スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どん底から世界一へ LEGO グーグルも憧れる革新力 2015.02.16 <1>



日経ビジネスの特集記事(95)

どん底から世界一へ
LEGO
グーグルも憧れる革新力
2015.02.16



今週の特集記事のテーマは

3歳の幼児から米グーグルの創業者、米航空宇宙局(NASA)まで――。
年間7500万人超のファンを熱狂させている玩具メーカー、
レゴの勢いが止まらない。
9期連続の増収増益を更新中で、今や玩具世界最大手の地位も
手に入れた。
このデンマーク企業が作るプラスチックのブロックが、
なぜここまで支持されるのか。
そこには、レゴがこの10年で構築した、イノベーションを継続的に
生む仕組みがある。
復活を遂げたレゴの教訓は、日本企業の革新力を呼び覚ます
処方箋になる
 (『日経ビジネス』 2015.02.16 号 PP.024-025)

ということです。




どん底から世界一へ<br />LEGO<br />グーグルも憧れる革新力

どん底から世界一へ
LEGO
グーグルも憧れる革新力

(『日経ビジネス』 2015.02.16 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.02.16 号 PP.024-025)



レゴブロックで INNOVATION(革新) という文字が
デザインされています。


LEGOに簡単に触れておきましょう。


 プラスチック製のブロック玩具メーカー。

 デンマークの都市ビルンで1932年に創業。

 非上場で創業家が株式の75%を保有。

 25%は教育事業などを展開するレゴ財団が

 持つ。2013年12月期の売上高は253億
 
 デンマーク・クローネ(約4310億円)。

 営業利益が83億デンマーク・クローネ

 (約1410億円)。「LEGO」は「よく遊べ」を

 意味するデンマーク語「Leg Godt」から取った。
 


 (『日経ビジネス』 2015.02.09 号 P.025)


LEGO社は非上場ですが、超優良企業ですね。
売上高営業利益率は実に、32.8%です。
後ほど出てきますが、ROE(自己資本利益率)は、
驚異的な58.4%です。


第1回は、
「グーグルも羨む創造力と成長力」
を取り上げます。


第2回は、
「PART 1 ヒット連発、組織に秘策」
を取り上げます。

第3回は、
「PART 2 制約が革新を生む」
「Interview ヨアン・ヴィー・クヌッドストープCEO
(最高経営責任者) 革新にカリスマはいらない」
「PART 3 レゴに学ぶ 脱・陳腐化へ、3つの教訓」
をお伝えします。





LEGOのキーワードは4つです。
揺るぎない価値観
絞り込み
仕組み
試行錯誤
(『日経ビジネス』 2015.02.09 号 P.036)



『日経ビジネス』の今週の特集記事は、ロンドン支局
の2人の記者の手によるものです。
1人は日本人男性で、もう1人は英国人(?)女性です。


今までほとんど、LEGO社の内部が紹介されたことは
ありません。それだけにとても興味深く読みました。


尚、記事だけでなく、「日経ビジネスオンライン」上に、
工場内部に入ることを許可された記者の報告が掲載
されていますので、最後にリンクを張っておきます。
こちらを見るだけでも、興味をそそられますよ。



では、本題に入りましょう!


 グーグルも羨む創造力と成長力 

『日経ビジネス』は、一見すると関係なさそうなグーグルの
話からスタートしています。


 世界有数のイノベーション企業、米グーグルの

 ロゴに使われている「赤」「青」「黃」の3原色。

 あまり知られていないが、実はこの配色、レゴの

 基本ブロックから着想を得ている。

 2人の創業者、セルゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ

 氏はレゴの大ファン。

 「レゴは創造力を活性化する素晴らしいツール」

 と公言し、社内にはアイデアを誘発するための

 「レゴ広場」まで用意した。


 昨年、念願のレゴとの業務提携を果たした。

 現在開発しているスマートフォンも、コンセプトは

 「レゴのように組み立てられる」だ。
 

  (P.026)


確かにそう言われてみますと、グーグルのロゴに
使われているカラーは、レゴブロックによく似ている
な、と気付かされました。


グーグルのロゴには、光の3原色「赤」「緑」「青」に
レゴブロックの象徴的な色、「黃」を加えた4色です。






レゴは、子供向けの「教育玩具」と思い込んで
いました。


ところが、今回の特集記事を読んで、考え直す
ことになりました。


幼児からグーグルの創業者まで熱狂させる、
「創造性」と「革新力」を生み出すツールである
ということです。かなり説得力を持つ内容でした。



 教育現場でも、レゴは新たな学習ツールと
 
 して存在感を発揮する。座学で知識を詰め

 込む受け身の教育に対し、昨今注目を集め

 ているのが「経験教育」。各自の経験に基づく

 意見や考えを、自分なりの表現で披露する。

 その有力な表現手段として、レゴが脚光を

 浴びている。こうしたレゴ教材は、幼児教育

 から米航空宇宙局(NASA)の研修まで広がっ

 ている。
 

  (P.026)


さて、ここからがNo.1経済誌、『日経ビジネス』の
真骨頂です。


 ブロックという単純な玩具がなぜ、これほど

 世界に広がったのか。理由の一つは、

 「ブロックを組み立てる」という遊びのプロセス

 が、アイデアを具現化するのに最適な手段

 だからだ。
 

  (P.026)


レゴブロックは単純構造をしていますが、
組み合わせの数は膨大になります。



 2✕4ポッチのブロック2個で24通り、3個で

 1060通りになる。そして6個では1億通り

 以上。「何でも作れる」という自由度に、

 多くの人が無限の可能性を見いだしてきた。
 

  (P.026)


レゴRスクール http://www.legoschool.jp/edu/possibility.php
で調べてみると、
「6個で1億通り以上」どころか、なんと
「9億通り以上」になることが書かれていました。


9億1510万3765通りの組み合わせ



さらに、原色を使っている理由も書かれていました。



 レゴRブロックに鮮やかな原色が使用されている理由は、

 子どもの発達に色が非常に重要とされているからです。

 鮮やかな発色のブロックは子どもの健やかな成長を

 促します。
 

 (同ウェブサイト)



レゴが世界中で受け入れられている理由は、
何なのでしょうか?



 レゴが世界で受け入れられている理由。

 それは、ブロックを開発・製造しているレゴ

 という会社自体が、ヒット商品を生み続け、

 絶えず革新を遂げているからにほかなら

 ない。
 

  (P.027)


レゴが素晴らしい会社だと思うのは、大きな困難
に遭遇しながら乗り越え、成長を続けていること
です。



 直近5年の売上高は、年平均で21.5%も成長。

 2008年の金融危機をものともせず、米グーグル

 に匹敵するベースで成長を続けてきた。

 2014年上期には、売上高で「バービー」人形の

 米マテルを抜き玩具世界最大手の称号を手に

 入れた。通期では4500億円規模になる見込み

 だ。

 事業をブロックの開発と製造に絞り込み、

 ROE(自己資本利益率)で58.4%(2013年

 12月期)という、高水準の効率経営を実現。

 事業規模の拡大に伴ってブランド力も上昇し、

 米調査会社によるブランド信頼ランキングでは

 3年連続で世界10傑に入った。
 

  (P.027)



レゴの主要な経営指標を他社と比較したグラフが
ありますので、ご紹介しましょう。
これらのグラフを見ますと、企業の強さは、単なる
規模の大きさだけではないことが分かります。



売上高とROE(自己資本利益率)の比較

売上高とROE(自己資本利益率)の比較



売上高の年平均成長率と自己資本比率

売上高の年平均成長率と自己資本比率

(『日経ビジネス』 2015.02.16 号 PP.026-027)




『日経ビジネス』取材班の1人である、蛯谷 敏(えびたに・
さとし)さんが、LEGOのデンマーク工場内の取材許可を
得て、「日経ビジネスオンライン」に取材記事を公開して
います。その一部を掲載します。


リンクを張っておきますので、ぜひ、ご一読ください。
ブロックの製造工程の一部の動画もありますよ。


少し長くなりますが、概要は下記の通りです。


レゴ工場に潜入! ROE58%、超効率経営の心臓部
将来はファンの人気作品を自動的に製造へ


 工場は、クリスマスを除いて364日、24時間稼働。

 年間550億超といわれる全世界のブロック生産の

 約半分に当たる260億個を生産している。

 地元を中心に約800人の従業員が、2交代シフト制

 で業務に就いている。


 ブロックの材料となる、ABS樹脂から作られたプラス

 チック素材で、トラックで毎日工場に運ばれてくる。

 1日に使われる量は70~80トン。先のパイプを通って、

 工場内に24基ある巨大なサイロに貯蔵されていく。


 1回の成形にかかる時間は約10秒で、複数のブロッ

 クを同時に成形する。これを1年間繰り返し、年間

 260億個のブロックを生産する。


 現在、生産されているレゴブロックの「型」の種類は、

 約3000に及び、色の種類は55以上ある。


 レゴのパーツはすべてに識別子が割り当てられている

 ため、どのパーツがどこに保管されているかは、自動

 管理される。

 別室の倉庫にはパーツ42万箱が保管され、梱包・

 出荷を待っている。


 レゴブロックには全て固有の識別子が振られていると

 説明したが、この仕組を利用して、レゴでは数年前から

 ある壮大な構想を進めている。

 それが「LEGO IDEAS(レゴアイデアズ)」と呼ぶサー

 ビスである。このサービスは、端的に言えば「レゴの

 ファン同士が自律的に新製品を生み出す仕組み」を

 構築することにある。

 レゴは本来、子供向けの玩具だが、大人のファンも

 世界中に抱えている。

 彼らを囲い込み、社内では考えつかないような潜在

 需要を掘り起こす仕掛けを作ろうとしている。


 今後、ファンのレゴ作品を、オンライン上のバーチャル

 (仮想)空間で組み立てられるようにする計画がある。

 それが実現すれば、作品が完成した時点で「どのブロ

 ックがいくつ必要か」という情報を自動的に取得できる。

 その情報を工場に送れば、必要なブロックを即座に

 パッケージ化できる。


 今後、3Dプリンターが普及すれば、集荷・配送工程すら

 不要になり、ファンが自宅で3Dプリンターを使って必要な

 ブロックを生産する時代が来るかもしれない。

 その時、レゴの新しい製造モデルは大きな注目を集める

 可能性を秘めている。


 中核事業をブロック製造に絞り込み、見事に復活させた

 のが、現在のクヌッドストーブCEOだ。「レゴの唯一の事業

 はブロックの製造とその世界観の提案であり、これは今後

 も変わることはない」と断言する。レゴは、破綻の瀬戸際を

 経て、改めて自社の強みを再確認した。その競争力の源泉

 である製造工場は、今後も進化を続けていく。
 

  

 レゴ工場に潜入! ROE58%、超効率経営の心臓部
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150213/277451/?P=1
 から
 『日経ビジネス』 ロンドン支局 記者 蛯谷 敏さん 





LEGOの4つのキーワードを確認しておきましょう。

揺るぎない価値観
絞り込み
仕組み
試行錯誤
(『日経ビジネス』 2015.02.09 号 P.036)





次回は、
「PART 1 ヒット連発、組織に秘策」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
98位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。