スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の革新者(イノベーター) 2014 世界を動かす12の発想  2014.11.24 <1>



日経ビジネスの特集記事(83)

日本の革新者(イノベーター)
2014
世界を動かす12の発想
2014.11.24



今週の特集記事のテーマは

新興国に迫られ、市場の成熟が進むこの国が蘇(よみがえ)る
には、特に3つのタイプの革新者が欠かせない。
従来ない製品を創る「常識の破壊者」、埋もれている日本の
魅力を世界に発信する「伝道師」、戦後70年を迎え官民共に
老朽化が目立つ組織を再活性化させる「異端児」だ。
多様な分野で活躍する、日本の未来を変える「三種の人財」
12人の今に迫った
 (『日経ビジネス』 2014.11.24 号 P.027)

ということです。


日本の革新者(イノベーター) 2014 世界を動かす12の発想

日本の革新者(イノベーター)
2014
世界を動かす12の発想

(『日経ビジネス』 2014.11.24 号 表紙)



今特集記事では、まず、世界を動かす12人のお名前を
ご紹介します。


「日経ビジネス」は、
常識の破壊者
日本文化の伝道師
組織を変えた異端児
に3分類しました。


常識の破壊者

ホンダ エアクラフト カンパニー社長 藤野道格
WHILL CEO               杉江 理 
東京工業大学教授           西森秀稔
Lalitpur CEO               向田麻衣
シャープ副事業部長          田村友樹
九州工業大学教授           伊藤高廣


日本文化の伝道師

旭酒造社長                桜井博志
マイファーム社長             西辻一真
中川政七商店社長            中川 淳


組織を変えた異端児

近畿大学水産研究所長         宮下 盛
「萩しーまーと」駅長            中澤さかな
AgIC CEO                  清水信哉



最終回にご紹介しますが、この12人の中から、
「日本イノベーター大賞2014」の大賞、優秀賞、
特別賞、そして日経ビジネス創刊45周年記念
特別賞の5人が選出されています。
(但し、日経ビジネス創刊45周年記念特別賞
には、ここにノミネートされた方に特に関わりの
強い方も選ばれています。そのため6人の選出
となりました)


どなたがどの賞に選出されたのか、想像しながら
ご覧ください。


第1回は、「PART1 常識の破壊者」6人のうち、
4人を取り上げます。


第2回は、「PART1 常識の破壊者」の残りの2人
と、「PART2 日本文化の伝道師」3人を取り上げ
ます。


最終回は、「PART3 組織を変えた異端児」3人と、
「日本イノベーター大賞2014」受賞者、「2014年
のイノベーターを読み解く5つのキーワード」を
ご紹介します。



PART1 常識の破壊者

ホンダ エアクラフト カンパニー社長 藤野道格(ふじの・みちまさ)

ホンダジェット離陸 不可能成し遂げた戦略家

ホンダ エアクラフト カンパニー社長 藤野道格

ホンダ エアクラフト カンパニー社長 藤野道格 氏

(『日経ビジネス』 2014.11.24 号 P.028)




 2015年、新しい航空機メーカーが誕生する。

 7人乗りの「ホンダジェット」を製造する

 ホンダ エアクラフト カンパニー(米ノース

 カロライナ州)だ。


 東京大学工学部航空学科を卒業。

 根っからの飛行機好きだと誤解されがち

 だが、藤野が航空学科を選んだのは

 「自動車学科がなかったから」。

 新しいコンセプトを考える仕事がしたくて、

 若いうちから大きなプロジェクトを任せて

 もらえそうなホンダの門を叩いた。


 無論、ずっと順風満帆だったわけではない。

 直近では2008年秋のリーマンショック。

 ホンダの業績が低迷し、F1と同様、ホンダ

 ジェットからの撤退もささやかれた。


 脚部を供給する住友精密工業専務の田岡

 良夫は「いろいろな航空機メーカーと取引

 しているが、経営トップであそこまで全てを

 詳細に把握している人はいない」と語る。


 取材中、終始冷静に話していた藤野が、

 ふいに素顔を見せた一瞬があった。

 試験用のホンダジェットが3台並ぶ姿を見つけ

 た時だ。「たくさん機体があるとうれしくなっ

 ちゃって」。少年のように笑う藤野の頭には

 もう、ホンダジェットが続々と量産されて飛び

 立っていく姿が描かれているようだった。 
 

  (PP.028-030)


二輪(バイク)からスタートしたホンダが、
四輪(自動車)に進出し、モータースポーツの
最高峰F1を、ブラジルの英雄、F1レーサー、
アイルトン・セナとともに制覇した日々が
ありました。


ホンダは地上を走行するだけでは飽きたらず、
遂に空に羽ばたくプライベートジェットを製造
する会社の一つとなりました。


藤野さんの小学校時代のエピソードが掲載されて
います。


 小学校の先生が課題で出した、ゴム動力の

 ミニカー作り。クラスメートを驚かそうと、

 ベアリング(軸受け)からタイヤまで工夫を重ねて、

 コンテストに臨んだ。圧倒的なスピードで走る少年

 のクルマを前に、教室は興奮に包まれる。

 「人は想像もしないモノを作ると、皆が喜んでくれ

 るんだ」。翌年の卒業文集には迷わずこう書いた。

 「設計技師になりたい」。
 

  (P.028)


藤野さんの夢はまだ実現したわけではなく、
夢の途中で、夢ははるか先まで続いているのかも
しれません。




WHILL CEO 杉江 理(すぎえ・さとし)

若き職人が作るワクワクする車椅子

WHILL CEO 杉江 理

WHILL CEO 杉江 理 氏(写真右)

(『日経ビジネス』 2014.11.24 号 PP.030-031)




 今年9月、電動車椅子の常識を覆す乗り物が

 日米で発売された。斬新なデザインと砂利道

 も走れる機動性が売りの「WHILL(ウィル)Type-A」

 だ。2014年度には250台の販売を見込み、

 来年には台湾での量産も始まる。


 2012年5月、杉江はCDO(最高開発責任者)の

 内藤淳平やCTO(最高技術責任者)の福岡宗明

 と共同で、株式会社WHILLを設立した。


 「これが本当に作れたらすごい」という思いと

 「やる」という覚悟だけは、誰に聞かれても

 「あります」と自信をもって答えられた。


 杉江は「1次情報が好きで、リアルな

 経験しか信じない」と自分の生き方を語る。


 自分で見て聞いたことだけを信じるのは、

 今も変わらない。自らシリコンバレーを

 WHILLで走り、車椅子の利用者にどんどん

 声をかけて話を聞く。

 前後に動く座席や可動式のハンドルはそんな

 調査を重ねて加えた機能だ。


 内藤は「杉江の一番すごい能力は絶対に

 諦めないこと」と言う。そして、福岡と顔を

 見合わせながら「俺らもだけどな」と付け加える。 
 

  (PP.030-031)


「1次情報が好き」というのは、いいですね。
2次情報や3次情報は脚色されたり、内容を
変更されているため、実態からかけ離れて
いることが多いからです。


自分の五感を信じ、現場で、現物を、現実の
ものとして(三現主義)見て、聞いて、匂いを
かいで、味わって、触れて感じ取ることは
とても大切なことだ、と思います。


地位が上に行くに従い、自らそうした体験を
しなくなる傾向が強まります。下から上がって
くる報告を見聞きするだけになると、非常に
危険です。


普段から三現主義で五感を鍛えておくと、
部下の報告に違和感を感じることができ、
正しい判断ができます。


逆に言いますと、その感覚が鈍ってきたと
感じた時が、引退時期となります。
本人は認めたくないでしょうが。




東京工業大学教授 西森秀稔(にしもり・ひでとし)

夢のコンピューター引き寄せた理論

東京工業大学教授 西森秀稔

東京工業大学教授 西森秀稔 氏

(『日経ビジネス』 2014.11.24 号 P.032)




 実現は早くて50年後と考えられてきた

 量子コンピューターの実用化が始まった。

 原動力は、東京工業大学教授の西森秀稔

 が考案した一つの理論。「役に立たない」

 はずの基礎研究は、社会を一変させる注目

 技術に飛躍した。


 9月、米グーグルがまた一つ「野望」を明らか

 にした。「量子コンピューター」のチップ開発に

 乗り出すというのだ。同社は昨年、カナダの

 D-Waveシステムズが開発した1台10億円と

 言われる世界初の量子コンピューターを購入。

 社内でその実力を見極めてきたが、今回ついに

 自ら開発を始める。

 1980年代に提唱された量子コンピューターは、

 実現に50年かかるとされた。

 従来検討されてきた量子コンピューターとは全く

 違う原理で現実となった。基盤にあるのは東京

 工業大学教授、西森秀稔の考案した「量子アニー

 リング理論」だ。


 D-Waveの量子コンピューターは、「組み合わせ

 最適化問題」の計算を高速化するためのマシン

 だ。

 実は最適化は画像認識や自然言語処理、

 医療診断など今や社会に欠かせない技術。

 調べる数の組み合わせが増えると現在のスパコン

 では手に負えないが、量子コンピューターなら

 瞬時に解ける可能性がある。

 検索や地図などを本業にするグーグルにとって、

 看過できない技術なのだ。

 「西森さんは紙と鉛筆で解ける問題にしか興味が

 ない。世俗離れしていたが、それが基礎研究の

 力強さかもしれない」。かつて西森の研究室に

 在籍した京都大学大学院助教の大関真之は語る。


 当初は米国の研究者のアイデアを基にしたマシン

 と思われてきたが、やがてそのルーツが西森の

 理論にあることが明らかになった。
 

  (P.032)


量子コンピューターのことはよく分かりませんが、
「現在ののスパコンでは手に負えないが、
量子コンピューターなら瞬時に解ける可能性が
ある」ということですから、素晴らしい技術だ、
と思いますね。


しかも、その基盤となったのは、日本人の学者の
西森秀稔・東京工業大学教授であったということは、
日本人として大いに誇れることですね。


「ITは米国」という誇りを持つ米国人でも、こればかり
は認めざるをえないでしょう。


さらに、すごいことは「紙と鉛筆で解ける問題しか
興味がない」というところです。コンピューターに
頼って自分の理論を確かめるのではないことです。




Lalitpur CEO 向田麻衣(むかいだ・まい)

モノより心の豊かさを 新世代の社会起業家

Lalitpur CEO 向田麻衣

Lalitpur CEO 向田麻衣 氏

(『日経ビジネス』 2014.11.24 号 P.033)




 社会問題に切り込む社会起業家を目指す

 若者が増えているが、多くはあくまで「モノ」

 による支援。それに対し、向田麻衣は新興国

 で精神的被害に苦しむ女性に対して「心の

 豊かさ」を支援する。


 2013年に設立したベンチャー企業、Lalitpur

 (ラリトプール)でCEOを務める。取り扱うのは

 ネパール産のハーブを使った化粧品だ。


 一見、華やかな世界に身を置くように見えるが、

 真の目的はネパールなど新興国で精神的被害に

 苦しむ女性たちの支援。ラリトプールは、ネパール

 で人身売買の被害に遭った女性たちの雇用創出

 のために設立された。

 狙いは、それだけではない。向田はネパールの被害

 女性たちに化粧による喜びを伝える心のケアも実施

 している。拠点となるのが、5年前の2009年に設立

 した一般社団法人、Coffret Project(コフレ・プロジェクト)

 だ。


 トルコ滞在中に、夫からドメスティックバイオレンス(DV)

 被害に苦しむ女性たちから聞いた「化粧をしてみたい」

 という言葉が、コフレ・プロジェクト設立につながった。


 向田は「子供のように素直でとにかく行動が速い」

 (ラリトプールを支援する外資系コンサルティング会社

 勤務の柳沢和正)。


 化粧品ビジネスの米国展開も視察でニューヨークに

 滞在した3週間で即決。「スピード感が日本と全然違う。

 米国で勝負するしかないと思った」(向田)。
 

  (P.031)


向田さんは、三断跳び(三段跳びではありません)の
実践者です。三断跳びとは私の造語です。


判断・決断・断行で三断です。ホップ・ステップ・ジャンプ
で最後のジャンプで決まります。


判断・決断までは頭の中でのことです。断行は実行する
ことです。判断・決断まではしても、最後の断行できない
ケースはよくありますね。


向田さんは断行までのスピードが速い、ということが
素晴らしい、と思います。考えることはできても、実行
できないことは多々あります。向田さんは余計なことを
考えすぎずに実行に移すという、日本女性と言うよりも、
日本人離れした行動力の持ち主のようです。


これから難題が次々に発生するかもしれませんが、
乗り越えていってほしい、と思います。




次回は、「PART1 常識の破壊者」の残りの2人
と、「PART2 日本文化の伝道師」3人の横顔を
ご紹介します。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。