スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環太平洋 30億人経済圏を 攻略せよ 2015年メガFTA始動 2014.12.15 <1>



日経ビジネスの特集記事(86)

環太平洋 30億人経済圏を
攻略せよ 2015年メガFTA始動
2014.12.15



今週の特集記事のテーマは

地中海は過去の海、大西洋は現在の海、
そして太平洋は将来の海――。
100年以上前から言われてきた世界がついに
現実のものになろうとしている。
高い潜在成長性、活発化する域内貿易、
伸び続ける人口・・・。
難航するTPP交渉をよそに、環太平洋経済圏
の現実は先を行く
 (『日経ビジネス』 2014.12.15 号 P.029)

ということです。


環太平洋 30億人経済圏を<br />攻略せよ 2015年メガFTA始動

環太平洋 30億人経済圏を
攻略せよ 2015年メガFTA始動

(『日経ビジネス』 2014.12.15 号 表紙)




今特集記事のスタートページ

今特集記事のスタートページ

(『日経ビジネス』 2014.12.15 号 PP.028-029)




第1回は、「PROLOGUE 幻と化す新幹線
輸出」と「PART 1 大動脈から毛細血管へ」
を取り上げます。


第2回は、「PART 2 世界の6割握るのは誰」
を取り上げます。


最終回は、「PART 3 日本企業が挑む3つの
攻め手」をご紹介します。



PROLOGUE 幻と化す新幹線輸出
意外なところから崩される日本の足場


最初の事例として、メキシコシティの現況が
伝えられています。


私たちは、メキシコにはあまり関心を持ちま
せんし、メディアで報道されることもあまり
ありません。


今、そのメキシコシティの片田舎に高速鉄道
建設プロジェクトが進行しています。


そのプロジェクトに日本企業も入札したのですが、
中国企業に「一旦」落札されました。


「一旦」という状況は、「日経ビジネス」の解説を
ご覧ください。



 メキシコシティから世界遺産の古い町並み

 が残るケレタロまでの約210kmを結ぶ

 プロジェクトだ。11月上旬、中国国有の

 中国鉄建を中心とする共同事業体が落札。

 3日後に入札プロセスを巡る懸念から落札

 が取り消されたことに、住民たちも関心を

 寄せていた。


 メキシコで日本勢は屈辱的とも言える

 「不戦敗」を喫していた。入札に応じたのは

 中国勢だけで日本勢は参加すらできなかった。

 なぜか。

 落札額は約5000億円と、日本の常識から

 すれば考えられない金額だった。

 「中国勢は日本の半値以下。いくら何でもこの

 価格に対抗して安値で受注を狙おうとは思わ

 ない」。ライバルの川崎重工関係者はあきらめ

 顔で語る。 
 

  (P.030)


価格が乖離していれば、太刀打ちできません。
大赤字を出してまで受注する意味はありません。


その昔、日本でもコンピュータシステムをどうしても
受注したくて、大型コンピュータに「1円入札」を行い、
狙い通り受注した国産コンピュータメーカーがあり
ました。ソフトウェアで元を取ろうと図ったのです。
その後は、「1円入札」は認められなくなりましたが。


歴史を振り返ってみると、日本も「安かろう悪かろう」
と言われた時期がありました。
その時の日本は、現在の中国と重なって見えます。


話を戻します。
メキシコシティの高速鉄道建設の入札やり直しが
行われるそうですが、今後の見込みはどうなるの
でしょうか?


 メキシコでは落札取り消しを受け、再入札が

 行なわれる見込み。不正の疑いをかけられた

 にもかかわらず、中国勢は果敢にも再応札に

 臨む。コスト差を見る限り、次も落札の最有力

 であることに変りはない。このことはメキシコ

 以外でも日本の高速鉄道輸出が続々幻に

 なりかねないことを示唆する。
 

  (P.030)


中国は今、中南米への進出を図り、市場拡大を
狙っています。


 中国が太平洋を飛び越えて地球の裏側

 で売り込みに力を入れるのは高速鉄道に

 限らない。中国の対外投資先はアフリカの

 印象が強いが、2013年に前年比で最も

 伸び率が高かった地域は2倍以上へ急増

 した中南米だった。
 

  (P.030)


中国が中南米へ投資の流れを強めている
理由は、「日経ビジネス」によれば、
「『自由貿易の輪』の拡大」(P.031)にある
と見ています。


 まず米国が主導し来年早々にもまとまる

 可能性があるTPP(環太平洋経済連携

 協定)。11月に北京で開かれたアジア

 太平洋経済協力会議(APEC)で、中国

 などが主唱したFTAAP(アジア太平洋自由

 貿易圏)もある。

 いずれも東南アジア諸国連合(ASEAN)や、

 南米諸国による太平洋同盟など既存の

 経済圏を貫くように結びつける。
 

  (P.031)


上記のような動きが拡大すればどうなるのか、
「日経ビジネス」取材班は、次のように述べて
います。


 国という単位は経済活動においてそれほど

 大きな意味をなさなくなり、さながら一つの

 巨大な「太平洋国」の中競争であるように、

 地域や都市の単位で需要とプレーヤーが

 結び合うことになるだろう。
 

  (P.031)


上記の解説を読んで思い浮かんだのは、
大前研一さんが19年前(1995年)に書いた
『地域国家論』(原題は The End of the Nation
State)(大前研一 山岡洋一・仁平和夫 訳
講談社 1995年3月2日 第1刷発行)
に書かれていたことです。


今日の世界情勢を預言したと言ってもよい
でしょう。


もっとも、大前さんは「私は預言者ではない。
世界の動きをつぶさに見ていれば、必然的に
そうならざるを得ない」と言うかもしれません。


出版当時、大前さんが指摘した状況に、
世界も日本も追いついていなかったと言える
かもしれません。


以来、約20年たった今日、世界も日本も、
大前さんが指摘した状況に、ようやく追い
ついてきたとも言えます。


『地域国家論』に書かれていることの一部を
ご紹介しましょう。抜粋を読んでいただけば、
「日経ビジネス」の今特集記事を深く理解できる、
と思います。少し長くなりますが、じっくりお読み
ください。


 私はグローバル経済の性格を決める

 「4つのC」の流れを見る方法を提唱

 する。1番目のCは、キャピタル(資本)。

 資本はもはや地理的な拘束を受けない。

 世界のどこであろうと、魅力的な投資

 機会があれば、カネが流れ込んでくる。

 そして、その大半は「民間の」資金だ。

 2番目のCは、コーポレーション(企業)。

 魅力的な市場や顧客があれば、魅力的

 な資源があれば、どこへでも出ていこう

 と考える。また、そうしなければ生き残れ

 ない。

 もちろん、企業が動けば、資金もいっしょに

 動く。それ以上に重要なのは、技術と経営

 ノウハウが移転されることだろう。

 資本と企業が動きやすくなったのは、3番目

 のC、コミュニケーション(情報)技術の発達
 
 によるところが大きい。企業はいまや、進出

 する国ごとに大がかりな事業組織をつくらな

 くても、世界の各地で事業を展開できるよう

 になった。

 4番目のC、コンシューマー(消費者)もグロー

 バル化が進んでいる。

 どこの国の製品だろうがおかまいなく、消費者

 はもっともよい製品、もっとも安い製品を買おう

 とする。ふところと相談して、自分の好きなもの

 を買う。

 以上説明してきた4つのCの国境をまたいだ

 動きによって、ふさわしい規模をそなえた経済

 単位を持つ地域なら、世界のどこに位置しようと、

 発展に必要なものを何でも手に入れられるように

 なった。

 4つのCの自由な動きによって、主権国家の

 「仲介者」の役割は時代遅れになったのだと

 すれば、グローバルな交渉のテーブルにつき、

 グローバルな解決策を見つけられる経済単位

 は、人為的、政治的な国境にとらわれず、経済

 がうまくいき、市場が繁栄している地域になる。

 私はそうした単位を「地域国家(リージョン・

 ステート)」と呼んでいる。

 地域国家とは、政治的な境界に関わりなく、

 今日のグローバル経済の中で繁栄していくのに

 適切な規模を持った「自然な経済単位」のことで

 ある。グローバル・ワールドで問題になるのは、

 そうした経済単位の境界と関係である。

 主権国家は経済単位としては不自然なものに

 なってしまった。経済単位として機能しなくなった

 と言ってもいい。その一方で、地域国家はグロー

 バル経済への出入口として非常にうまく機能して

 いる。
 

  (上掲書 PP.19-23)


『地域国家論』で、大前さんは「地域国家」という
概念を世界で初めて提示しました。
19年前のことですよ!


大前さんが述べていることは、現在、世界中で
確認できることばかりです。今特集記事でも
確認できるでしょう。


私が、『地域国家論』を読んだ当時、今ひとつ
ピントきませんでしたが、20年近くたって読み
直してみると、大前さんが述べていたことがよく
理解できるようになりました。


「なるほど。こういうことだったのか」と腑に落ちる
ことがあります。


「日経ビジネス」は一つの言葉を提示します。
今特集を象徴する「言葉」と言ってもよいでしょう。


 地中海は過去の海、大西洋は現在の海、

 そして太平洋は「将来の海」と言われる。

 環太平洋経済圏――自由貿易の海が、

 今まさに、目の前に姿を現し始めている。
 

  (P.031)




PART 1 大動脈から毛細血管へ

モンゴルと日本は、相撲にかぎらず、
太いつながりがあります。
ところが、最近では綻びが出てきました。


モンゴルで新空港建造が進められている
そうです。問題は、次の解説で明らかに
なります。


 新空港の建造は、総工費およそ500億円

 を円借款で賄うODA(政府開発援助)事業

 だ。モンゴル民間航空局から三菱商事と

 千代田化工建設のJV(ジョイントベンチャー)

 が受注した。

 形式上は日系JVが受注している。だが実際

 は、日系企業が担うことの多い円借款事業

 にもかかわらず、韓国企業が施工するという

 事態になった。

 そこから始まったのは、下請けからの、事実上

 の「日系企業外し」だ。

 新空港の建造に向けて生コンクリートを供給

 しているのは、サムスン物流と業務提携を

 結んでいる地場企業のグループ会社だ。

 グローバル市場で当然と思われたルールが

 通用しない。円借款案件から日本が締め出さ

 れる。

 毛細血管の先にある新興市場は時にリスクが

 高く、一つひとつの規模は日米欧の市場ほど

 に大きくない。だが、規模ではなく成長性で

 見ればその評価は反転する。 
 

  (PP.032-033)


ODA事業でモンゴルに協力した日本が、事実上
閉め出されるというのは、何とも後味の悪い事態
ですが、これが現実です。


米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が
出資していることで知られる中国のEV(電気
自動車)メーカーについての記述があります。


中国のEVメーカーとはどこなのだろう、と思い
ませんでしたか?
私も「どこだろう?」と思いました。


 今年4月、ロサンゼルス郊外のランカスター

 で、BYDが中国の自動車メーカーとして初と

 なるEVの米国生産を始めた。だが、作るの

 は乗用車ではない。EVのバスを生産する。

 自動車会社にとって大市場である消費者向け

 乗用車よりも、まずは周辺市場であるバスを

 通じて公共交通機関に浸透させた方が勝算が

 あると考えたからだ。

 「EV市場」ではなく、あえて「EVバス、タクシー

 市場」と細分化することで橋頭堡を築き、じわ

 じわと大動脈型の市場に浸透していく。

 日本勢は、環太平洋経済圏において、こうした
 
 毛細血管型のゲリラ戦術とまみえることを余儀

 なくされるのだ。
 

  (P.035)


世界市場で勝負するには、キレイ事ばかりでは
通用しないということです。


日本企業が外国企業と伍して戦うには、ルールの
変更にも対応できなくてはならず、厳しい状況は
ますます強まると考えたほうがよさそうです。



米EV市場を攻めるBYD。今年4月には中国の自動車<br />メーカーとして初めて米国生産を始めた

米EV市場を攻めるBYD。今年4月には中国の
自動車メーカーとして初めて米国生産を始めた

(『日経ビジネス』 2014.12.15 号 P.035)





次回は、を「PART 2 世界の6割握るのは誰」
をご紹介します。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
137位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。