スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュポン 200年企業が見る未来  2014.06.02 <1>

日経ビジネスの特集記事(59)

デュポン
200年企業が見る未来
2014.06.02


今週の特集記事のテーマは

「会社の未来」をどう描き、歩むべき道を決めるのか。
自らこう問うてきたのが、創業212年の米デュポンだ。
100年単位の戦略で動く米国の巨人は、何を見据えて
いるのか

ということです。


2050年、地球を襲う危機

世界の人口は、2011年に70億人を突破したそうです。

現在(2014.06.05)、世界の人口は71億8717万人(推計)
だそうです。





現在のペースで増えていくとすると、食糧危機が確実に
やってきます。


 2050年までに90億人、2060年代前半には100億人に

 達する。人口が増えればその分、食糧が必要になる。

 しかし、農耕地はそれに見合うようには増えない。

 国連の予測では、2050年時点で確実に確保できる

 1人当りの耕地面積は、100年前の3割程度まで減る。

 このままでは食糧不足が広がりかねない。

 増えるのは人口だけではない。経済発展で増加した

 中間層は豊かな食生活を求める。

 エネルギー需要も増大する。化石燃料への依存を

 続ければ二酸化炭素の排出に歯止めはかからず、

 地球温暖化は取り返しがつかなくなる。
 

  (P.028)


デュポンは、農業を重視しています。食糧問題が今以上に
重要になると考えているからです。


デュポンには、100年単位でビジネスモデルを考える伝統が
あります。創業212年という長寿命企業がなせる技と言えます。


そして、今、デュポンは「今後100年間『必要とされる会社』の
姿を描いた。そして、ビジネスモデルを大きく変えようとして
いる」(P.028)といいます。

 
PART1 第7次産業で「脱化石」社会へ

化石燃料の減少と、化石燃料の燃焼による二酸化炭素
排出量の増加が深刻さをもたらし続けていました。


そのような状況下で、米国でシェールガスが見つかり、
米国は燃料資源輸入国から、輸出国へ転換する可能性が
急激に高まりました。


さすがのデュポンも、シェールガスの出現までは予測でき
ませんでした。


シェールガスの発見に、国際石油資本をはじめ、世界の
大多数の企業は色めき立ちました。


しかし、デュポンは、自社のビジネスモデルとは相容れない
ものであったため、微動だにしませんでした。


そうした考え方は、他社とは一線を画すものでした。


ハイブリッド種子、というものを開発したそうです。

ハイブリッド種子について、日経ビジネスは次のように
書いています。


 ハイブリ種子とは人為的な交配によって、収量増や

 乾燥への耐性向上といった改良を加えた品種。
 

  (P.030)


世界の人口は、現在の70億人から2050年までに90億人
に達する、と先にお話しました。


食糧はどの程度必要になるか、こくれんが推計しています。


 国連によると、世界の人口増に対応するには2050年

 までに世界の食糧供給を70%も増やさなければ

 ならない。
 

  (P.030)

人口増は30%(90億÷70億≒1.28)ですが、食糧供給を
70%も増やさなければならないという点は、
「経済発展で増加した中間層は豊かな食生活を求める」
という前提に基づいています。


それにしても、ものすごい増加率ですね!


ハイブリッド種子の話に戻りますが、


 以前は1ヘクタール当たり1トンに満たなかった

 収量(トウモロコシ 注:藤巻隆)が、わずか6年

 で7トンに達した
 

  (P.030)

ということなので、いかに生産性が高い種子であるかが
分かります。


ただ、気になるのは、「遺伝子組み換え種子」ではないのか、
という点です。安全性が心配ですね。


この点について、デュポンはこう考えています。


 デュポンが「メガトレンド」と位置付ける食料需要の

 増大に対応するには、必要不可欠な手段だと

 見ている。
 

  (P.031)

デュポンの全売上高に占める農業関連の売上高の
比率は、同業他社よりもはるかに高いものです。


さらに、日本企業と比較すると、その巨大さに圧倒
されます。


 農業事業の売上高は2013年に117億ドル(約1兆

 2000億円)と、全社の3割以上を占める稼ぎ頭と

 なった。世界の種子市場では米モンサントに並ぶ

 2大巨頭で、売上高ベースでは日本の大手、

 サカタのタネやタキイ種苗の10倍以上の種子を

 世界で販売している。
 

  (P.031)


トウモロコシと云えば、バイオエタノールという自動車用燃料
に転換することができています。


ガソリンと混合して使われます。化石燃料の消費削減に効果
がある、と期待されています。


その一方で、問題も指摘されています。


食糧との競合があり、「トウモロコシの供給がをエタノール向けに
偏ると、穀物の価格高騰を引き起こす」側面だけでなく、
「食べ物を燃料にするいう倫理面の疑問も指摘されてきた」
(P.032)のです。


デュポンは、この対策に「茎や葉といった農業廃棄物を利用する」
という、いわば「ゴミをエネルギーに変える技術」を開発しました。


エネルギーではないですが、似たような話がありますね。
「爪楊枝」に利用するために大量の伐採するのは、もったいない
という議論が沸騰したことがありました。


ところが、実態は、使われる木は廃材としてずっと処分されていた
ものだった、というものです。


そんな話をふっと思い出しました。


デュポンは、なぜ、農業分野をコア事業の一つとして、経営資源を
集中するのでしょうか?


 「農業をいかに先端技術にひもづけるかが、デュポン

 の戦略の一つ」。この部門の責任者であるジム・コリンズ

 シニアバイスプレジデントは話す。そして、強気の

 見通しを明かした。「人口が増えればガソリンの需要も

 増える。(化石燃料の消費抑制へ向けて)エタノールの

 混合も増える。世界第2位のトウモロコシ生産国、中国

 にも(原料の)茎や葉はたくさんある」
 

  (P.033)


デュポンの凄さは、これだけではありません。



次回は、「PART2 未来に不要なら中核でも手放す」
他をお伝えします。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。