スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方創世 1122社調査で見えた 日本を救う子宝企業 2015.03.09 <2>


美容外科求人ガイド




日経ビジネスの特集記事(98)

地方創世 1122社調査で見えた
日本を救う子宝企業
2015.03.09



今週の特集記事のテーマは

あなたは会社の同僚や役員に何人の子供がいるか
ご存じだろうか。
普通は知らない。ましてや会社の平均子供人数は
知るよしもないだろう。
人口問題は日本の危機であり、政府も出生率向上を
政策でうたい始めた。
企業も育児政策の充実を競うが、子供の数はほとんど
把握していない。
まさに、大事な観点が抜け落ちている。
本誌は日本で初めて、ある企業に勤めると何人の子供
を持てるか調査した。
発覚した事実は、都会の大企業よりも地方の中小企業
が多数産めること。
特に東京の大企業では育児しない男性が少子化に
拍車をかけている。
子宝企業を増やすには、地方創世を通じて産める環境
の拡充が急務だ
 (『日経ビジネス』 2015.03.09 号 P.026)

ということです。




地方創世 1122社調査で見えた<br />日本を救う子宝企業<br />2015.03.09

地方創世 1122社調査で見えた
日本を救う子宝企業
2015.03.09

(『日経ビジネス』 2015.03.09 号 表紙)




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.03.09 号 PP.026-027)






第1回は、
「PART 1 東京では1人しか産めない」
を取り上げました。


第2回は、
「PART 2 特別対談 弘兼憲史×青野慶久
イクメンは出世しない!?」
「ドイツ現地ルポ
世界は『真剣』に男を育児に駆り立てる」
を取り上げます。


最終回は、
「PART 3 『脱東京モデル』 コマツの挑戦」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

 子宝率 
 男の育児(イクメン) 
 育児休暇 
 出生率 
 開業率 




では、本題に入りましょう!


 PART 2 特別対談 弘兼憲史×青野慶久
イクメンは出世しない!? 


イケメンならぬイクメンという言葉が徐々に
広まってきました。


ただ、実際にイクメンとして育児休暇をしっかり
取得する男性は、まだごく少数です。


このパートでは、「昭和のエリートを描いた『島耕作』
シリーズの作者、弘兼憲史(ひろかね・けんし)氏」と、
「平成のイクメン社長、サイボウズの青野慶久
(あおの・よしひさ)氏」の対談を取り上げています。


いわば、旧型男性と、新型男性という好対照のお二人
の対談です。世代の違い、社会環境の違いが鮮明に
現れています。


私は、年齢的に弘兼氏に近いので、彼に近い生活を
送ってきました。


あなたがどちらの世代・考え方を支持するのか、
たいへん興味があります。


尚、コーディネーターは、ファザーリング・ジャパン
代表理事の安藤哲也氏が務めています。
いわば、第三者として公平・中立的立場からコメント
しています。


お三方は、旧型男性と新型男性、そしてレフェリーと
言ったところでしょうか。


「旧 対 新」の対決が見ものです!
ですが、弘兼憲史氏の開口一番の言葉は面白い
です。そして、「オチ」が秀逸です(笑)。


弘兼憲史(ひろかね・けんし)氏      青野慶久(あおの・よしひさ)氏

弘兼憲史(ひろかね・けんし)氏   青野慶久(あおの・よしひさ)氏



お二人の略歴をご紹介しておきましょう。

弘兼憲史(ひろかね・けんし)氏。
1947年、山口県生まれ。
松下電器産業(現パナソニック)を経て、
74年に漫画家としてデビュー。
代表作は『島耕作』シリーズ、
『黄昏流星群』など。


青野慶久(あおの・よしひさ)氏。
1971年愛媛県生まれ。
松下電工(現パナソニック)を経て、
97年にサイボウズを設立。
3児の父親であり、「イクボス」社長として
知られる。

(以上2件、『日経ビジネス』 2015.03.09 号 PP.034-035)


お二人とも松下(現パナソニック)出身なのですね。





 弘兼憲史(以下、弘兼)

 まず言いたいのは、僕は圧倒的にイクメン肯定派

 です。自分自身もイクメンでした。入学式や運動会

 などの行事にはほとんど参加しませんでしたが、

 家庭では料理など家事をひと通りこなしました。


 雑誌記事のタイトルが独り歩きしているだけで、

 育児世代を中心に誤解が生じているだけです。

 そもそも出世することが重要だとは思っていません。


 サイボウズ青野慶久社長(以下、青野)

 僕自身、今では「イクボス」社長なんて言われて

 いますが、『島耕作』の愛読者でしたし、どちらかと

 いえば古いタイプの考え方の持ち主でした。

 「男性は外で仕事をして、女性は家庭を守る」のが

 普通だと思っていました。両親もそうでしたし、

 知らない間に刷り込まれたのだと思います。


 弘兼

 個人的には、男性が家庭に入る「主夫」になる

 のもアリだと思っています。


 FJ安藤哲也・代表理事(以下、安藤)

 青野さんは育児休暇を取られた経験がありますが、

 心境に変化はありましたか。


 青野

 育児の大変さだけでなく、育児に参加しない男性に

 対する女性の不満も分かるようになった。

 「育児に非協力的な家庭は第2子を作らなくなる」

 という統計データがあるのですが、それも納得いく

 ようになりました。


 弘兼

 もう一度言いますが、僕自身はイクメンが増えること

 は良いと思っています。だけど、企業の経営陣はそれ

 を良いと思っているかどうか。育児のために会社を

 休む部下に対して良い気がしない上司もまだ多い

 でしょう。


 安藤

 僕は大手企業の管理職時代に似たような状況に

 直面しましたが、その際は仕事を選びました。

 僕がいないと、より厳しいなと思ったからです。

 


 安藤

 かつての日本は経済も右肩上がりでしたし、長時間

 働くことで成功してきた。でも今は違う。東京では

 30歳の平均年収が400万円を切る時代になり、

 妻にも働いてもらわないと生活が難しい。

 イクメンが良い悪いではなく当たり前の時代になって

 きている。


 弘兼

 多様性はあってしかるべきです。ただ「イクメン=正義」

 「モーレツ社員=悪」という図式になると社会に大きな

 溝ができてしまう。




 弘兼

 男性は育休を取ると、復帰した際に「自分の仕事が

 なくなるのでは」と思うでしょう。長年染みついた価値

 観はなかなか払拭できないからね。


 青野

 実は私自身、最初の育休を取った際にそう感じました。

 社長なのに。期間はわずか2週間でしたが、「戻ったら

 社長の椅子がなくなっているのでは」って不安になりました。


 弘兼

 残念ながらこれまでの日本では、家庭を大事にしている

 人は出世できなかった。プライベートを大切にする生き方

 は一つの人生としていいが、出世するのはやはり仕事人間

 だと思う。


 青野

 かつてはそれが正解でしたが、時代は変わってきている。

 僕自身、家事・育児を全くしていない男性管理職が多数を

 占めている会社に負ける気がしません。それを理解でき

 ない経営者が多いので、サイボウズにとってはある意味で

 チャンスです。




 青野

 育休を取る以前の私は、会社の中だけを考えていた。

 それが今は社会の様々な問題に気付き、会社の利益

 を追求するのでははなく、社会全体としてベストな意思

 決定ができるようになった。


 弘兼

 やっぱり多様性が重要になってくる。個人を尊重できる

 会社が生き残れるわけだね。人生は必ずしも出世する

 のが幸せかどうかは分かりません。大企業の重役に

 なっていても不幸な人は多くいるわけだし。




 安藤

 女性でも出産・育児を経験して企業に復帰するのは、

 仕事の楽しさを知っている人。成功体験がある女性は

 何があっても戻ってきます。


 弘兼

 女性は学生でも優秀な人が多いしね。大学関係者に

 聞いても、成績優秀者は女性ばかりだと耳にする。


 青野

 サイボウズは来年度、新入社員の女性比率が初めて

 男性を上回ります。エンジニアが採用の過半数を占める

 IT企業でもそういう現象が起きています。


 弘兼

 10人社員がいて全員社長になりたい、もしくは全員

 プライベートを優先したいタイプだと回らない。理想は

 10人中3人が社長を目指すタイプ、あとの7人は自分

 の生活を重視するタイプなら何とか回せる。採用など

 の工夫でうまく見極める必要がありますね。


 青野

 一度試してダメなら無理に変える必要はない。よく男性

 が家事や育児を手伝おうとすると女性から「私の職場

 に入らないで」と言われることがある。

 それで2人が幸せならいいと思います。

 一方で家事や育児をするチャンスがある、しかも女性が

 それを望んでいるなら、積極的に参加すべきでしょう。


 弘兼
 
 でも、子供からすれば父親に育児に参加してほしいと

 思っていない家族もあるのではないですか。我が家は

 そうだった気がします。


 安藤

 経験から言うと、子供はやはり父親が来てくれるのを

 待っています。


 弘兼

 では待たれない父親は、それまでがひどかったという

 ことだね。
 

  (PP.034-037)





 ドイツ現地ルポ
世界は「真剣」に男を育児に駆り立てる 


弘兼憲史氏と青野慶久氏の対談から分かったことは、
多様性を認めることと、時代は変わってきているという
ことです。


さて、日本と同じく、第二次世界大戦の敗戦国から復活
したドイツでは、育児に対する考え方はどのようなもの
なのでしょう。それがここでのテーマです。


「欧州最大級のソフトウェア会社、独SAPのケースを
取り上げています。


記事にざっと目を通してみると、「日本とはかなり違うな」
というのが第一印象でした。



 SAP本社は託児所を設けるなど子育て環境の

 整備に力を入れ始めており、上司の理解も

 たやすく得られた。平均年齢35歳ほどの職場

 では男性でも育児休暇を取るのが「見慣れた

 光景」になりつつある。
 

  (P.038)



「PAPA LADEN」と呼ばれる場所があるそうです。



 ドイツ語の「父親」と「お店」を組み合わせた

 「PAPA LADEN」と呼ばれる場所である。

 毎週木曜の午前中に、育児休暇を取得して

 いる父親が1歳前後の子供を連れて集う。

 子供用の滑り台、車、3輪車、積み木・・・。

 40㎡の部屋に玩具が置かれ、各々が自由に

 時間を過ごす。本を読み聞かせ、持参した

 幼児食を与える姿は日常茶飯事。
 

  (P.038)


日本ではまだまだこんな光景は珍しいですね。
夫婦と乳幼児が一緒にいる姿はよく目にしますが。


ただ、そんなドイツも日本と同じ問題を抱えています。
出生率の低迷です。



 日本と同様に出生率の低迷に苦しむドイツ。

 直近の出生率1.38は欧州内で低く、人口減少が

 加速する。しかし、ドイツ政府によると足元で男性

 の約3割が育児休業を取得。
 

  (P.029)


下のグラフを見ると、日本、ドイツ、スウェーデンの
3国で、スウェーデンが合計特殊出生率が群を抜いて
いることが一目瞭然です。日本とドイツはほぼ同じ経過
をたどっています。



男性も育児するスウェーデンが回復<br />・ 日本、ドイツ、スウェーデンの合計特殊出生率

男性も育児するスウェーデンが回復
・ 日本、ドイツ、スウェーデンの合計特殊出生率

(『日経ビジネス』 2015.03.09 号 P.039)




ただ違うのは、ドイツでは子育て政策を全面に押し出し、
推進していることです。そのきっかけとなったのは――。



 節目は2007年。アンゲラ・メルケル首相とともに、

 当時の政権を支えた女性の家庭省大臣が子育て

 政策を猛烈に推し進め始めた。この人物は7児の

 母親で、育児環境の改善を主張。キリスト教の

 価値観が強いドイツでは、母親が3歳児まで家庭で

 面倒を見るべきとされていたが、男女がともに仕事

 と家庭を両立するようカジを切った。

 柱は3つあった。父親の育児参加に加え、高学歴

 女性の出産促進と母親の早期職場復帰を進める

 ことだ。
 

  (P.039)



思い切った政策を採ったものですね。
実行したところが素晴らしい。
それでも、ドイツには悩みがあります。



 ただ、男性の育児休業が順調に増えても出生率

 上昇に直結していないのが、ドイツの悩み。

 16に分かれるドイツの州別出生率を見ると、

 行政機能を中心とする最大都市のベルリンは

 1.31と下位に低迷する。


 つまり、北欧に依然としてかなわない女性の

 柔軟な働き方をはじめ、保育環境の問題、

 高学歴化に伴う就職年齢の遅れなどが響き、

 出生率の回復になお至らないとの向きが多い。

 その一方で、日本と明確に違うのは地方分権

 が浸透している点だ。ドイツ最高の出生率1.48

 を誇るザクセン州の州都ドレスデンは半導体、

 自動車、食品産業や学術研究が盛んで、男性

 の育児休暇取得率が最も高いという実態も片や

 知られている。
 

  (P.039)



日本にも女性の宰相が必要なのかもしれません。
安倍首相夫妻にはお子さんがいないので、本当の
意味で育児について理解できないかもしれません。


「裁量労働制」が中小企業にまで浸透したり、
「残業ゼロ法案」が施行されると、実質的な賃金削減
が実施されることになり、晩婚化を促進したり、
出生率のさらなる低下、育児休暇取得が困難になる
恐れがあります。





今特集のキーワードを確認しておきましょう。

 子宝率 
 男の育児(イクメン) 
 育児休暇 
 出生率 
 開業率 





最終回は、
「PART 3 『脱東京モデル』 コマツの挑戦」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。