スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代は「健康経営」 エクセレントカンパニーの新条件 2015.06.15 <2>







日経ビジネスの特集記事(111)

時代は「健康経営」
エクセレントカンパニーの新条件
2015.06.15




テーマ

今週の特集記事のテーマは

「健康管理は従業員本人の責任」。
そんな前時代的な経営は、もはや通用しない。
SCSK、コニカミノルタ、伊藤忠商事、味の素、東急電鉄、内田洋行──。
従業員の健康こそ企業の競争力を高める経営の最重要課題と位置付け、
その増進や維持を図る「健康経営」に取り組む企業が増えている。
活力ある働き方を実現する「戦略投資」として、健康経営を推進することは、
生産性を高め、優れた人材を集めるエクセレントカンパニーの新条件だ。

 (『日経ビジネス』 2015.06.15 号 P.026)

ということです。






時代は「健康経営」<br />エクセレントカンパニーの新条件

時代は「健康経営」
エクセレントカンパニーの新条件

(『日経ビジネス』 2015.06.15 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.15




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.06.15号 PP.026-027)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.15







第1回は、
「PART1 本誌調査では従業員の34%が『病』に
 『健康ブラック企業』の闇」
「PART2 SCSK、健康経営の軌跡
 家族に手紙、残業激減 そして増収増益」
を取り上げました。


第2回は、
「PART3 エクセレントカンパニーへの道
 健康経営、4つのポイント」
を取り上げます。


最終回は、
「PART4 経営トップが旗振り役に
 『形だけの罠』に陥るな」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 健康ブラック企業 
 健康経営 
 エクセレントカンパニー 
 健康経営に関する誤解 
 持続性 



初回は、健康ブラック企業と、健康経営を推進する企業を
ご紹介しました。


今回は、従業員や役員の心身の健康を維持・増進する
企業は、エクセレントカンパニーへの道を歩むことになる、
という主旨でお伝えしていきます。



では、本題に入りましょう!


 PART3 エクセレントカンパニーへの道 
 健康経営、4つのポイント 

『日経ビジネス』特集班は、健康経営には4つのポイント
がある、と指摘しています。


順に見ていくことにしましょう。


手法1 緻密な検診データで最適提案

企業による従業員の心身の健康管理は、単に医療費の
削減のみならず、企業の存続にも関わる大変重要な
テーマとなってきました。


従業員も個人の問題ではなく、全社的な問題であるという
認識が不可欠です。


内田洋行の場合


 医療コンサルティングのミナケア(東京都千代田区)

 に健康診断とレセプトのデータ分析を依頼して、

 リスクの高い従業員を洗い出した。

 生活習慣病をターゲットにしたのは、長期間にわたって

 継続して治療を受けたり、服薬したりする必要がある

 病気だからだ。本人の負担が重い上に医療費もかさむ。


 内田洋行は2017年度に血糖・血圧で緊急度が高いリスク

 を持つ従業員を、2014年度比で8割削減するなどの中期

 目標を策定した。

 健康への取り組みはすぐに成果が出るものではないが、

 データを基にして適切な手を打ち続ければ必ず成果が

 出る。たゆまぬ実践が、今日も続いている。
 

  (PP.036-037)


従業員の健康に関するビッグデータ活用により、
個人の健康状態の把握だけでなく、男女別、年代別、
業務内容別、上長と部下との関係など、いろいろな
セグメントで分析が可能になってくる、と考えられます。


そうしたデータを事業にどう活かしていくか、
が将来の課題になる、と思います。



図1


健康リスクが高い従業員を狙い撃ち
・内田洋行保険組合のデータ活用概要

(『日経ビジネス』 2015.06.15号 P.036)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.15






手法2 楽しむ仕掛けで三日坊主を防ぐ

従業員の健康への意識を向上させるため、
企業はあの手この手を使って、動機づけしています。


課題をクリアしたらポイントが貯まり、健康関連商品
や、さまざまな商品に交換できるプログラムを採用
する企業も増えてきました。
「アメとムチ」のアメの戦略です。


一方、健康診断を未受診の従業員に対して、
ボーナスをカットする荒療治を課す企業もあります。
「アメとムチ」のムチの戦略です。


こうした「アメとムチ」を使い分ける試みが始まりました。


出光興産の場合(アメ)


 健康ポイントをためて商品を手に入れる──。

 こうした楽しむ仕掛けで健康活動の「三日坊主」を

 防ぐ仕組みは、出光興産も取り入れている。

 2012年、住友商事が開発した健康応援サイト

 「KENPOS」を採用。

 1日7000歩や1万歩の歩行を一定期間続けるなど

 の活動をすると、ポイントがもらえる。

 ためたポイント数に応じて、東京ディズニーリゾートの

 フリーパスポートや雑穀米など様々な商品に交換

 できる。
 

  (P.038)



こうした試みが目に見える成果となってきています。


 現在、健康保険組合の被保険者の3分の1に

 当たる約3600人がKENPOSに登録。

 導入初期に登録した40歳以上の人と、

 それ以外の人の年間医療費の平均を調べたところ、

 後者の2013年の医療費は約24万9000円と、

 2年前から23%増加。

 一方、初期登録者の医療費は約15万5000円で

 同期間に7%減るなど、着実に成果が表れている。
 

  (P.039)


今後も、“経過観察”が必要でしょう。
1~2年で終わり、ではありませんから。




ローソンの場合(ムチ)


 ローソンは健康診断を未受診の従業員に対し、

 本人の賞与を15%減らすと同時に、

 所属部の部長など上司の賞与も10%カットする

 制度を2013年度に導入した。部下の健康管理に

 ついて上司にも責任を持たせて、

 受診率の向上につなげようという考えからだ。

 従業員の受診率はそれまで97%だったが、

 制度導入を機に2013年度は100%に上昇。

 2014年度も全従業員が受診した。

 健康診断の2次検査に応じない従業員の賞与を

 2~8%減らす取り組みも2013年度に開始。

 こちらも2次検査を受けない従業員が2013年度の

 10人から2014年度は6人に減るなど、

 一定の成果を上げている。

 2015年度は2次検査が必要な従業員全員の

 受診を目指す。
 

  (P.039)


ボーナスを減額されても、健康診断の2次検査を
受けない従業員が一部ですが、まだいるのですね。


なぜ、受診しないのでしょうか?
大病だったらと思うと、結果を知らされることが怖い
からでしょうか?


健康診断は身体に関するものだけで、心の問題は
扱いませんね。心と身体は不可分なものなので、
通常の健康診断とは別に、心の健康状態を診断する
ことも大変重要なことだ、と思います。


次の手法は、そうした心の健康に関する課題を取り
上げたものです。





手法3 復職へのロードマップを作る

メンタル疾患によって、休職した従業員をどのように
ケアし、復職させるかは企業にとって、とても重要な
意味を持ちます。


メンタル疾患の場合、2~3カ月後に再発するケースが
多いそうです。そのため、結局、退職を余儀なくされる
ことがあるそうです。


 労働政策研究・研修機構が2014年に実施した

 「第2回日本人の就業実態に関する総合調査」

 によると、メンタルが不調になった人の13.3%が、

 結局退職している。

 メンタル疾患は、一般的には休養を取り、

 薬物治療やカウンセリングを受けることで、

 「気分が落ち込む」「何もやる気が起きない」

 といった症状自体は数カ月で改善する。

 外出が容易になるため、職場復帰できると

 思いがちだが、業務を遂行できるレベルまでの

 回復には時間がかかる。

 しかも、症状が改善してから2~3カ月後の再発

 が最も多いことから、職場復帰には慎重になら

 ざるを得ない。
 

  (P.039)


メンタルヘルスと同様に、がんを患う従業員に対する
ケアは、企業が取り組むべき課題と言えます。


 最近では、抗がん剤や手術、放射線療法といった

 治療が進歩し、生存率が高まっている。

 完治には至らなくても、治療を続けながら仕事に就く

 ことも十分可能な時代になった。

 その一方で、「がんを抱えた同僚との接し方や、

 どう働いてもらうかなどで悩んでいる企業は多い」と、

 キャンサー・ソリューションズ(東京都千代田区)の

 桜井なおみ社長は話す。

 自身も乳がんの闘病経験があり、起業してがん患者の

 就労支援を手掛けている。

  「部下ががんの治療をして、先月復帰してきた。

 体力的にきついだろうと考えて、営業から内勤に異動

 してもらったが、最近ふさぎ込んでいるようだ」。

 キャンサー・ソリューションズの無料相談窓口には、

 大手企業の管理職からこんな悩みが寄せられた。

 「本人の希望をきちんと聞き出しましたか」と桜井社長が

 尋ねると、その上司は黙ってしまったという。

 電話相談を通して桜井社長が感じているのが、

 こうした職場でのコミュニケーション不足だ。
 

  (P.040)


職場でのコミュニケーション不足の他に、従業員にも問題
があるということです。


 従業員側にも問題はある。「復職に当たって会社の

 人事担当者などと話す際、自分の病気の程度や

 治療内容、経過ばかりを語りがち。

 今の体調を踏まえて、職場で何ができるかを伝える

 ことが重要だ」と桜井社長は話す。

 それに基づき、企業は現部署での復帰か、配置転換を

 認める必要がある。
 

  (P.040)


がんを患う従業員にどう対処したらよいか悩んでいる、
上司や同僚がいることは間違いないでしょう。


専門のカウンセラーに相談することを、選択肢の一つ
に加えるべきでしょう。


最高健康責任者(チーフヘルスオフィサー=CHO)と
いう肩書が登場したそうです。


CEO(最高経営責任者)、CFO(最高財務責任者)、
COO(最高執行責任者)、CTO(最高技術責任者)、
CIO(最高情報責任者)は目にしますが、
CHO(最高健康責任者)は知りませんでした。





手法4 経営陣が「健康責任」を負う

従業員全員の健康管理は、会社が行なうべき
ことであり、健康維持・増進は企業戦略の一環
となってきました。


ということになれば、健康責任を負う経営陣の
中から、相応しい人物をCHOに据えることは、
必然となります。


ロート製薬の場合


 2014年6月、ロート製薬で海外事業を担当する

 ジュネジャ・レカ・ラジュ副社長に、

 同社としては初となる新たな肩書が加わった。

 「最高健康責任者(チーフヘルスオフィサー=CHO)」。

 従業員の健康増進活動を推進し、

 その健康維持に大きな責任を負う役職だ。


 昨年4月にロート製薬に入社。

 その後、副社長に就くのと同時に、山田邦雄会長の

 指名でCHOにもなった。

 「健康は目に見えず、意識しにくい。従業員に健康へ

 の意識と気付きを与えるために、CHOの役職に就いた」。

 ジュネジャ氏は自らのミッションをこう明かす。
 

  (P.040)





(『日経ビジネス』 2015.06.15号 P.041)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.15





 今後はジュネジャ氏が旗振り役となって、健康活動をさらに

 推し進める。

 今年秋のおおさかグレートサンタラン(サンタクロースの衣装

 で走るチャリティーイベント 註:藤巻隆)への2年連続の参加や、

 喫煙者が禁煙に挑む取り組みなどを検討する。

 「健康増進に自発的に取り組む従業員の存在は、

 家族など周囲の人たちの模範にもなり得る」とジュネジャ氏は

 語る。

 健康担当の役員を置く動きが、企業の間で徐々に広がっている。

 これは個人の責任と見なされがちだった従業員の健康維持を、

 経営陣の責任と捉えて、体系的に取り組もうとする企業が

 増えてきたことを象徴する。
 

  (P.041)




ポイント

従業員の健康管理は経営陣の責任

この考え方は、日本中に浸透しているわけでは
ありません。


ですが、遅かれ早かれ、経営陣は自覚しなくては
ならない時期が必ず、到来します。


なぜなら、投資家も、従業員を財産と考え、
その財産を毀損するような企業には投資しない、
という方向へ向かっているからです。




ポイント

アメとムチの戦略は長続きしない

企業が考えたプログラムに参加し、達成度に応じて
ポイントを与え、いろいろな商品と交換できる仕組み
(アメ)や、健康診断の2次検診を未受診の従業員は
ボーナスを減額するという仕組み(ムチ)は一時的には
効果があるでしょう。


ですが、長続きはしないと思います。
そのうちにマンネリ化したり、「やらされ感」で疲弊して
しまうからです。




私見

「アメとムチの戦略」と並行して行なっていくべきことは、
「従業員の健康は会社の財産」であると経営陣が自覚し、
また、従業員も「自分の健康は個人の問題ではなく、
家族の問題でもあり、全社的な問題でもある」
と自覚させる、啓蒙活動が欠かせないことだ、
と考えています。


そうした経営陣、従業員双方の自覚が、やらせている
のでもなく、またやらされているのでもなく、
自ら取り組んでいるという信念につながっていく、
と固く信じています。


経営陣と従業員は、対立ではなく、共創の関係である、
と再定義し直す必要がありそうです。





今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 健康ブラック企業 
 健康経営 
 エクセレントカンパニー 
 健康経営に関する誤解 
 持続性 




最終回は、
「PART4 経営トップが旗振り役に
 『形だけの罠』に陥るな」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。