スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今すぐ発て、日本勢 沸騰シリコンバレー みんなの攻略ガイド 2015 2015.07.27 <3>







日経ビジネスの特集記事(117)

今すぐ発て、日本勢
沸騰シリコンバレー
みんなの攻略ガイド2015
2015.07.27




テーマ

今週号の特集のテーマは

米サンフランシスコまで拡大したシリコンバレーが
日本企業の進出ラッシュに沸いている。
IT・ネット企業に限らず、製造業、飲食とあらゆる企業が、
シリコンバレーを目指す。
ここに、モノのインターネット化「IoT」ブームと、
政府の後押しが追い風となり、
もはやどんな産業もシリコンバレーと無関係ではいられ
なくなった。
しかし、ITの聖地で結果を残すことは、たやすくない。
日本企業が陥りがちな「落とし穴」とは。成功の「掟」とは。
全業種に対応した「シリコンバレー攻略ガイド2015」。
日本勢よ、これを携え、今すぐ発とう

 (『日経ビジネス』 2015.07.27 号 P.022)

ということです。






今すぐ発て、日本勢<br />沸騰シリコンバレー<br />みんなの攻略ガイド2015

今すぐ発て、日本勢
沸騰シリコンバレー
みんなの攻略ガイド2015

(『日経ビジネス』 2015.07.27 号 表紙)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




今特集のスタートページ

今特集のスタートページ

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 PP.022-023)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27







第1回は、
「PROLOGUE 日本勢、進出ラッシュ
 過去最高の熱気」
「PART1 浸透する若き“サムライ”
 なぜ聖地を目指すのか」 
を取り上げました。


第2回は、
「COLUMN 日本企業が陥る『落とし穴』」
「PART2 ツワモノ駐在員、秘伝の戦略
 常識の真逆たれ」 
を取り上げました。


最終回は、
「PART3 門戸開く米国企業
 日本に期待すること」
「PART4 出張に今すぐ役立つ
 シリコンバレー攻略ガイド」
「EPILOGUE 摩擦を恐れず、破壊を是とする」
をご紹介します。




今特集のキーワードは次の5つです。

キーワード

 シリコンバレー 
 若き“サムライ” 
 落とし穴 
 秘伝の戦略 
 破壊を是 



今特集では、若き“サムライ”の奮闘と活躍を
ご紹介したいと思います。


シリコンバレーに単独で乗り込み、一定の評価
を受けた人たちです。


なかなかやるな、と感じました。





では、本題に入りましょう!


 PART3 門戸開く米国企業 
 日本に期待すること 

PART2では、日本企業に対して風当たりが強い
シリコンバレーの実態をお伝えしました。


PART3では、日本に期待するシリコンバレーの
企業もあることをお伝えしていきます。


 6月末、Google(グーグル)で将来を担う約40人

 の若手開発者が大挙して日本を訪れた。

 「アソシエイト・プロダクト・マネジャー(APM)」と

 呼ばれる一行で、4カ国を約2週間かけて巡る

 ツアーを年1度、実施している。

 Yahoo(ヤフー)に移ったマリッサ・メイヤー氏が

 2002年から始めたグーグルの伝統で、若手開発者

 に広い視座と知見を与え、幹部候補として育てる

 ことが狙いだ。


 このツアーを引率するのはグーグルでモバイル向け

 OS(基本ソフト)「アンドロイド」の開発チームを統括

 する副社長のブライアン・ラコウスキ氏。彼は言う。

 「例年、訪問国は替わるが、日本だけはAPMツアー

 開始当初から必ず寄る国。東京は常に我々のツアー

 の最初の地となっている」
 

  (P.039)



Google副社長 ブライアン・ラコウスキ 氏

Google副社長 ブライアン・ラコウスキ 氏

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.0)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27




グーグルのようなケースは例外なのでしょうか?
違いました!


他にもあります。
ですが、グーグルが最も熱心なようです。


 世界市場を開拓するパートナーとして日本企業

 を選ぶ米国企業が増えている。

 特に、グーグルの日本に対する視線は熱い。

 毎年、将来有望な開発者を日本に連れて来る

 のはその証左だ。

 グーグルは社名を明かさないが、今年は10社の

 日本企業を訪問、「多くの物事を学んだ」

 (ラコウスキ氏)。興味の対象は、グーグルが

 手掛けるサービスの幅とともに拡大している。
 

  (P.039)



決済サービスの米Square(スクエア)も日本市場を
開拓しています。


 日本市場を開拓するために資本提携にまで

 踏み込んだのが、決済サービスの米Square

 (スクエア)。米Twitter(ツイッター)共同創設者

 のジャック・ドーシー氏が2009年に設立した。

 本社はサンフランシスコで、ツイッターの本社

 が入るビルの隣にある。

 2.5cm四方の小さなデバイスをスマホに差し、

 アプリをダウンロードするだけでクレジットカード

 の決済端末となるサービスを提供。

 誰でもクレジットカードが利用可能な店主に

 なれるイノベーションを起こした。

 この仕組みを2013年に日本に持ち込む際、

 三井住友カードと業務資本提携を交わした。

 これも、三井住友から持ちかけたことがきっかけだ。
 

  (P.040)


日本に進出したポイントはどこにあったのでしょうか?


 「海外展開をする際は、最も難しい市場に行きたい

 と思っていた。言葉、商習慣、監督官庁。

 何もかもが米国とは違い、難しい日本市場で成功

 できれば、ほかのどの国にも行けるでしょう」。

 ドーシー氏は当時、三井住友カードの本社を

 訪れた際、こう話したという。
 

  (P.041)


米Square(スクエア)に関しては、以前にも特集で
取り上げられました。


ご興味があれば、下記の記事をお読みください。

日経ビジネスの特集記事(22) 
スクエア・インパクト 「ポスト・ジョブズ」が起こす
決済革命 (1)


日経ビジネスの特集記事(22) 
スクエア・インパクト 「ポスト・ジョブズ」が起こす
決済革命 (2)


日経ビジネスの特集記事(22) 
スクエア・インパクト 「ポスト・ジョブズ」が起こす
決済革命 (3)






 PART4 出張に今すぐ役立つ 
 シリコンバレー攻略ガイド 

PART4ではインフルエンサー(影響力のある人)と
どう交流するかというテーマで扱っています。


インフルエンサーが集まる場所がポイントです。


 短くても滞在期間を有効に使うには、効率よく地元の

 インフルエンサー(影響力のある人)と交流を図ること

 が欠かせない。分野によって会うべきインフルエンサー

 は異なるが、特に明確に決まっていなければ、

 インフルエンサーが現れやすいレストランやカフェ、

 コワーキングスペースなどに行ってチャンスをうかがう

 方法もある。
 

  (P.042)


では、具体的な場所をご紹介します。


起業家らと出会えるオススメスポット 北部

起業家らと出会えるオススメスポット 北部

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.042)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



起業家らと出会えるオススメスポット 南部

起業家らと出会えるオススメスポット 南部

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.043)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



RocketSpaceとは?


 例えば、RocketSpace(ロケットスペース)は

 シリコンバレーで最も有名。スマホを使った

 配車サービスのUber(ウーバー)も当初、

 在籍していた。
 

  (PP.042-043)



シリコンバレーには日本市場の開拓を狙う有望
ベンチャーがいくつもあるそうです。


どんな分野が注目されているのか興味津々ですね。
「シェアリングエコノミー」(P.044)だそうです。


 シリコンバレーには日本での市場開拓を狙う

 有望ベンチャーがいくつもある。

 日本企業にとっては、投資や提携といった

 コラボレーションを期待できる。

 かつ、既に世界では大きな成長市場となって

 いるが、日本ではまだ黎明期、という市場で

 あれば、うまみは大きい。今後、注目される

 分野の筆頭は「シェアリングエコノミー」だろう。
 

  (P.044)


具体例としてAirbnb(エアービーアンドビー)を
取り上げてみましょう。


 空き部屋や家をホテル代わりに提供することで

 大きな新市場を築いているのが米エアビー

 アンドビー。国内では、都道府県への届け出なく

 空き部屋などを対価を得て貸すのは旅館業法

 違反となり、まだ利用は少ない。

 だが、同社は日本市場に大きな可能性と魅力を

 感じている。規制緩和も時間の問題と見ており、

 ホストとして物件を貸したい一般人に加え、

 関東近郊に空き物件を抱える不動産業などにも

 チャンスが広がる。特に2020年の東京五輪に向け、

 エアビーアンドビーのような新手のサービスを

 活用する議論が高まるだろう。
 

  (P.044)


日本には規制という困難さがありますが、逆に考え
ますと、そうした厳しい日本で成功すれば、世界中の
どこでも事業を営むことが可能になるということです。





 EPILOGUE 摩擦を恐れず、破壊を是とする 

EPILOGUEでは、ある事件を取り上げます。
PART3で取り上げましたが、スマホを使った
配車サービスのUber(ウーバー)がグローバル
に利用者が拡大しています。


新参者は常に既存の勢力から排斥されようと
します。


下記の画像をご覧ください。
過激派による攻撃と見紛うほどの画像ですが、
一部のタクシードライバーからUber(ウーバー)
のドライバーが被害を受けている様子を撮影
したものです。



一部のタクシードライバーが暴徒化し、<br />Uberのドライバーを襲った

一部のタクシードライバーが暴徒化し、
Uberのドライバーを襲った

(『日経ビジネス』 2015.07.27号 P.0)
「日経ビジネスDigital」 2015.07.27



驚いたことは、これだけの攻撃を受けても、
Uberは負けないことです。強いです!


Uberとはそもそもどんな会社なのかから考察
していきましょう。


 シリコンバレーからまた1社、フェイスブック級の

 大物が出現しつつある。その名はUber(ウーバー)。

 破壊的な威力を持つサービスが、世界中で軋轢と

 摩擦を生んでいる。

 2009年に産声を上げたウーバーは「タクシー配車」

 と称されることが多いが、実態は「ライドシェア」。

 つまり、一般のドライバーとクルマを、タクシーの

 ような移動手段として有効活用するサービスだ。


 料金はタクシーの3~4割引き。流しのタクシーが

 つかまりにくいシリコンバレーではすぐに火が付き、

 やがて世界へと伝播した。

 5年で日本を含む世界58カ国、300以上の都市へ

 と広がり、契約ドライバーは世界で100万人を超えた。

 その企業価値は上場前にもかかわらず500億ドル

 (約6兆2000億円)とされる。

 これに全世界の旧勢力、タクシーが怒りの拳を

 挙げている。
 

  (P.046)


画像はパリでの新旧の「衝突」の一部を切り取った
ものですが、世界中でデモが起きているそうです。


 小さなものも含めれば、世界中のそこかしこで

 デモが起きている。見方を変えれば、それだけ

 ウーバーが破壊的だということだ。

 便利で人々が使い、ウーバーのドライバーも

 増えたからこそ、タクシー産業への影響が増した。
 

  (P.046)





ポイント

軋轢や摩擦に屈しない強さが
シリコンバレーでは必須条件


軋轢や摩擦が生じるのは、既存の勢力(体制側)
に取って都合が悪いからです。


既得権益を握っていた側からすれば、新参者の
台頭は許せないのです。


古今東西、新旧交代の時期に必ず軋轢が生じます。
その軋轢に屈しない逞しさがなければ、勝ち残れない
ことを物語っています。



数日前に読み終わった『シリコンバレー精神』
(梅田望夫 ちくま文庫 2006年8月10日
第1刷発行 オリジナルは2001年刊)
に次の一節があります。


企業名よりも個人名、さらにファーストネーム
で「何者なのか」「何ができるのか」が、
シリコンバレーでは重要な意味を持つことが
書かれています。


個人が重要なのです。どの企業に属している
かは、重要度が低いのです。


個人>企業


「自分ブランド力」が問われているのです。


 シリコンバレーに慣れて、いわゆるインサイダー

 達の集まりに出席するようになって、驚いたのは、

 胸に付けるバッジに大きな字でファースト・ネーム

 だけが書かれ、ほとんど見えないくらい小さな字で

 しか姓と会社名が書かれていないことだった。

 よほど相手の胸に近づいていかなければ会社名

 はおろか姓すら見えないから、カクテル・パーティ

 の会場は、ビルやらスコットやらジムやらナンシー

 やらの集まりで、やれやれ、誰と何の話をしたら

 よいものかと最初はとても戸惑った。

 しかし、このバッジが象徴するのが、

 「お前(MOCHIO)は何者なのだ」という問い掛けで

 あると気づくまで、そう長い時間はかからなかった。

 日本式に「アーサー・D・リトルの」と会社の話から

 入っても、誰も全く興味を示さない。

 相手は「お前は何をやっているのか」

 「お前のアイデアは何だ」「お前の価値は何だ」

 「お前は今までに何をしてきて、これから何をする

 のか」、先を急ぐように、私という「個人」を引っ

 張りだそうとするからであった。
 

  (前掲書 PP.211-212) 


あなたは、このような状況下に置かれたら、
きちんと話せますか?


これは英語が話せる、話せないの問題では
ありません。個人の中身の問題です。


ちなみに、梅田望夫(うめだ・もちお)さんは、
1994年10月にシリコンバレーに移り住み、
グリーンカードを取得したそうで、在米20年
以上になります。


ベンチャーキャピタルの経営者です。







今特集のキーワードを確認しておきましょう。

キーワード

 シリコンバレー 
 若き“サムライ” 
 落とし穴 
 秘伝の戦略 
 破壊を是 






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
448位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。