スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円安でも儲からない アベノミクスに乗れないワケ 2015.05.18 <1>







日経ビジネスの特集記事(107)

円安でも儲からない
アベノミクスに乗れないワケ
2015.05.18




テーマ

今週の特集記事のテーマは

2年連続の賃上げ、2万円を付けた日経平均株価、
急増する訪日外国人──。
アベノミクス下で進んだ円安の効果が出始めている。
だが、産業界を見回すと、為替安でも苦戦している企業は
少なくない。
アベノミクスのシナリオは、輸出産業の復活とトリクルダウン効果で、
円安の弊害を相殺して余りある景気回復を実現することだ。
「円安で利益が増えない輸出企業」や「恩恵が及ばない内需企業」
が増えれば、その前提は根底から瓦解しかねない。
なぜ典型的な加工貿易国なのに、円安で苦境に見舞われるのか。

 (『日経ビジネス』 2015.05.18 号 P.024)

ということです。

* トリクルダウン効果:


 トリクルダウン理論(トリクルダウンりろん、

 trickle-down effect)とは、

 「富める者が富めば、貧しい者にも自然に

 富が滴り落ちる(トリクルダウンする)」とする

 経済理論または経済思想である。
 

  (トリクルダウン理論 Wikipedia から)


ピケティ教授の最新理論によれば、
「富める者はさらに富み、貧しい者はさらに
貧しくなる」
ということになります。


トリクルダウン理論とは、全く違いますね!





円安でも儲からない<br />アベノミクスに乗れないワケ

円安でも儲からない
アベノミクスに乗れないワケ

(『日経ビジネス』 2015.05.18 号 表紙)
日経ビジネスDigital 2015.05.18 号




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.05.18 号 PP.024-025)
日経ビジネスDigital 2015.05.18 号







第1回は、
「序章 アベノミクスが微笑まなかった人々
 『話が違うよ、安倍首相』」
「PART 1 絶対儲かるはずなのに・・・
 円安が効かない4つのパターン」
のうち、1と2のパターン
を取り上げます。


第2回は、
「PART 1 絶対儲かるはずなのに・・・
 円安が効かない4つのパターン」
のうち、3と4のパターン
を取り上げます。


最終回は、
「PART 2 1ドル60~300円でも生き残る
 為替変動に打ち勝つただひとつの方法」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 産業構造の転換 
 顧客の不在 
 競争力の欠如 
 価格転嫁の不可 
 為替の行方 




では、本題に入りましょう!


 序章 アベノミクスが微笑まなかった人々 
 「話が違うよ、安倍首相」 

アベノミクスによる円安誘導政策によって、
恩恵を受けたのは一部の輸出産業の先頭に
立って活動する大企業でした。


この事実は以前から指摘されていたことです。


ですから、そのこと自体を聞いても目新しいこと
ではなく、再確認したにすぎません。


ところが、ことはそう簡単には終わらないことが、
『日経ビジネス』特集班によって伝えられました。


順を追って見ていくことにしましょう。
日本海側の港湾からロシアへの日本の中古車
輸出がにぎわいを見せている、という話題を何度か
見聞きしたことがあります。


現在ではどうなっているでしょうか?


 2012年12月の政権交代以来、アベノミクス下で

 進んだ円安は、日本の中古車輸出業全体に

 とっては干天の慈雨となった。

 財務省貿易統計によれば、2014年の輸出台数は

 前年比12万台増の128万台。

 1ドル90円台だった2009年の1.9倍に増えた計算だ。

 だが昨年、ロシア向けは逆に2割超も減少。

 君臨してきた輸出先首位の座から陥落した。


 中古車であふれていた新潟東港近くの「ディーラー街」は、

 今年に入り閑古鳥が鳴くようになった。
 

  (P.026)


円安、円安と強調されますが、基本的には、対米ドル、
対ユーロで「円安」ということです。


他国の通貨に対して、同様に円安であるかどうかは
まちまちです。通貨によっては「円高」もあり得るのです。




 2007年に4円超で推移していたルーブルは翌年、

 約2.9円に下落。2009年にはプーチン政権の関税

 引き上げもあって、輸出台数は減少した。


 原因は、1ドル70円台から120円台に円安が進む中

 で超常現象さながらに発生した、ルーブルの独歩安

 にある。

 
 5年にわたって安定してきたルーブル相場が急落した

 のは、2014年10月のこと。1ルーブル約2.7円から、

 2015年2月には約1.8円まで下落した。

 背景の一つは2014年のウクライナ危機。

 もう一つが、2013年から本格化した米国のシェール革命と、

 それに伴う原油価格の下落だ。
 

  (P.027)



このような現象は一部のことと片付けてよいものでしょうか?


ポイント

『日経ビジネス』は「円安局面でも儲からなくなった
産業は広範囲に存在
する」(P.027)と指摘しています。





 PART 1 絶対儲かるはずなのに・・・
 円安が効かない4つのパターン 



苦境パターン1 輸出したくても「客」がいない

苦境パターン2 輸出したくても「競争力」がない

苦境パターン3 原料高を価格転嫁できない

苦境パターン4 事業構造が既に円高モード





今回は、
「苦境パターン1 輸出したくても『客』がいない」
「苦境パターン2 輸出したくても『競争力』がない」
の2つを取り上げます。



苦境パターン1 輸出したくても「客」がいない

『日経ビジネス』は、造船業界について解説しています。
造船業界特有の問題が、将来に暗い影を落としています。


輸出したくても「客」がいない、という理由がよく分かります。


 円安になれば、国内業者の海外での競争力は

 おのずと高まる。だが、市場が消えてしまえば、

 売り上げが増えることはない。


 「円安でメード・イン・ジャパンはお買い得なはず

 なのに、注文がすっかり途切れてしまった」

 「このままだと2018年には干上がってしまう」

 造船所や海運会社などが集積する瀬戸内地方では

 昨年夏頃から、株高・円安で盛り上がるアベノミクス

 の陰でこんな「嘆き節」が漏れるようになった。
 

  (PP.028-029)


これはどういうことなのでしょうか?


ポイント

「船は受注してから完成するまで通常3~4年ほど
かかる」ことです。3~4年後には、世界情勢が大きく
変わっている可能性があるのです。



 船は受注してから完成するまで通常3~4年ほど

 かかるため、呉事業所が現在、建造しているのは、

 2008年秋のリーマンショックから景気が回復する

 局面で注文を受けた船ばかり。

 「2018年以降に着工する船の注文を今、

 どれだけ確保できるかが、これから勝負の分かれ目

 になる」と関田彰・常務執行役員経営企画部長は

 打ち明ける。
 

  (P.029)

* 関田彰氏:
  ジャパンマリンユナイテッド(JMU)役員



さらに、事業構造の転換も見逃せません。



 中国の経済減速や資源安で海上運賃が下落、

 船主が発注を手控えているとの事情もある。

 それ以上に注目すべきなのが、ここ数年で、

 主な荷主であるグローバル企業の事業構造が

 大きく転換したことだ。

 
 自動車メーカーを中心に世界の輸出企業は

 リーマンショック以降、「地産地消型」へのシフトを

 加速させた。従来の「輸出主導型」から、

 市場のある国・地域で設計から製造、販売までを

 手掛けるようになった。

 その結果、企業が国境を越えて運んでいた完成品

 や部品の荷動きは鈍化。

 経済がグローバル化しているにもかかわらず、

 世界の海上輸送量は思ったほど伸びない事態に

 陥った。


 日本船主協会の統計によれば、2008年から2012年

 までの海上荷動き量の増加率は約14%。

 一方、同期間、世界の商船船腹量は約30%も増えて

 いる。荷動きに照らして世界で「船余り」が深刻化し、

 円安でどんなにバーゲンプライスになっても日本の船

 が売れない理由の一つはここにある。
 

  (P.029)




苦境パターン2 輸出したくても「競争力」がない


かつての強みが弱みに転じたことも、苦境に陥っている
理由の一つに挙げられます。


世界的な健康ブームによる日本食への関心が高まり、
和牛も強みになっていました。


ところが、海外では、霜降り肉は脂肪が多いため敬遠され、
赤身肉が好まれています。



ポイント

象徴的な言葉は、「いざ円安になり打って出ようと思ったら、
『グローバルで戦う競争力』が失われていたことだ」(P.031)
というものです。



 美しいサシ(霜降り)が全体に行き渡り、

 熱を加えると香りやうまみが溶け出し、

 舌の上でとろけるような食感が生まれる──。

 米国や豪州産にはもちろん、等級の低い国産牛にもない

 独特の特徴を持つ「和牛」に、世界進出の道が開かれた

 のはここ数年のことだ。

 米国向けに輸出が始まったのは1990年代に遡る。

 90年代中盤には米国に加え東南アジアにも年間約300トン

 を輸出するまでになったが、2000年に日本で口蹄疫が発生。

 各国で輸入禁止措置が取られ、以降、ほとんど輸出できない

 状況に陥った。

 事態が好転したのは2012年のことだ。
 

  (P.031)



牛肉で思い出したことがあります。
大前研一さんが自著の中で語っていたことです。



 本当にオーストラリアやアルゼンチンの牛肉を食べた

 ことがある人は、神戸牛などは脂っぽくて食べられない。

 日本では霜降り肉が珍重されているが、オーストラリア

 ではこのような肉は大理石状の脂肪があることから

 マーブルド・ビーフと呼ばれ、「脂肪の含有量が多すぎて

 健康被害がある」という理由で販売が禁止になっている

 ほどだ。
 

  (『ロウアーミドルの衝撃』)


オージー・ビーフは現地オーストラリアで、20年以上前に
食べたことはあります。


アルゼンチン産牛肉は食べたことはありませんが、
大前さんはアルゼンチン産牛肉が「世界一美味しい」、
と以前語っていました。



ポイント

日本の畜産業界に立ちはだかるのは、
「WAGYU」の存在です。



 足元の統計だけを見ると、和牛の輸出額は4年連続で

 前年を上回り、2014年は前年比42%増の81億7000

 万円に達した。

 だが関係者は「物足りない数字。このままでは政府が

 掲げる目標である『2020年の輸出額250億円』に及ば

 ない。

 今後は輸出のペースが大きく鈍る可能性もある」と顔を

 曇らせる。

 和牛輸出の拡大を阻んでいるのは、「WAGYU」だ。

 1990年代に研究用として米国に渡った黒毛和牛と、

 現地の品種との交配を重ねて誕生した新種。

 和牛の3~5割程度の安さを武器に今では世界中に

 普及した。

 外国のスーパーなどでは精肉売り場に「WAGYU」と書か

 れたポップが躍り、国によっては本家の和牛を圧倒して

 いる。


 中林氏は、いざ輸出を再開し米国の卸業者に売り込んだ

 ところ、「昔と違って今は健康志向から脂身ではなく、

 赤身を好む人が多い。これでは海外でWAGYUに太刀打ち

 できない」と言われ、仰天したという。

 日本食が現在、海外で受け入れられ始めた最大の理由は

 「ヘルシー」。和牛には、そんな日本食の一番の魅力が

 乏しい、というわけだ。
 

  (PP.031-032)

* 中林正悦氏:
   中林牧場(三重県伊賀市)オーナー   





 今後も多発する恐れの「円安倒産」 

「円安倒産」が増加していることが報告されています。
この事実は、マスコミで報道されることは少ないですね。



 今年3月19日、スポーツ用品販売のリージェント・

 ファーイースト(兵庫県)が自己破産を申請した。

 同社は阪神タイガースを代表するエース、

 故・村山実氏が設立し、社長を務めていたことで

 知られる。

 野球用品を中心に手掛け、最盛期には年40億円を

 売り上げたが、サッカーなど他のスポーツ人気の

 高まりから徐々に低迷。

 2013年度の売上高は17億円まで落ち込んだ。

 破産の引き金となったのは、円安だった。

 輸入コスト増による採算悪化で資金繰りが行き詰まり、

 連続で赤字を計上。


 帝国データバンクの調査によると、倒産原因に円安の

 影響があった事例は2014年度で401件に上り、

 前の年度の2.3倍に急増。

 特に、日本銀行による追加の金融緩和を受け、

 円安が急速に進んだ昨秋ごろから伸びている。
 

  (P.033)



下のグラフを見ますと、特徴的なこととして、
倒産件数は右肩上がりになっていますが、
負債総額は必ずしも倒産件数に比例して
いないことです。


「小型倒産の増加」を示しています。




追加緩和後に急増<br />・円安原因による月次倒産件数と負債総額

追加緩和後に急増
・円安原因による月次倒産件数と負債総額

(『日経ビジネス』 2015.05.18 号 P.033)
日経ビジネスDigital 2015.05.18 号




業種別倒産ではどの業種が多いのでしょうか。



 業種別では、一時の運送コストの高止まりで

 収益が悪化した運輸業が最も多く、

 輸入原材料の高騰を価格転嫁しづらい繊維・衣料、

 飲食料品、農業・林業・漁業などが続いている。
 

  (P.033)




今後の見通しはどうなのか、専門家に意見を
聞いています。


ポイント

「全体の倒産件数も増加に転じる可能性がある」
(P.033)と専門家は指摘しています。



 「円安倒産」が増える一方で、全体の倒産件数は

 減少傾向にある。

 2014年度は前の年度と比べ10.5%減の9044件。

 2009年度から6年連続で前の年度比マイナスの

 状況が続いている。

 帝国データバンク情報部の内藤修氏は「中小企業

 金融円滑化法の効果が続いている影響が大きい」

 と指摘する。

 
 だが、円滑化法関連の救済効果は永続的ではない。

 内藤氏は今年度以降、円安がきっかけとなった倒産が

 牽引する形で、全体の倒産件数も増加に転じる可能性

 があるとみている。
 

  (P.033)





私見

今後、2020年に開催される東京オリンピックに向けて、
インバウンドの観光客による売り上げ増加の期待感が
高まる一方で、内需型産業はさらに一層厳しい日々を
過ごすことになるかもしれません。





今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 産業構造の転換 
 顧客の不在 
 競争力の欠如 
 価格転嫁の不可 
 為替の行方 




次回は、
「PART 1 絶対儲かるはずなのに・・・
 円安が効かない4つのパターン」
のうち、3と4のパターン
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。