スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱重工 遅すぎた改革、最後の挑戦  2014.10.20 <2>




日経ビジネスの特集記事(78)

三菱重工
遅すぎた改革、最後の挑戦
2014.10.20



今週の特集記事のテーマは

国内市場に依存し、改革が遅れ、停滞を続けた
三菱重工。
世界市場で取り残されまいと、硬直的な組織を
変え始めた。
欧米勢との実力差に愕然とし、遅まきながら
国際化を急ぐ。
だが、頼みのモノ作りは世界の壁に突き当たり、
トラブルが目立つ。
経営陣の危機感が現場に浸透しているとは
言い難い
 (『日経ビジネス』 2014.10.20 号 P.025)

ということです。


三菱重工遅すぎた改革、最後の挑戦

三菱重工
遅すぎた改革、最後の挑戦

(『日経ビジネス』 2014.10.20 号 表紙)




初回は、業績好調に見える三菱重工が、財閥解体
という厳しい歴史を経て、全社統合したようでいて、
実は縦割り組織を脱却できずにいる、という実態を
お伝えしました。


今回は、海外の巨人たちとの戦いにおいて、
大きく水を開けられている実情をお伝えしていきます。


国内企業とすれば、年間売上高3兆円超は素晴らしく
見えますが、海外へ目を転じると、GEやシーメンスは
その数倍の大きさです。容易に埋めることができない
数字です。


社長の宮永さんは、危機感を募らせ、海外の巨人たち
との差を少しでも詰めようと、スピード感を意識して事業
展開しています。


果たして、宮永さんの危機感は末端の従業員の心に
届いているのでしょうか?



PART2 いつの間にか取り残された

日本では、長年、英語化された「ケイレツ」の下に
グループを形成し、共存共栄してきました。


ところが、「ケイレツ」が崩れてきている、と感じて
います。瀕死の状態だった日産自動車の立て直し
のためにルノーから派遣されたカルロス・ゴーン
さんは、「ケイレツ」を断ち切りました。


「しがらみのない外部の人間だからできた」、
と一言で片付ける人もいますが、それほど簡単な
ことではなかったはずです。


ゴーンさんは日産自動車には、片道切符で来た
のです。帰りの切符は持っていませんでした。


さて、「ケイレツ」に関連して、商慣行にどっぷり浸かっ
ていた三菱重工は異変に遭遇しました。



 今春、三菱自動車が発売した軽自動車

 「eKスペース」。以前は当たり前のように

 組み付けられていた、筆頭株主である

 三菱重工業製の基幹部品が見当たらない。

 エンジンに装着し、低燃費と高い走行

 性能を両立させるターボチャージャー

 (過給機)のことである。

 代わって採用されたのがIHIだ。


 これまで「三菱自は三菱重工を使うという

 感覚があった」(IHI車両過給機セクター

 グローバル企画部長の武井伸郎)。

 それだけに武井は「エポックメーキングな

 こと」と興奮を隠さない。

 三菱自の調達部門の担当者は「価格競争力

 で選んだ」と話す。軽は日本の新車販売の

 約4割を占める一大市場だけに、IHIは大きな

 ビジネスチャンスを三菱重工から奪取したこと

 になる。

 三菱自に三菱重工以外の選択肢を与えたのは、

 日産自動車との提携という外部とのつながり

 だった。
 

  (PP.032-033)


IHIとは、以前は石川島播磨重工業という社名
でした。IHIは日産自動車と関連があります。


ゴーンさんが日産自動車を立て直すために、
宇宙航空事業部をIHIへ売却しました。
自動車事業に特化するためでした。


三菱重工は、「井の中の蛙大海を知らず」であり、
「茹でガエル」でもあったのです。


価格競争が激化してきているにもかかわらず、
今までどおりのやり方に固執し、基幹部品を安く
作ることに意識が向かなかったがために、しっぺ
返しを喰らうという、「成功の復讐」にも遭ったの
です。


問題は、今回の「敗戦」を現場の人たちが重く
受け止めていないことです。
表面上だけかもしれませんが、意に介さない
という態度を示しています。


 三菱重工ターボSBU(戦略ビジネスユニット)

 長の梶野武はeKで採用されなかったことに

 ついて、「我々の売り上げは9割が海外。

 メーンターゲットは欧州の高級車だ」と影響の

 小ささを強調する。だが、「三菱重工離れ」は

 三菱自のターボチャージャー以外にも広がる

 可能性がある。
 

  (P.033) 


顧客の変化に気づくのが遅れたというのが、
実態でしょう。「三菱重工離れ」はこの一件だけ
ではありませんでした。


 長く付き合ってきた顧客が変化し、取り残さ

 れる三菱重工。この構図は、三菱グループ

 との関係にとどまらない。

 三菱重工の中で電力会社向けのビジネスを

 中心とする「エネルギー・環境」ドメインの

 連結売上高は2013年度で1兆2539億円。

 同社の連結売上高の37.4%を稼ぐ。

 この屋台骨が大きく揺らぎ始めた。
 

  (PP.033-034)


その時期とは、2011年3月11日に発生した
東日本大震災以降のことです。


 三菱重工などの重電メーカーは、電力会社に

 高めの見積もりを提示。電力会社は値引きを

 求めはするが、重電メーカーに利益が十分残る

 水準にとどめるケースが多かった。

 電力ビジネスは三菱重工にとって、利益の源泉

 であり続けたのだ。

 だからこそ、電力会社に提案を求められれば、

 無償で設計図を作成するなど、手厚い対応を

 欠かさなかった。


 だが、この蜜月関係は2011年の東日本大震災

 によって消滅する。全国の原子力発電所が停止

 したことで、盤石だった電力会社の経営基盤は

 弱体化した。
 

  (P.034) 


慣れ合いの関係が、長く続いていたのです。
その関係を断ち切る引き金となったのが、
東日本大震災だったのです。


変わったのは、電力会社だけではありませんでした。


 変わったのは、国や地方自治体という官需も

 同じだ。1990年代には年間35兆円あった

 公共事業などの政府建設費は、直近では

 半分以下の15兆円前後に減少。三菱重工

 が強かった橋梁や水門の売り上げは激減

 した。
 

  (P.034)



公共事業の話がでましたので、関連したことを
お伝えします。


大前研一さんは、日本の公共事業は「土建業だ」
と指摘したことがあります。箱物ばかり建てて、
中身が無いこと(ハコモノ行政)を指したのです。


典型的な例は、地方自治体の各地に点在する
美術館です。建物はたいそう立派なのに、
館内の美術品に目を見張るようなものが、
ほとんどないからです。



下図をご覧ください。
三菱重工の主な製品と顧客を「三菱」のマーク
のそれぞれの菱型の大きさで表しています。


電力会社や官需、三菱グループとともに生きてきたが・・・

電力会社や官需、三菱グループとともに生きてきたが・・・

(『日経ビジネス』 2014.10.20 号 PP.032-033)



官需が最も大きく、次に大きいのは電力など規制業種で
民需は最も少くなっています。


官需: 宇宙ロケット 戦車 軍用ヘリ 橋 水門

電力など規制業種 : タービン 電車 原子力発電所
              LNG船

民需: MRJ 風力発電 ターボチャージャー エアコン


余談になりますが、官需に宇宙ロケットとありますが、
日産自動車の宇宙航空事業部からIHIへ転籍した、
私の古くからの友人の話では、自衛隊向けのミサイル
の設計を日産時代からしてきたそうです。



今回のテーマである、海外の巨人たちとの格差を
知るために、下記の数字をご覧ください。


一目瞭然です。


米GE  売上高 15.3兆円  営業利益 2.53兆円
         (2013年12月期)

独シーメンス  売上高 10.7兆円 営業利益 7073億円
         (2013年9月期)      

日立製作所  売上高 9.6兆円 営業利益 5328億円
         (2014年3月期)

三菱重工業  売上高 3.3兆円 営業利益 2061億円
         (2014年3月期)




 三菱重工相談役の佃和夫は「僕たちも

 変わろうと必死だったけれど、それ以上に

 世の中は進んでいた」と認める。

 そしてこう続けた。「GEやシーメンス、世界

 の競争相手が動くスピードはもっと速い」。

 三菱重工が変わり切れずにもがいている

 間に、欧米大手の背中は遠のいていた。
 

  (P.034


上記の数字について、『日経ビジネス』編集部は
次のように解説しています。


アベノミクスの恩恵を受けながら、海外の大手
企業との差は開く一方です。


 4.6倍。三菱重工とGEの2013年度の

 売上高格差だ。営業利益率は三菱重工

 の6.2%に対してGEは16.5%。

 過去5年間の時価総額の推移を見ると、

 GEが約2倍になったのに対し、三菱重工

 はアベノミクスの追い風を受けたものの

 1.5倍にとどまった。今年6月に仏アルス

 トムのエネルギー部門買収を巡る戦いに

 挑んだ相手は、事業規模でも収益力でも、

 三菱重工のはるか先を走る。 
 

  (PP.034-035)


こうした現状に、宮永さん他の経営陣は
どんな対策を講じるのでしょうか?
そして、その勝算はあるのでしょうか?



次回は、「PART3 宮永社長 初めての『経営』」
他をお伝えします。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。