スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メコン 2020年、新「世界の工場」へ 2013.5.13<3> 日経ビジネスの特集記事(6)

日経ビジネスの特集記事(6)

メコン 2020年、新「世界の工場」へ 2013.5.13


日本製造業のラストリゾート

 ASEAN域内だけでも6億人の人口を抱えることはとても魅力的です。

 前回、タイが自動車生産の拠点になっていることをご紹介しました。

 「とりわけ日系企業にとって最大の利点はメコン地域でライバル企業が

少ないこと」です。

 タイで自動車生産が始まったのはトヨタ自動車がトラック工場操業した

1964年です。それ以来半世紀が経つ今でもタイ資本の自動車メーカーは1社

もないのです。


 日経ビジネスはミャンマーとの関係に着目しています。

 ミャンマーと中国が蜜月であることを大型プロジェクトを

通じて紹介しています。


 今年5月末、中国雲南省の昆明とミャンマー西岸にある海底ガス田を

結ぶパイプラインが稼働するということです。


 さらに、来年には同じルートを通る石油パイプラインも完成する予定

だといいます。

 
 総額25億4000万ドル(約2540億円)を投じたこのプロジェクトは軍事政権

時代のミャンマーと中国との蜜月ぶりを象徴するものと言えるでしょう。


 韓国の投資は、日本企業の進出が圧倒しているタイを避け、ベトナムに

集中しているそうです。


 日経ビジネスは、次のようにまとめています。


 
歴史的な関わりや文化の違い、日本からの物理的な距離を考えると

日本企業の進出先としてふさわしいのはASEAN、中でもメコンとなる。メコンの

「向こう」に大規模な生産拠点のフロンティアはない。




★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク

















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。