スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を脅かす 第4次産業革命 米独印、次の勝者は誰だ 2015.01.05 <1>



日経ビジネスの特集記事(89)

日本を脅かす
第4次産業革命
米独印、次の勝者は誰だ
2015.01.05



今週の特集記事のテーマは

製造業の覇権は渡せない――。
2015年、史上4度目となる産業革命が幕を開けた。
先陣を切ったのはドイツ。産業界と政府がタッグを組み、
「つながる工場」で先行する。
インドは虎視眈々と「下克上」を狙い、ITの巨人が主導
する米国が待ったをかける。
一方、モノ作り大国を自認する日本はスタート地点で
足踏みしたままだ。
革命の渦はあらゆる企業を巻き込み、世界の産業構造
を根底から覆し始めた 
 (『日経ビジネス』 2015.01.05 号 P.024)

ということです。




日本を脅かす 第4次産業革命 米独印、次の勝者は誰だ

日本を脅かす 第4次産業革命 米独印、次の勝者は誰だ

(『日経ビジネス』 2015.01.05 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.01.05 号 PP.024-025)




第1回は、
「PROLOGUE 『日本抜き』の産業革命が始まる」
「PART 1 革命の火蓋切ったドイツの焦りと決意」
を取り上げます。


第2回は、
「PART 2 インドが仕掛ける下克上」
「PART 3 GEの独走を許すな モノ作りの頭脳争奪戦」
を取り上げます。


最終回は、
「PART 4 トヨタが“下請け”になる日」
「PART 5 馬車のままでは置き去りにされる」
をご紹介します。



世界の産業を米国がリードし、21世紀も米国が主導権
を握りそうな状況にドイツは危機感を抱き、いち早く
第4次産業革命の狼煙を上げました。


一方、「IT(情報技術)は米国が世界一」
と米国産業界の誰もが確信に満ちています。


IoT(Internet of Things=モノのインターネット)という
概念が提唱されるようになった現在でも、「米国が世界一」
と、いっそう自信を深めています。


IoTとは、あらゆるモノとモノがインターネットでつながり、
そこから得られる膨大なデータ(ビッグデータ)を解析する
ことで、ハードの潜在能力をソフトによって飛躍的に高める
ことが可能になる、という概念です。


ICT(情報通信技術)の巨人が林立する米国は、他国との
競争だけでなく、自国内の強力なライバルとの熾烈な競争
に日夜晒されています。そうした環境が、強者をさらに強化
している、と私は考えています。切磋琢磨しているのです。


そうした中、IT(情報技術)の世界に台頭してきたのは、
インドです。「0(ゼロ)の発見」で知られるインド人は、数学
の能力が突出した人たちが大勢います。数学の力を利用
し、ソフトウェアの開発で目覚ましい成果をあげています。


モノ作り大国を自認する日本はどうでしょうか?
米独印と比較すると、スピード感が乏しいという印象は
否めません。日本の大企業が、外国企業の「下請け」に
成り下がってしまう可能性は、ゼロではありません。


産業界では、インターネットと、ビッグデータ解析をベース
にしたAI(人工知能)、3次元データを活用しモノ作りに
有効な3Dプリンターを使えば、今まで無名な企業でも
一気に業界トップに並んだり、踊り出ることも不可能では
ありません。


良くも悪くも、凄い時代になったものです。
私たち消費者に必要なことは、第4次産業革命の行くえを
しっかり見つめていくことです。


先進国と新興国との格差は、IoTを活用することによって
一気に縮めることが可能になった、という事実を認識する
べきです。


国内の瑣末な事象に気を取られているうちに、外国企業に
よって日本企業がM&A(合併・買収)の餌食になったり、
経営破綻に追い込まれる事態も想定しておかないといけ
ない時代になった、と考えています。


今まで安泰だったからこれからも永遠に大丈夫だ、という
安易な考え方はもう捨てた方がいい、と思います。


「優秀な」あなたでも、「明日から出社しなくていい」と肩を
叩かれる日は来ない、とは断言できなくなった、と考える
べきです。




【お知らせ】
前回の特集「遺言 日本の未来へ」に関して、
日経ビジネスオンラインで、
連載「遺言 日本の未来へ」が2015年1月5日
からスタートしました。


インタビューの詳細を掲載しています。
ぜひご覧ください!

日経ビジネスオンラインのサイトは→
http://business.nikkeibp.co.jp/




では、本題に入りましょう!


PROLOGUE 「日本抜き」の産業革命が始まる


まず、過去3回の産業革命と、4回目の産業革命
を概観してみましょう。


『日経ビジネス』は下図にまとめています。
ひと通り見てみましょう。



『日経ビジネス』 2015.01.05 号 P.026




『日経ビジネス』 2015.01.05 号 P.027



1回目の産業革命は、18世紀に英国が覇権を握った、
「蒸気機関」が象徴的です。


2回目の産業革命は、20世紀初頭に米国が覇権を握った、
大量生産を可能にした「電気エネルギー」
象徴的です。


3回目の産業革命は、20世紀後半に「カイゼン」を駆使した
日本の製造業が、世界中から注目され、
「コンピューターによる自動化」
(産業用ロボットを含む)
が象徴的です。


4回目の産業革命は、2015年から始まります。
どこが覇権を握るのか。米独印か。はたまた日本でしょうか?
あるいは、全く想定されていなかった国でしょうか?
いずれにせよIoT産業革命と言えます。



すでに、4回目の産業革命の覇権の争奪戦は、始まって
います。IoT産業革命によってどう変わるのでしょうか?


『日経ビジネス』は3つの大転換がある、と指摘しています。


 1つ目は、単一製品の大量生産時代が徐々に

 終焉へ向かうことだ。

 カスタムメードを大量生産する時代が到来

 する。その先頭を走ろうとしているのがドイツだ。

 次は、クルマなどのモデルチェンジの概念が

 変わる。

 ネットなどで集めた消費者ニーズを基にソフトを

 アップデート
し、まるでスマートフォンのように

 モノを進化させる。


 これら2つの変化で主導権を握れるかどうかで、

 主従が逆転する。これが、3つ目の変化である。

 膨大なデータを操るIT企業が製品開発を指揮し、

 製造会社を下請けのように使う時代も現実味を

 帯びてくる。

 そして、国家間の下克上が始まる。
 

  (P.027)


こうのような世界の動きに対して、日本や日本企業は
第4次産業革命の中核に位置することはできるのか、
ということに注目が集まります。


その点について、『日経ビジネス』は冷徹に断言します。


 これから到来する第4次産業革命の中核に、

 残念ながら日本の姿は見えない。 
 

  (P.027)


次のPART1で、ドイツの実情を見てみることにしましょう。




PART 1 革命の火蓋切ったドイツの焦りと決意

この章のキーワードは、
マスカスタマイゼーション
です。


『日経ビジネス』取材は、ドイツ南部にある人口
4万4000人の小さな町、アンベルクへ飛びま
した。


この小さな町に何があるのかと言いますと、
ドイツを代表する企業の一つであるシーメンス
の工場があります。


1989年秋に建設されたこの工場は、生産性が
劇的に変わったということです。


 四半世紀後の2015年。この工場では

 今もなお、当時とほぼ変わらぬ1000人

 超の従業員が働く。工場建屋の広さも

 1万㎡と全く同じだ。しかし、生産台数は

 8倍の年1200万個に、品目数は1000

 種類以上と5倍に増えた。かつてと異なり、

 「シーメンス通り」に面した工場からは

 ドイツ国内ばかりでなく、世界中に製品が

 出荷されていく。
 

  (PP.028-029)


具体的にはどのようなことをするのでしょうか?


 具体的にはIoTを核に、ロボットや3Dプリンター

 などドイツが強みを持つ生産技術を、社内外

 でつなぎ合わせる。大量生産とほとんど変わ

 らないコストでオーダーメードの商品を作る

 「マスカスタマイゼーション(個別大量生産)」

 の実現が一つのゴールだ。
 

  (P.029)


ここで考えなければならないことは、ドイツはなぜ
第4次産業革命の覇者になるべく、先鞭をつけた
のか、ということです。


 製造業の競争力が失われるのではという

 焦りが、この国で急速に広がっているためだ。
 

  (P.030)


ドイツと言えば、カメラの名機と呼ばれる「ライカ」が
あります。ライカで戦場での数々の決定的瞬間を
撮影した戦場カメラマンの、ロバート・キャパが有名
ですね。


ですが、現在は日本のキャノン、ニコンの2社が
世界のカメラ市場を寡占しています。


カメラ産業に限らず、ドイツから消えた産業は
少なくないと言います。


 カメラやビデオなど、ドイツの企業や研究所が

 先鞭をつけながら、いつの間にかドイツから

 消えた産業は少なくない。機械用のコンピュー

 ターでは競争力を保っているシーメンスも、

 携帯電話からは2005年に撤退した。
 

  (P.030)


ドイツの危機感は相当なものであることは想像に
難くありません。
その危機感をバネに、国と産業が一緒になって、
前進していこうと決断したのです。


 GDP(国内総生産)の24%を製造業に依存する

 ドイツでは、モノ作りでの敗北は国家の衰退と

 同義だ。

 ならばいっそ、世界で誰も成し得ていない

 マスカスタマイゼーションを実現して「大量生産

 での競争」を迫られる時代に終止符を打って

 やろう。ドイツはこう、決意した。自国の製造業

 が強さを発揮できる新しい世界を作り、モノ作り

 を守りきろうとしている。
 

  (P.030)


コンピューターや産業用ロボットを駆使し、
「マスカスタマイゼーション」を行っていく場合、
労働者の削減につながるのではないか、
と考えてしまいますね。


その点はどうなのでしょうか?


 設備と製品だけでなく、「人」もラインとつながる

 のがミソだ。
 

  (P.031)


さらに、次のような話があります。


 ボッシュのヴェルナー・シュトルト取締役は

 「孤立していた島(機械や人)に橋をかければ、

 人は製品に価値を加える仕事に特化できる」

 と言う。


 IoTによって引き出した人の力をフル活用する

 ことで、「2015年中に、生産機種の切り替え

 にかかる時間を0秒にできる」と、工場責任者

 のフランク・ヘス氏は言う。
 

  (P.032)



「産業革命」に当事者として向き合う企業が増えてきた

「産業革命」に当事者として向き合う
企業が増えてきた

『日経ビジネス』 2015.01.05 号 P.032




生産技術として世界的に有名なものは、トヨタ生産方式
です。別名カンバン方式と呼ばれるもので、必要最小限
の部品を使い、生産性向上を高めるものでした。
「乾いた雑巾を絞る」という喩えも使われました。


トヨタ生産方式を凌ぐことが可能になる、とドイツ企業は
考えています。


 トヨタ生産方式はあくまで大量生産を念頭に置い
 
 ていた。インダストリー4.0は一歩進んで、人の

 つながりだけでは成し得ないマスカスタマイゼー

 ションの時代を拓く。

 ドイツが舵を切るのは、そこに大きな需要があると

 見ているためでもある。


 カスタムメードは高いという常識が覆れば、消費者

 であれ企業であれ、それを求めるようになるという

 確信があるのだ。
 

  (P.033)


日本企業そして日本は、国内問題ばかりに
気を取られているう間に、世界の動きについて
いけず、置き去りにされる危険性があります。





次回は、
「PART 2 インドが仕掛ける下克上」
「PART 3 GEの独走を許すな モノ作りの頭脳争奪戦」
をお伝えします。

ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
125位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。