スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員(あなた)は見られている ここまで来た監視社会の現実 2013.6.17<3> 日経ビジネスの特集記事(11)

日経ビジネスの特集記事(11)

社員(あなた)は見られている ここまで来た監視社会の現実 2013.6.17

監視社会を生きる術

監視される社員、企業を監視する監視者について取り上げてきました。

この特集の最後は、監視社会で生きる術は何なのか、を日経ビジネスの記事を

通じて、考えてみたいと思います。


海外ではテロ対策をどのようにしているのか、を見ていくことにしましょう。

全体主義を描いた有名な小説にジョージ・オーウェルの『1984年』があります。

オーウェルの故郷、英国の例が取り上げられています。


「北アイルランド紛争という政治問題もあって、英国は、米国以上に

先進国の中でも早くから、テロ対策としての社会の監視化を進めてきた。

その結果、街頭設置カメラは現在420万~450万台に達し、1人あたり

多ければ1日300回撮影されていると言われる」。


「見られているのは姿だけではない。過去の犯罪歴は犯人のDNA

情報とともにデータベース化され、その登録数は数百万人に上ると

される」。


自分が気が付かない所で1日に300回も撮影されていると知ったら、

怖くて外を歩くことができなくなる、と思ってしまいます。


では、日本で監視社会の構築が本格化したのはいつのことでしょう?

ご存知の通り、オウム真理教による「1995年に発生した地下鉄サリン事件

からと言われ」ているそうです。


もう18年にもなる、あの忌まわしい事件のことは脳裏に焼き付いています。

猛毒サリンによる被害者は今も、酷い後遺症に悩まされている、と聞いています。

死傷者は6000人強という「日本史上最大級の無差別殺傷事件は、公共の場所の

安全や、日常に潜む不審者を日頃から監視することの重要性を多くの国民に痛感

させ」ました。


その後、2001年9月11日に米国同時多発テロ事件が勃発しました。事件当日、

ジェット旅客機が世界貿易センタービルに突っ込んでいったシーンを

テレビで視ました。


その時、映画の1シーンを見ているような錯覚に囚われたことが

昨日のことのように思い出されます。


その後、監視体制が強化されていった理由は、「安全・安心」の

ためです。


もっとも、その「安全・安心」を覆す結果になったのは、

東京電力福島第一原子力発電所事故の発生とその後の対応に

あるのは異論がないでしょう。


こうした時代に、「企業と社員が今、できることは1つしかない」

と日経ビジネスは断言しています。

それは、「『監視社会を生きる術』を身につけることだ」と。


企業には3つあるそうです。

セキュリティーを強化すること

社員監視のルールや仕組みを決めること

まっとうな経営をすること


社員がすべき3つのことは、

私的利用はNG行為と再認識すること

品行方正に生きること

監視側の暴走に目を光らせること


異論はあるかもしれませんが、これらを意識しながら生きていくしか

なさそうです。




 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク












関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。