スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを救う病院 2013.4.1 <3> 日経ビジネスの特集記事(1)

<このページでは、『日経ビジネス』の特集記事の
概要紹介と、管理人のコメントを掲載しています>



日経ビジネスの特集記事(1)

医師1200人、管理職7200人が選ぶあなたを救う病院 2013.4.1


前回は、総合ランキングベスト3をご紹介しました。

今回は、悪性脳腫瘍(グリオーマ)が見つかった
IT(情報技術)企業社長が、主治医との信頼関係
を築き、病魔と闘う姿をご紹介します。


悪性脳腫瘍にはⅠからⅣまでのグレードがあるそうです。
数値が増えるに従って重篤になります。


IT企業オーシャンブリッジの高山知朗(たかやま・のりあき)
社長は2年前、40歳の時に悪性脳腫瘍(グリオーマ)が
見つかったそうです。


高山社長は2番目に悪性度が高いグレードⅢでした、
手術を受けた東京女子医科大学病院はグレードⅢの
5年間の生存率は約70%という高い実績を持っています。
Ⅳなら約19%です。


一般的にはグレードⅢの5年間の生存率は25%、Ⅳなら
7%しか生きられない、とされていますから、東京女子医科
大学病院の数値はかなり高いと言えます。


高山社長はこう話しています。

「たとえ1%しか生きられる可能性がないとしても、
その1%に入るために最善の努力をする。僕には家族がいます。

最愛の娘は当時まだ1歳。少なくとも彼女の20歳の誕生日に
妻とともに乾杯したい。僕の人生の目標が定まりました。

今は昔のような仕事中心の生活さえしなければ、生きられる
と判断したら、その時は自分の命を優先します」。


現在、高山社長は普段から日々の出来事を自身のブログに
書き込んでいます。

オーシャンブリッジ 高山のブログ


このブログについて、主治医の村垣善浩医師は次のように
話しています。

「患者さんが、高山さんのブログを見て予習してから来院
してくれるおかげで、本質的な話に時間を使えるようになる」。



オーシャブリッジ社長(当時、現会長)高山知朗さんと
主治医の東京女子医大の村垣善浩教授

『日経ビジネス』(2013.4.1 号 PP.40-41)



*****************************************************

追記: 2014.12.28

高山さんの闘病記がハフィントン・ポストに掲載されたことが、
朝日新聞朝刊(2014.12.26)で紹介されていました。


『朝日新聞』(2014.12.26 朝刊)


詳細は、
今朝の朝日新聞(2014年12月26日 朝刊) 15面
オピニオン欄にブログの闘病記が掲載されています

をご覧ください。

*****************************************************



最後に、2つの大きな問題点をご紹介します。

1つは、若手医師を中心に、深刻な外科離れが起きている
ことです。


<厚生労働省が2年ごとに調査している「医師・歯科医師・
薬剤師調査の概況」によれば、1998年に2万8871人だった
外科医師の数は、2010年には2万7820人に減った>


なぜ、外科医が減っているのでしょうか?

その原因は、外科医の労働環境にあります。


東京都内の大病院に勤める30代の外科医は
次のように吐露しています。

「本当に忙しい。24時間365日生きた心地がせず、
ホッと休めない」

これでは医者の不養生で、医者自身が病気にかかって
しまいかねません。


もう1つの問題は、病院数が減っているため、
「手術難民」問題を避けて通れなくなることです。


手術が必要な患者が病院をたらい回しにされ、
手術を受けられなくなる事態に陥るということです。


<日本国内の病院数は91年に1万を超えていたが、
現在は約8500に減少した。2020年にはさらに1000カ所
減るとの見方もある。

そうした中で、日本は「手術難民」時代への突入を回避
できるのか。

医療制度改革はいよいよ待ったなしの状況だ>



結論は次のようになるでしょう。

<患者にとっては、自分を救ってくれる病院をあらかじめ
探しておくことが欠かせない時代になった。

だが、最大の自衛手段は医療の方向性について、
主体性を持って議論に参加することだ。

「あなたを救う病院」は、待っているだけでは
やってこない>





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。


関連記事
スポンサーサイト
3:3K→医師数減少→病院減少です
きつい(過重労働)、汚い(感染のリスク)、怖い(医療過誤による訴訟リスク)などで産婦人科医、外科医、麻酔科医が足りません。私の病院でも医師の確保ができず、救急当番日を削減せねばならず、それが入院患者減少、病院経営の悪化を招いています。すなわち、医師数の減少は将来的には病院の経営悪化から病院数減少につながっていくのです。
4:Re: 3K→医師数減少→病院減少です
亀井先生、コメントしていただき、ありがとうございました。

亀井先生のコメントに気づくのが遅くなり、申し訳ございません。

医師の減少は、今後深刻な問題を引き起こすことになりかねません。
混合診療の導入(現実には一部で実施中)は、確実に患者さんの
格差を拡大させます。

医師を確保できず、病院経営(赤字が大半)を維持していくことが
困難になってきています。

その傾向が鮮明になると、混合診療によって、確実に収入が増える
医療しかしなくなる病院が増えていくことは確実です。

同じ症状の患者さんAとBがいたとします。
Aは高収入で資産もあります。一方、Bは低収入でめぼしい資産も
ありません。

病院としては当然、Aにあらゆる治療を施します。高額な治療費でも、
取り損ねることはないからです。しかし、Bは拒否します。
仮に治療するとしても、健康保険や国民保険の範囲内で終了します。

このようなことが現実化するのではないでしょうか。



> きつい(過重労働)、汚い(感染のリスク)、怖い(医療過誤による訴訟リスク)などで産婦人科医、外科医、麻酔科医が足りません。私の病院でも医師の確保ができず、救急当番日を削減せねばならず、それが入院患者減少、病院経営の悪化を招いています。すなわち、医師数の減少は将来的には病院の経営悪化から病院数減少につながっていくのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。