スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外弁慶企業 HITACHI 世界から壊す成長の壁 2015.07.06 <1>







日経ビジネスの特集記事(114)

外弁慶企業
HITACHI
世界から壊す成長の壁
2015.07.06




テーマ

今週号の特集のテーマは

「安定感はあるが、革新性がない」
「技術はあるが、商売下手」──。
1910年に創業し、戦後の日本経済をけん引し
続けてきた日立製作所は、偉大な功績の割に
市場や消費者からの評価がいまひとつ、
という不思議な企業だ。
足元の状況を見ても、2009年度以降の構造改革
でV字回復に成功したものの、2015年度を最終と
する中期経営計画では、未達に終わる見通し
の目標も。
「成長の壁に直面している企業」というイメージが
鮮明になっている。
だが、海の向こうでは今、そんな日立の評判が
すこぶる高い。
開発から人事まで、国内では進めにくい様々な
改革をここ数年、海外で先行的に実施。
その多くがここへきて、成果を上げ始めているからだ。
海外拠点の変貌は、国内の日立の風土も変えつつある。
過去四半世紀、抜本的な体質転換を果たせなかった日立。
しかし、「外圧による改革」は、その歴史を塗り替える
可能性を秘めている。

 (『日経ビジネス』 2015.07.06 号 P.025)

ということです。






外弁慶企業<br />HITACHI<br />世界から壊す成長の壁

外弁慶企業
HITACHI
世界から壊す成長の壁

(『日経ビジネス』 2015.07.06 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 PP.024-025)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06







第1回は、
「PROLOGUE 『海の向こう』では別の顔
 海外では重くも暗くもダサくもない」
を取り上げます。


第2回は、
「PART1 海外で今、注目される理由」 
を取り上げます。


最終回は、
「PART2 “外圧”で国内も変える」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 外弁慶企業 
 総合力 
 権限委譲 
 社会イノベーション 
 外圧 



今週号の特集のスタートページに掲載されている
画像がとても面白いですね。


「公家集団」と「弁慶」です。


画像を拡大してみましょう。


日本でのイメージ<br />頭でっかちの「公家集団」

日本でのイメージ
頭でっかちの「公家集団」

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 P.024)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06




世界でのイメージ<br />開拓魂に富む「野武士軍団」

世界でのイメージ
開拓魂に富む「野武士軍団」

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 P.025)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06




日立製作所は、国内のイメージ「公家集団」と海外での
イメージ「野武士軍団」とまるで異なるイメージを共有する、
類まれな日本企業であることを、『日経ビジネス』取材班
は提示しました。


私たちは日常会話の中で、しばしば、「内弁慶(家の中で
威張っているが、一歩外に出ると小さくなっている)」、
と批判することがあります。


日立製作所は、海外では存在感が増していますが、
国内ではマイナスイメージがつきまとってきました。


国内と海外で対照的なイメージを抱かれた企業が、
日立製作所だ、というのが書き出しです。





では、本題に入りましょう!


 PROLOGUE 「海の向こう」では別の顔 
 海外では重くも暗くもダサくもない 

まず、次の写真をご覧ください。
どうやら日本人らしき人物がハンズフリーマイクを使い、
プレゼンテーションをしているようですね。



日立製作所会長兼CEO(最高経営責任者) 中西 宏明 氏

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 P.026)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06



そのプレゼンの様子を読んでみましょう。
『日経ビジネス』の記者が、その時の熱気を
伝えています。


日本人の経営者でここまで出来る人は、
そう多くはいません。


 2015年4月29日、イベントの殿堂で知られる

 米ラスベガスの五つ星ホテル、

 アンコール・アット・ウィン・ラスベガスのボール

 ルーム(舞踏室)は、いつにない熱気に包まれ

 ていた。


 壇上には企業のトップと見られる男が1人。

 米アップルの故・スティーブ・ジョブズ氏さながらに

 スポットライトを浴びながら、ジョークを織り交ぜ、

 500人を超える聴衆に流暢な英語で“革新”と

 “共創”を訴えている。


 男は、未来社会の構築に自社がいかに貢献できる

 か熱弁を振るっていた。

 エネルギー、自動車、ヘルスケア、水処理、ビッグ

 データ…。

 IoT(Internet of Things:あらゆるモノがネットに

 つながる状態のこと)を核とする第4次産業革命で、

 産業や社会は急速に変わる。

 そんな「社会イノベーション」に対応するあらゆる

 リソースを自社が保有していることを強調すると、

 高いインクルージョン(包括性)とサステナビリティー

 (持続性)を持って、全ての顧客に最善のソリュー

 ションを提供していくと高らかに宣言した。


 ご覧のように壇上にいたのは、日立製作所の

 中西宏明・会長兼CEO(最高経営責任者、69歳)

 である。

 「まるで日立らしくない」。日立に詳しい方ほどそう

 驚いたに違いない。
 

  (P.027)


「日立らしくない」という表現より、私は日本人経営者が
ラスベガスの一流ホテルで、大勢の聴衆の前で英語で
プレゼンしたことに、驚きと同時に、素晴らしいと感じ
ました。そう簡単にできることではないからです。


尚、中西宏明・会長兼CEO(最高経営責任者)の
インタビュー記事は、すでに「安心している暇はない」
というタイトルで掲載していますので、
そちらをご覧ください。


日経ビジネスのインタビュー
(178) 安心している暇はない




『日経ビジネス』はビジネスパースンを対象に、
日立製作所に対するアンケートを実施したそうです。


その概要をお伝えすることにしましょう。
3つに集約できるそうです。


①技術はあるが、商売は下手
②安定感はあるが、革新性はない
③内向き、上向きの閉鎖的社風

(P.027)


かなり厳しい評価が下されていますね。
当事者にとってはかなり堪える評価だ、と推測できます。


具体的に、どのような点からこのようなイメージを抱く
のか記事を読んでみましょう。


①技術はあるが、商売は下手


 博士号を取得した社員が1000人以上在籍し、

 数多くの特許を申請しながら、その圧倒的技術力が

 商売に強く結びついているように見えない。
 

  (P.027)


博士号を取得した社員が1000人以上もいるのは、
凄いことだと思いませんか?


「宝の持ち腐れ」と思われているのです。



②安定感はあるが、革新性はない


 社会イノベーション事業をグローバル展開する

 成長戦略も寄与したものの、革新的な商品や

 サービスを打ち出しての復活ではない。
 

  (P.027)


安定感は、日本人が企業に求める「第一条件」だと
思いますが。



③内向き、上向きの閉鎖的社風


 白物家電から原子力発電プラントまで手掛ける

 世界屈指のコングロマリットだが、原則として

 自前主義で、他社と連携し事業を推し進めて

 いく印象があまりない。
 

  (P.027)


相当厳しい評価が下されています。
ですが、私は期待の裏返しだと睨んでいます。


ただし、株式市場の評価も、これらの評価を繁栄した
かのように、株価が「実力」に見合わないような結果を
示しています。


 革新性と成長性に欠ける安定企業。

 そんな日立評を如実に反映しているのが株価だ。

 6月29日の終値で807.7円。

 時価総額は約3兆9000億円と、四半世紀前

 (1990年6月、約4兆9000億円)より低く、

 業績不振が続いたソニー(約4兆4000億円)にも

 及ばない。
 

  (P.027)


ちなみに、本日(2015.07.08)の終値を見てみましょう。


日立製作所 株価

6501 ㈱日立製作所 株価 2015.07.08 Yahoo! ファイナンスより



6月29日終値よりも下げていますね。
本日の日経平均株価を見てみましょう。


日経平均株価を

日経平均株価 2015.07.08 Yahoo! ファイナンスより



昨日よりも638.95円の大幅下げで、
2万円台を割り込みました。


日立製作所の株式の下げ幅(-3.13%)は、
日経平均株価の下げ幅(-3.14%)とほぼ同じですね。




さて、本題に戻ります。


今まで日立製作所のマイナスイメージばかりをお伝えして
きましたが、これらはあくまでも国内のイメージです。


海外ではプラスイメージで日立製作所を捉えています。
イメージが正反対ですね。


外国人社員の意見が掲載されています。


 欧州、米国、アジア…。同社の海外拠点で働く多くの

 外国人社員からは「リスクを問うことをいとわない企業」

 「日本企業らしからぬ真のグローバル企業」とまるで

 シリコンバレーのIT(情報技術)企業かのような賛辞が

 挙がる。
 

  (P.028)


ここで重要な点は、企業風土への評価も高いことです。


 企業風土への評価も高い。米シリコンバレーを本社

 とする日立データシステムズ(HDS)は、米フォーチュン

 が毎年発表している「最も働きがいのある会社100」の

 常連だ。果敢、挑戦、未来志向…。

 国内でのイメージが「頭でっかちの公家集団」だとすれば、

 海外では「開拓魂に富む野武士軍団」といった位置付け

 である。

 「商売下手」「革新性がない」などという国内での評価も、

 海外ではむしろ逆。

 外国人社員に言わせれば「事業展開のスピード感が

 最高にクール」となる。

 その具体例として真っ先に挙がるのが、欧州で急速に

 存在感を高めている鉄道ビジネスだ。
 

  (P.028)


鉄道ビジネスについては、
次回、「PART1 海外で今、注目される理由」
で詳しくお伝えします。


日立製作所の今を伝える資料を『日経ビジネス』が
用意しています。こちらをご覧ください。


日立製作所の実像の一端を垣間見ることができる
かもしれません。



File.1 業績は急回復

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 P.028)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06




File.2 「社会イノベーション」で事業を再編集

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 P.028)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06




File.3 事業の再編はドラスチックに

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 P.029)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06




File.4 海外での存在感は上昇中

(『日経ビジネス』 2015.07.06号 P.029)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.06







ポイント

日立製作所は国内と海外で2つの違う顔を持つ

国内外で真逆のイメージを持たれている日立製作所。
「総合力」は宝の持ち腐れと揶揄されてきましたが、
IoT(Internet of Things=モノのインターネット)に
よって、あらゆるものがインターネットに接続される
時代になってくると、日立の「総合力」がモノを言う
ことになります。


高速鉄道車両と鉄道システムはその典型で、
詳細は次回に譲りますが、海外で高い評価を
受けるのは、単なる技術力ではないことが
分かってきます。







今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 外弁慶企業 
 総合力 
 権限委譲 
 社会イノベーション 
 外圧 





次回は、
「PART1 海外で今、注目される理由」 
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
121位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。