スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

号砲! 3D生産競争 クルマもスマホも印刷できる  2014.09.01 <1>

日経ビジネスの特集記事(71)

号砲! 3D生産競争
クルマもスマホも印刷できる
2014.09.01



今週の特集記事のテーマは

一人ひとりに最適化した商品を、外部の知恵を
取り込んで作る。
独り善がりのモノ作りが通用する時代は終わった。
それは開発や生産の現場のみならず、物流や
販売にも革命を起こす。
3D生産革命にどう向き合うかで、ニッポンの未来
が変わる

ということです。



まず、下図をご覧ください。
今週号(2014.09.01)の表紙にもなっている「3D PRINTER」
の置物を3Dプリンターで作製したプロセスと完成図です。


『日経ビジネス』取材班が作製したもので、
「サイズは10×10×2.5cm、約4時間で完成した」(P.024)
そうです。


作製のプロセス



完成品


(以上2点 『日経ビジネス』 2014.09.01 号 PP.024-025)



面白そうですね! 
ポイントは、元データをどのように取得するかだ、
と思います。


3Dプリンターにデータを入力すれば、あとは勝手に
3Dプリンターが作製してくれるので、待っていれば
よいのです。




PART1 米国発、「印刷」革命

3Dプリンターは「フィギュアとか試作品を作るだけでしょ?」
と思われがちですが、実はそうではないことが分かります。


GEは旅客機用次世代エンジンを3Dプリンターで
作製を決定。


 GE(ゼネラル・エレクトリック)は次世代エンジン

 「LEAP(リープ)」に組み込む金属製の燃料

 ノズルを、3Dプリンターで作ると決めた。

 溶接箇所を減らし、耐久性を従来の5倍に

 高めるためだ。リープの受注は既に6000基超。

 欧州エアバスが開発中の旅客機「320neo」

 などに搭載され、2016年にも大空を舞う。
 

  (P.027)


グーグルは2015年にスマホを発売する予定です。


 今年4月、グーグルは「Project Ara(プロジェクト・

 アラ)」と呼ぶスマホの開発計画を高らかに宣言

 した。電池やディスプレー、カメラ、プロセッサー、

 外装といった部品をブロックのように組み合わせ、

 個人の好みや用途に合う端末を作り上げるという

 構想だ。来年第1四半期にも発売する。
 

  (P.028)

グーグルの構想は「個客」をターゲットにしたものです。
個人の好みに合わせ、部品を組み合せて提供する
ことが可能になります。


 組み合わせるパーツを絞れば、50ドル(約5200円)

 のスマホに仕上げることもできる。今はスマホを持つ

 経済力がない世界50億人もの人々に安価な端末を

 届けることが可能になるのだ。
 

  (P.028)


世界の人口は70億人です。その内の50億人ですから
7割以上に安価なスマホを提供することが、可能になる
かもしれません。


3Dプリンターは、日本の製造業にも大きな
影響を及ぼすことになる、と思います。


工業製品を製造する場合、まず金型を作ります。
その金型を使って、量産するわけです。


金型メーカーと、製品の製造メーカーは基本的に
別です。住み分けができています。


コストを下げるために、同一製品を大量生産
するするのがこれまでの製造業でした。


3Dプリンターが普及してきたため、今後は顧客
の需要に応じて、多品種少量生産が可能になり
ます。しかも、短時間で作製でき、コストも大幅に
下げることができるようになります。


金型専業メーカーは、危機感を抱いているに違い
ありません。


3Dプリンターの特長は「金型や工具に依存せず、
ゼロから材料を積み上げて形を作り出すこと」
(P.029)です。


その意味で、「『Additive Manufacturing(付加製造)』
とも呼ばれる」(P.029)そうです。


3Dプリンターという名称が広く知られていますが、
実態を表していないので、Additive Manufacturing
のほうが相応しいようです。


日本企業も安価な3Dプリンターへの参入が相次い
でいるそうです。


その理由は、ある「基本特許」が切れたためです。


ストラタシスという企業と、3Dシステムズという企業
が、3Dプリンターの世界市場で、首位の座を争って
いるそうです。


 ストラタシスが保有していた「FDM(熱溶解積層)」

 と呼ぶ造形技術の基本特許が2009年に失効した

 ためだ。 
 

  (P.030)

ということになると、ストラタシスは厳しい状況に
陥ることになりかねません。


3Dプリンターを販売するだけでは、競合他社が
増えてくれば、自社の成長が鈍化してしまいます。


そこでストラタシスは大胆な決断をしました。


 ストラタシスは自らモノ作りに乗り出すことで、

 製造業の開発から生産まで「密着し続ける」

 (ストラタシスの子会社、レッドアイのジェフ・
 
 ハンソン氏)という道を選んだ。
 

  (P.031) 


今年になって、日本で3Dプリンターの名称が
知られるようになりました。


ですが、米国は3Dプリンターの製造で、
先行しています。


3Dシステムズは「1987年に世界で初めて樹脂
を光で固めるタイプの3Dプリンターを製品化
した先駆者」(P.029)なので、27年というノウハウ
の蓄積があります。



次回は、「PART2 モノ作りの常識を変える
3つの『P』」他をお伝えします。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。