スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気失速の主犯 アベノミクス再浮上へ「新・3本の矢」  2014.12.01 <1>



日経ビジネスの特集記事(84)

景気失速の主犯
アベノミクス再浮上へ「新・3本の矢」
2014.12.01



今週の特集記事のテーマは

日銀の追加金融緩和による株高効果が続く中、
安倍晋三首相は消費増税の先送りを決断。
国民の信を問うとして、衆院解散・総選挙に踏み切った。
期待感をあおり、経済を引き上げるアベノミクスだが、
市場と実体の差は視界不良が続く。
円安・株高が民間投資の喚起、そして実質賃金の上昇
に結びつかないのはなぜか。
景気回復を阻む要因を探る中、「アベノミクス景気」
再浮上のヒントが見えてきた
 (『日経ビジネス』 2014.12.01 号 P.026)

ということです。


景気失速の主犯 アベノミクス再浮上へ「新・3本の矢」

景気失速の主犯
アベノミクス再浮上へ「新・3本の矢」

(『日経ビジネス』 2014.12.01 号 表紙)




衆議院総選挙が12月14日に実施されます。
衆院解散・総選挙の是非を問うつもりはあり
ませんが、少なくとも、自公の「戦術」である
ことは明らかです。


佐藤栄作元首相は、こう語っています。
「内閣改造をするほど総理の権力は下がり、
解散するほど上がる」


安倍晋三首相も、佐藤元首相の言葉を踏襲
したのか、と考えてしまいます。


事実、第二次内閣改造では、女性閣僚を5人
選任しましたが、そのうちの2人が辞任する
という失態を演じました。


これ以上閣僚の辞任を出すと、内閣不信任案
が出されるおそれがありました。


もちろん、自公の圧倒的多数で内閣不信任案
を否決することはできますが、国民の不信感を
募らせることになり、大きなイメージダウンになる、
と安倍首相が考えたことは想像できます。


第1回は、「解散で舞い上がるのは市場だけ」と
「第1章 街角景気、通説の嘘」の6つのうち、
2つを取り上げます。


第2回は、「第1章 街角景気、通説の嘘」の残り
の4つと、「第2章 『外需が牽引』の幻想」のUS
とCHINAのケースを取り上げます。


最終回は、「第2章 『外需が牽引』の幻想」の
EUROPEのケースと「第3章 民が射る3本の矢」
をご紹介します。



解散で舞い上がるのは市場だけ

日経平均株価は、円安を好感し上昇しています。
ですが、株価(225銘柄)が上昇しても、私たち
生活者は好景気を実感できません。


それどころか、2014年4月1日に施行された
消費増税(5%→8%)により、消費者物価指数
(CPI)は上昇し、財布の紐は固くなるばかりです。


「日経ビジネス」は現状をどう見ているのでしょうか。


 11月18日、安倍晋三首相は10%への

 消費増税を2017年4月に延期するとともに、

 衆院解散・総選挙を決断した。「買い」の材料

 を虎視眈々と狙っていた投資家は解散の判断

 自体をもそのチャンスにしようと手ぐすね引いて

 いた。
 

  (P.028)


一部の投資家が、「美味しい果実」を手にする
タイミングを図っていたということですね。


景気後退は最近のことではなく、2014年初め
をピークに下降局面に入っていた、と指摘する
エコノミストもいるそうです。


 アベノミスクの登場と歩調を合わせる形で

 回復してきた国内の景気は後退している

 のではないか。エコノミストの間では、

 「景気は今年1月をピークに下り坂にある」

 という説が説得力を持って語られている。

 その後の底打ちの時期については諸説ある

 とはいえ、「アベノミクス景気」が急速に勢い

 を失っていることは間違いない。
 

  (P.029)


個人消費支出の減少は、生活者の実体を如実
に表す指標になっている、と思います。


 消費増税の反動や円安に伴う原材料高

 などの影響で、むしろいったんよくなり

 かけた景気が、全国隅々に行き渡る前に

 しぼみつつある。
 

  (P.029)


大企業の企業業績が向上し、利益を上げれば、
水が上流から下流に流れるように、中小企業に
も利益をもたらす、という論調で安倍政権は国民
に伝えてきました。


ですが、残念ながら、今のところ安倍政権が言って
きたことと、実体は乖離したままです。

株価は上がるが実体経済は低迷

株価は上がるが実体経済は低迷

(『日経ビジネス』 2014.12.01 号 PP.028-029)




今回のキーワードは、です。
これからご紹介する6つの通説には嘘があります。


「日経ビジネス」取材班は、通説を一刀両断しています。

第1章 街角景気、通説の嘘

通 説 1 物価は反転上昇
値下げラッシュ再び 政府統計では測れず


現在、どこのスーパーの責任者も、
消費者の購買行動の変化に、頭を抱えて
います。


 「4月の消費増税以降、消費者は必要な

 もの以外を買わなくなった。販売時点で

 利益を確保する特売の効果は薄れたが、

 かといって定価では見向きもされない」

 首都圏でスーパー30店舗を運営する

 丸正チェーン商事の石井隆二・営業企画

 部長は頭を抱える。 
 

  (P.031)


個人消費が減少していることは、あるデータが
はっきり示しています。


 全国のスーパー300店のPOS(販売時点

 管理)データから店舗価格を算出する

 「日経・東大日次物価指数」。

 消費税込み価格は4月初旬に増税分の

 3%を上回ったが、すぐに失速。夏以降は

 2%前後と低迷し、小売りが増税分を価格

 転嫁できない状況を示している。
 

  (P.031)


スーパー店長の言葉は、悲鳴に聞こえます。


 「どれだけ売っても利益は出ない。

 特売というパンドラの箱を開けた報いを

 受けている」。あるスーパー店長は苦渋の

 表情を浮かべる。
 

  (P.031)


下図は、価格転嫁できていない実体と、
特売の常連商品が上位を占めていることを
示しています。


3%分は価格に反映されず
特売の常連商品が上位に

(『日経ビジネス』 2014.12.01 号 P.031)




通 説 2 人手不足が深刻
景気敏感業種で進む新規採用の絞り込み


2020年に開催される「東京オリンピック」。
建設業やサービス業は求人増をしていると
思われますが、実体は全く逆でした。


 コールセンターは金融や通信販売、
 
 航空会社など幅広い業種から電話

 対応業務を請け負う。労働集約的

 な業務特性から電話オペレーターの

 採用数は知る人ぞ知る景気の先行

 指標だ。

 (もしもしホットラインの)小志田典彦・

 人事・業務本部長は「コールセンター

 の運営や顧客データの分析を担う
 
 スーパーバイザー(管理者)は増や

 したいが、電話オペレーターは一服感

 が出ている」と話す。
 

  (P.032)


こうした現象は、コールセンター業務に
とどまらないそうです。


 コールセンターにとどまらない。

 厚生労働省がまとめた「一般職業紹介

 状況」によると、自動車、電機など製造業

 では人手不足が続いているのに対し、

 サービス業の新規求人数は2014年7月

 以降、3カ月連続で前年同月を下回って

 いる。

 相次ぐ公共投資で人手不足が指摘され

 続けてきた建設業も8月からマイナスに

 転じた。
 

  (P.032)


こうした状況が一時的なことですめばよいのですが、
どうもそうではなさそうです。むしろ、この先、深刻度
が増す可能性が高い、と考えるべきです。


 アベノミクスの失速が鮮明になれば、

 人手不足で四苦八苦している製造業、

 飲食でも一転、余剰感が出かねない。
 

  (P.032)



サービス、建設業は求人を減らす

サービス、建設業は求人を減らす

(『日経ビジネス』 2014.12.01 号 P.032)




第1回は、ウオーミングアップです。
次回からさらに厳しい実体が露わにされます。


次回は、「第1章 街角景気、通説の嘘」の
残りの4つと、「第2章 『外需が牽引』の
幻想」の一部をご紹介します。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。