スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今すぐ発て、日本勢 沸騰シリコンバレー みんなの攻略ガイド 2015 2015.07.27 <1>







日経ビジネスの特集記事(117)

今すぐ発て、日本勢
沸騰シリコンバレー
みんなの攻略ガイド2015
2015.07.27




テーマ

今週号の特集のテーマは

米サンフランシスコまで拡大したシリコンバレーが
日本企業の進出ラッシュに沸いている。
IT・ネット企業に限らず、製造業、飲食とあらゆる企業が、
シリコンバレーを目指す。
ここに、モノのインターネット化「IoT」ブームと、
政府の後押しが追い風となり、
もはやどんな産業もシリコンバレーと無関係ではいられ
なくなった。
しかし、ITの聖地で結果を残すことは、たやすくない。
日本企業が陥りがちな「落とし穴」とは。成功の「掟」とは。
全業種に対応した「シリコンバレー攻略ガイド2015」。
日本勢よ、これを携え、今すぐ発とう

 (『日経ビジネス』 2015.07.27 号 P.022)

ということです。






今すぐ発て、日本勢<br />沸騰シリコンバレー<br />みんなの攻略ガイド2015

今すぐ発て、日本勢
沸騰シリコンバレー
みんなの攻略ガイド2015

(『日経ビジネス』 2015.07.27 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 PP.022-023)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27







第1回は、
「PROLOGUE 日本勢、進出ラッシュ
 過去最高の熱気」
「PART1 浸透する若き“サムライ”
 なぜ聖地を目指すのか」 
を取り上げます。


第2回は、
「COLUMN 日本企業が陥る『落とし穴』」
「PART2 ツワモノ駐在員、秘伝の戦略
 常識の真逆たれ」 
を取り上げます。


最終回は、
「PART3 門戸開く米国企業
 日本に期待すること」
「PART4 出張に今すぐ役立つ
 シリコンバレー攻略ガイド」
「EPILOGUE 摩擦を恐れず、破壊を是とする」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 シリコンバレー 
 若き“サムライ” 
 落とし穴 
 秘伝の戦略 
 破壊を是 



今特集では、若き“サムライ”の奮闘と活躍を
ご紹介したいと思います。


シリコンバレーに単独で乗り込み、一定の評価
を受けた人たちです。


なかなかやるな、と感じました。





では、本題に入りましょう!


 PROLOGUE 日本勢、進出ラッシュ 
 過去最高の熱気 

日本の若き“サムライ”がシリコンバレーに進出して
いるそうです。


時には、「徒手空拳」で乗り込むツワモノもいて、
頼もしさを感じます。失うものがない強みでしょう。


米テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO
(最高経営責任者)は南アフリカ出身の経営者
です。米国で教育を受け、起業しました。
チャレンジャーです。


日本人も彼のような逞しさを身に着けつつあります。
次の一節は、そんなイーロン・マスク氏と安倍首相
が、米テスラ・モーターズの最新型電気自動車に
乗り、談笑している一コマです。


 米スタンフォード大学があるシリコンバレーの

 中核都市、パロアルト。ここに本社を構える

 電気自動車の米Tesla Motors(テスラモーターズ)

 に4月30日、安倍晋三首相が顔を見せた。

 イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が運転

 する最新型の電気自動車に同乗すると、こう言った。

 「日本も変化のスピードについていかなければ

 ならない」

 現役首相としては初となったシリコンバレー訪問。

 この数時間前、安倍首相はスタンフォード大学での

 スピーチで、ある発表をしたばかりだった。
 

  (P.024)


同乗した車の中で、安倍首相はイーロン・マスク氏と
どんな「密談」をしたのでしょうか?


米テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)と、<br />談笑する安倍首相

米テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)と、
談笑する安倍首相

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.024)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



ある発表とはどのようなことだったのでしょうか?


 「素晴らしい技術を持ち、やる気に満ちあふれる

 日本の優秀な人材に、思い切ってシリコンバレー

 に飛び込んでもらおう。

 中堅・中小企業に、シリコンバレーの荒波にこぎ

 出してもらおう。

 私はそんな思いで、新たに『シリコンバレーと日本

 の架け橋プロジェクト』を立ち上げたいと思います」
 

  (P.024)


安倍首相の試みが成功するかしないかは、時の運
ですが、若者たちが挑戦する機会を与えることは
大切です。


日本勢のシリコンバレー進出が加速

日本勢のシリコンバレー進出が加速

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.025)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27






 PART1 浸透する若き“サムライ” 
 なぜ聖地を目指すのか 

PART1では、若き“サムライ”の奮闘ぶりを
ご紹介していきます。


彼らが先人とするなら、後輩たちもシリコン
バレーへ進出しやすいでしょう。


 AnyPerk 福山 太郎 氏の場合 


 4月末からの訪米でスタンフォード大学でスピーチ

 をした翌朝、安倍首相はサンフランシスコ市内の

 ホテルで朝食会を開き、シリコンバレーで挑戦

 する日本人と懇談した。

 ここに呼ばれた1人、福山太郎氏(27歳)は、

 シリコンバレーで最も名の知られる「日本人の起業家」。

 新興企業向けに福利厚生のアウトソーシングサービス

 を提供する米AnyPerk(エニーパーク)の創業者だ。


 彼は、シリコンバレーでは誰もが知る著名な起業家

 育成機関「Yコンビネーター」の卒業生。


 2005年にポール・グレアム氏らによって創設され、

 Dropbox(ドロップボックス)などの著名ベンチャーを

 輩出している。福山氏はこの門をくぐった唯一の

 日本人である。
 

  (P.026)



AnyPerk 福山 太郎 氏

AnyPerk 福山 太郎 氏

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.026)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



エニーパークとはいったいどんな企業なのでしょうか?


 エニーパークは、社員1人当たり月額5~10ドル

 の料金で、携帯電話や映画、ケーブルテレビ、

 ショッピングセンターなどの割引を顧客企業の

 社員が受けられるサービスを提供している。
 

  (P.026)


福山氏がどのようにして「栄冠」を手にしたのか、
興味深いですね。


次のようなストーリーがあったのです。
度胸が座っていたのです。徒手空拳でシリコン
バレーに乗り込んだのです。


 2011年8月、米国人のパートナーと起業する

 ことを決意した福山氏は、身一つでシリコン

 バレーに渡る。資金も起業のきっかけも

 つかめず、困り果てていた時、著名人が集まる

 イベントの存在を知った。

 チケットは数万円したが、「通訳をやる」とタダで

 潜り込み、そこでYコンのグレアム氏と出会った。


 福山氏は隙を突いてグレアム氏に突撃。

 当時持ちあわせていたアイデアをぶつけると、

 「面白いヤツだ。面接に来い」。

 つたない英語で必死にプレゼンテーションし、

 育成対象に選ばれた。

 3カ月の育成期間中、グレアム氏に呼び出され

 言われたことを福山氏は今でも覚えている。

 「同期は65社いたんですけれど、尊敬する

 グレアム氏に『社長は英語が下手だし、アイデア

 もころころ変わる。君たちはこのクラスの中で

 一番いけてない』と言われて。あのときは泣き

 ましたね」。

 ではなぜ採用されたのか。後にグレアム氏に

 採用理由を聞くと、こう答えたという。

 「英語ができないのにわざわざ日本から来て、

 イベントで突撃して、ろくなビジネスもないのに

 ビザを申請中、という姿に熱意と覚悟を感じた。

 創業者が諦めない限り、基本的に会社はつぶ

 れない」。
 

  (P.027)

「熱意」と「覚悟」は起業とその後の経営において
きわめて大切な要因なのですね。


福山氏は日本のメディアの取材を受けないこと
にしているそうです。


今回、『日経ビジネス』の取材に応じた経緯が
書かれています。


 実は、福山氏は日本のメディアの取材を

 受けないことにしている。

 理由は「お客様が日本にいない以上、

 日本でメディア活動するのは最短距離

 ではない」から。

 本誌も最初は断られたが、特例で応じて

 くれた。他方、米メディアには頻繁に登場

 するようになった。
 

  (P.027)


エニーパークの投資家からの評価はどうなの
でしょうか? とても気になるところですね。


 投資家からの評価も高い。今年2月には

 850万ドルの資金を調達。得た投資額は

 累計で1300万ドルになった。

 福利厚生で世界一になる。その目標に向け

 ひた走る福山氏は、こう語る。

 「高校生の時にイチロー選手の背中を見て、

 海外で挑戦するというテーマにつながった。

 僕も若い人にそういうメッセージを伝えられ

 たらうれしい」。
 

  (P.027)

福山氏は「僕も若い人にそういうメッセージを伝えられ
たらうれしい」と語っていますが、福山氏は27歳で十分
に若いです。





 ChatWork 山本 敏行 氏の場合 

「勇猛果敢に新境地を開拓する“サムライ”」の一人を
ご紹介しましょう。


 シリコンバレーにおける日本人の活躍の幅は

 広がった。勇猛果敢に新境地を開拓する

 “サムライ”が増えており、その存在感は確実に

 高まっている。

 ChatWork(チャットワーク)の創業者、

 山本敏行氏(36歳)もその一人。

 彼もまた安倍首相との朝食会に参加しており、

 福山氏とは違ったスタイルで覚悟を見せている。


 山本氏が起業したのは、大学在学中の2000年。

 中小企業向けにウェブサイトのアクセスや売り

 上げ向上などの支援を手掛け、10年で顧客

 企業を1000社まで増やした。しかし2012年、

 軌道に乗っていたこの事業を無償で譲渡。

 チャットワークと名付けた業務用コミュニケー

 ションツールの開発に集中し、社名も変えて

 再出発した。
 

  (PP.027-028)



ChatWork 山本 敏行 氏

ChatWork 山本 敏行 氏

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.027)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



チャットワークとは何なのでしょうか?


 チャットワークは、複数人が参加できる

 グループチャットに、テレビ会議、ファイル

 共有やタスク管理機能も備えている。

 これさえあれば日々の電話・電子メール・

 リアルの会議を大幅に減らせる、という

 のがうたい文句だ。
 

  (P.028)


つまり、ツールですね。
業績はどうでしょうか?


 進出から3年。導入企業は世界183カ国、

 7万3000社まで増えた。

 ただし、その9割が日本などアジア。

 山本氏は率直に言う。

 「正直、最初の1~2年は何もかもが違い

 すぎて苦しんだ。資金も限りがあり、採用も

 できなかった」。

 半面、学びも多かった。「ここに身を置くと、

 周囲のみんなが強いので日本にいるより

 危機感を感じられる。その分、サービスを

 磨くことができる」。

 山本氏は今年を「グローバル元年」と位置付け、

 世界展開を本格化させている。

 4月にはベンチャーキャピタルから3億円を調達し、

 エンジニアを4倍の80人に向けて増強。

 欧米の企業文化を意識した新版の開発を急ぐ。
 

  (P.028)





 WiL 伊佐山 元 氏の場合 

もう一人は、ベンチャーキャピタルの創業者を
ご紹介しましょう。


 ソニー、日産自動車、全日空、博報堂DYグループ、

 JVCケンウッド、みずほ銀行、大和証券グループ本社、

 セブン銀行…。

 安倍首相の訪米と同時期、そうそうたる顔ぶれの

 大企業の中堅社員21人が1週間の日程で訪米した。

 命題は「シリコンバレーのイノベーションの仕組みを

 少しでも理解する」。

 チームに分かれてシリコンバレーの企業を訪問、

 ビジネスアイデアを出すなどのワークショップにも臨んだ。


 ありがちな企業の“観光”出張かと思いきや、

 そうではない。21人を呼び寄せた伊佐山元氏(42歳)

 は言う。

 「まずは、大企業の本社にいる中堅社員の“洗脳”を

 しているんです。事実、皆さん、来た時と帰る時では、

 表情がまるで変わっていた」
 

  (P.029)



WiL 伊佐山 元 氏

WiL 伊佐山 元 氏

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.029)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



WiLとは?


 伊佐山氏は2013年に設立されたベンチャーキャピタル、

 WiL(東京都港区)の共同創業者でCEO。

 21人はここに合計3億ドル(約360億円)のファンド資金

 を拠出した出資企業の社員だ。

 伊佐山氏は単なる投資目的でWiLを立ち上げたわけ

 ではない。狙いは「大企業の体質改善」と言う。

 「大企業の既存の枠組みでイノベーションが生まれ

 ないのなら、人と資金を外に出し、自由な環境で挑戦

 すればいい。シリコンバレーの拠点とファンドは、

 そのための都合のよい道具でしかない」。
 

  (P.029)


ここで、ベンチャーキャピタルとエンジェルの違いを
ご説明しましょう。


ベンチャーキャピタルは、企業から資金を得て投資
しますが、エンジェルは投資家の自己資金を使って
投資します。一般的に言えば、投資額はベンチャー
キャピタルの方が大きいということになります。


シリコンバレー進出が加速していますが、次の言葉
は良いアドバイスです。


 「経営者が関与せずして、大企業でイノベーション

 が起こるはずがない。シリコンバレーに人を送れば

 革新的なことが起こる、というのは幻想。

 過去の多くのシリコンバレー進出の失敗がそれを

 物語っている」(昨年5月からWiLのシリコンバレー

 拠点に出向している全日空の大隅雄策氏)
 

  (P.029)






ポイント

日本国内の一部の顧客だけを対象とする
起業家と、世界を視野に入れている起業家
との格差


日本でも起業家が増加しています。
ただし、日本国内の一部の顧客だけを対象と
する事業を行なっています。
グローバルビジネスは考慮していません。


一方、シリコンバレーに進出する起業家は、
当初から、グローバルに事業を展開することを
考えています。


その差は限りなく大きいですね。






今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 シリコンバレー 
 若き“サムライ” 
 落とし穴 
 秘伝の戦略 
 破壊を是 





次回は、
「COLUMN 日本企業が陥る『落とし穴』」
「PART2 ツワモノ駐在員、秘伝の戦略
 常識の真逆たれ」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。