スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦う取締役会 プロ経営者を育てる「社外の目」 2014.08.25 <2>

日経ビジネスの特集記事(70)

戦う取締役会
プロ経営者を育てる「社外の目」
2014.08.25



今週の特集記事のテーマは

従来、ガバナンス(企業統治 註:藤巻)改革は
不祥事を防ぐ経営の透明性向上が主目的だった。
今回の本丸は「成長」の2文字だ。
社外取締役を巡る議論は「導入すべきか否か」
のステージから、「どう機能させるか」に移った。
社外の声を聞き、時に意見をぶつけながらも
前に進む「戦う取締役会」へ脱皮できるかどうか。
今、その岐路に立っている 

ということです。



PART2 脱「お飾り」の条件

条件1 「大物主義」を捨て人材の選び方見直す

来年4月、改正会社法が施行されます。
その中心となるのは、社外取締役を
置かなくてはならないというものです。


もし、社外取締役を置かない場合には、
その理由を株主総会で示さなくては
ならなくなります。


 「社外取締役の導入よりも優れたガバナンスを

 実現していることを合理的に説明するのは、

 事実上不可能」と中島経営法律事務所代表の

 中島茂弁護士は指摘する。
 

  (P.035)


問題は、社外取締役に相応しい、優れた人物は
あまりいないという現実です。


 巷で労働者不足が叫ばれているが、社外取締役

 もそれに劣らず深刻な人材不足で、一部人材に

 依頼が集中する現象が起きている。
 

  (P.035)


その理由は、「社外取締役としてトレーニングされて
いる人が少ないのは事実」(P.036)だからです。


伊藤邦雄・一橋大学大学院教授は7社の社外取締役
を兼務しています。一番多いとみなされています。


「3社限界説」があるそうですが、驚くべきことです。
ただ、利益相反になりはしないか、と危惧されますが、
「全く問題ないですよ」との答え(P.035)。


そのわけを、伊藤さんの口から出てきた言葉が
示しています。


 住友化学と東レを兼任しているが「競合分野は

 少ないし、自分で情報のファイアウォールを設け

 ている」と語る。
 

  (P.035)


社外取締役に相応しい人材が不足し、一部の人気
がある人物に偏っていますが、根本から見直す必要
がある、と『日経ビジネス』取材班は指摘しています。


では、具体的にどうしたらよいのでしょうか?


 社外取締役を引き受けてくれそうなので有名人や

 重鎮を慌てて探す前に、自社にとって必要な社外

 人材とは何かを腰を据えて考える。それこそが、

 人材争奪パニックに巻き込まれない一番の方法で

 あり、社外の知見を有効に活用するための第一歩だ。
 

  (P.037)


社外取締役とはどんな人なのか、『日経ビジネス』は
調査結果を公表しています。

社外取締役はこんな人・・・

(『日経ビジネス』 2014.08.25 号 P.037)


○上場企業役員経験者は   38.1%
○平均在任期間は        4年
○平均報酬は          1200万円
  (売上高1兆円以上の企業)
○女性は             159人
  (全体の6.5%)
○外国人は             70人
○月間活動時間         10~11時間
  (取締役会出席、資料確認など) 

            出典:プロネッド



条件2 事業報告だけはNG
まず取締役会変える


トヨタ自動車は、2013年6月に3人の社外取締役を
初めて任命したそうです。


社外取締役の導入に先立ち、2011年に取締役を
27人から11人へ大幅に減らしていたのです。


 社外取締役を導入する以上、どうすればもっとも

 有効に活用でき、議論が活性化するか突き詰めて

 考え、時間をかけて周到に準備したわけだ。
 

  (P.038)



条件3 社長を切り次を選ぶ
その覚悟はあるか


同じ社外取締役と言っても、欧米と日本を比較すると、
日本は「経営監視機能が十分に発揮される環境では
ない」、と指摘する外資系企業の経営者がいます。


 「日本は欧米に比べて訴訟リスクなどが低く、

 社外取締役にかかる圧力が少ない。

 アドバイザーとしてなら有用だが、経営監視

 機能が十分に発揮される環境ではない」

 と指摘する。(シティグループ証券の藤田勉

 副会長) 
 

  (P.038)


社外取締役の役割は社長をクビにすることだ、
という意見を述べる人もいます。


 「社外取締役の役割は社長をクビにすること

 です」。オムロンの北川尚・取締役室長は

 「一番大事な仕事なので、就任時にこう説明

 している」と言う。
 

  (P.038) 


さらに、「『お友達取締役』を排除する仕組みを
徹底しているのがエーザイ」(P.039)だそうです。


エーザイでは、フルカラーで176ページに及ぶ
株主総会の招集通知を用意したそうです。


その中には、「取締役候補者1人につき見開き
2ページで、会社提案の選任理由、経歴、社外
取締役自身の抱負などを紹介している」(P.039)
そうです。


通常、招集通知は10ページ前後ということなので、
いかにエーザイが本腰を入れて、株主に対応して
いるかが分かるエピソードです。


ここまでやらなくてはならないのは、取締役には
強い権限と大きな責任があるからです。


 社内、社外にかかわらず、取締役に与えられた

 強い権限は大きな責任と表裏一体だ。

 判断を誤って会社に損害を与えれば、株主代表

 訴訟や損害賠償請求の対象になる。大量生産

 されている社外取締役にその覚悟があるだろうか。
 

  (P.039)


下図をご覧ください。
日本と米国、英国、フランス、ドイツのコーポレート
ガバナンスを比較した表です。


日本がここに上げた他国と比較し、独立取締役が
極めて少ないことが分かります。


日本は1人以上となっていますが、英米は過半数が
条件になっています。

英米では過半数が条件に

(『日経ビジネス』 2014.08.25 号 P.039)



オムロンの北川尚・取締役室長の
「社外取締役の役割は社長をクビにすることです」
という言葉で思い出したことがあります。


松本大(まつもと・おおき)マネックスグループ
株式会社代表取締役社長CEOについて、
概要をご紹介します。


松本さんは、世界最強と言われる投資銀行、
米ゴールドマン・サックスで、最年少でしかも
アジア人として初めてパートナー(共同経営者)
となった後、マネックス証券を立ち上げました。


松本さんが、出資してくれたゴールドマン・サックス
の関係者に「私に望むことは?」と尋ねたところ
返ってきた答えが驚くべきことでした。


「あなたをクビにできる人物をそばに置きなさい」


CEO (最高経営責任者)は強大な権限を持ち、
独裁者になりかねない危険性があるので、
そうならないための仕組みが必要だ、と言った
のです。


この話がきっかけとなったかどうかは定かでは
ありませんが、松本さんは、『私の仕事術』
(松本大 講談社+α文庫 2006年8月20日
第1刷発行)の中で、こう書いています。


 私は、雑誌などで本の推薦を依頼された時、

 必ず取り上げる本が2冊あります。

 1つは本書でもすでに紹介しましたが、

 モンテーニュの『エセー』。そしてもう1冊が、

 アンデルセン童話の『はだかの王様』です。

 さすがに、『はだかの王様』を知らない人は

 いないでしょう。私はこの本を、企業経営者

 の必読書と思っています。
 

  (上掲書 P.167 以下同様)



 私にとって『はだかの王様』は、マネージメント

 の本なのです。童話にしてはオチがないような

 気もしますが、でも、経営者に対する戒(いまし)

 めとしては、よくわかります。

 この王様が、大臣やお供の者から、きちんとした

 フィードバックをもらえていたら、裸で街を練り歩く

 などという失態を演じることは、決してなかった
 
 でしょう(それでは、物語が成立しなくなってしまい

 ますが)。

 つまり、ミスを犯さないことを目指すよりも、きちんと

 したフィードバックを上げてもらうことによって間違い

 をすぐに察知し、軌道修正を図ることが、経営者に

 とって極めて大切ということです。
 

  (P.169)


周囲にイエスマンばかりを配していたら、『はだかの王様』
になってしまいます。


松本さんには、『はだかの王様』が教訓となっているの
でしょう。


あなたがもし、経営者の立場なら『はだかの王様』に
ならない自信はありますか?


私は、ならない自信があるというよりも、ならないように
常に意識化しますが、いつの間にか、結果として
『はだかの王様』になってしまうかもしれません(笑)。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。