スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今どきカイゼン100 ムリせず すぐ効く 社長も納得 2015.06.29 <2>







日経ビジネスの特集記事(113)

今どきカイゼン100
ムリせず すぐ効く 社長も納得
2015.06.29




テーマ

今週の特集記事のテーマは

「カイゼン」と聞いて、どんなイメージを持つだろうか。
「会社がコストを削減したいだけ」「現場の負荷を増やすもの」。
こんなイメージを最初に思い浮かべる人も少なくないはずだ。
そもそもカイゼンは、単調になりがちな工場の仕事を創造性の
高い仕事に変えるものだった。
ところが、いつしか「苦痛」に…。
成果も上がりにくくなっているはずだ。
原因は、多くの企業が時代の変化や働き手の状況を無視した
活動にまい進したことにある。
今、求められているのは、ムリせず、すぐ効くカイゼンである。
あなたの会社にもきっと役立つはず。

 (『日経ビジネス』 2015.06.29 号 P.024)

ということです。






今どきカイゼン100<br />ムリせず すぐ効く 社長も納得

今どきカイゼン100
ムリせず すぐ効く 社長も納得

(『日経ビジネス』 2015.06.29 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.29




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.06.29号 PP.024-025)
「日経ビジネスDigital」 2015.06.29







第1回は、
「PROLOGUE なぜカイゼンで成果が上がらないのか」
を取り上げました。


第2回は、
「PART1 乾いた雑巾は絞るだけじゃダメ
 視点を変えたら『今どき』が見えた」 
を取り上げます。


最終回は、
「鬼カイゼンでつかんだ花園切符」
「PART2 最新事例を徹底解剖
 あなたにもできる!
 現場発カイゼンNext」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 カイゼンの落とし穴 
 今どきカイゼン 
 前提条件 
 カイゼンのヒント 
 そっくり変えないのも選択肢 




本題に入る前に、お伝えしておくべきことがあります。
『日経ビジネス』特集班は、カイゼン100の事例を
取り上げています。


その中には、他社でも活用できそうな事例もありますが、
企業の特殊性に依存した事例、つまり、その事業所特有
の事例も含まれていると感じました。


そのようなわけで、カイゼン100の中から絞り込んで事例
をご紹介していきます。


注意すべき点は、他社の事例をそのまま採り入れるの
ではなく、自社の労働環境と照らし合わせ、「カイゼンの
カイゼン」をして、採用すべきだということです。


コーポレートカルチャー(企業文化、社風)が異なる企業
で、同じカイゼン事例をそのまま採り入れると、
うまく機能しないケースが間違いなく出てきます。


前回、PROLOGUEをご覧になられ、「カイゼン100」を謳って
いながら、一つも具体的な事例が出ていないではないか、
と思われたかもしれません。


至極ごもっともなことです。


『日経ビジネス』は、PART1から「カイゼン100」を掲載して
います。



では、本題に入りましょう!


 PART1 乾いた雑巾は絞るだけじゃダメ
 視点を変えたら「今どき」が見えた 


PART1では、「カイゼン100」のうち、50を4つの視点で
分類しています。

1 ダイバーシティでネタ掘り起こす

2 社員を元気にするムダもある

3 ネットを使って「鳥の目」カイゼン

4 「物言う客」をだまらせる




では、順番に見ていきましょう!
尚、カイゼン100のうち、取り上げたカイゼンの番号は、
『日経ビジネス』に掲載されている「通し番号」を
そのまま掲載します。


ダイバーシティでネタ掘り起こす

ダイバーシティ(多様性)は現代のキーワードの一つですね。
このダイバーシティに着目して、カイゼンを行なっている
企業のご紹介です。


障害者目線でカイゼンが行われているそうです。


 TOTOグループのサンアクアTOTO 


 障害者や外国人、女性。日本企業で今、広がり始めている

 「ダイバーシティ(多様性)」こそ、新しいカイゼンの宝庫でも

 ある。


 この工場きってのアイデアマンとして、数々のカイゼンを

 考え出してきた政次氏は、20歳の時に交通事故で脊髄を

 損傷。下半身だけでなく、腹筋と背筋にもまひが残り、

 車椅子の上で体勢を変えることが難しい。

 だが、人より困難な状況を逆手に取り、自分にしか考えられ

 ないアイデアを生み出すことは、とてもやりがいがあるという。
 

  (PP.030-031)


 カイゼン05 
目が見えなくても位置で管理

弱視でも管理できるように固定。
結果的に、備品の場所が一目で
分かるように
 (P.032)


ポイント

備品の位置を頻繁に変更すると、
備品を探す時間がロスになります。
1回毎は短くても、回数が重なれば、
大きな時間コストを生み出します。



 カイゼン06 
在庫が1つになると発注

黄色いタグは発注のサイン。
気付いた人がタグを担当者に渡すと
自動的に発注
 (P.032)


ポイント

店頭でよく目にするのは、在庫切れの表示
です。いくら「◯◯日頃入荷予定」と書いて
あっても、これでは機会損失ですね。


在庫は1つがいいのか、2つがいいのか、
あるいは3つ以上必要なのか、
は部署や事業所の規模や使用頻度によります。




次は、外国人就労者のためのカイゼンの事例です。

 リンガーハット 


 外国人でも働きやすい職場環境を整え、

 オペレーションのカイゼンを積み重ねて成長して

 いるのが「長崎ちゃんぽん」で知られるリンガー

 ハットだ。


 リンガーハットがグループで採用するパート・

 アルバイト1万人弱のうち外国人は約1割。

 都心部の大型店では店長以外、30人いる従業員

 全員が外国人ということもあり、必要不可欠な戦力だ。


 外国人などパートやアルバイトから意見を吸い

 上げた。そこで出てきたアイデアや、働きにくい点への

 不満などを反映させながら、協力して作り方を簡略化し、

 品質を高めるオペレーションを構築した。
 

  (P.032)


 カイゼン12 
外国人のサポート手厚く

外国人が理解しやすいよう、簡潔で言語
対応したマニュアルで研修
 (P.033)


ポイント

外国人にかぎらず、均質なサービスを提供する
ためにはマニュアルで教育することが肝要です。


ただし、マニュアル通りの対応だけでは、
おもてなしの心を伝えることは難しいですが。


マニュアルに書かれていない「EQ(心の知能指数)」
が欠かせないでしょう。





2 社員を元気にするムダもある

「ムダ、ムラ、ムリを排除せよ」
という掛け声がよく聞かれた時代がありました。


20~30年くらい前のことです。


現在でも、時々、「ムダ、ムラ、ムリ」を取り除く
ことは、声に出さなくても大切なポイントと認識
されているでしょう。


ところが、時と場所と場合(TPO)によっては、
ムダも必要になるという話です。


 「今すぐ従来型のカイゼンはやめるべきだ」。

 こう話すのは、車渋滞のメカニズムを解明する

 研究で知られる東京大学の西成活裕教授だ。

 リーマンショックを機に多くの日本企業が人員を

 減らしたが、その後もそれほど人を増やしていない。

 そんな中、従来のカイゼン手法でひたすら個人や

 生産ラインの効率向上を追求すれば、

 ある段階で生産性が下がる局面を迎えると、

 西成教授は指摘する。

 「誰かが病気になるなどの刺激が加われば、

 職場全員が一瞬でキャパシティーオーバーとなる」

 (西成教授)というのだ。
 

  (P.034)


人員を削減し、一人ひとりの負担が増加したことにより、
現員の一人でも欠けると機能停止状態に陥る可能性は
大です。


なぜなら、残業(サービス残業も含む)が増加し、
心身ともに健康を損ないかねないからです。


従業員をリストラした企業で、取締役(執行役員のことも)
を削減したり、社外取締役を増やし、経営に目を光らせる
仕組みを強化したという話は、滅多に聞きません。


西成教授の話の続きがあります。


 西成教授のキーワードは「科学的ゆとり」。

 やみくもに生産性を上げようとするのではなく、

 現場の状況に合わせ、計算されたゆとりを与える

 「働き方カイゼン」だ。

 「適度なゆとりを与えた方が、生産性が上がる

 ことは立証済み」(同教授)。
 

  (P.035)


実践はなかなか難しいことではありますが。




次のケースは、ゆとりを与える「ムダ」を容認し、
社員のモチベーションを高めようという試みです。


意外なカイゼンがありますよ。


 三井デザインテック 


 空間の「ムダ」で社員のモチベーションを高めたのが、

 三井ホーム子会社で、オフィスや店舗のインテリアを

 設計する三井デザインテック(東京都港区)。

 PROLOGUEで紹介したように、フリーアドレスは座席数

 を減らすコスト削減を目的として採用されることが多い。

 だが、三井デザインは社員の発案などにより、

 総座席数を減らさなかった。
 

  (P.036)


 カイゼン16 
フリーアドレスでも座席は減らさない

あえて席数は減らさずコミュニケーション
スペースを広く。オフィスのコスト削減に
とらわれない
 (P.035)


 カイゼン17 
共有机はできる限り大きく

執務机としても使える長机を大きく配置。
人気のため、もう一つ増やす予定だ
 (P.035)


ポイント

PROLOGUEに、フリーアドレス制を導入したら、
社員の早朝からの座席取りが始まり、
部長の周りに誰も座わりたがらなくなった、
という話がありましたね。


元に戻すとコストがかかるのでそのままにして
いるというのは、目先のコストに囚われた結果
です。


三井デザインテックは「ゆとり」をもたせたという
ことです。


社員一人ひとりの発想もより豊かで、
自由になっているといいですね。





3 ネットを使って「鳥の目」カイゼン

「鳥の目」で上空から下界を見て全体像を
見るようにしたり、ビッグデータを活用し
現状を分析し、成果に結びつけるために
実践しているケースをご紹介します。


 ヨネックス 


 ヨネックスのテニスやバドミントンのラケットは、

 国内外のプロ選手の間で「使い心地が抜群」と

 評判が高い。秘密は、製造ラインで絶妙に調整

 されたラケット全体の重さのバランスと重心の

 位置にある。

 大手スポーツ用品メーカーが軒並みアジアなど

 海外へ工場を移転する中、国内工場だからこそ、

 とも言える高い調整技術は、関係者の間で高く

 評価されている。
 

  (P.037)


円高が長期にわたって続いていた時には、
コストを考えれば、海外生産のほうが有利でした。


円安になった(円安に政府、日銀が誘導した)現在、
一旦、工場を海外に移転した企業は、手元資金が
潤沢にある企業を除いて、簡単に国内に戻ることは
できません。


その点で、ヨネックス新潟生産本部は生き残りを
かけて、国内に留まる決断をしました。


結果的に、その決断が奏功しました。


秘密は、ビッグデータの活用でした。


 目をつけたのが、ビッグデータを活用した

 生産カイゼンだ。

 工場の中で起きているあらゆる活動を

 デジタルデータとして記録し、カイゼンに生かす。

 といっても、収益が厳しい中、高価なソフトや

 システムは使えない。

 そこで、工場内のシステムエンジニアが知恵

 を絞り、エクセルやサイボウズなど汎用ソフトを

 活用することで、低価格の独自システムを構築した。

 どの工程で誰がどの品種を、どれだけの時間を

 かけて作ったか。

 今は製品設計を担当する開発部門のパソコンで、

 あたかも鳥の目で上空から見るように、それが分かる。
 

  (P.037)



 カイゼン26 
製造と開発が連携して効率アップ

1部門だけのカイゼンでは限界がある。
複数の部門が連携すれば、カイゼンの
可能性が大きく広がる
 (P.037)


ポイント

「全体最適」や「クロスファンクショナルチーム」、
あるいは「協働」、「共創」にも繋がる話です。


「ある場所で生まれたカイゼンは、別の職場でも
同じような効果を得られる場合が多い」(P.038)
と言えそうです。





4 「物言う客」をだまらせる

現代のクレーマーは、店頭に出向いたり、
サービスセンターに電話攻勢をかける人たち
ばかりではありません。


インターネットの普及で、いつでもどこからでも
ネット空間に自己主張することが可能になり
ました。


正当な主張ばかりではなく、理不尽な主張までも
がネット上で飛び交っているのが現状です。


クレーマー対策が後手に回らないように、
「先手」を打つおくことが、クレーマーに対する
重要課題となってきました。


クレーマーの主張が正しいか正しくないかは、
問題ではなくなってきています。


なぜなら、その主張があっという間に拡散して
しまうからです。一旦、ネット上に流出した事柄は
そのすべてをネット上から削除することは不可能
です。



 トヨタ流など従来のカイゼンは、作り手の視点が

 色濃かった。だが、今やインターネットの普及などで、

 誰でも簡単に意見を世界へ発信できる。

 時に攻撃的にもなる“物言う客”たちはネットで

 情報交換をしながら、企業を評価、選別する。

 顧客の声に迅速に対応する必要性が高まっている。
 

  (P.039)


 ヨドバシカメラ 


 これから大きな成長が見込めるネット通販。

 カイゼンによってアマゾンジャパン(東京都目黒区)

 に劣らず高い支持を得ているのが家電量販大手の

 ヨドバシカメラ。

 店頭でスマートフォンを商品のバーコードにかざすと、

 自社だけでなく競合サイトの売値まで一目で確認できる。

 現場のアイデアを基に生み出された仕組みだが、

 導入は一筋縄ではいかなかった。

 他社のサイトに顧客が流出するリスクがあったからだ。


 だが、店頭で商品を試して安いネット通販で購入する

 消費者が増えた。消費者ニーズには逆らえないという

 販売現場の声を反映、導入を決断した。

 顧客を奪われかねないリスクより、顧客の利便性を優先

 させたカイゼンと言えるだろう。


 「店舗でもネットでも、価格や品ぞろえでヨドバシを選んで

 もらうことが重要」と藤沢和則副社長は言う。

 そのために、在庫を手厚く持ち、業界ではいち早く全社的

 に店頭とネットの価格や在庫管理を統一。

 東京都内に3カ所の小型物流センターを設け、

 一部ではアマゾンを上回る、注文から6時間程度での

 スピード配達を実現した。
 

  (P.041)



 カイゼン49 
在庫に余裕を持たせる

店頭とネットの在庫を一元管理。
在庫に余裕を持たせ顧客ニーズに
即時対応
 (P.041)


ポイント

不良在庫、死に筋、生鮮食品であれば廃棄が、
数字に表れるマイナスだとすれば、
機会損失は数字に表れない(表れにくい)マイナス
です。


セブン&アイホールディングス会長の鈴木敏文氏は、
「廃棄と機会損失はどちらも損失であり、とても重要で、
合わせて考えなくてはならない」
という内容のことを述べています。


下記の記事をご覧ください。

日経ビジネスの特集記事(105)
挫折の核心 イオン セブンも怯えるスーパーの終焉(3)




ヨドバシカメラが「在庫に余裕を持たせる」戦略を採用
しているのは、まさに機会損失を減らしたり、究極には
なくすためです。





今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 カイゼンの落とし穴 
 今どきカイゼン 
 前提条件 
 カイゼンのヒント 
 そっくり変えないのも選択肢 




最終回は、
「鬼カイゼンでつかんだ花園切符」
「PART2 最新事例を徹底解剖
 あなたにもできる!
 現場発カイゼンNext」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。