スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAPAN RUSHING 世界の企業は日本を目指す  2015.05.25 <3>







日経ビジネスの特集記事(108)

JAPAN RUSHING
世界の企業は日本を目指す
2015.05.25




テーマ

今週の特集記事のテーマは

経済は成熟し、少子高齢化で人口は減り、国家財政も大赤字──。
そんな「明日なき国」日本になぜか今、世界中の企業が殺到している。
横浜市にアジア最大の開発拠点を作る米アップルは、ほんの一例。
製造業から外食、サービス産業に至るまで、世界中の様々な企業が
日本で事業を強化し始めた。
中国などアジアの台頭による「Japan Passing(日本を素通り)」から
「Japan Rushing(日本へ殺到)」へ。
なぜ、彼らは今さら日本を目指すのか。
その背景には、日本人も気付いていないニッポンの魅力がある。

 (『日経ビジネス』 2015.05.25 号 P.026)

ということです。



1980年代に、テレビ、新聞、雑誌で頻繁に取り上げられた
言葉は、Japan Bashing(日本たたき)でした。 
Japan Nothing(日本無視)という言葉も一部では使われ
ました。


Japan Bashing とはどのようなものであったのか、
見てみましょう。


このような歴史を知ると、Japan Rushing が奇異に
感じられるのも無理はない、と思います。



 Japan bashing(ジャパン・バッシング)

 ジャパンバッシング(Japan bashing、日本叩き)とは、

 アメリカ合衆国の対日貿易不均衡についての反発や対抗

 手段、バッシングを指す。

 派生して日本に対する抗議や日本を非難する言動を指す。


 ビル・クリントン以降の民主党による中国重視の結果として、

 日本が軽視されるジャパン・パッシング(Japan passing)、

 日本が無視されるジャパン・ナッシング(Japan nothing)が

 起こっていると日本では指摘されている。
 

  (ジャパンバッシング Wikipedia から)





JAPAN RUSHING<br />世界の企業は日本を目指す

JAPAN RUSHING
世界の企業は日本を目指す

(『日経ビジネス』 2015.05.25 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.05.25




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.05.25号 PP.026-027)
「日経ビジネスDigital」 2015.05.25







第1回は、
「PROLOGUE 『明日なき国』そう思っているのは
日本人[あなた]だけ
優良外資、『今さら日本殺到』の怪」
「日本ほど『オイシイ国なし』」から
ニッポンの魅力1
を取り上げました。


第2回は、
「日本ほど『オイシイ国なし』」から
ニッポンの魅力2と3
を取り上げました。


最終回は、
「COLUMN1と2」
「日本ほど『オイシイ国なし』」から
ニッポンの魅力4
「EPILOGUE 『灯台下暗し』ではもたいない」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 社会的課題 
 インフラ 
 ニッチ市場 
 人材 
 外資による課題解決 




では、本題に入りましょう!



ポイント

ニッポンの魅力は何なのか。




次から「ニッポンの魅力」を探っていきましょう。
私たち日本人が気がつかなかったり、
当たり前過ぎて何とも思わない点に、
外資は着目しています。


[ニッポンの4つの魅力]


ニッポンの魅力1  「社会的課題」が山ほどある

ニッポンの魅力2 製品開発に最適な「インフラ」がある

ニッポンの魅力3 「ニッチ市場」でも十分なパイがある

ニッポンの魅力4 実はまだまだ「人材」の宝庫





最終回は、ニッポンの魅力4です。


ニッポンの魅力4 実はまだまだ「人材の宝庫」


背景を探っていきましょう。
『日経ビジネス』は次のようにまとめています。



 「日本にはグローバルで活躍できる人材がいない」

 「若者の理系離れで技術力が低下する」──。

 日本人の競争力について、そうした自虐的論調が

 幅を利かせるようになって久しい。

 だが世界には、そんなことをつゆほども考えていない

 企業が数多くある。
 

  (P.040)






介護人材

現在、日本では介護に従事する人たち(介護士、
介護福祉士など)の待遇が悪く、離職率が他業界
よりも高くなっています。


肉体的にも精神的にも重い負担を強いられる
介護業務ですが、賃金が安いためです。


そのような状況の中、介護に携わるプロをスカウト
する企業が出てきました。それは中国企業です。



  「老人ホームを運営できる人材を探してほしい。

 年俸800万円まで出す」。

 2015年3月、都内のヘッドハンティング会社に

 こんなオファーが届いた。

 依頼主は、自社で保有するビルを介護施設として

 活用しようと考えている中国の不動産デベロッパー。

 依頼を受けたヘッドハンターは「中国企業による

 自動車や電機のエンジニアの紹介依頼は多いが、

 介護まで広がるとは」と驚きを隠さない。

 だが今後は、そんな介護人材を求める中国からの

 スカウトも、日本に殺到する可能性が高い。
 

  (P.040)



最近、マーケティングでよく言及されることは、
「モノ → コト →ヒト」への流れです。
ハコモノ(建物)がまず必要になります。
そこで何をするのか、つまりコトです。
一番重要なことは、それらを実際に行うヒトの存在
です。人財です。


日本の介護に携わるプロを欲しがっているのです。
破格の条件のように見えますが、その経営者は
話題作りのためにオファーをしたのではなく、
中国の介護に携わる人たちの指導を含めて考えれば、
賃金は決して高くない、ということです。



 一人っ子政策の影響で、中国は少子高齢化が急速に

 進んでいる。40~50代の人口は既に2億人以上で、

 2026年ごろに高齢化社会を迎え、介護施設の需要が

 急激に高まるのは確実だ。

 しかしながら、ベッドやリハビリ機具など必要なモノは

 いくらでも買いそろえられるが、公的な介護保険制度が

 存在しない中国では、介護人材が圧倒的に少ない。

 ましてや奉仕の精神でサービスに携わる一流の介護士

 は稀有だ。
 

  (P.040)



日本の介護業界の実態を知ることが必要でしょう。



 日本には世界的にも質の高い介護士が約130万人

 いるが、低賃金や過酷な労働環境もあって実際に

 職に就いているのはその6割にも満たない。

 福祉施設の常勤の介護員、訪問介護員(ホーム

 ヘルパー)の月給は2014年の全国平均でそれぞれ

 約22万円。介護計画を作るケアマネジャーも26万

 2900円で全産業平均の29万9600円を大きく下回る。

 おのずと、離職率と人材の流動性は高い。

 日本にとって深刻な問題に、このデベロッパーは

 着目した。
 

  (P.040)




ポイント1

プロの活用ができるか



日本には多くの研究者がいます。
ただ、十分に活用できていないのが現状です。
その理由は、産官学の連携が不十分だったからです。
ところが、最近、流れが変わってきたそうです。


ドイツのバイエルのケースが紹介されています。



 「日本でのポテンシャルが再評価された」。

 こう話すのは、独バイエル日本法人、

 バイエル薬品の高橋俊一・オープンイノベーション

 センター長だ。


 バイエルが日本での活動を強化する理由も、

 大学を中心とした研究者のレベルの高さにある。

 中国などの追い上げもあるが、下の表が示すように、

 人口当たり研究者の数や国際特許の申請数では

 まだ世界トップレベル。


 「日本の大学には新しい原石が眠っている。

 他の企業や大学との連携がますます重要になる中で、

 幅広いコラボレーションが期待できる場所になった」

 (高橋センター長)。

 これまでは外資系企業は大学の教授や研究成果など

 にアクセスしにくかったが、ここ数年で多くの大学に

 産官学連携の専門組織が置かれ、海外にも門戸が

 開かれたことも大きい。
 

  (P.041)




米国を抑え世界一をキープ<br />・人口1万人当たりの研究者数(G8での比較)<br />出願数では中国に大差をつける<br />・国際特許の出願数上位10カ国(2014年)

米国を抑え世界一をキープ
・人口1万人当たりの研究者数(G8での比較)
出願数では中国に大差をつける
・国際特許の出願数上位10カ国(2014年)

(『日経ビジネス』 2015.05.25 号 P.041)
「日経ビジネスDigital」 2015.05.25






ポイント1

共創の重要性を考える(P.035)




次にご紹介することは、今までとは一味違う辛口の
記事です。 耳が痛い話と言い換えても良いくらいです。


 Column 1 外資系企業、ここだけの本音 
 「正直、“カモ”が多いのも事実」 



 古くは「大阪万博に月の石が来た」と聞けば4時間待ち

 でも並び、最近でもパンケーキやポップコーンなど

 新しいスイーツがはやっていると言われれば炎天下に

 並ぶことさえいとわない。

 そんな日本人の「カモがネギを背負ってやってくる」習性を、

 外資系企業がしたたかに見ているのも事実だ。

 日本で事業を展開する外食チェーンの幹部は、

 そんな日本人を「実験的なモノを好む傾向がある」

 と指摘する。
 

 「特に清潔や気候の変化にはお金をかけてくれる。

 たとえ目に見えなくても気にしており、洗浄力について

 認証機関からお墨付きを得られれば、水戸黄門の印籠の

 ように効く」と語るのは家電メーカー。

 公的な評価を得たものを盲目的に信じるのも国民性故か。
 

  (P.039)



国民性は致し方ないと思います。
どの国でも形は違えど、他国民から見ると、
「不思議」「バカじゃないの」「シメシメ」
と感じることはありますから。




もう1つは、良い面です。シリコンバレーより日本の方が
「ある条件」のもとでは、上という話です。


 Column 2 まだまだあるニッポンの魅力 
 「“ヒナ”を育てるには日本が最高」 



 シリコンバレーよりも日本を選ぶ起業家が増えてきた。

 「シリコンバレーでの起業は全く考えなかった」と話すのは、

 2012年に研修管理システムを提供するコースベースを

 起業したジョン・英誉・マーティン共同社長。

 マーティン社長はニューヨークで富裕層向けの大手資産

 管理会社、ブラックロックで働いていた。

 起業を考えた時、真っ先に候補に挙げたのは東京だった。

 「東京の方がシリコンバレーよりも優れていることが

 いくつもある」(マーティン社長)。


 まずオフィス環境の良さ。

 コースベースが本社を置く東京・台場から東京駅や新宿駅

 までは、電車を使えば30分以内で行ける。


 住環境も優れている。社員全員が近隣に住み自転車で通う。

 「シリコンバレーは大きな資金調達ができても、

 人材やオフィス賃料など固定費が高い。日本の方が少ない

 資金で運営でき、事業が軌道に乗りやすい」(マーティン社長)。


 人材の層も厚いと指摘する。優秀なエンジニアが豊富で

 賃金もシリコンバレーと比べたら安い。

 ソフト開発を手掛けるインディゴのクマール・ラジェッシュ社長は

 「シリコンバレーでは社員に本来払うべき給料の2割増しを

 払っても定着しない。日本にはそんな心配がない」と話す。
 

  (P.039)




ポイント


「ニッポンの魅力」に惹かれた外国企業が
定着するかどうか






 EPILOGUE 日本企業が知らない 
 ニッポンの活用法 
 「灯台下暗し」ではもったいない 

日本の組織の問題が毎年のように指摘されてきました。
「決断が遅い」「会議が長い」「生産性が低い」
「残業時間が長い」「コミュニケーションの取り方が下手」
など・・・・・


ですが、ここにきて、日本のそうした問題点を含めても、
見直しがされてきているように感じます。


まるで、「振り子が逆に振れる」かのように、見方によって
短所が長所に変わることがあるのです。


そのようなケースを含め、『日経ビジネス』特集班の記事を
ご覧ください。 「なるほどと納得する」か、「ちょっと違うと
考える」かは、あなた次第です!



 「泳ぐ宝石」と呼ばれるニシキゴイの価値を認め、

 海外市場を開拓したのは日本の養鯉業社でも

 大手商社でもなく、KoiBitoのような外国企業だった。

 それがなければ、今ごろ国内の養鯉産業は大きく

 衰退していてもおかしくなかっただろう。

 「灯台下暗し」とはまさにこのことだ。

 新興国市場や海外発のビジネスモデルばかりに目を

 奪われ、足元にある宝の山を生かしきれていないのは、

 大きな損失にほかならない。国内では成熟した製品や

 技術でも海外では無限の可能性がある──。

 そんなニシキゴイのような資源はまだまだあるに違い

 ない。


 日本は狭い国土の中に、自動車以外にも幅広い分野で

 世界的な企業が存在する。加えて、人間同士のコミュニ

 ケーションをベースに、多様な技術やノウハウを

 「擦り合わせ」できる柔軟さがある。

 だからこそ「組織や担当者ごとに役割分担が明確な海外

 とは違い、顧客ニーズに基づいた新たな成果を生み出し

 やすい土壌がある」(石岡治道・常務執行役員デュポン

 ジャパンイノベーションセンター長)と考えている。
 

  (P.043)



『日経ビジネス』は最後に次のように述べています。
日本全国へエールを送っていると考えました。


 海外の有力企業は既に、日本企業が知らない

 様々な「ニッポンの活用法」を見つけている。

 日本企業も、日本経済の成熟が迫りつつある

 今だからこそ、自らが見落としている日本の魅力

 に改めて注目すべきだ。

 「灯台下暗し」のままではあまりにももったいない。
 

  (P.043)





私見

今特集で、私の知らなかった「ニッポンの魅力」を
知ることができたことは大きな収穫でした。


日本人はどこか自虐的なところを樂しんでいるように
感じます。もっと自信を持つべきだ、と強く感じました。


一方から見ると欠点のように見えても、
他方面から見ると、他者を寄せ付けない特徴となって
いることもあるのですから。







今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 社会的課題 
 インフラ 
 ニッチ市場 
 人材 
 外資による課題解決 






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
137位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。