スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦慄の人工知能 AIが企業を動かす日 2015.03.30 <3>


新宿血管外科クリニック




日経ビジネスの特集記事(101)

戦慄の人工知能
AIが企業を動かす日
2015.03.30



今週の特集記事のテーマは

AI(人工知能)の世界に革命期が訪れている。
人間の脳を模した計算技法の実用化などにより、
ここ数年で性能が急速に向上。
音声認識や画像認識の分野で、人間に匹敵する
能力が相次いで報告されるようになった。
だが、AIの進化は、企業と労働者に恩恵だけを
もたらすわけではない。
知性を持つ機械が発達すれば、国や産業の競争
ルールは変わる。遺伝子工学やナノテクとAIが融合し、
人間社会のあり方にも影響しかねない。
欧米諸国はその破壊力を真剣に分析、人づくりも
動き出した。
日本企業もこのAIのインパクトから無縁でいることは
できない。活用次第では、AIは日本再興の切り札に
なる可能性も秘めている

 (『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.028)

ということです。




戦慄の人工知能<br />AIが企業を動かす日

戦慄の人工知能
AIが企業を動かす日

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 表紙)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 PP.028-029)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




今特集は人工知能(AI)についての詳細なリポートです。
近未来はバラ色なのか、それとも人間はAIの「奴隷」
となってしまうのか、断定することはできません。


ただ一つ言えることは、どんなものにもメリットとデメリット
の両面があり、使い方を誤ると危険になるということです。


例えば原子力の平和利用は望まれますが、核兵器への
転用によって世界は一触即発の危機に陥ってしまいます。
ミリタリーバランスが崩れると、核戦争が勃発しかねません。


歴史を振り返ると、新しい技術は、必ず軍事目的で使用され、
その後民生用に使われるようになることです。


ドローン(無線ヘリ)も元は軍用でした。今ではアマゾンや
グーグルが配送用に利用するため実験が繰り返されて
います。




第1回は、
「PART 1 マイクロソフト、IBM、グーグルの最前線
止まらぬ“人間超え”」
を取り上げました。


第2回は、
「PART 2 楽観派が見据える商機
『特異点』へ先手」
を取り上げました。


最終回は、
「PART 3 悲観派が描く破滅的未来
実は人類の危機か」
「PART 4 今こそ逆転の発想
日本には追い風」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

 人工知能 
 ディープラーニング 
 シンギュラリティー(特異点) 
 AI脅威論 
 逆転の発想 




では、早速、本題に入りましょう!


 PART 3 悲観派が描く破滅的未来
実は人類の危機か 



前回は楽観論を中心に取り上げました。
今回は、悲観論を中心に取り上げます。
両極端な考え方があるのは致し方ありません。


どちらの考え方を支持するかは人それぞれですが、
将来を見据えて、どちらへ向かうのか見極める目を
養っていくことは、とても重要なことだと思います。


現時点で分かっていることは、AIの進化は私たちの
予測をはるかに上回るほどに、急激であることです。


 未来学者レイ・カーツワイル氏の言う「指数関数的な
 
 技術進化」が現実味を帯びる中、企業や労働者は、

 教育改革に乗り出した米ユダシティーのセバスチャン・

 スラン氏のように、そのリスクにも真剣に向き合わね

 ばならぬ時が来ている
 

  (P.040)

ということです。



下の図をご覧ください。
人類の脅威を「核戦争」「バイオ技術」「人工知能」
「気候変動」
の4つに分けた推移予想です。


核戦争の脅威は、1960年代にピークを迎え、
以後2100年代まで続きます。


バイオ技術の脅威は、2020年代から急増し、2030
年代にピークを迎え、その後2100年代まで続きます。


人工知能の脅威は、2040年代から急増し、2060年代
にピークを迎え、しかも核戦争バイオ技術の脅威
よりもはるかに大きなリスクを持つと予測されています。


気候変動の脅威は、2090年頃から急増すると考え
られています。


今年は2015年です。2100年は85年後の話です。
現在生きている人たちのほとんどは、85年後の現実を
確かめることはできません。


これから生まれてくる人たちは、現代人よりもずっと
大きなリスクに直面することになりそうです。
もっともその頃には、世界中の叡智を結集して、より良い
解決策を見つけ出しているかもしれません。


あるいは、一握りの人間がこれらの脅威をコントロールし、
世界を支配しているかもしれません。
SF小説的な世界ですね。



AIは今世紀最大の脅威に?<br />・人類生存に対するリスクの推移予測

AIは今世紀最大の脅威に?
・人類生存に対するリスクの推移予測

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.040)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




未来学者スチュアート・アームストロング博士はAIの脅威に
関して、次のような大きな懸念を表明しています。



 「AIは、仮にその危険性が顕在化すれば人類を全滅させる

 力がある。この点において、核戦争や生物技術よりも危険だ」。

 アームストロング博士はこう断言する。
 

  (P.041)



アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター』
についての言及があります。エンターテイメントとしての
映画の世界ではなく、現実味のある話として取り上げられ
ています。



 容易に想像できるのは、映画「ターミネーター」の世界だ。

 既に、AIがナノテクノロジーや遺伝子操作技術と融合する

 ことで、世界転覆を企てる国家やテロ組織が従来にない

 殺人マシンを開発することは以前より容易になりつつある。

 AIが自分より賢いAIを際限なく再生産する「知能の爆発」も、

 真剣に指摘されているリスクの一つだ。ビッグデータ活用

 によるプライバシー侵害なども想定される。
 

  (P.041)


AIを単独で使用するのではなく、3Dプリンターやビッグデータ
などと組み合わせて使用することによって、脅威を増幅させ
得るということです。


ところが、深刻なのは「悪意のないAI」こそが脅威なのだ、
と指摘する学者がいます。「人類の未来研究所(FHI)」の
アンダース・サンドバーグ博士です。



 FHIのアンダース・サンドバーグ博士はこう指摘する。

 「AIの脅威と言うと、悪意あるプログラムが人間に危害を

 加えるというシナリオを想像しがちだが、それは誤解。

 本当の危険は、機械が人間のような思考回路を持たない

 点にある」。
 

  (P.041)


この説明だけでは何のことか理解できないと思います。
そのため、サンドバーグ博士は「ペーパークリップ(紙留め
クリップ)問題」(P.041)と呼ばれる思考実験で説明して
います。


恐怖感が倍増します。



 サンドバーグ博士の主張を理解するのに役立つのが、

 「ペーパークリップ(紙留めクリップ)問題」と呼ばれる

 思考実験だ。

 ある企業が優れたAIを開発し、「クリップの生産数を

 最大化せよ」と命令したとする。すると、AIは人間の

 指示に従ってクリップを作り続け、やがて地球全体の

 物質をクリップに変えてしまう。人間があわてて命令

 停止ボタンを押そうとしても、AIは当初の目的である

 クリップ生産を続けるために、妨害要因となる人間を

 先回りして殺してしまう、というのだ。

 「人間であれば、地球全体をクリップに変えるような

 ばかげたことはしない。しかし、何が正しく、何が間違って

 いるかという倫理(モラル)を、機械に完全に教え込む

 のはほとんど不可能」(アームストロング博士)
 

  (P.041)


笑い事ではありませんね。



AIの発達に警鐘を鳴らす著名人がいます。
下の画像をご覧ください。
左から米テスラ・モーターズとスペースXの
CEO(最高経営責任者)イーロン・マスク氏、
マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏、
理論物理学者スティーブン・ホーキング博士です。


この3人AI脅威論を唱えているそうです。


AI脅威論が再燃している<br />・AIの発達に警鐘を鳴らす主な著名人

AI脅威論が再燃している
・AIの発達に警鐘を鳴らす主な著名人

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.041)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




2014年暮れのことですが、スティーブン・ホーキング博士が、
AI脅威論を唱え、科学者の間で賛否両論を巻き起こしたと
いう記事をインターネットで読みました。



 BBCのインタビューに対して、ホーキング博士は次のように

 語った。「完全な人工知能を開発できたら、それは人類の

 終焉を意味するかもしれない」

 ホーキング博士は「人工知能が自分の意志をもって自立し、

 そしてさらにこれまでにないような早さで能力を上げ自分

 自身を設計しなおすこともあり得る。ゆっくりとしか進化でき

 ない人間に勝ち目はない。いずれは人工知能に取って

 代わられるだろう」と語った。
 

  (ホーキング博士「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」



この記事の中に、イーロン・マスク氏も登場します。



 スペースXおよびテスラモーターズのCEOであるイーロン・

 マスク氏は、先月「人工知能にはかなり慎重に取り組む

 必要がある。結果的に悪魔を呼び出していることになる

 からだ。ペンタグラムと聖水を手にした少年が悪魔に立ち

 向かう話を皆さんもご存知だろう。彼は必ず悪魔を支配

 できると思っているが、結局できはしないのだ」と言って

 いる。
 

  (ホーキング博士「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」



果たして、楽観論、悲観論のどちらが正しいの
でしょうか?


それは、時が教えてくれます。


昔、インターネットで海外の新聞記事を読んでいた時、
気の利いた表現を見つけました。


Time will judge who is right.
(時が経てば、誰が正しいか分かる。直訳すれば、
時は誰が正しいか判断する)




 AIが労働者に与える影響 

AIが労働者に与える影響で大きなことは、
「単純労働以外も消滅の危機」がある一方で、
「『ソーシャル』『経営』『創造性』は安泰」である
ということです。


一言で言えば、格差がさらに拡大するということです。
オックスフォード大学のカール・フレイ博士らの論文
「雇用の未来」が有名だということです。


その内容を読んでみましょう。



 AIが労働者に与える影響を分析した研究としては、

 2013年にオックスフォード大学のカール・フレイ博士ら

 が発表した論文「雇用の未来」が有名だ。自動運転の

 開発や機械学習の進歩などを考慮に入れ、702の職種

 についてAIに代替される確率を分析した。その結果、

 今後10~20年で、米国の雇用の47%が自動化の危機

 に瀕していることが明らかになった。
 

  (P.042)



具体的にはどのような変化が起こるのでしょうか?



 研究によると、機械による代替可能性が最も高いのは

 交通や輸送に関わる業務、企業の事務職、生産現場

 の仕事、サービス業などの職種。一方、当面機械化の

 恐れが少ないのは、創造性や交渉力、芸術的センスや、

 他人の気持ちに働きかける「ソーシャルスキル」を求め

 られる仕事だ。教育者や弁護士、芸術家、経営者など

 マネジメント層がこの部類に入る。

 こうした予測から当然の帰結として想定されるのが、

 労働者間の格差の拡大である。
 

  (P.042)


下の一覧表をご覧ください。
あなたの職種はどれに該当しますか?



単純労働以外も消滅の危機<br />・自動化の可能性が高い主な職業とその確率

単純労働以外も消滅の危機
・自動化の可能性が高い主な職業とその確率

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.042)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号



「ソーシャル」「経営」「創造性」は安泰<br />・自動化の可能性が低い主な職業とその確率

「ソーシャル」「経営」「創造性」は安泰
・自動化の可能性が低い主な職業とその確率

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.042)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




自動化が進むと悪いことばかりが注目されますが、
プラスの面もあることを『日経ビジネス』は紹介して
います。



 今後、AIがあらゆる産業に浸透し、自動化や最適化を

 通じて企業活動の効率が高まれば、モノやサービスに

 かかるコストが激減する。うまくいけば、我々が生きて

 いくのに必要な食品、日用品なども、その多くが無料

 または劇的に安い価格で手に入るだろう。
 

  (P.042)



ただし、次のことは肝に銘じておくべきでしょう。



 前出のオックスフォード大学の研究では、教育水準と

 機械による代替リスクには強い「負の相関」があること

 も判明した。つまり、よりレベルの高い教育で自らを

 高め続けていくことは、AI時代を勝ち抜くためにも有効

 な手法と言える。
 

  (PP.042-043)




 AIで未来の経済はこうなる 

『日経ビジネス』は、「AIで未来の経済はこうなる」
という4つのシナリオを提示しています。


1 AIの発達によって、今後、多くの仕事が機械で
  代替される


2 結果として労働者の格差が広がる

3 AIによる企業活動の最適化で、モノやサービスの
  価値が下がる


4 満足な職がなくてもそこそこの暮らしができるが、
  幸福感は人それぞれ




これらを見ると、良いことばかりではないかもしれ
ませんが、かと言って悪いことばかりでもない、
ということがおぼろげながら理解できます。




(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.043)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号






 PART 4 今こそ逆転の発想
日本には追い風 



最後のパートは、日本についてです。
『日経ビジネス』は逆転の発想で日本に追い風が
吹く可能性が高い、と述べています。


米国と日本では事情が異なるというのがポイント
です。


まず、下のグラフをご覧ください。
学歴による賃金格差は日米で大きく異なることが
一目瞭然です。



日本は学歴による賃金格差の拡大は緩やか<br />・日米の大学者の高卒者に対する相対賃金<br />(25~59歳の男性)

日本は学歴による賃金格差の拡大は緩やか
・日米の大学者の高卒者に対する相対賃金
(25~59歳の男性)

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.044)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




米国と比較し、日本では機械化が格差を拡大しな
かった理由はどこにあるのでしょうか?
「意外な答え」だったというのが、私の感想です。


一橋大学大学院経済学研究科の川口大司教授の
分析をご紹介しましょう。



 日本で機械化が格差を拡大しなかった原因として

 考えられる要因の一つは、基礎学力の高さだ。

 最終学歴がどうであれ日本人の学力レベルは

 総じて高く、高卒も大卒も関係なくIT化の流れに

 順応できた、という見方である。

 川口教授は、IT化同様、AI化も多くの国民が

 最終的には順応し、単純労働者も知的労働者も

 機械に代替されにくい新たな仕事を見つけ、

 社会が荒廃するようなことはない、と考える。
 

  (P.044)



それどころか、「経済再生の起爆剤になると見る
向きもある」(PP.044-045)というのです。



 AIが日本にもたらすメリットは人手不足の解消だけ

 ではない。グローバル化から新興国との競争、

 次世代人材の育成まで日本企業と日本人が頭を

 悩ませている様々な問題を一挙に解決する潜在力

 をAIは秘めている。

 例えば、特集冒頭で紹介したリアルタイムの外国語

 通訳機能。まだ実用化が緒についた段階だが、

 その進化スピードは侮れない。AIは利用者の通話

 データを蓄積することで自ら学習し、その精度を高めて

 いくからだ。
 

  (P.045)



「英語習得コストは不要になるし、採用でも英語を話す
人材に固執する必要がなくなり、人材確保がぐっと楽
になる」(P.045)というメリットが生まれるということです。



日本の「弱み」がなくなる<br />・AIが日本企業と日本にもたらす恩恵

日本の「弱み」がなくなる
・AIが日本企業と日本にもたらす恩恵

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.045)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




AIの普及は日本に恩恵をもたらすという予測があります。
新興国に対する優位性を高められるというのです。



 「AI社会が到来すれば、現在の発展途上国が米国や

 日本のような成長を遂げる日は永遠に来ないだろう。

 彼らは今後、先進国の労働者ではなく、機械の知能と

 競争を迫られるからだ」。米ジョージメイソン大学の

 タイラー・コーエン経済学教授は、こんな大胆な予測を

 披露する。

 同教授によれば、現時点で繁栄を築いている米国や

 日本は、製造業やサービス業のAI化を進めることで

 生産性を高め、安定した地位を保つ。半面、東南アジア

 やアフリカなど新興国の大半は、かつての日本や中国

 のように低賃金の労働力を武器に先進国を追い上げる

 道を失う。確かにそうなれば、新興国には気の毒だが、

 AI時代における日本の未来は明るくなる。
 

  (PP.045-046)



もちろんよいことばかりがあるわけではありません。
課題が残ります。「海外専門家に聞いた日本への提言」
をざっと見てみましょう。


AI時代に向け相変わらず残る課題も<br />・海外専門家に聞いた日本への提言

AI時代に向け相変わらず残る課題も
・海外専門家に聞いた日本への提言

(『日経ビジネス』 2015.03.30 号 P.046)
日経ビジネスDigital 2015.03.30 号




AIの進化は、エンジニアにとって厳しい時代の到来
となりそうです。



 このままエンジニアの大量育成にまい進すれば、

 いざAI時代が到来した際に、落とし穴が待ち受けかねない。

 その頃には、エンジニアの仕事はAIが代行してしまうからだ。

 「ひと昔前は20人で担当していたデータ解析が、今は1人で

 済む。既に、ソフト技術者もコンピューターに代替され始めて

 いる」。米ユダシティーのセバスチャン・スラン氏はこう話す。


 ディープラーニングのように「自ら学習するAI」が台頭すれば、

 これまで単純なデータ処理を担ってきた人間は不要になる。

 スラン氏は「今後は1人の優れた技術者とAIが組んで圧倒的

 な成果を生み出す時代になる」と話す。
 

  (P.046)



『日経ビジネス』は、次のような話を紹介しています。
真摯に耳を傾ける意志があるかどうかが、未来に
成長する企業と、消滅の危機に瀕する企業に分ける
分水嶺となる、と私は考えます。



 活用次第で日本再興の切り札にもなるAI。だが、

 もちろん、クリアすべき課題も残っている。

 海外の専門家から上がるのは、日本が「AI立国」の

 道を歩む上で最大のネックとなるのは、国全体を

 包み込むリスク回避志向と組織の柔軟性の欠如、

 という声だ。
 

  (P.046)



もう一つ、厳しい見方をご紹介しましょう。
日本がなすべきことと、日本人全体に求められる
ことを『日経ビジネス』は述べています。



 ガートナー ジャパンの亦賀忠明バイスプレジデント兼

 最上級アナリストは「技術がもたらす長期的な影響に

 ついて、日本だけが特別と考えるのは危険」と話す。

 人工知能を活用し、日本復活を遂げるには、国や企業

 の戦略のみならず、日本人全体が従来の常識を抜本

 的に見直すことが求められる。
 

  (P.046)




今特集のキーワードを確認しておきましょう。

 人工知能 
 ディープラーニング 
 シンギュラリティー(特異点) 
 AI脅威論 
 逆転の発想 



AIの急激な進歩がもたらす影響を正負の両面から
取り上げましたが、今回の内容は決して当分先の
話だとは思わないでください。


「今そこにある危機」ではなく、「すぐそこにある好機
と危機(?)」かもしれないのです。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。