スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ 迫る崖っぷち 豊田章男を襲う 危機の正体 2014.06.30 <2>

日経ビジネスの特集記事(63)

トヨタ 迫る崖っぷち
豊田章男を襲う
危機の正体
2014.06.30



今週の特集記事のテーマは

世界販売で前人未到の年1000万台を突破したトヨタ。
今変わらなければ、再び転落しかねない。
豊田は迫りくる「崖っぷち」の危機を乗り越えられるのか

というものです。


2013年の売上高25兆6919億円、営業利益は過去最高の
2兆2921億円。年間販売台数1000万台超という巨大企業
となったトヨタ。


私は、6500万年前に絶滅したとされる恐竜のことを連想
しました。


恐竜の絶滅 NATIONAL GEOGRAPHICによれば、

「6500万年前、現生種につながる真鳥類を除くすべての
恐竜が絶滅した。海を泳いでいた巨大なモササウルスや
首長竜、空を飛んでいた翼竜も同じように絶滅している。

多くの科学者たちは、小惑星か彗星の衝突、あるいは
火山活動の暴発という2つの仮説のいずれかで白亜紀の
絶滅を説明できると考えている」
ということです。


恐竜の絶滅に関して、私が注目したのは「小惑星か彗星
の衝突、あるいは火山活動の暴発という2つの仮説」の
どちらが正しいかということではありません。


巨大な体躯を支えるために大量の食料を必要としていた
ために、環境の激変によって食料が激減し、生命を維持
できなくなったという点です。


ここにキーセンテンスがあります。

Adaptation precludes adaptability.

環境に適応しすぎると、環境が激変したときに、
その環境への適応能力を失ってしまうということです。


上記のキーセンテンスを知ったのは、下記の本を
読んでからです。

『知識創造企業』 野中郁次郎+竹内弘高
 東洋経済新報社 1996/03/21

13年前に書いた書評がありますので、少しご覧ください。
知識創造企業


もちろん、日経ビジネスは「恐竜の絶滅」と絡めた話は
一切していません。これは私独自の考え方です。



PART2 トヨタ式をぶっ壊す

前回、「トヨタベンチャーズ」という「トヨタを超えるための新しい
開発」と銘打ったプロジェクトを始めることをお伝えしました。


トヨタに限らず、メーカーには英語化された「ケイレツ」が存在
します。


トヨタは、このケイレツにメスを入れることにしました。
それは「トヨタ式をぶっ壊す」ことを意味する行為でした。


ケイレツは相互にメリットがあり、部品の安定供給が得られ
ます。発注元は必要な時に必要なだけ発注先へ依頼する
ことができます。発注先は発注元からの支払いが保証されます。


しかし、長年の間に発注元と発注先との間に緊張感が薄れ、
馴れ合いになってきます。そこには革新的なアイディアは出に
くくなります。


そうした馴れ合いを排除し、緊張感を保つことで同業他社だけ
でなく、異業種からの参入への対策をも講じることができる
のです。


トヨタの開発陣が忸怩たる思いしたことがあったそうです。


 2011年。マツダが発表した低燃費エンジン

 「スカイアクティブ」を目にした時の忸怩たる思いを、

 トヨタの開発陣は忘れられない。このエンジンを

 搭載した小型車「デミオ」の燃費性能は25.0km/㍑

 (JC08モード)。車格が同じトヨタ「ヴィッツ」の

 21.8km/㍑(当時)を大幅に上回っていた。

 
 スカイアクティブの高性能を支えるのはトヨタ系部品

 メーカーだ。
 

  (P.036)

ケイレツはトヨタの強さであったのですが、弱さを露呈
する出来事は下記のような背景があったのです。


 インドや中国などのように、トヨタのシェアが低く、

 トヨタ向けの販売だけでは開発や生産投資の

 回収がままならない地域も目立ってきている。

 そうなれば、実力のある部品メーカーほどトヨタ

 の囲い込みを嫌い、有望な技術や提案をトヨタ

 に持ち込まなくなる。当然、トヨタ車の商品力は

 低下する。
 

  (P.036)


トヨタは「トヨタ式」のあり方を転換しました。


 トヨタ以外の自動車メーカーとの商売人対する
 
 契約上の縛りを緩める一方で、トヨタとの共同

 開発にも最大限の力を注いでもらうようお願い

 したのだ。長年続いた「トヨタ式」を断ち切った

 須藤(誠一副社長)が目指すのは、そんな

 開かれた開発スタイルだった。
 

  (P.037)


長年、トヨタと言うと「カイゼン」と「カンバン方式」でした。
しかし、海外市場では、カイゼンでは対応できなくなって
きました。


 トヨタのお家芸でもある2%、3%の「カイゼン」

 という枠を大きく飛び越えて、新しい知恵を絞れ、

 という要請だ。裏を返せば、今のカイゼンだけ

 ではトヨタを成長させ続けられない、という危機

 意識がある。
 

  (P.039)



PART3 私は太陽となり、土となる

豊田章男社長のインタビューは、下記のブログに
書きました。(再掲)
私は太陽となり、土となる 2014.06.30
豊田 章男 (とよだ・あきお )氏 [トヨタ自動車社長]


今回は、変則的な誌面構成で、編集長インタビューは
PART3となっています。




PART4 永久成長への渇望

豊田章男社長は、従来のトヨタを改革するため、
大鉈を振るいました。


大きな変化は現場を重視し、「第1トヨタ」「第2トヨタ」
「レクサス」「ユニットセンター」の4つに分割し、
大幅な権限委譲を実施しました。


 最高益を更新しても「自分がやった」と

 決して言わない。あくまで主役は現場

 であり、副社長や本部長こそが

 「トヨタのリーダー」と言う。 
 

  (P.046)

トヨタのライバルは、実はVWでもGMでもない、
と日経ビジネスは考えています。


 トヨタを徹底的に打ちのめす力を秘める

 のは、VWやGMでもない。それは破壊的

 イノベーションで自動車産業に挑むグーグル

 や米テスラ・モーターズといった全く新しい

 プレーヤーだろう。運転もエンジンもなく

 なった時代に、トヨタは存在し続けられる

 のか。豊田もその危機を強く自覚している

 はずだ。
 

  (P.048)


トヨタとグーグルとは設計思想が全く違います。
運転を楽しむことに重点を置いたトヨタに対して、
移動手段の一つの形と考えるグーグル。


どちらかが残り、どちらかが消えるということは
なく、住み分けができると思います。


グーグルの自動運転車を使えば、年齢を問わず、
身体に障害を持った人でも移動に使えることに
なります。免許証は不要になり、道交法改正も
不可欠になります。


Google Map の精度向上や、ロボット技術の性能
向上が欠かせません。



 トヨタで技術部門を統括する副社長の

 加藤光久は、「運転して楽しくない

 クルマは作らない」と、グーグルが目指す

 自動運転の世界とは距離を置く。

 確かに、自動運転車に運転お楽しみは

 ないだろう。

 グーグルの考えは違う。

 ドライバーを運転から開放し、ネットワーク

 につなぐことで新たな利便性や安全性を

 提供する。そのため、自動運転の要となる

 地図情報やロボット分野でM&A(合併・買収)

 を仕掛ける。
 

  (P.049)


豊田章男氏は、社長に就任して5年がたちました。
「長期政権になる可能性が高い」と見られています。
それでも、いずれ後継者問題がクロースアップ
されることは間違いありません。


 後継者は一朝一夕には育たない。全社的な

 視点を持ち、将来ビジョンを自分の言葉で

 語ることができる経営人材を育て、抜擢で

 きるかどうか。これだけは現場に任せること

 はできない。いずれ、豊田の決断が必要に

 なる。 
 

  (P.049)






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
121位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。