
 

  (P.037)

快進撃を続けるLINEですが、死角はないのでしょうか?
今後海外展開は、強力なライバルとの消耗戦に突入
することになります。


 カカオ同様、LINEの世界戦略もまた、全くの順風満帆

 には進みそうにない。今後、進出を本格化する中国、

 欧米市場のいずれにも、より強力なライバルが存在

 するからだ。
 

  (P.038)

中国でのライバルは「WeChat(ウィーチャット)」を運営する
テンセントです。


新覇者候補② テンセント

テンセントについて、日経ビジネスの解説を見てみましょう。


 2004年には香港証券市場に上場し、時価総額は13兆円

 を超える。5月6日に米国証券取引所に上場申請した

 アリババ・グループとともに中国を代表する企業にのし

 上がった。
 

  (P.038)

テンセントは巨大企業だったのですね。


「このテンセントが提供するメッセージアプリがウィーチャット」
(P.038)です。LINEにとっては手強い相手です。


ウィーチャットは、競合するメッセージアプリ同様の機能を
備えているのは当然です。


ウィーチャットの特徴は、


 商品ごとに表示されているQRコードをウィーチャットの

 バーコードリーダーで読み取ると、瞬時に決済が完了 
 

  (P.039)

するところにあります。


テンセントはさらに先を目指しています。


 「テンセントが今、目指しているのはO2O(オンライン・

 トゥー・オフライン)とEC(電子商取引)だ」。

 ネットスターズの李社長はこう解説する。
 

  (P.039)

この話を読んで、思い出したのは、以前、日経ビジネスの
特集記事で取り上げた、米スクエアの「Squareリーダー」
のことです。


詳細はこちらのページをご覧ください。
スクエア・インパクト 「ポスト・ジョブズ」が起こす決済革命
2013.9.9<2> 日経ビジネスの特集記事(22)



新覇者候補③ ワッツアップ

中国市場ででんと構えているのがテンセントなら、
欧米市場で圧倒的な存在感を示してるのは、
フェイスブックが買収したワッツアップです。


ワッツアップについて確認しておきましょう。


 フェイスブックが1.9兆円で買収した企業である。

 同社はサービス開始から5年目となる今年2月

 の段階で月間利用者数が4億5000万人を超え

 ていた。


 フェイスブックの傘下入りが決まった後の4月

 には、利用者数は5億人を突破。
 

  (P.039)

LINEやテンセントとの違いはどこにあるのかが、
気になります。


 LINEやテンセントにないワッツアップの特徴について、

 フェイスブックのハビエル・オリバン副社長は

 「シンプルさと信頼性」と分析する。
 

  (P.039)


ワッツアップにとって大きなことは、何と言っても
潤沢な資金を保有し、莫大な広告収入を稼ぐフェイスブック
の傘下に入ったことで、「資金面に不安がなくなった」こと
です。


いずれにせよ、「LINEにとっては、テンセントに負けず劣らず
厄介な存在になることは間違いない」(P.040)ことです。


では、LINE、テンセント、ワッツアップの3社で覇者となる
可能性が高いのはどこでしょうか?


この点について、日経ビジネスはこう考えています。


 歴史を振り返れば、文化の壁を乗り越えて覇権

 を握った商品・サービスは、分野を問わずいずれも

 「設計思想がシンプル」だった。その理屈がもしも

 この分野にも言えるならば、通信産業の新覇者に

 最も近いのは、フェイスブックの買収によって

 「シンプルであり続けること」が可能になった

 ワッツアップだ。

 だが、人と人のコミュニケーションのあり方はその

 時代や文化に深く依存し、突如として新たな形が

 生まれることもある。3強の優勝劣敗が決まりかけ

 た頃に、別の勢力が勃興し、覇権争いが繰り返される

 可能性も決して少なくない。
 

  (P.041)

結局、断定することはできない、ということになります。


日経ビジネスは、「2つの教訓」を示しています。


 通信産業で進む覇権交代が示す教訓を挙げるとすれば、

 少なくとも2つある。

 1つは「本当に覇権交代が起き始めた時は、新勢力と

 戦ってはいけない。会社や事業ごと買収せよ」だ。


 加えて、「覇権交代の際には、過去の強みへのこだわり

 は致命傷になる」も重要な教えとなる。 
 

  (P.042)


強みが弱みになることもある、という教訓は私たちも
自覚しておく必要があります。


SWOT分析で、自己分析することが前提です。

Strengths(強み)
Weaknesses(弱み)
Opprtunities(機会)
Threats(脅威)


自社(自分)の強みと弱みを客観的に把握し、異業種(他業界)
への参入(転職)が機会はあるか、また異業種から参入される
脅威(ライバルの増加)はないか、と分析する時間を取ることは、
決してムダなことではありません。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。