スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野原・稲盛 魂の提言 日本の医療を救え 2015.06.01 <1>







日経ビジネスの特集記事(109)

日野原・稲盛 魂の提言
日本の医療を救え
2015.06.01




テーマ

今週の特集記事のテーマは

「日本を、長寿を悲しむ国にしてはいけない」
103歳の現役医師、聖路加国際病院名誉院長の
日野原重明は言う。
「長寿世界一」は日本の誇りである。
だが、老人の医療費負担が現役世代に重くのしかかる。
2000年に約30兆円だった国民医療費は2025年に
50兆円を突破。
支え手の負担が限界を超えれば、社会は長寿を
寿げなくなる。
コスト構造をゼロから見直し日本航空(JAL)を再生した
京セラ名誉会長の稲盛和夫は言う。
「医療に従事するすべての人が経営マインドを持てば、
できることはまだまだある」
医療という「命のインフラ」をどう守るか。

 (『日経ビジネス』 2015.06.01 号 P.022)

ということです。



医療問題と高齢化は切っても切れない関係にあります。
日本は「少子高齢化」の先頭を切っています。
生産年齢人口(15~64歳)が減少傾向にあり、
高齢者を支える人たちの負担が重くのしかかってきて
います。


日本がこの問題をどう解決するのか、世界は注目して
います。先進国においては、いずれは日本と同じ道を
たどることが確実視されているからです。




日野原・稲盛 魂の提言<br />日本の医療を救え

日野原・稲盛 魂の提言
日本の医療を救え

(『日経ビジネス』 2015.06.01 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.01




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.06.01号 PP.022-023)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.01







第1回は、
「PART1 魂の提言
 日野原重明×稲盛和夫」
「PART2 夢の団地と必然の孤独死」
を取り上げます。


第2回は、
「PART3 算術が仁術を超えた日」
を取り上げます。


最終回は、
「PART4 初公開
 病院経営力ランキング」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 医療の質 
 利益の還元 
 仁術に限界 
 病院経営力 
 選択と集中 




では、本題に入りましょう!


 PART1 魂の提言 
 日野原重明×稲盛和夫 




片や、医学界で知らない人はいないと言える、
聖路加国際病院名誉院長、日野原重明氏と、
京セラ名誉会長で、破綻したJALをわずか
2年半で再上場させた、名経営者、稲盛和夫氏
の対談です。


お二人は対談の中で、医療問題の本質を見抜き、
貴重な提言をしています。


まずは、お二人の熱のこもった「魂の提言」に
真摯に耳を傾けてみましょう!


それにしましても、お二人ともご高齢ですが、
頭も身体も元気です。


聖路加国際病院名誉院長 日野原 重明 氏    京セラ名誉会長 稲盛 和夫 氏

聖路加国際病院名誉院長 日野原 重明 氏と
京セラ名誉会長 稲盛 和夫 氏

(『日経ビジネス』 2015.06.01号 PP.024-025)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.01




まず、日野原氏が問題提起します。
それに対して、稲盛氏がどう答えるかご注目
ください。


 日野原

 まず無駄な医療をやめることです。

 医療を営業と考える医者は延命治療に夢中に

 なりがちです。患者や家族には「長生きは良い

 ことだ」という思い込みがあり、医者も延命した

 方がもうかるからです。

 しかしチューブにつながれて最期を迎えることが

 患者や家族にとって本当の幸せでしょうか。

 社会的にみれば膨大なコストがかかっている。


 延命治療をやめれば、住み慣れた自宅で最期

 を迎える人が増えるでしょう。病院より、自分が

 ずっと生きてきた場所で最期を迎えたいと望む

 人は多いのではないでしょうか。

 これを実現するには医者も患者も家族も考え方

 を改めなくてはなりません。

 死に抗うのではなく、死を受け入れる考え方が

 必要です。


 ルネ・サンド(1928年に国際社会福祉協議会を

 設立したベルギーの医学者)は「国民の参与

 なくして国民の健康は作られない」と言っています。

 まず社会の中のいろいろな層の人々による協力

 体制を作る必要があります。「真の健康社会を

 作る」ことを国民の総意にしなくてはならない。
 

  (P.024)





 稲盛

 サンドの言葉は経営にも通じると思います。

 全従業員の参与がなければ良い経営は実現でき

 ません。

 
 ドクターから看護師さん、食事を担当する人まで、

 医療に関わるすべての人が、どうすればコストを

 上げずに、患者さんに良い医療を提供できるか。

 皆で考えるところから始めたらいいのではない

 でしょうか。
 

  (PP.024-025)





 日野原

 老人だからといって、周りにしてもらうばかりでは

 いけません。生物的な「老化」は避けられない現象

 ですが、自ら新しいことを創めていれば精神的な

 「老い」は避けられます。

 新しいことを創める高齢者を、社会は交わりの中に

 迎え入れ、温かい心で包み、彼らに役割を与えるの

 です。老人を廃車のように扱う国は、とても文明国家

 とは言えません。
 

  (P.025)





 稲盛

 中小企業の経営から始めた私は、「赤字を出しては

 いけない」という考えが体に染み付いています。

 中小企業は赤字を出したら簡単に潰れてしまい

 ますからね。中小企業の経営者は収入が減ったら

 それなりに支出を減らし、何とかして収益を上げる

 ことを考えます。しかし大きな企業は、1度や2度の

 赤字では潰れません。当事者意識を持ちにくい。

 経営者も従業員もいつしか、赤字に慣れてしまうの

 です。


 病院は制度で単価が決まっていますから、利益を

 出すにはみんながコストと真剣に向き合うしかない。

 赤字の病院の職員の方に、そのような意識がある

 でしょうか。
 

  (PP.025-026)





 日野原

 例えば、お金を出せる患者には、広くてきれいな

 個室に入ってもらい、おいしい食事を出して高い

 お金を取ればいい。そうやって稼いだお金で、

 貧しい人は安く治療してあげればいいのです。

 日本の医療制度は硬直的過ぎて、こうしたことが

 自由にできない。

 最初にお話しした延命治療が最たる例ですが、

 医療を営業だと勘違いしている医者が多いのも

 事実。高額納税者には医者が多いでしょ。

 利益を患者さんに返しなさい、と僕は言いたい。 
 

  (P.026)



ポイント

「延命治療をやめれば、住み慣れた自宅で最期

 を迎える人が増えるでしょう。病院より、自分が

 ずっと生きてきた場所で最期を迎えたいと望む

 人は多いのではないでしょうか。

 これを実現するには医者も患者も家族も考え方

 を改めなくてはなりません。

 死に抗うのではなく、死を受け入れる考え方が

 必要です」




完治する見込みがあれば、高度治療を実施する意味は
あります。 ですが、延命措置のために高額医療費を
使うのは、労働者に負担を強いるだけです。


それでなくとも、介護保険と健康保険、年金保険などの
社会保険料の負担額は年々増加しています。


日本の病院の経営状態について『日経ビジネス』は、
次のように述べています。 実態は相当厳しいようです。



 日本の病院は7割が赤字。公立に限れば9割が

 赤字だ。 4月13日に日本医学会総会が採択した

 宣言にも「医療制度の維持が難しくなりつつある」

 との文言が盛り込まれた。
 

  (P.025)




PART2では、マンモス団地に約半世紀にわたって
寄り添い続けた医師の苦悩を描いています。


 PART2 夢の団地と必然の孤独死 





団地の高齢化と40年以上<br />向き合ってきた<br />平山登志夫院長

団地の高齢化と40年以上
向き合ってきた
平山登志夫院長

(『日経ビジネス』 2015.06.01 号 P.027)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.01






 約7000戸、2万8000人が住む花見川団地が

 千葉市花見川区に出現したのは1968年。

 大阪府の千里ニュータウンが完成するまで、

 日本一のマンモス団地だった。


 今、全世帯の1割に近い約700戸に独居老人

 が住む。これは半世紀にわたり巨大団地の

 高齢化と向き合ってきた1人の医師の物語で

 ある。

 花見川団地は、当時としてはモダンな2DKの

 間取りで家賃も手ごろ。

 部屋は若い住民で埋まったが、交通の便が悪く

 「陸の孤島」と呼ばれた。


 聖路加国際病院で日野原重明の薫陶を受けた

 平山登志夫は、東京・銀座菊地病院で外科部長

 をしていた。その平山が公団に請われ、

 団地の8‐1号棟103号室で開業したのは68年の

 ことである。


 平山が「高齢化対策」を訴えたとき、花見川地区

 で検討されていたのは小学校の新設だった。

 平山は反対したが地域に5つ目の小学校が建った。

 行政が動かないのなら、自分でやるしかない。

 平山は77年、病院の隣に60床の特養を建てた。

 「待ってました」と言わんばかりに、寝たきりの親を

 背負った家族が殺到し、部屋は数日で埋まった。
 

  (PP.027-028)



特養(特別養護老人ホーム)を切り盛りしたのは、
妻の享子さんでした。



 「業務用の大型洗濯機ができて、50人分のオムツが

 いっぺんに洗えるようになり、ずいぶん助かりました。

 干すところがなくて困りましたけど」。享子は当時を振り

 返る。
 

  (P.028)



ここで、特養について確認しておきましょう。



 特別養護老人ホームは、要介護1から5の認定を

 受けた65歳以上の方を対象としており、身体上

 または精神上著しい障害により、常に介護が必要

 な状態で、居宅において適切な介護を受けること

 が困難な方が入所する施設です。
 

  (特別養護老人ホームとは ホームメイト・シニアのサイトから)



平山院長が痛感したのは、「リハビリ」が抜け落ちて
いることでした。



 病気を治す「病院」と、介護をする「特養」の間で

 抜け落ちていたのは「リハビリ」だった。

 ちょうどその頃、国もリハビリの重要さを認識し

 「老人保健施設」の新設を検討していた。

 当時の日本には「リハビリ」という概念がほとんど

 なく、どんな施設を作って、どう運営したらいいのか

 分からない。そこで国はいくつかのモデル事業を

 立ち上げることにした。

 長野県、三重県、大阪府など7つの地域の病院が

 手を挙げた。平山もその一人だ。
 

  (P.028)



現在、平山院長が運営する施設はどうなっている
でしょうか?



 開業から47年、かつて子供たちの声でにぎやか

 だった花見川団地は、すっかり老人の街になった。

 平山が予見した通り、高齢化は日本の大問題に

 なり団地は孤独死対策に追われている。

 平山の運営する晴山会グループは、特養と老健を

 何度も増床し、在宅介護支援センターやケアハウス

 も作った。それでも平山は言う。

 「作っても、作っても供給が需要に追い付かない」
 

  (P.028)



将来を見据えると、さらに不安が広がってきます。



 平山が花見川団地に診療所を開いたころ、

 日本の65歳以上は10人に1人だった。

 今は4人に1人。

 10年後の2025年には3人に1人になる。

 年齢が上がるほど疾患を抱える確率は

 上がる。

 手を打たなければ、医療費は増え続ける。

 一方で15歳から64歳の生産年齢人口が減る

 ため、健康保険の保険料や税金を納める人

 が少なくなる。


 平山にはもう一つの不安がある。

 「昔はね、お年寄りを元気にして家に帰すと、

 家族が喜んだんですけどね。今は、帰して

 くれるな、と言う人がいる。施設に押し付けた

 方が楽ですからね」
 

  (PP.028-029)



平山院長は、このままでは縮小均衡に陥るのは
目に見えているため、ある決断をします。



 かつて「家族任せにせず、社会が高齢者を受け

 止める仕組みを作れ」と旗を振った平山が今、

 「あらゆる問題を社会に押し付けていたら、

 制度が破綻する」と警鐘を鳴らす。

 高齢化の衝撃は平山の想定を超えていたのだ。

 「仁術」だけでは限界があると悟った平山は、

 病院の経営を安定させるため2010年、

 京セラグループの「医療法人向けアメーバ経営」

 を導入した。
 

  (P.029)





ポイント

「仁術」だけでは限界がある





私見

普段は、「医療は万能」と考える人はいない、
と思いますが、高齢化することで、
より多く発現するアルツハイマー病などが
原因の認知症や、身体が不自由になり、
介護が必要になった場合、自宅で治療したり、
介護することには、非常に困難が伴います。


子供も高齢化し、介護者も被介護者になり
かねない環境にある人も少なくない、
と推測されます。


非婚化や晩婚化の傾向が強くなり、今後、
介護がずっしり重い問題になってくるのでは
ないか、と危惧しています。


病院で人生の最後を迎えたくない人たちが
増えれば、必然的に、自宅で介護してもらい
ながら、終末を迎えることになりますが、
見てくれる人がいなければ、自宅で終活する
ことさえ難しいことです。


今特集は、多くの読者にとって重いテーマです。




次回、「アメーバ経営」を取り入れた病院の
ケーススタディーをご紹介します。





今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 医療の質 
 利益の還元 
 仁術に限界 
 病院経営力 
 選択と集中 



次回は、
「PART3 算術が仁術を超えた日」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。