スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野原・稲盛 魂の提言 日本の医療を救え 2015.06.01 <2>







日経ビジネスの特集記事(109)

日野原・稲盛 魂の提言
日本の医療を救え
2015.06.01




テーマ

今週の特集記事のテーマは

「日本を、長寿を悲しむ国にしてはいけない」
103歳の現役医師、聖路加国際病院名誉院長の
日野原重明は言う。
「長寿世界一」は日本の誇りである。
だが、老人の医療費負担が現役世代に重くのしかかる。
2000年に約30兆円だった国民医療費は2025年に
50兆円を突破。
支え手の負担が限界を超えれば、社会は長寿を
寿げなくなる。
コスト構造をゼロから見直し日本航空(JAL)を再生した
京セラ名誉会長の稲盛和夫は言う。
「医療に従事するすべての人が経営マインドを持てば、
できることはまだまだある」
医療という「命のインフラ」をどう守るか。

 (『日経ビジネス』 2015.06.01 号 P.022)

ということです。



医療問題と高齢化は切っても切れない関係にあります。
日本は「少子高齢化」の先頭を切っています。
生産年齢人口(15~64歳)が減少傾向にあり、
高齢者を支える人たちの負担が重くのしかかってきて
います。


日本がこの問題をどう解決するのか、世界は注目して
います。先進国においては、いずれは日本と同じ道を
たどることが確実視されているからです。




日野原・稲盛 魂の提言<br />日本の医療を救え

日野原・稲盛 魂の提言
日本の医療を救え

(『日経ビジネス』 2015.06.01 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.01




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.06.01号 PP.022-023)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.01







第1回は、
「PART1 魂の提言
 日野原重明×稲盛和夫」
「PART2 夢の団地と必然の孤独死」
を取り上げました。


第2回は、
「PART3 算術が仁術を超えた日」
を取り上げます。


最終回は、
「PART4 初公開
 病院経営力ランキング」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 医療の質 
 利益の還元 
 仁術に限界 
 病院経営力 
 選択と集中 




では、本題に入りましょう!


 PART3 算術が仁術を超えた日 

「医は仁術なり」と昔から言われてきました。
そのため、「医師はカネのために働いているのでは
ない」と多くの医療関係者は考えているそうです。



 医は仁術(いはじんじゅつ、「医は仁術なり」とも)とは、

 「医は、人命を救う博愛の道である」(広辞苑)ことを

 意味する格言。

 特に江戸時代に盛んに用いられたが、その思想的

 基盤は平安時代まで遡ることができ、また西洋近代

 医学を取り入れた後も、長く日本の医療倫理の中心的

 標語として用いられてきた。
 

  (医は仁術 Wikipedia から)


その一方で、病院が倒産したら入院患者だけでなく、
外来患者はどうするのだ、という問題があります。


下図をご覧ください。
医療関係者はこれだけいます。
患者に直接顔を合わせる人たちばかりではありません。
病院も「法人」ですから、利益を無視した経営を続けて
いれば、いずれ破綻します。



現代の医療を取り巻く人々

現代の医療を取り巻く人々

(『日経ビジネス』 2015.06.01号 PP.030-031)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.01






 医は仁術なり。

 医療関係者の多くは「カネのために働いている

 のではない」と考える。その気持ちは尊いが

 稲盛はこう言う。

 「病院が潰れてしまっては元も子もないのでは

 ないですか」


 「金もうけは悪」と決めつけてしまったら医療改革

 は進まない。
 

  (P.031)



稲盛和夫氏が考案した「アメーバ経営」について、
解説を見てみましょう。



 「アメーバ経営」とは稲盛が京セラを経営して

 いくなかで、その経営理念を実現していくために

 創り出した経営管理手法です。

 組織を小集団に分け、市場に直結した独立採算制

 により運営し、経営者意識を持ったリーダーを社内

 に育成し、全従業員が経営に参画する「全員参加

 経営」を実現する経営手法です。
 

  (稲盛和夫 OFFICIAL SITE  から)




次から、「アメーバ経営」を採用した、2つの病院を
ご紹介します。


このケーススタディーは、多くの一般の人々に、
とても参考になる、と考えています。
他の病院とどこがどう違うのか、が分かるからです。


医療関係者にとっても同様です。



仁誠会クリニック光の森

最初の病院は、熊本県内にある、医療法人仁誠会
です。 アメーバ経営を導入後、どのような変化が
起きたのか。 その点に注目してご覧ください。



 医療法人仁誠会は熊本県内で5つのクリニックと

 3つの老人施設を運営している。

 人工透析では県下最大の病床数を持つ。

 アメーバ経営を導入したのは2010年8月のことだ。

 人工透析は長期療養の患者が多いので病院の

 経営は比較的、安定している。

 一方、介護老人保健施設(老健)や有料老人ホーム、

 通所リハビリテーションは思うように利益が出ない。

 国民医療費の膨張が続く中、これからもいつ診療

 報酬の切り下げがあってもおかしくない。

 「手遅れになってからでは遅い」と考えた理事長の

 田尻宗誠は思い切ってアメーバ経営の導入に踏み

 切った。
 

  (P.032)



ところが、医師たちの反発は激しかったそうです。
「黒字なのに何でそげなこと、せんといかん…」
(P.032)という言葉がその状況を物語っています。


「そんな中、最初からアメーバ経営に前向きに
取り組む医師がいた」(P.032)そうです。



 仁誠会クリニック光の森の院長、江田幸政である。

 米国留学の経験がある江田は米国の厳しい医療

 事情を知っていた。

 「貧乏人は入院できない。日本があんなことになって

 は大変だ。病院は患者さんのためにも健全経営を

 続けなくてはならない」。
 

  (P.032)


アメーバ経営の導入に、なぜ医師たちは反発したの
でしょうか?


細部までチェックが入り、手間も時間もかかるという
ことと、個人の行動まで管理されるのではないか、
という漠然とした不安感だろう、と思います。



 アメーバ経営の導入で細かいコスト構造を

 チェックすると、クリニックの経営の中に潜む、

 様々な無駄が見えてきた。

 例えば透析水を温めるヒーター。

 従来、集中管理で朝6時から一斉に稼働していたが、

 透析患者が朝一番で一斉に来院するわけではない。

 複数のタンクを30分ずつ時間をずらして温める

 ようにしたら、電気使用量のピークが50キロワット

 下がり、年間の電気料金が100万円安くなった。 
 

  (P.032)


アメーバ経営を導入したら、誰の目にも分かる大きな
成果を収めることができたのです。
大きな成果は、利益率の向上でした。
ただし、アメーバ経営は継続していかなければ、
元の木阿弥です。




 アメーバを導入した初年度の2011年に1%だった

 仁誠会の利益率は、2012年に3%、2013年は5%

 と順調に改善している。だが、ここで手を緩める

 わけにはいかない。副理事長の田尻哲也は言う。

 「中長期で考えれば、病院の経営環境は必ず

 厳しくなる。お金のことをきちんと考えない病院は

 潰れていくでしょう。我々はあふれた患者さんや

 利用者の受け皿になる」
 

  (P.032)




ポイント

アメーバ経営の重要性をきちんと認識し、
継続していくこと




仁誠会のケースは、どちらかと言えば、
「守り」の経営です。


次のケースは、「攻め」の経営です。




天神会 新古賀病院


仁誠会も天神会も、九州にある病院です。
最終回は、病院経営力ランキングをお伝えしますが、
九州にある病院でベスト100にランクインしている
病院は、11もあります。


しかも、1位と2位は熊本県内にあります。
詳細は最終回の特集記事でお確かめください。




 「利益が出れば、目指す医療ができますからね」。

 社会医療法人天神会(福岡県久留米市)理事長

 の古賀伸彦はそう言って笑う。

 「シームレスな医療・介護事業を久留米で永続する

 ためには、稼いだお金がぽろぽろこぼれていく今の

 体質ではダメ」と悩んでいた古賀は2011年10月、

 京セラグループのコンサルティング会社KCCSマネジ

 メントコンサルティングが福岡市で開いたセミナーを

 聞き、その2カ月後にアメーバ経営を導入した。
 

  (P.033)



アメーバ経営を導入する以前は、経営難に陥ったこと
があるそうです。



 天神会は2000年代の半ば、前理事長の時代に、

 過剰投資と診療報酬カットが重なって経営難に

 陥ったことがある。

 理事長を引き継いだ古賀は「良心的自己満足

 医療では永続できない」と何度も医師やスタッフ

 に言ったが、「お金のことは考えたくない」という

 風潮は一朝一夕では変わらなかった。

 「経営なんて関係ない、と思っていましたから」。

 天神会・新古賀病院、看護部長の田中圭子は

 素直に認める。

 「私たちは患者さんに喜んでもらいたくて仕事を

 しているのであって、お金もうけのために働いて

 いるのではない」という気持ちが強かった。

 最初はミーティング中も「早く患者さんのところへ

 戻りたい」と思った。
 

  (P.033)



アメーバ経営を導入後、どう変化したかは利益率という
「数字」が如実に示しています。




 アメーバ導入前の2009年度に4%だった天神会の

 利益率は2013年度、8%に跳ね上がった。

 その間にも高齢者総合福祉施設の

 「こがケアアベニュー」や、介護老人保健施設の

 「こが21」を開設している。
 

  (P.032)



ですが、これで満足してはいませんでした。
「攻め」の経営を推し進めていったのです。




 こうした大型の投資をしていなければ、

 利益率は10%を超えるはず。

 だが、理事長の古賀に投資を手控える気配はない。

 2016年4月の開設を目指し、久留米市郊外に

 大規模な看護学校を作る計画も進めている。

 「将来の看護師不足を見据え、海外から看護師の

 卵を連れてきて、学ばせたい。病院の国際化が

 進めば、海外からの検査需要も取り込める」

 古賀のビジョンを実現するためには利益が欠か

 せない。だからこそ日々の細かい出費に目を

 光らせる。
 

  (P.032)




『日経ビジネス』特集班は、PART3の終わりで、
次のようにまとめています。



 健全経営の病院は地域の医療を支えるだけでなく、

 雇用や関連需要で地域経済を活性化する。

 古賀が言うようにインバウンドの検査需要まで

 取り込めれば、医療は成長産業になる可能性すら

 秘めている。

 「算術」は疲弊した日本の医療をよみがえらせる

 だけでなく、地域経済復興の起爆剤にもなる。
 

  (P.032)





ポイント

健全経営の病院は地域の医療を支える
だけでなく、雇用や関連需要で地域経済を
活性化する。






私見

私たちは、病院の外側から見て、健全経営の病院で
あるかどうかを窺い知ることは困難でしょう。


どんなに病院が大きく、総病床数が多く、また最新の
医療機器が整っていても、健全な経営がなされている
かどうかは残念ながら、分かりません。


現在、健康を維持していても、いつか病院の世話になる
日が来るかもしれません。


その際、その病院が破綻間近だとしたら、ゾッとしませんか?


「帝国データバンクによると2014年の医療機関の倒産は
前年より7件少ない29件」(P.033)ということですが、
「2002~06年にかけて3回連続で診療報酬を引き下げた
後は、年間の倒産が50件を超す年もあった」(P.033)
ということで、将来、病院がどのような道を辿るか、
定かではありません。


病院が倒産するということは、決して他人事ではありません。




今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 医療の質 
 利益の還元 
 仁術に限界 
 病院経営力 
 選択と集中 






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。