スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今すぐ発て、日本勢 沸騰シリコンバレー みんなの攻略ガイド 2015 2015.07.27 <2>







日経ビジネスの特集記事(117)

今すぐ発て、日本勢
沸騰シリコンバレー
みんなの攻略ガイド2015
2015.07.27




テーマ

今週号の特集のテーマは

米サンフランシスコまで拡大したシリコンバレーが
日本企業の進出ラッシュに沸いている。
IT・ネット企業に限らず、製造業、飲食とあらゆる企業が、
シリコンバレーを目指す。
ここに、モノのインターネット化「IoT」ブームと、
政府の後押しが追い風となり、
もはやどんな産業もシリコンバレーと無関係ではいられ
なくなった。
しかし、ITの聖地で結果を残すことは、たやすくない。
日本企業が陥りがちな「落とし穴」とは。成功の「掟」とは。
全業種に対応した「シリコンバレー攻略ガイド2015」。
日本勢よ、これを携え、今すぐ発とう

 (『日経ビジネス』 2015.07.27 号 P.022)

ということです。






今すぐ発て、日本勢<br />沸騰シリコンバレー<br />みんなの攻略ガイド2015

今すぐ発て、日本勢
沸騰シリコンバレー
みんなの攻略ガイド2015

(『日経ビジネス』 2015.07.27 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 PP.022-023)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27







第1回は、
「PROLOGUE 日本勢、進出ラッシュ
 過去最高の熱気」
「PART1 浸透する若き“サムライ”
 なぜ聖地を目指すのか」 
を取り上げました。


第2回は、
「COLUMN 日本企業が陥る『落とし穴』」
「PART2 ツワモノ駐在員、秘伝の戦略
 常識の真逆たれ」 
を取り上げます。


最終回は、
「PART3 門戸開く米国企業
 日本に期待すること」
「PART4 出張に今すぐ役立つ
 シリコンバレー攻略ガイド」
「EPILOGUE 摩擦を恐れず、破壊を是とする」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 シリコンバレー 
 若き“サムライ” 
 落とし穴 
 秘伝の戦略 
 破壊を是 



今特集では、若き“サムライ”の奮闘と活躍を
ご紹介したいと思います。


シリコンバレーに単独で乗り込み、一定の評価
を受けた人たちです。


なかなかやるな、と感じました。





では、本題に入りましょう!


 COLUMN 日本企業が陥る「落とし穴」 

『日経ビジネス』によれば、日本企業が陥る「落とし穴」は
3つあるそうです。


証言を中心に具体例をご紹介します。


落とし穴① 目的なき訪問や駐在

落とし穴① 目的なき訪問や駐在

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.030)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



 「出資なのか提携なのか、あるいは拡販なのか、

 明確な目的もなく、とりあえずオフィスに行きたい

 という依頼が多すぎる。これは『表敬訪問』という

 言葉がある日本の企業特有の現象。

 明確な目的もない人間に割く時間はない。

 それはシリコンバレーの企業、すべてに言えること」

 (米Evernote(エバーノート)の外村仁氏)
 

  (P.030)




落とし穴② 本社とキャッチボールできない

落とし穴② 本社とキャッチボールできない

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 PP.030-031)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27





 「駐在員が新しいタマをたくさん探し、日本にいっぱい

 投げる。

 どういうわけか、誰もキャッチボールしてくれない。

 駐在員が熱を帯びるほど、日本サイドがついて

 いけず、本社では浮いた存在になってしまう。

 フラストレーションがたまり、会社を去る駐在員を

 何人も見てきた」

 (日系企業向けコンサルティングを手掛けるAZCA

 社長で、早稲田大学ビジネススクール客員教授

 でもある石井正純氏)
 

  (P.031)



落とし穴③ 現地に溶け込めない

落とし穴③ 現地に溶け込めない

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.031)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27





 「シリコンバレーって、けっこう村社会というか、

 狭いエコシステム(生態系)で成り立っている。

 内側の人間なのか外なのかを見ている。

 インサイダーになるためには、エコシステムに

 貢献する意気込みや方法をどれだけ見せ

 られるか、あるいはどれだけ長く居続ける覚悟

 があるかが重要」

 (ディー・エヌ・エー(DeNA)米国法人でパートナー

 を務める安田幹広氏)
 

  (P.031)


一番大きな問題は、即断即決する権限が与えられて
いないということです。


そのために重要な案件を取り逃がすことになります。
スピードが重要なことは、論をまたないということです。





 PART2 ツワモノ駐在員、秘伝の戦略 
 常識の真逆たれ 

PART2では、「ツワモノ駐在員」による失敗しない掟を
ご紹介しましょう。


PART1の「若き“サムライ”」とは、ひと味違います。


 成功事例 1 

相手の予想を裏切り
「クレージー」で行け
ヤマハ発動機



 「クレージージャパニーズ」

 Yahoo(ヤフー)が本社を置く街、サニーベールの

 インキュベーション施設「Plug and Play(プラグ

 アンドプレイ)」に、こう呼ばれる駐在員がいる。

 ヤマハ発動機の西城洋志氏だ。


 クレージーと呼ばれるゆえんは、一般的な日本人

 駐在員とは真逆の行動を常に取っている点にある。

 例えば、人脈作り。シリコンバレーに来てからという

 もの、あらゆるミートアップ(起業家や投資家が交流

 を図るカジュアルなパーティー)やコンファレンスに

 顔を出しては、地元の人たちと交流。強力な人脈を

 築いた。

 その目的は、優秀な地元人材の獲得にある。

 
 最初に自社の技術やノウハウを大っぴらに話してから、

 相手の技術やノウハウを聞き出す。「シリコンバレー

 ではギブ・アンド・テークではなく、『ギブファースト』が

 マナー」(西城氏)。その姿勢が評価され、「今では自ら

 情報を取りに行かなくても、相手の方から情報を提供

 してくれるようになった」(同)。
 

  (PP.032-033)



シリコンバレーの土壌でビジネスを育てる

シリコンバレーの土壌でビジネスを育てる

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.033)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




 成功事例 2 

トップの参戦で
スピード決断
ザクティ


ザクティとは、「三洋電機が2003年に発売した
デジタルムービーカメラのブランド名」です。


日本は、技術一流、経営三流と揶揄されてきました。
そうしたイメージをザクティは覆そうとしています。


 デジタルカメラに特化したOEM(相手先ブランド

 による生産)を手掛けるザクティ(大阪市)。

 今年1月、同社会長の伊佐治岳生氏の掛け声で、

 シリコンバレーの中心部に位置するメンロー

 パークに拠点「ザクティ・インキュベーション・ラボ」

 を立ち上げた。


 「強いモノ作り力でシリコンバレーを攻める」のが

 その目的。OEMの新規顧客を、米国ベンチャーの

 中から開拓しようというわけだ。
 

  (P.034)



強いモノ作り力でシリコンバレーを攻める

強いモノ作り力でシリコンバレーを攻める

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.0)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




 成功事例 3 

本社がうなる事例で
目を向けさせる
旭化成



 難度の高い技術を有するベンチャーを買収する場合、

 たとえ投資をしてインサイダーとなっても、技術開発の

 詳しい内容や弱みまでは見えてこないことが多々ある。

 旭化成が後に買収に踏み切ったCrystal IS(クリスタル

 アイエス)もそうだった。

 そこで森下氏は買収の前に、技術を共同開発する道を

 選んだ。クリスタルアイエスは、紫外線を照射することで

 水などを殺菌できる紫外発光ダイオード(UV-LED)を

 開発するベンチャー。
 

  (P.036)

* 森田氏:旭化成のコーポレート・ベンチャー・キャピタル
  (CVC)としてシリコンバレーに赴任した森下隆氏



早期に成功事例を作る

早期に成功事例を作る

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.035)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




 成功事例 4 

独立して稼ぐ
「機を見るに敏」
CyberZ



 日本企業にありがちなパターンだ。

 サイバーエージェントはグループで5社の子会社を

 シリコンバレーに設立したが、うち4社が事業撤退

 している。理由はいずれも「市場開拓の失敗」だ。

 ところが、スマホに特化した広告代理店事業を

 手掛けるCyberZの米拠点だけは、グループで唯一、

 生き残った。秘訣は「機を見るに敏」。

 あたかも現地のベンチャーのように動き、現地で

 変化する需要をうまく取り込みながら成長軌道に

 乗せた。そうして「本社とキャッチボール」をしなく

 ていい状況にすることも、落とし穴の回避策になる。
 

  (PP.036-037)



現地ベンチャーのように振る舞う

現地ベンチャーのように振る舞う

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.036)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




 成功事例 5 

地元出身の社員が
新たな視点をくれる
パナソニック



 パナソニックの米国拠点の一つ、パナソニック・

 シリコンバレー・センターは、景気が悪くなっても

 我慢して拠点を維持してきた。

 今や、約150人の社員の多くが地元で雇用された

 人材。センターの中核を担う研究所の社長も、

 地元出身者が務める。
 

  (P.037)



長く居続けて コミュニティーの一員に

長く居続けて コミュニティーの一員に

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.037)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




5つの成功事例を見てきました。
それぞれ表面上は異なる戦略を採っている
ように見えますが、共通点があります。


それは、シリコンバレーで勝ち残ろうとする
「本気度」が高いことです。
安易な気持ちで事業に取り組んでいません。


シリコンバレーで事業を拡大するには、
数多な競合企業とのスピードに遅れることは
撤退を意味します。日本の環境の比ではない
でしょう。





ポイント

決断力

意思決定能力、決断力が駐在員に与えられているか
どうかは、重要なポイントです。


重要な案件が出るたびに、本社に「お伺い」をしている
ようでは、競争に負けます。


 「礼儀は正しいが決断力がない」(ある米国人起業家)。

 残念ながら、シリコンバレーでの日本人駐在員への

 評価はおおむね、このようなものだ。
 

  (P.032)


こうした印象を覆すことができた駐在員(だけではない
ですが)が、シリコンバレーで評価されるということです。






今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 シリコンバレー 
 若き“サムライ” 
 落とし穴 
 秘伝の戦略 
 破壊を是 





最終回は、
「PART3 門戸開く米国企業
 日本に期待すること」
「PART4 出張に今すぐ役立つ
 シリコンバレー攻略ガイド」
「EPILOGUE 摩擦を恐れず、破壊を是とする」
をお伝えします。


ご期待下さい!






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
448位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。