スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺 言 日本の未来へ 2014.12.29 <2>



日経ビジネスの特集記事(88)

遺 言
日本の未来へ
2014.12.29



今週の特集記事のテーマは

戦後70年――。2015年、私たち日本人は一つの
節目を迎える。
日経ビジネスは2014年最後の特集に、
戦後のリーダーたちの「遺言」を選んだ。
焼け野原から輝ける時代を築いた当事者には、
若い世代にはない強靭な視座がある。
未来を拓くために受け継ぐべきものが、ここにある
 (『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.024)

ということです。



『日経ビジネス』編集部は、2014年最後の特集で、
各界で大きな業績を残した人たち34名を選出しま
した。


中には、一般にはあまり知られていない人物もいる
かもしれません。私も、34名全員のプロフィールや
業績を知っているわけではありません。


そこで、34名の中で、「私」が著作やメディアなどを
通じて、認識している人たちを選び、その方たちが
語った内容の一部をご紹介することにします。


尚、今号の特集は36ページ(24~59ページ)と、
通常号の1.5倍のボリュームがあるためか、
「編集長インタビュー」が掲載されていません。
そのため、毎週投稿している、「日経ビジネスの
インタビュー」は、今特集の「大トリ」を飾る、
京セラ・日本航空名誉会長、稲盛和夫さんにいた
しました。

ブログは→
日経ビジネスのインタビュー(152) 経営と美徳を広める導師




遺言 日本の未来へ

遺言 日本の未来へ

(『日経ビジネス』 2014.12.29 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2014.12.22 号 PP.024-025)




第1回は、
「第1章 未来の経営者へ」を取り上げました。


第2回は、
「第2章 未来の創造者へ」を取り上げます。


最終回は、
「第3章 未来のリーダーへ」
「第4章 未来の日本人へ」
をご紹介します。


全3回にわたって『日経ビジネス』の特集を
2014年の年末から2015年の年始にかけて
お伝えすることになります(2014年12月31日~
2015年1月2日)。




『日経ビジネス』編集部が選んだ、戦後のリーダー
たちは、起業家、経営者、俳優、政治家、学者、作家、
ファッションデザイナー、元国連職員、登山家、脚本家、
高僧、侍従長、現役助産師、長崎被爆者語り部
と多士済々です。


34名の方々全員の「遺言」をお伝えすることは
できませんが、お名前(肩書)は全員ご紹介します。


さらに、今回は、各界の方々が語った「遺言」に
個別にコメントすることはやめ、各章ごとに総括的
に私の考えを語る、という形式にします。


また、各章の最初に、『日経ビジネス』編集部が
選んだ戦後のリーダー全員のお名前と肩書を
掲載します。


尚、日経ビジネスオンラインで、
連載「遺言 日本の未来へ」が2015年1月5日
からスタートし、インタビューの詳細を掲載して
いくそうです。ぜひご覧ください!

日経ビジネスオンラインのサイトは→
http://business.nikkeibp.co.jp/




では、本題に入りましょう!


第2章 未来の創造者へ

佐々木正(新共創産業技術支援機構
       (NPO法人)理事長)
仲代達矢(「無名塾」主宰、俳優) 
森英恵(ファッションデザイナー)
樫尾幸雄(カシオ特別顧問)
鈴木喬(エステー会長)
佐藤安太(ライフマネジメントセンター(NPO法人)理事長)
大塚正富(大塚製薬特別顧問)
<注:赤文字のお名前の方々の「遺言」を
ご紹介します。>


1人目は、新共創産業技術支援機構(NPO法人)
理事長の
佐々木正さんです。



『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.036



新共創産業技術支援機構(NPO法人)
理事長 佐々木正 氏

電子立国の父


 もう、これが最後と思って、遺言として皆様に

 伝えておきたいことをお話しします。

 真空管の専門家だった私は戦争中、陸軍の

 登戸研究所で殺人光線の研究に動員させて

 いました。大本営はマイクロウェーブを人間に

 向けて照射すれば兵器となると考えたんです

 ね。

 
 終戦間際になって研究所は諏訪に移転しま

 した。

 大本営からは早く実験を成功させろと急かされ

 ており、米国人の囚人を使った実験の計画まで

 用意されていました。終戦を迎えたのは、その

 実験をする直前でした。

 実際に人体実験をしていたら、軍法会議にかけ

 られていたかもしれません。


 軍法会議を免れた私は、その後、半導体の研究

 に身を投じました。


 当時、私が働いていた神戸工業(現富士通テン)

 には、後にノーベル賞を受賞する江崎玲於奈くん

 もいて、神戸工業は日本で最初にトランジスタを

 生産した会社となりました。

 その後シャープに転職し、新たなMOS(金属酸化

 膜半導体)と呼ばれる半導体を設計しました。

 MOSの特徴は、大幅な小型化が可能なことです。

 
 振り返れば私は、真空管、半導体、液晶、太陽

 電池と、一貫して「エレクトロン(電子)」の世界に

 身を置いてきました。幸いにも、こうして数えで

 100歳まで生きてこられたわけですが、死ぬまで

 にこれまで生かしてくれた恩に報いたいと思って

 います。

 それは、老化の原因である細胞の「酸化」を食い

 止める「還元」の技術を確立するための活動を

 支援することです。酸化という現象は、細胞の

 外に「電子」が出てしまうことで起こります。

 それなら、「電子」を再び細胞の中に入れること

 ができれば、酸化の進行は止めることが理論上

 はできるはずです。


 生きている人間はどうなるのか。私たちの子孫

 はどうなるのか。この大問題を解いていかな

 ければなりません。

 生命の寿命を延ばす可能性を秘める還元の

 技術は、その解の一つになるのではないでしょう

 か。


 生命が生き延びる「場」さえ維持できれば、そこで

 世の中を良くするイノベーションは必ず生まれます。

 
 私は残された時間を使って、「地球生命を考え、

 地球を救う会」を作ろうと思っています。そして、

 皆さんの奮起とその成果を期待しつつ、この世を

 去っていきたい。
 

  (P.037)



2人目は、「無名塾」主宰、俳優の
仲代達矢さんです。



『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.038



「無名塾」主宰、俳優 仲代達矢 氏
銀幕の闘士


 戦後、芸能の世界では強い個性が輝いた時代が

 ありましたね。三味線弾きから勝新太郎が現れ、

 歌舞伎界から萬屋錦之介が来た。自分も含めて
 
 みんな譲らないんですよ。「こうやる」と決めたら、

 三國連太郎なんかは監督の言うことすら聞いちゃ

 いない。溝口健二なんていう人は衣装合わせに

 半年かけて、黒澤明はワンカットの撮影に10日

 もかける。こうやって作りこんだ作品だから、

 上映するとお客さんが並んだんでしょう。

 昔の役者はよくケンカしましたよ。ただ、それは

 プロ意識の表れでもあった。


 当時と比べると、今はプロとアマチュアの境がなく

 なってきましたよね。テレビの普及で、芸能の世界

 でも効率化が進んだからでしょう。


 娯楽性ばかりを追い求める作品が量産されて

 いった。

 エンターテインメントには娯楽性も大切です。

 しかし、作品を通じて命や生きることを真剣に問う

 姿勢も忘れてはなりません。


 効率化の時代だからこそ、それを超えるものを作ら

 なくちゃいけない。それが、80を過ぎた老いぼれ

 役者の役目でもある。そう思っているんです。
 

  (P.038)



第2章の最後は、ファッションデザイナーの
森英恵さんです。



『日経ビジネス』 2014.12.29 号 P.039



ファッションデザイナー 森英恵 氏
日本を世界に認めさせた「蝶」


 1961年、ニューヨークに初めて行った時、

 デパートの地下で日本製のブラウスがたった

 1ドルで売られていたの。

 「メード・イン・ジャパン」は安物の象徴だった

 のです。

 しかも、オペラ「マダム・バタフライ」を見に

 行くと、主役が畳の上を下駄を履いて歩い

 ていた。

 許せませんでした。恥ずかしさと、怒りが

 込み上げてきました。


 「蝶」の柄をデザインに使ったのは、「マダム・

 バタフライ」で頭にきていたからです。私も

 若かったんですね。

 でも、アメリカは懐が深かった。戦争に負けた

 日本人、日本の女性が洋服を作ることが珍し

 かったのでしょう。経営者にもハリウッドスター

 にも、大統領にも気に入られました。その後の

 パリ、オートクチュール界での成功は、アメリカ

 での評価があってこそです。


 文化とは、オートクチュールのような職人の世界

 があってこそ、日々、新しいものが生み出される

 ものです。毎日毎日、新しいものが出てこないと、

 文化はダメになります。

 コンピューターを使うのは必要ですが、使われて

 はいけません。いろいろな良い伝統が消えてしま

 いそうです。日本は、本当に素晴らしいですよ。

 みんなで、日本のいいものを守るように、頑張り

 ましょう。世界では、自分のルーツがしっかりして

 いないと戦えません。 
 

  (P.039)






この章のキーワードは、
プロフェッショナルの気概です。


新共創産業技術支援機構(NPO法人)理事長の
佐々木正さんは、2015年5月に100歳になら
れるそうです。


佐々木さんがシャープの副社長当時の、有名な
エピソードがあります。


ソフトバンク社長の孫正義さんがソフトバンクの
礎を築いた会社を創業する前に、孫さんが発明
した、「音声機能付き他言語翻訳機」をシャープ
は1億円で購入したことです。


孫さんは、当時の資金を元に起業しました。
シャープは、「音声機能付き他言語翻訳機」を
製造することはできませんでしたが、数十年後、
その技術を「電子辞書」の製品化に生かすこと
ができ、元が取れました。


佐々木さんは、孫さんの創業期に支援しました。
佐々木さんは、「先見の明」を持つプロ技術者
であり、プロ経営者です。




仲代達矢さんは、「無名塾」を開設し、若手役者を
育成することに力を注いでいます。


「今はプロとアマチュアの境がなくなってきました
よね」
という仲代さんの言葉は、役者の世界だけのこと
ではなく、民間企業や官公庁においても当てはまる
ことです。


その言葉の裏に、プロフェッショナルの気概
を感じました。




森英恵さんは、日本製のブラウスが「安かろう
悪かろう」という扱いをされ、「畳の上を下駄を
履いて歩いていた」という、日本文化を軽蔑する
ような扱いに、怒り心頭に発しました。


そのことが発端で、日本のデザインを認めさせ
ようと奮闘努力し、遂に時の大統領にも気に入ら
れるまでになりました。


その背景には、プロフェッショナルの気概
が存在していたに違いありません。


日本人としての誇りを失ってはいけない、
とつくづく思いました。と同時に、日本人の
保守化が進行し、このままでは新しいもの・
ことへの挑戦はなくなってしまうのではないか、
と心配になってきました。


「常に挑戦者であれ」、という気持ちを失って
はいけない、という強い気持ちを抱きました。


身に付けたことに胡座(あぐら)をかき、自分
との戦いに勝つためには、チャレンジし続け
ていかなければなりません。


そうしなければ、いずれ近いうちに、奈落の
底に突き落とされる運命が待っているかも
しれません。




通常号と異なり、大半を独り語りで、「遺言」を
残すという形態を取り、『日経ビジネス』編集部
は前面には姿を現さないという、姿勢を最後まで
貫き通しています。


それは、各人の「遺言」の中身が重要である、
と考えているからに他なりません。


「遺言 日本の未来へ」第2回はいかがだった
でしょうか?


年末年始のお忙しい最中、ぜひ、読んでいただき
たい、という強い気持ちを込めて、特集記事の
ブログの最終回を書いていきます。



最終回は、
「第3章 未来のリーダーへ」
「第4章 未来の日本人へ」
をお伝えします。


ご期待下さい!!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。