スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収1000万円世帯の憂鬱 2013.7.1<3> 日経ビジネスの特集記事(13)

日経ビジネスの特集記事(13)

年収1000万円世帯の憂鬱 2013.7.1


節約だけでは未来はない

ステータスシンボルの代表格のメルセデス・ベンツの神通力は

日に日に弱っているといいます。


背伸びをしなくなったということです。


「ブランドが持つステータスとしての価値に対価を払わなくなってきた

ことが大きい」


日経ビジネスは次のような見方をしています。

「かつて、男性にとって稼ぎがいいことは何より評価されるべき

事柄で、自尊心からそれを誇示したいという動機もあった。

だが女性の社会進出が進み、『稼ぎ』は家庭内の絶対的な評価軸

ではなくなった」


妻が働きに出て男性以上に稼ぎ、夫が家事をする「主夫」

をしているのは、もはや珍しいケースではなくなっています。



千葉県に住む会社員の北上貞義さん(仮名、42歳)は日々の節約生活に

疑問を感じるようになったといいます。


1年前まで人材関連の企業を経営していました。

「ピーク時の年収は1000万円を確実に超えていた」そうです。

「当時の消費はすさまじく、1000万円以上するスポーツカーを乗り回し、

外食には月に数十万円を費やした。自宅には伊アルマーニなどの高級

ブランド服を揃え、5000円未満のワインは置かなかった」といいます。


現在は妻のパート代と合わせた世帯年収は約700万円だそうです。

家賃6万円のアパートに住み、職場に毎日弁当を持っていくなどして、

コツコツと二人の子供の教育費を積み立てているそうです。


穏やかな今の暮らしには満足しているそうですが、1つ気がかりなことは

子どもたちの将来だと言います。

「自分の世代が節約ばかりしていたら、この子らが大人になる頃に

この国はもっと悪くなる」



日経ビジネスは次の言葉で結んでいます。

「一定の負担増はやむを得ないとしても、未来への不安を取り除き、

消費意欲をわかせる戦略も必要だろう。求められているのは、一時的な

株価上昇ではなく、10年、20年先を見通す真に骨太な成長戦略だ」



7月21日は「参議院議員選挙」の投票日です。

参議院の必要性の是非を問う前に、とりあえず未来を見据えて

国民の利益を最大に実行できる候補と党に投票しましょう!

たとえその結果が思わしくなくても。

 


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク
















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
管理人の藤巻隆です。

以前、ジュゲムブログで、
同タイトルの
「日経ビジネスの特集記事」
を書いていました。

しかし、使い勝手があまり
よくなかったので、
FC2ブログで新たにスタート
することにしました。

現在(2013.10.16)、ブログの
引越を行っているところです。

FC2ブログでは、2013.10.14号
が最初のブログということに
なります。


2013年10月16日記す。

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサード・リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

スポンサード・リンク

銀座カラー

カテゴリ

サイト内ランキング



FXってそもそも何?

スポンサード・リンク



外為ジャパン

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。