スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーが 変われぬ 10の理由 2015.04.20 <1>


税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント




日経ビジネスの特集記事(104)

ソニーが変われぬ 10の理由
2015.04.20



今週の特集記事のテーマは

戦後間もなく発足し、日本経済をリードしてきたソニーが
苦しみ続けている。
バブル崩壊後に陥った負のスパイラルから抜け出せず、
世界で圧倒的なブランド力を築いてきた面影はもはやない。
ソニーはどうすべきだったのか。そしてこれから何を
すべきなのか。

 (『日経ビジネス』 2015.04.20 号 P.026)

ということです。




ソニーが変われぬ 10の理由

ソニーが変われぬ 10の理由

(『日経ビジネス』 2015.04.20 号 表紙)
日経ビジネスDigital 2015.04.20 号




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.04.20 号 PP.026-027)
日経ビジネスDigital 2015.04.20 号




今週の特集記事をご紹介する前に、
ソニーとともに、戦後生まれの日本を代表する企業、
ホンダについて少し触れます。


ソニー病を患っているのではないかという趣旨の特集
が、今年3月に『日経ビジネス』に掲載されました。


詳細は、

日経ビジネスの特集記事(99)
こんなホンダは要らない 抜け出せ「ミニトヨタ」(1)


日経ビジネスの特集記事(99) 
こんなホンダは要らない 抜け出せ「ミニトヨタ」(2)


日経ビジネスの特集記事(99) 
こんなホンダは要らない 抜け出せ「ミニトヨタ」(3)


に譲りますが、ホンダとソニーを語るうえで重要な
ポイントが2つの特集記事に書かれています。


ホンダとソニーの記事を読んだ限り、ソニーの問題
の方が深刻さが増幅していると感じました。





第1回は、
「Prologue 業績の回復の兆しも・・・
 元CFOの反乱が映す『遠き復活』」
を取り上げます。


第2回は、
「PART 1 OB60人が語る『20年の迷走』
 だから私はソニーを見限った」
を取り上げます。


最終回は、
「PART 3 悪循環を断つ唯一の方法
 まずは『普通の会社』になる」
「Epilogue 平井改革の行き着く先
 大人になったアップル 少年のまま抗[あがら]うソニー」
をご紹介します。


今週の特集で、PART 2に平井一夫社長兼CEOが
編集長インタビューに登場していますので、
詳細は

日経ビジネスのインタビュー(168) 
技術軽視していない 成果は出始めている


をご覧ください。




今特集のキーワードは次の5つです。

 反乱 
 迷走 
 普通の会社 
 自前主義の返上 
 ソニースピリッツ 




では、本題に入りましょう!


 Prologue 業績の回復の兆しも・・・
 元CFOの反乱が映す「遠き復活」 



驚きました。
元ソニーの経営幹部の一人が、ソニーの現経営陣に
厳しい提言書を送っていたのです。



 2015年1月19日。東京・品川のソニー本社に、1通の分厚い

 封書が届けられた。A4用紙で50枚分にもなる封書の宛名は

 ソニーの取締役など「ソニー経営陣」。

 送り主は、ソニーの初代CFO(最高財務責任者)やソニー銀行

 会長まで務めた大物OB、伊庭保氏だ。


 提言書は、取締役会改革を中心としたエレクトロニクス事業の

 再生案などで構成される。


 「技術軽視の経営こそが約20年もの間、斬新なヒット商品や

 サービスを全く出せなくなった最大の原因」というのが主張の

 骨子だ。

 「ソニーの経営者は技術の先読みができなくてはならない。

 最低限、技術系の生え抜き取締役を複数選任し、技術トレンド

 を見通せる経営陣にしてもらわないと、エレキ事業の再生は

 ない」。

 伊庭氏は、業績低迷が続く古巣へのいら立ちを抑えるかのように、

 こう吐露した。明言は避けたものの、現在の経営者はソニーに

 ふさわしくない、との本音が透ける。
 

  (P.028)


ここでいう「エレキ」とはエレクトロニクスを指しています。


こうした提言書はこれが初めてではありませんでした。



 伊庭氏は既に2014年11月、ソニーの取締役会議長の永山治氏、

 社長兼CEO(最高経営責任者)の平井一夫氏、現副社長兼CFO

 の吉田憲一郎氏に宛て、ほぼ同じ内容の提言書を届けている。

 提言書は事前にデータで送付し、11月中旬に本社へ行き、広報

 担当役員に改めて手渡したという。
 

  (P.028)



伊庭氏は、「世界のソニー」の復活を熱望しているのです。
そして、「世界のソニー」を復活させるためには、経営陣が技術畑
出身であることが必要不可欠である、と提言したのです。



ソニー元CFO、伊庭 保 氏

ソニー元CFO、伊庭 保 氏

(『日経ビジネス』 2015.04.20 号 P.028)
日経ビジネスDigital 2015.04.20 号

* CFO: 最高財務責任者 Chief Financilal Officer





ソニーの平井一夫・社長兼CEO(左)、
吉田憲一郎・副社長兼CFO(中)、
永山治・取締役会議長(右)

(『日経ビジネス』 2015.04.20 号 P.029)
日経ビジネスDigital 2015.04.20 号





問題は、こうした提言を行なったのは伊庭氏だけではなかった
ことです。


 「技術が分かる人材を経営陣にもっと増やし、取締役会にも

 入れろと6年前に提言したのに、全く実行されていない」。

 井深大氏や盛田昭夫氏の薫陶を直接受けたウォークマン

 開発の立役者で、ソニー副社長を経験した大曽根幸三氏も、

 長期にわたって続く技術軽視の経営体制に堪忍袋の緒が

 切れつつあるOBの一人だ。

 大曽根氏もまた2009年、ソニー経営陣を批判するいわくつき

 の文書を配布した過去を持つ。当時のハワード・ストリンガー

 会長兼CEOが、社長だった中鉢良治氏を更迭し、社長を兼務

 したことを問題視したのだ。
 

  (P.028)



「ソニー経営陣を批判するいわくつきの文書を配布」と書いて
ありますが、「当時のソニー広報があらゆる手を尽くして、同文書
の内容がマスコミに流出するのを阻止した、とされる」ということ
から、文書の内容がいかに厳しいものであったかを物語って
います。



 ソニーのエレクトロニクス技術を理解しないストリンガー氏が

 社長を兼務することに警鐘を鳴らし、技術系の人材を腹心に

 就けよと提言した内容。当時のソニー広報があらゆる手を

 尽くして、同文書の内容がマスコミに流出するのを阻止した、

 とされる。
 

  (P.029)



伊庭氏と大曽根氏はソニーOBであるばかりか、ソニーの株主
でもあります。株主総会が近づくにつれ、現経営陣は針のむしろ
に座られた気分を味わうことになるのでしょうか?



 伊庭氏や大曽根氏に限らず、ソニーで役員を経験した

 大物OBの多くは現在、ソニーの株主でもある。6月下旬の

 株主総会を前に、伊庭氏や大曽根氏の動きがどこまで

 広がるかは未知数だが、ソニーOBの間で情報交換が

 活発化しているのは紛れもない事実だ。
 

  (P.029)



ここで、ソニーの原点とはどのようなものであったのか、
振り返ってみましょう。


なぜなら、編集長インタビューで平井社長は、
「今後、創業者である井深大さん、盛田昭夫さんがどうして
この会社を作ったのかを自分なりに解釈し、夢を実現して
いきます」
と語っているからです。


ノンフィクション作家の立石泰則さんが著した、

『井深大とソニースピリッツ』
(立石泰則 日本経済新聞社 1998年3月25日 第1刷)

という本があります。


この本の中からソニーの原点とも言える内容の箇所を
引用してみます。


元ソニー社長、出井伸之さん、同じく元ソニー社長、
大賀典雄さん、そしてソニー(東京通信工業)出身で
ノーベル物理学賞受賞の江崎玲於奈さんの言葉です。


 元ソニー社長、出井伸之さん 


 ルールを作る人とルールフォロアー。ルールを

 ブレイクするということ。このバランスがよくとれて

 いる組織というのが、井深さんの時代からソニー

 が続けてきたものです。


 ソニーがやらなければならないのは、自分で自分

 自身のルールをブレイクしていくことなのです。

 それが企業が伸びていくポイントではないでしょうか。
 

  (前掲書 P.228)




 井深さんが示してくれたチャレンジ精神、一時の成功

 にとらわれないで絶えず前進しようとする姿勢、

 そして夢を追い続けるスピリッツをソニーグループ全体

 に浸透させなければ、「新しいソニー」もないように

 思います。

 井深さんは本当に「ドリーム・キッズ」でした。
 

  (同 P.243)


ソニースピリッツについては次のように書かれています。

「『人真似はしない。人のならないことをやる』という
井深の精神=ソニースピリッツこそがソニーの基本理念」

(同 P.242)




 元ソニー社長、大賀典雄さん 


 ソニーの社長は技術がわかる人じゃなきゃ駄目なんです。

 これが絶対条件です。それと同時に、ソニーは世界最大の

 レコード会社とふたつの映画会社を持っていますから、

 そういうソフトに対する理解がなければ、これまたソニーの

 社長になれないわけです。
 

  (同 P.231)




 ソニー(東京通信工業)出身でノーベル物理学賞
受賞の江崎玲於奈さん 



 私が何よりも井深さんに共鳴したところは指針を何処に

 求めるかと言うことです。多くの人達は過去を訪ねて

 そこに今後の指針を求めようとします。 "visit the past

 to find a guide "です。温故知新、言わば、将来は現在

 の延長線上にあると見るのです。ところが井深さん、

 あなたは将来を訪ねてそこに指針を見出そうと努力

 されました。過去のしがらみに捉われずにものを考え

 られました。 "visit the future to find guide"(原文のママ)

 です。言うまでもなく、過去はちゃんとドキュメントされて

 いますが、未来は未知です。しかし未知を探求する処に

 こそチャレンジがあるのです。勿論、井深さんあなたは

 論理的というよりもまれに見る鋭い直感でこのチャレンジ

 に応じられました。そこには、リスクがあり、 "creative

 failure :創造的失敗" は付き物です。しかし、あなたは

 それを乗り越える勇気と英知を備えておられたことに

 深く敬意を表したいと思うのです。
 

  (同 P.257)




いかがでしたでしょうか?
ソニースピリッツ、創業の精神というものがおぼろげながら
理解できるのではないでしょうか。





今特集のキーワードを確認しておきましょう。

 反乱 
 迷走 
 普通の会社 
 自前主義の返上 
 ソニースピリッツ 




次回は、
「PART 1 OB60人が語る『20年の迷走』
 だから私はソニーを見限った」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。