スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「円安の未来」を生き抜く 1ドル150円経営 2015.01.12 <1>



日経ビジネスの特集記事(90)

「円安の未来」を生き抜く
1ドル150円経営
2015.01.12



今週の特集記事のテーマは

円安が進み、昨年末に1ドル=120円台の水準に
突入した。
アベノミクス継続で、中長期的な円安トレンドは
間違いない。
果たして、企業はどこまでの円安を覚悟しているのか。

2020年に1ドル150円――。
アジア通貨危機を超える25年ぶりの円安水準を
見込むのだ。
「円安の未来」を生き抜く新しい経営モデルに迫る
 (『日経ビジネス』 2015.01.12 号 P.027)

ということです。




「円安の未来」を生き抜く ドル150円経営

「円安の未来」を生き抜く
ドル150円経営

(『日経ビジネス』 2015.01.12 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.01.12 号 PP.026-027)




第1回は、
「プロローグ 動き出した150円工場」
「PART 1 120円突破が呼ぶ パラダイムシフト」
を取り上げます。


第2回は、
「PART 2 もう円安は怖くない 先進企業の秘策」
を取り上げます。


最終回は、
「COLUMN 1」「COLUMN 2]
「PART 3 逆転の『円安経営』 新陳代謝の好機に」
をご紹介します。



まず、貿易収支についてお伝えします。

本題に入る前に、日本は貿易収支が大赤字になって
いる現実に、目を向けてほしいからです。


直近の外国為替レートを確認しておきましょう。

主な市場指標

主な市場指標




1米ドル=118円です。


世界の中で見て、日本の貿易収支は、どのような位置
づけなのか、確認しておきましょう。


アベノミクスで円安誘導政策が推進された結果、現在の
日本の貿易収支は大幅な貿易赤字です。


貿易収支 = 輸出額 ー 輸入額


日本の貿易収支の推移

日本の貿易収支の推移 世界経済のネタ帳から



上図では2012年までの推移しかでていません。
その後の日本の貿易収支がどうなっているのか、
は下記のページをご覧ください。


世界の貿易収支ランキング
(私のブログ「こんなランキング知りたくないですか?」 から)





では、本題に入りましょう!


プロローグ 動き出した150円工場

生活雑貨などの製造販売で成長著しい、「アイリス
オーヤマ」で知られるアイリスグループの事例を
ご紹介します。


 「1ドル=130円、140円・・・。いや、1998年

 当時の147円が再来するのではないか」――。

 生活雑貨などの製造販売で年間2670億円以上

 を売り上げるアイリスグループ。日本だけでなく

 中国や欧州、米国にも販路を持つ同グループを
 
 率いる大山健太郎会長の目に今映るのは、

 150円近くにまで進行する「最悪」の円安の世界だ。 
 

  (P.028)


先に、直近の外国為替レートを見ていただき
ました。1米ドル=118円でした。


このレートから考え、150円は非現実的なこと
のように感じられますが、米国のイエレンFRB
(連邦準備制度理事会)議長の最近の発言を
考慮すると、好調な米国は利上げを実施する
可能性が高まっています。


もし、利上げが実施されれば、世界中のカネが
米国に流れ込んできます。そうなると米ドルを買う
ために自国通貨を売るという循環ができます。
さらにドル高が進行します。


日本円は売られ、米ドルが買われるため、円安が
進行することになります。


アイリスグループの大山健太郎会長

アイリスグループの大山健太郎会長

(『日経ビジネス』 2015.01.12 号 P.029)



大山さんは次のように考えています。


 「とにかく円高になる理由がない。だからこそ

 今後も円安が進むことを想定して経営の舵取り

 をする」。大山会長はきっぱりと言い切る。
 

  (P.028)


アイリスグループの足元の業績は好調です。
ですが、現状にあぐらをかいていることは危険です。


 アイリスグループの売り上げは、その約半分を

 内需企業であるアイリスオーヤマ単体が占める。

 同社は商品のほとんどを中国などで生産して

 いるため、円が1円安くなるごとに約8億円の

 コストアップとなる。

 現在の120円から150円まで円安が進めば、

 単純に計算しても240億円のコスト増になる。

 目を背けたくなるような事態だが、最悪の状況

 を想定して手を打ってこその経営者だと、大山

 会長は考えている。
 

  (P.028)


アイリスグループは、LED(発光ダイオード)ライトの
販売も自社で製造・販売しています。


LEDは中国などで製造することが一般的ですが、
アイリスグループはパナソニックの子会社から2011
年に買い取った佐賀県鳥栖市の工場で製造して
います。


昨(2014)年1月、大山さんは一つの決断をしました。


 「鳥栖工場のLED(発光ダイオード)ライトの

 生産ラインを増設する。これから来る円安に

 備えるぞ」

 増設されたLEDライトの生産ラインでは、人の

 代わりにロボットアームが順調に組立作業を

 進めていた。

 このロボットアームの存在が「150円工場」の

 要だ。日本向けLEDライトの9割を生産して

 きた中国大連の工場では、組み立ては人が

 担当している。しかし、中国と同じことをやって

 いては国内回帰の意味がない。
 

  (PP.028-029)


日本国内で製造するためには、人件費の高い
「人」に代わって「ロボットアーム」を使うことに
なります。


一般的には、工場は人手が足りないと言われて
います。求人しても「人」が集まらないという見込み
あれば、「ロボットアーム」の導入が増加する、
と考えるのはきわめて自然のことです。


そうは言っても、ロボットアームは高額です。
それでも導入する理由があります。


 最新鋭のロボットアームは高額だ。

 増産のための設備には全体で数十億円の

 資金を投入した。しかし、150円近くまで

 円安が進んで240億円の為替差損が発生

 することを考えれば、決して高い買い物では

 ない。大山会長は本気で150円近くの円安

 を想定しているのだ。 
 

  (P.029)




PART 1 120円突破が呼ぶ パラダイムシフト 

この章のキーワードは、地産地消です。


「日経ビジネス」は、「2020年の為替レートはどう
なるのか」というアンケートを実施し、232社から
回答を得ました。


その結果を集計したのが、下図です。

企業はさらなる円安の進行を予想

企業はさらなる円安の進行を予想

『日経ビジネス』 2015.01.12 号 P.030



「日経ビジネス」の開設を見てみましょう。
2014年末と2020年(予測)とは大きく異なります。


 最も多かったのは「120~124円」で、

 回答企業の3割を占めた。目を引くのは

 125円以上の円安を予想する企業が3割

 弱に達したことだ。「150円」を予想する

 企業も3社あった。
 

  (P.031)


では、ターニングポイントはどこにあるの
でしょうか?


 ターニングポイントはどこなのか。

 「販売」「調達」についての回答から、

 1つの数字が浮かび上がってきた。

 「1ドル=120円」。
 

  (P.031)


今後、円安が進行すれば価格改定は避け
られない見通しです。


 既に多くの企業が、円安基調を受けて経営

 戦略の見直しに着手した。最も顕著な例が、

 価格改定など販売戦略の見直しだ。

 電力・ガス、食品、外食、紙、ガラス――。


 多くの企業が原材料購入時の急速な為替

 変動に対して、当面のリスクを避けるために

 為替予約を採用している。だが、その期間は

 一般的に半年程度のため、今年から円安の

 影響が顕在化する見通しだ。
 

  (P.031)


為替変動を身近に感じるのは、食材でしょう。
原材料の大半を輸入に頼る日本は、円安基調
が続く見通しであることから、値上げが相次い
でいます。


値上げのため、来客数は減少していくのでは
ないか、と推測されますが、現実にはどうなの
でしょうか?


値上げを消費者に納得してもらう説明ができるか
どうかにかかっている、と思います。



 「餃子の王将」をチェーン展開する王将

 サービスは昨年9月11日、全店で餃子

 やラーメンなど40品目以上を5~10%

 値上げすると発表。直後に主力製品の

 餃子とラーメンの原材料をすべて国産化

 すると決断し、同10月8日に切り替えを

 完了した。
 

  (P.030)


2014年4月から、消費税が5%から8%に
なり、さらに値上げのダブルパンチで、消費者
にとって厳しさが増しています。


原材料は外国産から国産へのシフトが行われて
いますが、この流れが本格化するのでしょうか?


 ダイキン工業やクラリオンなどは生産を

 中国から日本に一部移したが、基本的に

 国内需要分にとどまる。行き過ぎた空洞化

 の揺り戻しというのが実態だ。
 

  (P.033)


今回のアンケートの回答から浮かび上がってきた
ことで、ひときわ目を引くことがあります。


地産地消を組み合わせていることです。


下図をご覧になると、その点がよく理解できる、
と思います。


黒は「生産に重点を置く地域」で、「販売に
重点を置く地域」
です。2つの数字が拮抗して
いれば、地産地消ということになります。


世界は「地産地消」の組み合わせに

世界は「地産地消」の組み合わせに

『日経ビジネス』 2015.01.12 号 P.034




 「生産拠点として重点を置く地域」「販売拠点

 として重点を置く地域」をそれぞれ3つずつ

 挙げてもらったところ、多くの地域で両者が

 拮抗した。回答を詳細に見ると、多くの企業が

 両方の回答に同じ地域を挙げており、需要地

 で生産する流れが鮮明となった。

 中でも、目を引くのが東南アジアだ。

 生産拠点としてのべ114社、販売拠点として

 のべ106社が重点を置くと回答した。

 新たな需要地として成長が期待されているのに

 加えて、中国の人件費高騰で生産地としての

 競争力が増している。


 国内での地産地消モデルを構築する過程にある

 と言える。
 

  (P.034)



「日経ビジネス」は究極な質問をしています。
「円高か円安か」。


 「日本経済にとって望ましいのは円高か円安か」。

 この質問に対しては、74%の企業が「円安」と

 回答し、「円高」の26%を大きく上回った。



 共通するのは「急激な為替変動は好ましくない」

 (製造業)という声だ。緩やかな流れとして円安

 は歓迎しているが、足元の激しい変動への

 警戒感は強い。

 もっとも、為替はそもそもコントロールできない

 存在だ。
 

  (P.034)


では、150円はバラ色の未来なのでしょうか?


世界は「地産地消」の組み合わせに

世界は「地産地消」の組み合わせに

『日経ビジネス』 2015.01.12 号 P.034



専門家の話を聞いてみましょう。
果たして、150円はバラ色の未来なのか、
それともイバラの道なのでしょうか。


 第一生命経済研究所の長濱利廣・主席

 エコノミストの試算によると、120円を

 基準に150円まで急激に円安が進んだ

 場合、実質GDP(国内総生産)は現在より

 も0.6%押し上げられるという。しかし、

 「150円になってもプラス効果はそれ

 ほどない」と感じる人は多いだろう。

 その理由は輸出と輸入のバランスに

 ある。

 長濱氏の試算では、150円になると輸出

 は11%(金額ベース)増える一方、輸入

 はそれを上回る13.3%の伸びを示す。

 日本経済は原材料や燃料などを輸入に

 頼る割合が多くなっているため、円安に

 よる輸入価格の増大が輸出額によるプラス

 効果を打ち消す構図だ。


 日本総合研究所の山田久チーフエコノミスト

 は、円安効果に対してさらに厳しい見方を

 している。山田氏によると、105円よりも

 円安が進めば、貿易面ではマイナスの効果

 の方が大きくなる。100円を基準として円

 相場が130円まで下落すると、「貿易収支

 赤字を8000億円ほど膨らませる」という。

 円相場の下落が日本経済にとってプラスとは

 言い切れない状況になっているのは確かだ。


 エコノミストや市場関係者の間では、円安局面

 が当分は続くという見方が大勢を占める。
 

  (P.035)


では、海外に生産拠点を移した企業は、国内回帰
するのか、という問題があります。


 では、150円に迫る円安で企業の行動はどう

 変わるのだろうか。本誌のアンケートでは調達

 や販売には変化の兆しが見えてきたものの、

 生産の国内回帰は容易に見込めないという

 結果が出ている。


 大和総研の小林俊介エコノミストは「アジア地域

 の方が相対的に人件費が安く、200円といった

 極端な円安水準でなければ生産は国内に回帰

 しないだろう」と指摘する。
 

  (P.035)


「日経ビジネスの特集記事」を書くにあたり、
冒頭で、日本が貿易収支赤字に陥っていることを
お伝えしました。


貿易収支を確認しておきましょう。

貿易収支 = 輸出額 ー 輸入額

輸出額が増加しても、輸入額も単に増加するだけ
でなく、さらに輸入額が輸出額を上回るのです。
つまり、貿易収支赤字が拡大するということです。


私たちも為替の動向に注視していく必要があり
そうです。




次回は、
「PART 2 もう円安は怖くない 先進企業の秘策」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。