スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺 言 日本の未来へ 2014.12.29 <1>



日経ビジネスの特集記事(88)

遺 言
日本の未来へ
2014.12.29



今週の特集記事のテーマは

戦後70年――。2015年、私たち日本人は一つの
節目を迎える。
日経ビジネスは2014年最後の特集に、
戦後のリーダーたちの「遺言」を選んだ。
焼け野原から輝ける時代を築いた当事者には、
若い世代にはない強靭な視座がある。
未来を拓くために受け継ぐべきものが、ここにある
 (『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.024)

ということです。



『日経ビジネス』編集部は、2014年最後の特集で、
各界で大きな業績を残した人たち34名を選出しま
した。


中には、一般にはあまり知られていない人物もいる
かもしれません。私も、34名全員のプロフィールや
業績を知っているわけではありません。


そこで、34名の中で、「私」が著作やメディアなどを
通じて、認識している人たちを選び、その方たちが
語った内容の一部をご紹介することにします。


尚、今号の特集は36ページ(24~59ページ)と、
通常号の1.5倍のボリュームがあるためか、
「編集長インタビュー」が掲載されていません。
そのため、毎週投稿している、「日経ビジネスの
インタビュー」は、今特集の「大トリ」を飾る、
京セラ・日本航空名誉会長、稲盛和夫さんにいた
しました。

ブログは→
日経ビジネスのインタビュー(152) 経営と美徳を広める導師




遺言 日本の未来へ

遺言 日本の未来へ

(『日経ビジネス』 2014.12.29 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2014.12.22 号 PP.024-025)




第1回は、
「第1章 未来の経営者へ」を取り上げます。


第2回は、
「第2章 未来の創造者へ」を取り上げます。


最終回は、
「第3章 未来のリーダーへ」
「第4章 未来の日本人へ」
をご紹介します。


全3回にわたって『日経ビジネス』の特集を
2014年の年末から2015年の年始にかけて
お伝えすることになります(2014年12月31日~
2015年1月2日)。




『日経ビジネス』編集部が選んだ、戦後のリーダー
たちは、起業家、経営者、俳優、政治家、学者、作家、
ファッションデザイナー、元国連職員、登山家、脚本家、
高僧、侍従長、現役助産師、長崎被爆者語り部
と多士済々です。


34名の方々全員の「遺言」をお伝えすることは
できませんが、お名前(肩書)は全員ご紹介します。


さらに、今回は、各界の方々が語った「遺言」に
個別にコメントすることはやめ、各章ごとに総括的
に私の考えを語る、という形式にします。


また、各章の最初に、『日経ビジネス』編集部が
選んだ戦後のリーダー全員のお名前と肩書を
掲載します。


尚、日経ビジネスオンラインで、
連載「遺言 日本の未来へ」が2015年1月5日
からスタートし、インタビューの詳細を掲載して
いくそうです。ぜひご覧ください!

日経ビジネスオンラインのサイトは→
http://business.nikkeibp.co.jp/




では、本題に入りましょう!


第1章 未来の経営者へ

鈴木修(スズキ会長兼社長)
清水信次(ライフコーポレーション会長)
堀場雅夫(堀場製作所最高顧問)
宮内義彦(オリックスシニア・チェアマン) 
篠原欣子(テンプホールディングス会長)
椎名武雄(日本IBM名誉相談役)
村井史郎(シークス会長)
岡田甲子男(アリアケジャパン会長)
鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングス
       会長兼CEO (最高経営責任者))
八城政基(元新生銀行取締役会長)
<注:赤文字のお名前の方々の「遺言」を
ご紹介します。>


1人目は、スズキ会長兼社長の
鈴木修さんです。



『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.026



スズキ会長兼社長 鈴木修 氏
中小企業おやじのヒーロー


 未来への遺言ですか。僕にとっては

 「会社が潰れないように」。それだけだな(笑)。

 でもね。今回話そうと思ったのは、やっぱり、

 僕の話がこれからの時代を担う皆さんの参考

 に少しでもなるならと思ったからです。


 僕は、戦前、戦中、戦後、そして再建という、

 日本の縮図を経験してきた。その中で何を

 考えたかというと、「こんちきしょう」とか

 「やる気を出そう」とか、そういうことに尽きる

 わけです。

 これまで本当に、「こんちきしょう」の連続だった。

 軽自動車を作ってきた中小企業のスズキに

 とっては、生命を絶たれる危機が絶えなかった

 から。

 文学的には「逆境の歴史」というのだろうけど、

 ようするに「軽ハラ」。セクハラ、パワハラ、

 マタハラと同じだよ。

 軽自動車はもともと、敗戦後に「国民車」を

 作ろうっていう構想から生まれたんですよ。

 でも経済が成長してくると、「軽自動車なんて

 国策に合わないからやめるべきだ」という声が

 出てきた。

 軽は燃費が悪くて安全性も確保できない、

 耐用年数も短いから資源の無駄遣いだと。

 それで、(ホンダ創業者の)本田宗一郎さんと

 一緒になんて「ふざけんじゃねえよ」と激怒したの。

 ぺしゃんこに潰されるのは嫌だから、「この野郎」

 という気持ちで挑戦し続けてきた。まあ、僕は

 (婿養子の)落下傘だったから、外からの軽ハラに

 加えて内からの「社内ハラ」も大変だったけど(笑)。

 それでも今や、軽自動車が(日本の自動車市場で

 シェア)40%になった。結局、人生っちゅうのは

 「こんちきしょう」しかないんじゃないかな。奇策じゃ

 なしに、誰に何と言われようとも、自分の実力を

 過信せずに続けることだよ。

 人生には、チャンスをつかむか逸するか、

 分かれ道がいっぱいある。

 
 2015年は戦後70年ですが、戦争の体験や

 不幸を後世に伝えるのは無理だと思うんですよ。

 だから、伝えたいのは、他人に迷惑をかけないとか、

 社会に貢献するとか、正しく生きる最低限のモラル

 を守りながら、「やる気」を発揮してほしいということ

 だけ。極めて平凡だけど、これが若い人たちへの

 遺言かな。 
 

  (P.027)



2人目は、オリックスシニア・チェアマンの
宮内義彦さんです。



『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.030



オリックスシニア・チェアマン 宮内義彦 氏
規制改革を説く 金融の異端児


 若い人にパワーを感じないですね。

 遺言を残す値打ちあるかな(笑)。

 今回の選挙でも主な争点にならなかったけど、

 国の借金は1000兆円ですよ。

 なぜ若者は黙っているのだろう。

 新しい社会をつくるという覇気が欲しい。

 官にも民にも、それぞれパブリックな部分と

 プライベートな部分があり、個人でも民間企業

 でも、例えば政府に貢献を求められたらパブ

 リックの部分を差し出すのは当然です。

 それでないと社会は成立しなくなってしまう。

 教育で「公共の利益を」と言うと問題になるけど、

 それは社会の基礎だと思うんです。

 戦中に国のために命を投げ出せという極限の

 パブリックが求められた反省から、戦後は逆の

 極端に来てしまった。でも、プライベートの権利

 ばかりがあっても、素晴らしい社会にはなり得ない。

 何にでも功罪がある。


 日本市場だけでも、無限の可能性があるわけです。

 挑戦すべきですよ。リスクを取らない人生ほど

 面白くないものはない。私が45歳だったら、もう1回

 チャレンジしますよ。

 人口減にしても、問題と思うなら対策を打てばいい。

 打たないなら、それまでの国ということ。若い人が

 これでいいと思うのか、思わないか。停滞がどれだけ

 長引くかはそれで決まります。
 

  (P.030)



第1章の最後は、セブン&アイ・ホールディングス会長
兼CEO (最高経営責任者)の
鈴木敏文さんです。



『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.033



セブン&アイ・ホールディングス会長兼
CEO (最高経営責任者) 鈴木敏文 氏

時代を見通すコンビニの帝王


 防空壕を掘ってた頃からすれば、自由や平和
 
 が当たり前にある時代なんて想像できなかった。

 それと同じように、これからもきっと、今までは

 思いもつかない時代が来るはずです。

 今の日本は、あまりに過去の延長線で来ちゃっ

 ている。

 でもね、世の中は変わるもんです。政治の面でも

 個人の自覚の面でも、適応する形を取っていか

 ないといけないよね。

 昔はみんなが共通で分かっている規律があった

 けど、それがなくなって価値観や社会がバラバラ

 になった。

 身勝手を許しすぎたら、結局住みにくい社会になる。

 だから今は、昔よりも規律が大事になったと思う。

 戦前の軍隊に戻れというのとは、違います。

 重要なのは相手を尊重する精神だと思うんだよね。

 国も商売も家族も、相手の立場で考えれば、その

 時代に合った対応が取れるはずです。
 

  (P.033)



お三方は、皆さん、実にざっくばらんに語って
いますね。
通常のビジネスインタビューと異なり、かなり
個人的な感想を語ってもらう、という方針だった
のかもしれません。


それは、お三方だけでなく、他の7名も同様です。
普段から考えていたことを吐露した、といった風情
です。


この章のキーワードは、
克己心です。
他人に勝つことではなく、自分に勝つこと――。
それを口々に語っている、と感じました。


スズキの鈴木修さんの「こんちきしょう」という
言葉に象徴されるように、「こんちきしょう」は
相手に対する言葉というよりも、己(自分)に
負けてたまるか、という気持ちを表現している、
と感じました。


他人に負けるよりも、自分に負けることの方が
ずっと悔しい、と実感しているのです。



オリックスの宮内義彦さんは、
「挑戦すべきですよ。リスクを取らない人生ほど
面白くないものはない」
と言い切っています。


挑戦しない、リスクを取らないという姿勢は、
その時点で自分に負けていると言えます。


宮内さんが、「権利」について語る下りがあります。


たまたま、今月(2014年12月)29日に読み終わった
『現代語訳 学問のすすめ 』 (ちくま新書 福澤諭吉
齋藤孝 訳 2009年2月10日 第1刷発行)に「権利」と
「権理」について書かれた一節があります。


訳者の齋藤孝さんは、「権理」の方が、「きちんと理が
通っている」として、この「権理」を広めてきたい、
と書いています。
解説を読んで、なるほど、と思いました。


少々長くなりますが、ご一読ください。


 今回現代語訳するにあたっては、「権理」という

 言葉が随所にありました。普通は「権利」と書く

 わけですが、right という言葉を訳すのであれば、

 福澤が使っている「権理」の方が「きちんと理が

 通っている」という元の意味を正しく反映している

 ように感じました。

 「権利」ですと、「自分の利益ばかり主張すること」

 といったように、個人のわがままといったニュアンス

 を含んでしまいがちですが、本来はそのようなもの

 ではないはずです。

 いわば天から与えられ当然持っているべきもので

 あって、主張しても何ら恥じることはない。

 例えば、基本的人権というのは「権利」ですが、

 その「利」は利益の「利」ではなく「理(ことわり)」です。

 漢字一文字が違うだけで、私たちの認識が随分と

 変わってしまう。文字というものは、非常に大きな

 影響を与えるものだと痛感しました。「権理」の二文字

 は福澤の思想の根幹をなすものなので、これをきっ

 かけにこの字を使うようになってほしいという願いを

 込めて、一貫してこの文字を用いました。
 

  (上掲書 P.242)



セブン&アイ・ホールディングスの鈴木さんは、
『商売の創造』(鈴木敏文 講談社 2003年10月22日
第1刷発行)の「まえがき」に次のように書いています。
鈴木さんは、この本の中で「商売の本質」を書いた、
と考えています。


 われわれにとっての最大の競争相手は、

 同業の他社・他店ではありません。世の中の

 変化、お客様のニーズの変化こそが最大の

 競争相手なのです。この変化への対応力を

 失ったとき、いかなる過去の強者、覇者

 (はしゃ)といえども破綻(はたん)は免れま

 せん。


 過去に隆盛(りゅうせい)をきわめたビッグ

 ストアが、いまきびしい状況に追い込まれて

 います。

 それだけ、世の中の変化は激しいということ

 です。その中でなんとか今日までやってこら

 れたのは、つねに過去の経験を捨て、他人

 のまねをいっさいせず、仮説・検証にもとづ

 いた自己革新、イノベーションを図りながら、

 創造的破壊に取り組み続けてきたからだと

 私は考えています。
 

  (上掲書 P.1)



通常号と異なり、大半を独り語りで、「遺言」を
残すという形式を取り、『日経ビジネス』編集部
は前面には姿を現さないという、姿勢を最後まで
貫き通しています。


それは、各人の「遺言」の中身が重要である、
と考えているからに他なりません。


「遺言 日本の未来へ」第1回はいかがだった
でしょうか?


年末年始のお忙しい最中、ぜひ、読んでいただき
たい、という強い気持ちを込めて、引き続きブログ
を書いていきます。



次回は、「第2章 未来の創造者へ」をお伝えします。
ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。